萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

SM

まんこいじりが大好きです

"

22歳の女です。

私、とにかくオナニーが大好きなんです。
セックスも好きだけど、それ以上にオナニーが好きで。
オナニーをすると普段の自分と違った自分になれるんです。
変態な自分がすごく好きなんです。


初めてオナニーを覚えたのは幼稚園の年中さんくらいの時でした。
その頃は朝、父に起こされて幼稚園へ行く支度をするというのが朝の行動だったのですが、起こされるより前に早く起きてしまい、そおっとリビングに行ってみたら、父が何かをテレビで観ていたんです。
それは盗撮モノのAVでした。
父の後ろ姿と、画面いっぱいに広がる女の人のアソコ…
オシッコがシャーッと出てきたところを見て、初めて自分のおまんこがムズムズする感覚を覚えました。
それからおしっこが出てくるところをいじるとすごく気持ちいい、ということを覚えてしまいました。


それから小5の時にイク感覚を覚えて、性欲盛りの中学の時は毎晩必ずパンツに手突っ込んでオナニーしていました。
当時好きだった同級生を思い浮かべて、布団の中で必死にオナニーしまくっていました。
ある日、父の部屋に忍び込んだ時に、熟女モノのAVを見つけた時、それはそれは興奮しました。
さすがに動画そのものを観る勇気はなかったので、パッケージを長時間凝視しました。
艶めかしい女体と「あはぁ?ん。オチンポいいわぁ。」といった、スケベな文言の数々に釘付けに。
エロ本も見つけました。教師風の格好をした女の人が教壇に座ってオシッコをしている写真を見て、私もこういうことをしてみたいと思ったのを覚えています。


性への目覚めが早かったからなのか、処女を失った高校生からは変態オナニーにドハマリしていきました。
ハードSMや調教モノ、アナルセックスや近親相姦モノ、男の人がオナニーしている動画、変態セックス、玩具攻め、アヘ顔、乱交モノ、海外のAV、ありとあらゆる性癖が染み付いてしまいました。
もう普通のAVじゃオカズにならないんです。


私の変態オナニーのやり方をご紹介します。
甘納豆みたいなデカ乳首をコリコリ指で弾きまくります。
オナニーしすぎて乳首がでかくなりすぎてしまったんです。
それからエッチなオカズを見ます。
そうするとだんだんヌルヌルになってきて、エロいことしか考えられなくなります。
高速でビラビラ部分をしごいて、
「マンゴイグ??イグッッ??おっほぉん。バカマンコイッちゃう??変態マンコイグぅん??」とバカみたいな声をあげてイくんです。
イク時は必ずアヘ顔で。いやらしい言葉遣いで。舌を出して白目剥いて鼻の穴を広げて、下品ないやらしい""雌の顔""をするんです。


この文章を書いていたらオナニーしたくなっちゃったので、これからしてきちゃいますね。
今日は仕事も休みなので、真昼間から変態オナニーしてきます…??

"

マゾカップル調教の楽しさ

MM夫婦の調教もいいが
これから結婚するカップルの調教をした経験があります。
マゾカップルって、婚前交渉がない場合が多いんだよ
このカップルもそうだった

まずはM彼女を丁寧に調教した
アイマスクをして
着衣のままSMホテルで十字架に手錠をした
電気マをあて
アイマスクしているのでスカートの中も思うまま見れる楽しさがあった

だんだん、パンティーを下げて
電気マをあてながら
張り型にローションをつけて少しづつ出し入れしていった
元気マと張り型併用は、ものすごく感じるらしい
最初は寸止めのタイミングが判らなかったので
「イキそうになったら自分から言うんだ」
と調教をすすめる

何度も寸止めをして
なりふり構わないほど感じ始めたら
張り型を自分で動かさせた

見られる恥ずかしさから出し入れが遅いが
「もっと早く出し入れしていいぞ
  早くしろ」

アイマスクをしているのも手伝って、だんだんふっ切れてゆく
早く動かし出す
「早く動かす時は、自分からそう言うんだぞ」

羞恥心を煽るよう決めの細かい調教を施しているつもりだ

しかし、若い女が張り型を激しく出し入れしている姿は本当に見てていいもんだ
たまらんね

何度もさせた
最後にはアイマスクを取ってさせる
彼女の動かす手の動きをじっと見ていると、羞恥心で狂いそうになっていた

婚前交渉のないカップルなので、こちらも最初はセックスはしないで調教をすすめた

彼女もオナニーを見られる羞恥的な行為には少しずつ嵌っていったようだ
そんなプレイを4回ほどした時
彼女のいる前でM彼に
「いままで、セックスはしていなかったが
  次からは自信がない
  というか、やることになる」
彼女も何も言わなかった
それはOKと言う事だ

それと同時にカップルでのセックスは許可なくするなと言いつけた
M彼はもともとマゾだから
(わかりました)
と言った。

5回目のプレイからは2~3時間彼女を責めてから
ゴムハメで彼女の身体を楽しんだ

あれだけ張り型オナニーさせたり
元気マも自分であてさせて張り型激しく動かすのをみると
興奮するし、自分だけがこの若い女を抱いていると思うと独占したくなるものだ

それから3ヶ月も経つと、二人に結婚したらどうかと
俺は言った。

M彼は結婚を切望していた
彼女はどちらでもいいという感じだった
俺は二人に
「結婚しても二人のセックスは無しでいいな
 彼氏もそれがいいんじゃないか
 自分で処理するんだ、いいな」

M彼は承諾した
精神的に追い詰めるために誓約書を用意して
正式に夫婦のセックスを禁止した。
二人の結婚式には俺は出なかったが
結婚初夜は新郎新婦の泊まるホテルに俺も泊まった。
俺の部屋に彼女呼んで抱いた
事前に、初夜は中出しすることを言っておいたので避妊処置は彼女がしたと思う。
新郎はその晩、自分で処理するよう言いつけておいたので
膣内射精することを知っていたのだから嫉妬に狂って何度も扱いたに違いない。
それから、まだ2ヶ月だが
俺はこのカップルとの関係を続けたいと思っている
M彼も、この興奮はやめられそうにないだろう


続編


。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

へたれ・

このままで良いのだろうか・・いいわけがない、でも・・
どうすればいいのか・・
同僚達は総務部長の愛人が僕の妻だって事を薄々感づいている、
飲み会があった時、酔ってでしょうが、
同僚A「酒田さん、奥さんって美人だよなあ、この前本社に行った時に見たよ」とニヤニヤしながら言う。
同僚B「酒田さん、あっちをがんばらないと、取られっぱなしだよ」
同僚C「俺のおっかあはブスだもんな、俺は出世しないわ」
などと嫌味みたいに言われた。
僕は寝取られのへたれと言うレッテルを張られていた、間違えてはいないのだが、情けない。

総務部長は最初の頃はひとみとSEXする事が目的であったみたいで丁寧にひとみを扱っていた、でも段々と本性が出て来たみたいで、結局今のひとみの体になってしまったみたいだ、妻も少しづつだが部長との事を話し始めた、僕は写真の話しをして話しを聞きだそうとした、
「怒らないから」との条件で話してくれた。

部長の本質はSMのサドだと思う、最初の頃は妻が逝く事だけにしぼって頑張っていたみたい、そのうち妻が部長の物に慣れてきてすぐ逝くようになると、初めは乳首を引っ張って、小陰唇も引っ張って・・
今度は洗濯ばさみで乳首と小陰唇を挟み、おもしを付けてぶら下げる
事もした。両手両足をベッドの足にしばり大きく広げた〇〇こに茄子
やらきうり等を入れて遊び始めた、犬のように首輪をつけられ後ろからも入れられた。
最近は後ろの穴をねらっているみたいだ、ローションをつけて指を入れたりしている。
部長が撮った写真を妻が隠していたが僕は見つけ、それを見ながら話している、全て本当の事だろう。
部長は、君の旦那は君が何をされてもOKなんだろう、僕が君としている事を承知していてお金も貰っているのだから、文句は何もないはず
と言われたとの事でした、合っている・・僕は・・妻の体をこんなに
変えられても何にも言えない、お尻まで狙われているのに、僕は
何も出来ない。

僕はへたれではあるが何とかしたと言う気持ちはある。
何をどうしたらいいのか・・直接部長に言っても何の効き目もなく
逆に説得されるばかり。

部長の帰りを待ち伏せし後をつけ家はわかった。
日曜日、部長の家を隠れながら見張ると、奥さんらしき人と子供さん
多分中学生の女の子が出てきた、スーパーに行くみたい、僕は後をつけ様子を伺った「パパのすきなお肉にしょうね、パパお仕事大変だもんね」などと話していて幸せな家庭だとわかる。

よし
次の日、部長に連絡を入れ、居酒屋で会う事にした、僕の準備は刺身用の包丁を手に入れたのでそれにさらしを巻き鞄に入れている。少し落ち着く。
部長「今日は何の用だね、ひとみとは別れないからな」と第一声、
「妻と縁を切って下さい」「出来ない」
「では、慰謝料の請求をします今までの分を別に500でいいです」
「無理」「では、奥様に相談させて貰います」「君が出来るわけないだろう」「します、お嬢様にも聞いてもらいます」
「そんな事をしたらお前は首だぞ」「結構です僕のへたれも限度です、あなたに妻の肛門までされるよりは首で結構です」
「2~3日時間をくれ」「わかりました」とわかれました。
僕は本当は震えていました、今までの人生でこんなに緊張したのは
初めてです、包丁の入って鞄を押さえていたのが良かったのかも。

帰って妻に今日の事を話しました。
妻は下を向きうなだれているばかりです。
次の日、蘭に会いました。
蘭は僕の家庭で何か問題があると思っていました、僕を慰めよう、僕を楽しませようと思ったのでしょう、シャワーをする前なのにパンツ
を脱ぐとすぐに咥えてきました「汚いよう」と言っても放しません
何とかやめてもらいシャワーをして小部屋に戻るとすぐに横になり
僕を引き寄せます、そのまま正常位になり僕の〇〇は濡れていて、しかも締め付ける場所で余りの気持ち良さにストップがききません、
「やばいよ」と言っても「大丈夫」と言います、僕は蘭の中にたっぷり出しました、蘭は僕にしがみつき「今日は大丈夫な日」といいそのままバスタオルを巻きシャワーに行きました。
蘭、好き・・でも妻も・・

帰ると妻が「今日もあそこ?」嘘をつきたくなかったので「そうだ」
と言うと「別れるしかないの?」「わからない、僕は君が好きだ」
と言いと妻はベッドに僕を誘い「私のここでして」っとうつ伏せに
なりお尻を高く上げてきました「部長がしたいって言ってたから・・
貴方にしてもらいたいから」と言うとローションを出すと肛門に
塗りつけました、僕はその恰好にそそられ勃起はマックスになりましたが、ローションを指に付けると性器の方に先に入れ、その指を肛門に持って行き、撫でながら差し込みました、指は細いしローションは付けているしスムーズです。
僕は〇〇を後ろから性器にあてると入れました「あ・あ・あ」と声
が聞こえます、何回か出入りしてから後ろの口にあてました、きつい
無理かな、でも、と押し込みました、入口を越すと後はスムーズです
、全部入りました。でも僕の一番敏感な所への圧迫は少なくて、それでも後ろから妻の姿を見ていて、手をお乳に回し大きな乳首をまさぐると・・逝きました。
「どうなの?」と聞くと「痛いだけです」と言うので「部長にもさせるのか?」と言うと返事はありません。

部長から居酒屋に来るようにと連絡があり、会いました、又鞄は持ってきました。
300寄こしました「今はこれしか用意出来ない、ひとみとは別れない、妻と娘には言うな」「わかりました」「残りの200は妻に渡して下さい」と言って別れました。

重役達の始末です。
重役Cがまた工場に来ました、そこで「お久しぶりです酒田です」とあいさつし「ちょっとお話しが」と言って会議室に入りました、
「話って?」「妻にされた事を僕は知ってます、どうして頂けますか?」と言うと「それは部長に言ってくれよ俺はしらんよ」「首にしてもいいんだよ、こんなご時世仕事はあるかな?」と言われ
部長が撮った写真を見せ「こんなのも有るんです」と言うと黙り込んだ「どうすればいいんだ?」僕は「もう妻には手を出さない、慰謝料として一人200づつ計600寄こす、僕を首にしない」と言った
「わかった全て飲む、許してくれ」との事で話しは終わった。

その後
僕は手に入れた金で借金を返済し、蘭を風俗から引き抜き昼の仕事を
探させた、100あげた。そしてたまに会いホテルに行く仲となった

妻とは相変わらずです、後ろでもするし、変態的な事を楽しみながら
やっています、妻は部長との行為と僕との行為と比較しながら変態度はどんどん上がって来ている感じです。

結局、僕のへたれは治っていませんが、へたれを克服する気持ちも大事なんだなと思って生きていきます、ちなみに包丁はまだ持っています。長い間ありがとうございました。(完)

ブスな彼女の活用方法

世の中にはブスが沢山いる。
ブスなんて嫌だ!と気高い童貞諸君。

ブスで良いのだ。
ブスと付き合おう。

?セックスが上手くなる
ブスでも生物的には女だ。セックスの練習が出来る。しかも無料だ。

?いくらでも変態プレーが出来る
美人には言えない事が言える。だってブスだから。
ブスだから言うことも聞く。
ハメ撮りSM調教何でもOK。クソした後はもう自分で拭く必要は無い。
ブスを呼んで毎回舐めて綺麗にさせよう。人間ウォシュレット。

?友達も呼ぼう
3Pを受け入れる女は少ない。
溜まってる男友達に抱かせて金を取ろう。

?とにかく思いつく事はなんでもしよう。
以下を実行して欲しい。

彼女の家に泊まる。

朝は目覚ましフェラ。フェラで起こさせよう。
目が覚めたら携帯でエロ動画を見ながらフェラで抜かせよう。
出す時は出る事は言わずに当然の様に出すべし。
又、出たらすぐに尿道を舌でペロペロさせて味合わせる様に仕込むべし。

その後、口を開けて見せて来たら、

「飲んで良いよ」

と許可を出そう。

その後はベットでまた咥えさせて、朝一の一番クサい小便を飲ませよう。

スッキリしたら朝ご飯。

当然飯は作らせて完成させておけ。
カーテンは開けてこっちは服を着たまま、相手は裸で飯を食わせよう。
乳首には洗濯ばさみをつけよう。

飯が終わったらクソだよね。
クソが出るまで待たせて、出たらケツは舐めてウォシュレットさせよう。
口に水を含ませてアナルに口をつけさせて、その水と舌で綺麗になるまで掃除させると良い。

それが終わったら彼女の家から一番近いコンビニでも行こう。
当然ノーパンノーブラ。乳首は朝つけてた洗濯ばさみの効果で、擦れると敏感になってる。
リモコンバイブも念の為入れておこう。アナルには尻尾のついたプラグをつけよう。

コンビニは女性店員にコンビニを選ぼう。男に見せるよりも興奮する。
買ってる途中でスイッチを入れるのをお忘れなく。

そうそう。こんな事をしようとすると、もしかしたら家を出る時に嫌がられるかもしれない。
そんな時は裸のまま家の玄関から外に放り投げよう。
不思議と相手からコンビニに行く事をお願いしてくる。

家に帰ったら昼ご飯の準備!
優しい彼氏の手料理。
白いご飯にお茶漬けのもと。

正座させて土下座させよう。
小便をかけて小便茶漬けの完成。犬の様に食べさせよう。
アナルのしっぽは付けたままね。

終わったら映画鑑賞!青春映画を見ながら、

「こんな娘とやりたいなー。」としっかり映画のコメントをしながらバックで入れよう。
中出ししたらお掃除フェラ。

終わったら1発殴って金を受け取って、友達とパチンコでも行こう。1発殴るのがポイント。
慣れると殴らなくても構えれば金くれるし、殴ってもくれる。

パチンコって勝てないよね。だから終わったら友達と彼女の家に帰ろう。
家では飯を作って全裸で待ってる彼女、最高だろ?
当然友達がいる事は言わずに帰ろう。

「ただいまー」

「おかえ、、り。。」

「とりあえずビール出せよ」

「。。。。」

「ブスだけど良い身体じゃん!1回1000円で良いの?」

友達の隣に全裸で尻尾付きで座らせる。

「好きにして良いよ」

大体のやつは胸でも触って飲み出す。

そのまま飯を食いながら3P。
途中で泣き出すかも知れない。でも良いんだ。
ブスならいくらでもいる。

友達を置いて、家に帰ろう。
翌朝の目覚ましフェラからの流れを指示した後で。

バイト先の巨乳JDの裸を

バイト先の居酒屋に、特別美人というわけでもないけど、かわいらしくて、とにかくエロい!という表現がぴったりな大学生のSちゃんがいます。
身長は170cmぐらいあり、スタイル抜群なのですが、オッパイがとにかくデカくて、私服も制服も全てがエロく見えてしまいます。
バイト中も動く度にタプンタプンという感じでバイト仲間やお客さんからも注文を浴びています。
みんなで一緒に飲み会したりカラオケに行った時には、Sちゃんのエロい私服姿をこっそり撮ってオカズにしたことも何度かあります。
お客さんからもナンパされるし、バイト仲間も何人かアタックして砕け散っています。
そして自分も見事に玉砕した1人です。
そんな中、自分と仲の良いバイト仲間がSちゃんと付き合い始め、男達を一斉に敵に回しました。
自分も悔しい気持ちで最初は気に入らないこともありましたが、他に狙っていた子がいたので、割と早めに気持ちを切り替えられることができました。
ある日、そのバイト仲間と飲んでいたら終電がなくなり、ウチに泊まっていくことになりました。
コンビニで酒を買い足し、宅飲みしながらエロ話しで盛り上がっていると、SちゃんとのSEXの話しになりました。
Sちゃんは巨乳がコンプレックスだったらしく、最初の頃はSEXの時でも胸を見られると恥ずかしがり、部屋の電気を真っ暗にしないといけないらしく、一緒に風呂に入る時も電気を消すそうです。
自分は何気なく聞いているようにしていましたが、Sちゃんの裸を想像してフル勃起していました。
暗い場所ならエッチなことに抵抗がなくなるようなので、おもちゃを使ってみたり、タオルで両手足を縛ってみたりして、ソフトSMプレイをやったりもするそうです。
彼女のいない自分には、Sちゃんと付き合えるだけでも羨ましいですが、あのエロい身体をそんな風に楽しめるなんて、と腹が立ちました。
そして、さらにSちゃんを縛り、電気をつけて、恥ずかしがるところを楽しみながらエッチしたり、バイトの制服を着させたままするのがたまらなく興奮するそうです。
今では明るい場所でもエッチさせてくれるらしく、目隠ししたところをこっそりスマホで隠し撮りをしたこともあると言っていました。
ダメ元の冗談半分で
「見せて」
と言いましたが、さすがに見せてはくれませんでした。
朝方近くになり、自分がシャワーを浴びているうちに、スマホを手に持ち、寝落ちしていました。
寝不足とアルコールがかなり入っていたせいもあり、声をかけても、身体を少し揺さぶっても起きないので、こっそりスマホを覗きたくなり、Sの親指をホームボタンにつけてロックを解除しました。
カメラロールの中を見ていくと、Sちゃんが目隠しをされながら裸で写っている写真がいくつかありました。
ゆっくり見ている余裕などなく、心臓がバクバクしているのが伝わり手も震えていました。
急いで自分のスマホを取り出して、AirDropを使い、関係ない写真、動画まで大量に自分のスマホに送りました。
その時間が恐ろしいぐらい長く感じました。
寝ている彼氏の横でSちゃんの裸の写真を見るという行為にとても興奮しながら、1枚1枚見ていくと、Sちゃんが店の制服を着ているところや、いつも制服の下に着ているヒートテックにノーブラの乳首がくっきりと浮かび上がっている写真、ヒートテックが捲り上げられてものすごい巨乳が飛び出している写真が続いていました。
何カップあるのかはわかりませんが、AVを見慣れている自分にはAV女優のような豊胸で型が整いすぎたオッパイとちがい、重さに耐えきれず少し垂れ気味で乳輪が大きいSちゃんのオッパイがとても生々しくてエロく見えます。
乳首は少しくすんだ色をしています。
その後、パンツ一枚の写真からパンツを脱がされ、ヘアーが見える写真、M字開脚でマンコ丸見え、さらにクリトリスや穴の中、バイブが刺さっている姿、アナルまで見えているものまでありました。
動画では目隠しのまま、唾液たっぷりのフェラや生ハメの様子が撮られていて、Sちゃんの喘ぎ声と、服の上からしか見ることのできなかった、ユサユサと揺れるオッパイの様子をはっきりと見ることができました。
バイト先で会うと、Sちゃんの生の身体や
いい匂いに、思わず勃起してしまい、その日はSちゃんでオナニーしていますが、あのいやらしい顔とボディーは飽きません。
念のためUSBメモリ等、複数のメディアに保存もしてありますし、某動画サイトに非公開設定でアップロードもしてあるのですが、たまに公開して、Sちゃんのいやらしい姿を他人に見せて、再生回数が上がる度に興奮しています。

どうしてこんな事に・

柿田の性格をよく知らなかったのがいけなかったのでしょう。
何事も徹底しているのでした、女の人に惚れると徹底して惚れる、
嫌いな奴は徹底してたたく、私は良くしらなかったのですが、
浅野君から聞きました。今の奥さんは人妻だったのですが柿田は
好きになると徹底して好きになり、奥さんの場合は奥さんも柿田の
事が好きになり、離婚して柿田と一緒になったのだそうです。
逆に柿田のライバルみたいなやつが現れて、同じ貸金業だったそうですが、徹底して邪魔をして倒産させたそうです、敵に回すと怖い、それが柿田だそうです。それと
柿田は高校時代はまだそんなにきつい男ではなかったようですが、
私に惚れていたとの事です、それは私も薄々わかっていました、その
反動で今、東さんの事を好きにならせようと思っているみたいだ、と
言われましたが、私はああいうタイプはどちらかと言うと嫌いな方なんで、まして夫の事を考えると困ってしまいます。

柿田は、金利免除や旅館へのお客を推薦とか私の気を引く事をします
一番の作戦はSEXです、彼のは大きいので、を簡単に逝かせられると思っていたようです、でも、私は夫が大好きなんで、SEXさせられる事はいまさらしょうがないのですが、決して逝きません。
面白くないでしょうね。
今日も、金利払いの名目で会いにきました、居酒屋で軽くのみました
そしてホテルに連れていかれました、この前と同じSM部屋に入れられました。そして、この前と同じにベッドで四方に縛られ大の字にされました、この前と違うのは仰向けの恰好です「恥ずかしいです」と
言うと「だからいいんだ」と言って、ローションを割れ目に垂らすと又バイブをあててきました。バイブは・・・クリは、ききます。
そして中に入れました、中での振動はきつくて、覚めました「痛い、
もうよして」と頼みました、そして入れられました、でも大きければいいと言う事はありません、どんどん覚めてきます。
柿田はお腹の上に出しました。
それで帰してもらいましたが、柿田は「来週ちょっとしたクラス会を
やるから、また東の旅館を使うからな」と言われました、特に気にしませんでしたが、お客が来るのは助かるとだけ思いました。

クラス会
男だけ柿田を入れて5人集まりました、浅野もいました。
また、皆に夫と一緒に挨拶をしました「東はいつまでも綺麗だな」
「旦那さんもいい男だね」「いいね」等言われました、気になったのは、柿田は何も言いません、夫は柿田と目を合わせないようにしてました。
今回は普通のコンパニオンを呼びました柿田の指示です、
宴会は昔話しで楽しく進みました、コンパニオンを帰して部屋飲みを
する事になりました、私はみんながお風呂に入っている間に、部屋にお酒と簡単なおつまみを運びました、部屋から出る時にお風呂から出てきた柿田に「少しつきあえよ、野郎だけでのんでもつまんねえからな」と言われ「少しですよ、お片付けをしなければならないので」と
言って軽くお酌をして部屋を出ました、広間の片づけが済んだ頃
「お酒をもってきて」と電話があり、パートさんは帰しましたので
自分で持って行く事にしました、夫が「大丈夫か?俺が持っていこうか?」と言うので「同級生よ、」と言って運びました。
それが・・・・

どうしてこんな事に・

柿田の事は考えたくもありません。
でも、コロナの終息が見られず、旅行なんかに行くなと言う風潮が
続いています、何とか知り合いさんに来ていただいて旅館のやりくりを
していますが、本当に大変です。
柿田から借りたお金は元本を少々返しただけで全然減りません。
利子は・・・夫には「同級生だから大目にみてもらっているから」と
話しています、が・・
月一回の支払日に柿田に会います。
最初、事務所でされましたが、柿田は落ち着かないのか、それとも
奥様の耳に入るのが怖いのかしりませんが、ホテルに誘われる事に
なりました。
私は、兎に角、感じない、虫にさされているようなものと、思うようにしていました。
ホテルでは、全裸にされ、体の隅々まで見られ、もういいと思う位
乳首、クリと弄られます、ほっといたら逝ってしまいます、
柿田のものは大きくて、圧迫感があります。
今日は思わず声をあげそうになりました、寸前で声を止めました、
「うう」位の反応でした。
終わると、いつもそうですが、陰毛を引っ張り「剃っちゃおうか?」
「旦那、びっくりするだろうな」などと怖い事を言います。

そんな事を2回しました。
柿田から電話がありました「東の所、大変だろうから、友達を連れて
泊まりに行くから、5人だからな」と言われ、
普通嬉しいはずですが、柿田では・・怖い
でも「はい、ありがとうございます」と返事しました。
スーパーを3人呼んでとも頼まれました。

当日。
柿田を入れて5人来ました、ちょっと人相は良くない感じでした。
夫と二人で挨拶しました「おお、柿田のいうように別嬪さんだな」
「今晩は宜しく頼むな」と言われ「有難うございます」と言いました

宴会です、パートさんも雇いましたので何とかお料理もお出しでき
ました、コンパニオンさんも結構、わかめな方が来ましたので5人共
ニコニコ顔です、後はコンパニオンに任せて私達は台所にいました
「お酒、お願いします」とコンパニオンから電話があり私が持って
行きました、酒池肉林というのでしょう、コンパニオンはパンテー
だけの姿でお酌しています、男の人はパンツ一枚でお乳を揉みながら
のんでいます、柿田は一人でのんでいました。
柿田は「東以外の女は興味ないからな」と耳に口を寄せて小さな声で
言ってきました、私は黙っていました、私が立ちあがると柿田は「トイレ」と言って廊下にでました、そこで柿田に抱きすくめられたのです「よして主人が来ますから」と言うと「金利無しにしてるの知ってんだろう、文句いわねえよ」と言ってキスをしますので顔を背けますと着物だったので懐に手を入れお乳を触ろうとします、でもきつくしているので乳首までは届きません、今度は下をまくりにきました、でもパンストを履いているので、これも諦めたようです「別の日な」
と言ってトイレに行ってくれました。私はえりを直し台所に帰り
ました。夫が見当たりません。
実は夫に見られていたのです、夫もトイレに行く所だったようでした
宴会は部屋に戻ってからも続いています、コンパニオンも一緒です、
私達は台所で朝まで待ち朝食の用意をしました、其のころやっと
コンパニオンは帰りました。
遅めの朝食を食べ、帰り際に柿田が「楽しかったよ、また使わせてもらうよ」と言ってコンパニオン代も含め大金を置いて行きました。
挨拶をして部屋に戻ると夫が「あの人が同級生でお金を貸してくれている人だよね」というので「そう」と言うと「早く返そう」とぽつりと言いました「すぐは無理よ」というと夫は黙りました。

一週間後に金利払いの日が来ました。
柿田からまたホテルに連れていかれましたが、いつもの部屋でなく
「こっちだよ」と言われ入りました・・
何でしょう、言葉に出したくないのですが、SM部屋というのでしょうか。
「こんなとこ、嫌です」と言うと「本当にいやな事はしないよ、遊びだよ」と言われ「さあ風呂」と言ってお風呂に向かいました、しかたがなく私も服を脱ぐと入っていきました「相変わらずきれいだなあ」
「旦那としてる?かっこいい旦那だね、大きいかい?」などいいながらあそこの毛に石鹸を塗ってその指で膣口をさすります、今日も我慢できるかしらと不安になってきました、そして
ベッドに行くとうつ伏せにされ両手を左右にもっていかれ手錠をかけられました「いやあ」と言っても聞く耳は有りません、今度は足を
もって左右に開きこれも縛られました、ベッドへうつ伏せにカエルの
恰好にされています、そして、腰の下に枕を重ねいれました。
お尻の穴と性器が丸見えの恰好です「いやあこんな格好」といいますと「東をこういう恰好にしたかったんだよ」と言って部屋にあった
箱を開けると道具を選び始めました、一番目は筆でした、筆で肛門を触られ、くすぐったさで腰をよじって逃げました、逃げれない恰好ですが。筆で背中、首筋など性感帯と思われるところは全部です。
その筆で小陰唇を擦ります、これはききます、思わず声がでそうです、次にバイブです。ゴムをつけローションを塗っていきなり
後ろから入れてきました、だめです・・「だめえ・・いくう・・」声が出ました。
手錠と紐を外され正常位の恰好にされ柿田のものが入る寸前に、
いっちゃだめと自分の声が聞こえてきたような気がしました、一気に
覚めました、入れられました、大きいけど、夫の方がいい、なんておもっているうちに柿田は「逝くぞ」と言ってお腹の上に出しました。
「中でもよかったか?」と言うので「だめです」と言ってシャワーに戻り洋服を着ました。

私と別れた後、柿田は虚しさを感じていたみたいです、柿田はものにも自信があるし、お金の工面もしてやっているし、なんで俺に惚れないんだ、なんで俺で逝かないんだ、あいつ」と逆恨みみたいな感情をもってきました。

さあて、どうしたら面白いだろうか?
柿田の考える事は本当に怖い事でした。

ソドム島の美少女・美少年ー9

アフガニスタンの麻薬王で西部に広大な阿片地帯を持つ地方軍閥のアブドラは、ゴリラのような大男で凶悪で残忍なアフガンの悪魔と呼ばれていた。
莫大な阿片を世界中のシンジケートに提供し、今ラグーン島の年1回の会議に参加、そして会議後、長年の願望のユダヤの童貞の美少年を徹底的に凌辱し、楽しみながら殺害しようとしているのである。
用意された広い舞台ですでにユダヤ美少年のお尻の処女は無惨に貫通され、何度も何度も蹂躙され、その美しい天使のような全裸の身体はアブドラとアブドラの奴隷の二人の美少年によって徹底的に辱しめられました。
初めての射精や精通を無理やりに出され、媚薬で最大限に勃起した美少年の生殖器は残虐ななぶりに真っ赤に腫れ上がります。
可愛いピンクの小さな肛門はこん棒のようなアブドラの巨根に数えきれないほどに貫かれ、その度に溢れるほどの精液に汚されました。
汗びっしょりで息も絶え絶えの美少年にさらにむごい処刑が加えられます。
二人のアフガンの美少年たちに抱え起こされたユダヤのジャン少年は四つん這いのアリ少年に覆い被さるようにされ、ハッサン少年はユダヤの美少年の赤く腫れ上がった硬いチンチンを掴み、アリ少年の肛門に嵌めさせます。
媚薬でヌルヌルのアリ少年の肛門はギュッと締め付けながらユダヤ美少年の硬いチンチンを飲み込みます。
ハッサン少年は笑いながらユダヤ美少年のお尻を押して、性交を確かなものにします。
意識もうろうとしながらゆっくり腰をふるユダヤ美少年、そしてそのユダヤ美少年のお尻にアブドラの反り返った鋼鉄の熱い巨根が挟まれます。
犯される予感に怯え、裸の身体をくねらせるユダヤ美少年の汗だくのお尻を掴み、拡げて巨根はゆっくり嵌め込まれます。
激痛とショックに反り返り、喘ぐユダヤ美少年の可愛さを楽しみながらグリグリと無理やりの貫通が始まりました。
ズン、ズンと確実な腰使いにゆさぶられて、ユダヤ美少年もアリ少年のお尻を犯します。
やがて前に回ったハッサン少年はユダヤ美少年の口に硬いチンチンをねじりこみ、喉まで犯しにかかります。
こうして天使のようなユダヤ美少年は硬くされたチンチンでアフガンの奴隷少年の肛門を犯し、自分の肛門はアブドラに犯され、さらに可愛い小さな赤い口はアフガンのもう一人の奴隷少年に犯されました。
いわゆる4P、一人の美少年を3人の男が同時に犯すのです。
しかもこの残虐な輪姦は交代しながら繰り返されました。
饗宴が始まり、1日が経ちました。
そして、

そこを触って下さい・・・ご主人様

美樹(仮名)という27歳の人妻と出会った。プロフィールの欄に「割り切り希望」と書いてあった。出会い系は、サクラとか美人局とかの被害があるって聞いてて不安と、少しのワクワク感がありつつもメールしてみた。するとしばらくして「お話しませんか?」と返事がきた。

俺と美樹は、その日からメールをし合って仲良くなり、少しずつ下ネタも話せるようになった頃。
「1回目はお話でもいいので会ってみませんか?」と連絡が。
約1ヶ月のメールを得て、美樹と会う約束ができた。とある駅で待ち合わせ、写メ交換はしてあった為簡単に会えた。とりあえず最初は、車で近くのシティホテルのレストランに行った。

緊張をほぐす為に、ご飯を食べながら色々話していると・・美樹はソフトなSMに興味があるらしく「よく縛られたりするんです…」と下を向いて恥ずかしそうに言っている顔が、すごく可愛かったのが印象的だった。レストランを出てそのままホテルに入った。部屋に入り、とりあえずお酒で乾杯することにした。

やはり緊張をほぐすにはアルコールが一番だから。少しするとお酒には弱いらしく美樹は顔を赤くしながら、自分の性癖のことについて話し始めた。

「自分はM願望があるのに関係を持った男性はみんな受身だった」とか「オナニーするときは襲われることを想像している」など。

ある程度、会話が尽きたところで、俺はいきなりキスをした。美樹はビックリしていたが、力が抜けるのが分かった。俺はキスをしながら、美樹の胸に触れた。ピクッとしたが胸を張り、受け入れ態勢を取った。着やせするタイプなのか、見た目以上に大きい胸に興奮した俺は、手のひらいっぱいに胸を掴み円を描くように揉みほぐした。

スカートを少しめくり太ももをさする。いきなりアソコには触れない焦らしも大切だ。キスを続けながらあそこ以外の身体中をさするようにさわってみた。美樹はすでに喘ぎ声をあげていた。
俺は、先ほどの話し通りに美樹の願望を叶えることにした。最初はホテルにあるバスローブの紐とタオルを使うことにした。まず目隠しをし、そして腕を頭の上で縛る。

この状態で、くすぐってみたり胸を揉んでみたりしてとりあえずいじめてみる。それだけで美樹は「あっ・・」と声を出す。少し抵抗するしぐさを見せる美樹。それがまた俺の興奮を誘う。ある程度胸を責めたところで、下のほうへ手をやりそして内ももに手を這わす。まだ敏感なところは触っていないのに、内ももをさわり続けるだけで敏感に声を漏らす美樹。

「ん?なんだ。どした?もじもじして!」
「ん…」
「何かして欲しいならちゃんとご主人様にお願いしてみなさい」
ここでさりげなくご主人様という言葉を使う。

「あそこを触って下さい、ご主人様」と美樹が言った。

ますばパンツの上からそっとなぞる。それだけで美樹はさっきよりも大きな声をあげて「あぁ…」と言った。

「直接に触って欲しいのか?」と聞いてみると
「はい、触ってほしいですご主人様」と我慢できないのか素直に答えた。

美樹は自ら足を開き、弄られる構えを取った。・・が、俺はここからもう少し焦らす。

「触って欲しいならまずは俺のを気持ち良くしなさい」というと「はい」と言って俺のあそこに手を伸ばす。目隠しをしている状態で、手探りに俺のアソコを探す。

「舐めたいならちゃんとお願いしてから舐めなさい」と言うと「ご主人様のを舐めさせて下さい」と言う。「仕方ないな~」と言うとそっと舌をはわせ始める。

「俺のはどうだ?」
「おいしいです…それにおおっきくなってきました…」
このとき、美樹のあそこはもうびちゃびちゃだった。太ももまでやらしい液体を垂らすあそこに俺は一段と興奮した。俺は痛くなるほど勃起したアソコを咥えさせたまま69の体勢に移った。美樹は今までじらされていたせいか、クリと穴を同時に攻めると一気にイッてしまった。

イった後も美樹は暫くぐったりとしていた。けれどその表情はとてもいやらしくそしてかわいかった。そのあと2人でお風呂に入り身体を洗い合った。美樹は俺のものいとおしく洗ってくれていたのが印象的だった。湯船に浸かりながら色々話した。なんだか恋人同士のような雰囲気だったのを覚えている。

お風呂の中で美樹に俺のをまたしゃぶらせた。そしてそのまま風呂場で2回目のえっちをした。今度は恋人同士のような優しいえっちだった。結局その日は朝までにもう一回した。そして昼過ぎから予定があった美樹と別れた。美樹はとても満足してくれたみたいでまた逢いたいと言ってくれた。美樹の欲望を叶えつつ、自分も満たしてくれるのでセフレチップインでの出会いは大事にしようと思う。

セックスを従弟に見せつけ

俺と妹は二卵性双生児なので同い年でかなり仲が良い。兄妹であると同時に親公認の恋人同士だ。小学生から中学生の間は妹に対する恋心を抑えていたがその抑えが効かなくなって親と妹に相談して妹もこちらに対する恋心があったと言われ、親公認で恋人になった。親や親戚、学校の友達がいる前では兄妹として振る舞い、二人きりの時はベタベタの恋人になっていちゃついた。そして高校1年の聖なる夜に体も繋がった。親に軍資金を貰って前日の夜から家を出てカップルらしいことをした後、ホテルに入りそれから翌日の夜までホテルから出ることはなかった。
その日から毎日、家のベッドで交わっていたが、1年間、毎日同じようにやっているとマンネリ化してきたのでSMなども調べて実行してみたが、楽しくなかった。
高校2年の冬休み、親戚の家に集まっていた時に妹のところへ中学2年の従弟が近づいて来て告白していた。従弟は見た目が子供っぽくて銭湯に一緒に入った時に見たナニも貧相な物だった。周囲に気づかれないように且つ必死に妹に言い寄っている従弟は健気だった。妹は従弟に対して怪しく微笑んで何かを言っていた。後ほど妹に誘われて親戚の家のひとつの個室に入ってセックスをした。1回中出ししたところで、妹が押し入れのふすまを開けるとそこには妹に言い寄っていた従弟がいてこちらをじっと見ていた。その貧相なナニをしっかり勃起させてオナニーをしていたようだ。それからは従弟の目の前で見せつけセックスをしてそれをオカズにオナニーさせた。かなり新鮮味があって気持ちよかったので滞在期間中はずっと従弟に見せつけセックスをして最終日に特別に、と従弟のナニにコンドームをつけて妹とセックスさせた。その後のセックスはかなり燃えた。

QRコード
QRコード
アクセスカウンター