萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

父親

援交などでお金を稼ぐ妹

うちの妹JC2(Dカップ)で学校では成績優秀の優等生。家&プライベートは超ヤリマンのド変態。家ではミニスカや胸強調で父親や自分を誘惑している。父親と近親相姦しておこずかいを稼いでいる。自分は童貞なので妹のフェラには30秒以内で射精してしまう。フェラで射精してしまうのでSEXに至らない童貞も卒業できない。父親は簡単にはイカないのでSEXして中出しもしている。
部活はデニス部で自分も妹も一緒の部活。女子の部活で一番胸が大きい妹。男子の殆どが勃起するレベル。大会が終わり部員が帰り始めたころTシャツ・スコートの妹はまだ女子更衣室の中。その後妹が友達とかと一緒に出てきたが数分で戻った。忘れ物みたいだったが妹を追うと女子更衣室ではなく一般客が入れないエリアに到着した。自分も妹も選手だったので普通に入った。妹は宿泊棟に入って行った。ここにはアフリカ系の黒人が2人宿泊していた。部屋からは金額の説明。フェラ・手コキ・パイズリが1万、精飲・顔射が2万、手マン・クンニ・素股が3万、アナル挿入・マンコ挿入・アナル中出しが5万、マンコ中出しが1発10万。部屋でどのような内容の行為が行われているかは不明だったが、妹と黒人の声だけで判断していた。
声が聞こえなくなりしばらくしたら全裸の黒人2人が出てきて男子のシャワールームへ向かった。妹は札束を回収していた。その後あは男子のシャワールームで2回戦など。妹より先に自分は帰宅したが妹は21時以降に帰宅した。家ではオナニーを2回したあと父親と1回戦。自分にはフェラや手コキで精子が出なくなるまでやられて終了した。

閲覧注意!乱交で遭遇した母の秘密

信じられないかも知れないが、全部本当の話だ。皆さんのオナニーのネタに書いたわけではないので、そこはご了承願いたい。書かずにはいられないのだ。見たくない奴は見なくて良い。

大学1年の夏。俺は友人から、乱交パーティーに参加しないかと誘われた。本当にやるのかと言われ、友人はさあなと言われた。その友人も別の友人から誘われたようで、どうも本当にやるかどうかわからないようだ。俺は怖いなと思いつつ、興味があったので承諾した。
その後、2週間は乱交に備えてオナニーをしなかった。その日の朝は、ギンギンになっていた。母親に朝食を作ってもらう。美味しい。
母親は周囲から、才色兼備と言われていた。俺からも、鼻がスッとした美人だと思う。40過ぎてからやや太ってしまったが、色気はむしろ増したように思えた。40代前半なのに30代に見える。
「ショウタ。日曜なのに出かけるの?」
「友達と食事に行く」
「そう。気をつけてね。」
いつもと変わらぬ母。父親は、新聞を読んでいた。もぐらのような顔をした父。どう考えても釣り合わない。

友人と駅で待ち合わせる。それにしても暑い。友人の友人が来るらしい。34歳のサラリーマンで、妻が性欲を持て余しているから何とかして欲しいらしい。
サラリーマンが来ると思ったら、現れたのはちょっと太ったおばさん。ミニスカートを履いていた。汗がダラダラとたれ、微妙に体臭がした。
「よろしく」
母親と同じ49歳。色々と盛り上がる。公園を通りかかると、
「トイレ行きたい。ちょっと付き合って。」
不思議に思いながらもついて行くと、おばさんはいきなり俺に舌をからめてきた。 
クチャクチャ!
「んふ!」
元彼女とのキスとは比べ物にならないくらい、濃厚なキス。
「あーん。して。」
おばさんが、ビビッドな唇から、唾液を垂らしてきた。
見上げるとおばさんの目がとろんとしている。これが女の顔なのか。
不覚にも俺の一物はギンギンになった。
「もう。我慢できないの。コンドーム持ってきたから、一緒にしよ。」
俺は黙ってうなづいた。
「あなたもよ。」
友人もろとも車椅子用のトイレに連れ込まれる。
「ズボン脱いで。」
俺と友人はズボンを脱いだ。友人のチンポもギンギンにたっていた。
「若いわねえ。」
おばさんはしゃがみ、代わる代わるに俺と友人のチンポをシャブった。ねっとりとツバをかけながら。
「汗くさくて美味しい」
上品な顔立ち。左の薬指には指輪。なのに初めて会った名前も知らない男のチンポを貪っている。
「旦那さんに悪いよ。」
友人が言うと、
「旦那のことなんかいいのよ。」
と言い、服を脱いだ。むっちりとした汗まみれの体と大きな乳房が出てきた。ブラジャーをしていなかったのだ。乳房は肌色ではなく、赤かった。乳房全体に薔薇の刺青が施されていた。乳首にもピアスがあけられ、「淫」と「乱」の文字も彫られてる。
「おばさん」
「ふふ。驚いたでしょ。でも、今時の人妻はみなやっているわよ。旦那に内緒でね。」
おばさんはスカートも脱いだ。やはり、パンツを履いていなかった。それどころかマンコの毛は全部そられ、代わりに蝶とFUCK MEの文字が彫られていた。両ラビアとクリトリスにはピアスがあけられ、白い粘液がそこからトイレの床に糸をひきながら垂れていた。
おばさんは、ラビアのピアスをゆすりながら懇願した。
「お願いー!若いチンポが欲しくてアソコがうづくの!」
白い粘液がさらにドロドロと出てくる。俺は怖くなって
「お前先に行けよ。」
と、友人の肩を叩いた。
「いや、遠慮すんなって。」
「何言ってるの。二穴同時よ。」

ジャンケンで負けたので、尻の穴に入れることになった。渡されたローションをたっぷりと塗る。その間にも、白い粘液が出てくる。友人が便器に座りその上におばさんが跨がる。
「はあん!はあん!」
「ピアスが擦れて気持ち良いよー!」
「はあん!早く、お尻にも入れなさいよ。」
案の定、お尻の穴にも刺青が彫られていた。それもチンポの刺青が2本も。I like analfuck.とも彫られていた。ローションでテカテカした大きな尻。このおばさん狂ってるなと思いながら、コンドームをかぶせ、おそるおそるチンポを入れる。流石にアナルは初体験だった。最初はなかなか入らなかったが、一線を超えるとつるんと入った。
「おおん!ンギィ!!」
低い声を上げるおばさん。腸壁が、チンポを味わうように締め付ける。めちゃくちゃ気持ち良かった。
「ンギィ!ンギィ!二穴同時は最高だわ!」
俺は不覚にも射精してしまった。

コンドームを外す。ウンコは全然ついていなかった。
「大丈夫よ。さっき、みんなの前で浣腸したから。」
「みんなの前で浣腸!」
「そうよ。みんなの前でオマルにしたの!私、Mだからいっちゃったわあ!」
おばさんは、真顔で言いながら、ミニスカートを履く。そのまま、トイレから出て行った。

乱交場所は、タワーマンションの一室だった。リビングに入った瞬間、見えたのは、サイハイブーツを履いた両足を開かれた上で逆さ吊りにされた女の体だった。ベッドでは、2人の女が抱き合っている。その傍らでは、別の女が3人の男に、マンコ、アナル、口に同時に挿入されていた。
他にも10人ほどの男女がセックスをしている。
女と言っても、皆、マスクをしているので顔は見えない。
物凄い光景に俺も友人もたじろいでしまった。中でも驚いたのは、逆さ吊りの女で、おっさんの腕が尻の穴にズボリと入っていたのだ。
やはり乳房やマンコには刺青やピアスが施されていた。
「どうだ。俺の腕は美味しいか。」
「んぎいい!ざいごうでず!もっどいれでえ!」
「旦那が見たらどう思うだろうな。」
女の腹は男の拳で膨らんだり凹んだりしていた。
口だけ空いている赤いマスクからは、舌がだらんとたれ、大量のドロりとしたヨダレが垂れていた。化け物に見えた。 コルセットがむっちりとした体を締め付けている。
体つきからして40過ぎだろうか。

「おお!若い男が来た!」
「驚いたね。でも、大丈夫!楽しんで!」
俺は、
「はい。」
と力なく返事をした。
「じゃあ。まずは、逆さ吊りの女とやるか。」
俺は、逆さ吊りにされた女に
「よ、よろしくお願いします」
と言った。逆さ吊りの女は答えなかった。
「気持ち良すぎて気絶したんだよ。」

逆さ吊りの女は、下され、ベッドで寝かされた。しばらくすると、女が 起き
「タバコと水をちょうだい」
と言ってきた。
女はマスクをしたまま、水を飲む。サイハイブーツと網タイツを履いた足を組み、ロンググローブをした手でタバコを吸う。 体やグローブからは汗と精液の匂いがプンプンとする。
「よろしくね。」
女が俺に声をかける。
「は、はい。」
マスクをしながら挨拶されてもと思ったが、人妻だろうから顔バレしたくないのだろうと考えた。しかし、名前も顔も知らない男と平気でやるのか。どんな女だろと興味を持った。

「はじめましょう。」
「は、はい」
しかし、匂いが強烈だ。野獣の匂いがする。一体、何人の男としたんだ。
ディープキスをする。濃厚だった。
メタリックの生地が顔をこする。酸っぱい匂いがしたが、スベスベして心地よかった。
ときどき
「はあん。」
と喘ぎ声を出す。
「おしっこ飲ませてえ!」
「え?」
確かに尿意はした。
「いいから、飲ませてあげなよ。」
女はしゃがむ。そして俺のチンポをしゃぶる。
「お願い。」
俺は、S心をくすぶらすられた。仁王立ちする。女は用意されたおまるの上でしゃがみ、思い切り舌を出す。舌からはヨダレがダラダラ垂れていた。
「飲ませてえ!」
俺は上から、女のマスクに思い切り、かけてやった。
ジョボジョボ!
「はあん!最高!」
女は美味しそうにおしっこを飲む。マスクが小便でびしょ濡れになる。
女は体をがくりとする。おしっこをかけらてイク女。
あたりはアンモニアの匂いがする。
「ありがとう。お礼に私のを飲ませてあげる。」
俺は押し倒されて、顔の上に跨がれた。ピアスがひんやりとする。息苦しい。
そして、口の中に小便を勢いよく入れられた。

またしばしの休憩。
女は俺に耳打ちをした。
「まずはお・し・りから。お尻の穴がウヅクのよー!」
ローションを渡された俺はしぶしぶお尻に塗る。そして、またケツの穴に入れる。
「はあん!はあん!ケツマンコいい!」
男の腕を入れたあとだからか、締めつけず、全然気持ちよくない。
「気持ちいい?」
女は首をふる。
「代わりにこれ入れて。入れたら中出しして良いよ。」
隣の男が、俺の腕よりも太いチンポ型のディルドを渡す。
「これをお尻の穴に!?」
「そうだ。それにして羨ましいな。中出しできるのか。」
俺は、慎重にディルドを入れる。
「はあん!」
最初は、きつかったが、一線を超えるとヌルっとはいった。女の尻の割れ目が消えていた。
「もっと!もっと奥まで!ああん!んぎいいい!ゲヅマンゴイグウう!!!」
どんどん奥まで入れる。
「早く、生のチンポも入れろよ。」
俺は女のピアスだらけのマンコに入れる。ディルドとピアスの圧力がかかる。中はドロドロしていた。
「ンギィ!ンギィ!ぎぐ!!ながだじしでえ!!!」
喘ぎ声と言うより雄叫びだ。マンコが締め付ける。
「おゴゴゴ!!!」
女は舌を出し、ヨダレが滝のように垂れてきた。
「おお。奥さんいいな!」
マンコのヒダが俺のチンポを締め付ける。
「ゲヅマンゴもまんごもいい!!だれながじにじでえ!めちゃくちゃにじでえ!」
四つん這いになった女の体をコルセットが締め付ける。変態との文字が尻の上部に彫られている。
俺はその文字に触れる。女が潮を吹く。潮が俺の体にかかる。
俺も女の中に思い切り射精した。その時、女の体が重くなった。
「また、気絶か。」
女の体は動かず、あそこだけがヒクヒク動いていた。

名前も顔も知らない男と平気でセックスをし中出しまでしてもらう。小便も飲む。乳房、マンコ、尻の穴に際どい刺青やピアスをする。尻の穴で腕や極太ディルドを飲み込む。雄叫びを上げながら気絶する。逆さ吊りにされてよがる。どういう女だ。俺は興味本位で気絶した女のマスクを取る。

母さん!

母親の顔だった。白目をひん剥き端正な顔は著しく歪んでいた。だが、間違いなく母の顔だった。ホクロの位置からもわかる。
「どうした?」
「いや何でもない」
この野獣のような女がお淑やかな母。
俺は信じられなかった。確か父親だけとしか経験がなかったはずだ。タバコも吸わなかったはずだ。
「皆さん。楽しんでいますか?」
母の弟だった。叔父さんが母の夫役だった。あのサラリーマンは、叔父だったのだ。

俺はバレないように顔を伏せた。隣で叔父はマスクをした母とセックスを始めていた。
「どうだ。母さん。気持ち良いか。」
「はあん。気持ちよい。また、ソウ君の子供を産みたい!」
「ショウタもそろそろ年頃だね。」
「そう。あなたの子供よ。」
「母さんにとっては子供だし孫でもあるね。」
「ショウタともしたいとは思わないか。」
母は答えない。
ソウ君とは叔父のことだ。
俺は、叔父と母が何を言っているのかわからなかった。
また、潮を吹く母。
俺は確信した。母は俺に気づいていたのだ。

2人の女に襲われる。さっき互いに抱き合っていた女だった。
「私達と一緒にしよ。」
俺はもうどうにでもなれと思い、2人の女と交互に交わった。
1人は若い女。もう1人はおそらく熟女。2人とも物凄くエロかった。
やはり性器ピアスと刺青をしていた。
「はあん!はあん!ケツマンコいい!」

気絶をした2人のマスクを開く。
母の母と、叔父の娘つまり従兄弟のユミだった。

祖母は70。70だが、50過ぎに見える美人だった。やはり母と同様、お淑やかな人だった。ユミもだ。まだ、高校1年生だ。高校1年生が性器やアナルにピアスや刺青をするのか?
一体、どうなっているのかわからない。

俺は推理した。まさかと思った。しかし、それしか考えられない。
叔父は、本当は母の弟ではなく、母の息子。母は49、叔父は34。道理で年が離れているわけだ。
そう言えば、母は中学浪人していたと聞いていた。そういうことだったのか。
俺は母と叔父の息子。つまり、母は祖母でもある。祖母は曽祖母でもある。ユミは俺の従兄弟ではなく、妹。ユミにとっては、母は伯母ではなく祖母。そして祖母は曽祖母。

裕福な方ではあるが、どこからどう見ても普通の家庭だった。何故だ。これは夢か。

その後、母も祖母もユミもあのおばさんも他の女達も乱れに乱れきっていた。酒池肉林だった。友人も母や祖母やユミと交わっていた。知らないとはいえ、俺は友人をぶち殺したい気分になった。
外に出ると暗くなっていた。
俺は家に帰る。

父親がのほほんと茶を飲んでいた。本当の父親ではない。
「父さん。」
「何だ?」
「母さん。何か変わってなかった。」
「いや別に。」
「俺、父さんの子供だよね。」
「何を言ってる。当たり前ではないか。」
父親は真顔で言った。

母親が帰ってきたのは10時過ぎだった。
あれからも何も変わらなかった。
だが、ときどき母の風呂場を覗くとやはり刺青やピアスをしている。

夢ではないのだ。
俺は母のスマホを探しあてた。何か月かかけて、暗号をこじ開ける。
中は、乱交、変態プレイのオンパレードだった。母は数え切れないほどの男と変態プレイをしていた。
そこからわかった真実。
母ら中学の時から淫乱で、叔父の本当の父親は母にもわからない。妊娠が発覚した時は手遅れで世間体のため、弟ということにしといた。父には初めてだということにしておいて、その時すでに数えきれないほどの男とやっていた。結婚後はしばらく落ち着いたが、よりによって実の息子である叔父に手を出す。公衆便所、観覧車、駅や電車のトイレ、ありとあらゆる所でセックス。そして俺が産まれる。どうやら飛行機のトイレで種付けしたらしい。

母はその後もエスカレートをし続けた。
祖母にも不倫癖があったようだ。曽祖母にも。その母にも。
代々淫乱だったのだ。

実直な祖父や父がかわいそうになったが、2人とも幸せそうにしているのを見ると、知らせない方が良いと思った。

え。俺のこと?俺は平気だよ。たぶん。

泳いだあと海の家の風呂で

去年の夏に海水浴に行ったとき泳いだあと海の家の2階にある風呂に入ってたら父親とその長男・長女・次男と思われる4人が入ってきたことがあった。
この女の子が胸が膨らんでてチョビ毛みたいな陰毛が生えてた。
浴槽に片足を上げて股を開いて座ってるときに見えたクリ皮とヒダが忘れられない。
    
その日はその海の家に泊まったんだけど夕食後に風呂に入ってたら今度は別の父親と娘2人という3人がいてお姉ちゃんは小4くらいかな。
ちょっとだけ膨らんできた胸と綺麗なワレメとクリ皮をじっくり見れた。
たまたま運が良かったのかもしれないけど海の家って穴場だと思ったよ。

陰毛の個人差

子供の頃、母親の股間のモジャモジャの陰毛を見て「大人のマンコの毛はスゴいな!」と思っていた。姉ちゃんや妹や従姉妹達のマンコは無防備で見放題。フザけて触って殴られたり、お返しにチンポ握られたりしていた。母親や母親の姉、母親の弟のお嫁さんのマンコは黒いジャングルに隠されてなかなか見えないが、たまに見える赤黒い肉の裂け目に大興奮してピンコ勃ちした。ところが父親の妹の股間には殆ど毛が生えていなかった。うっすらと生えたマン毛に隠されていない大人のマンコが常に丸見えで別の意味で大興奮した。ガン見したら恥ずかしがって「もう、恥ずかしいところばっかりジロジロ見ないでよう、お母さんに言うわよ!」とタオルや掌でマンコを隠した時に「叔母さんと結婚したい!」と思った。

淫乱な母の血を受け継いだ私は義父の子を孕んだ・・・

義父の吉造は今夜も私の身体を奪いました。                                  初めのうちは触るだけでしたが今では私を裸にするとあそこを舐めたり、指を入れたりしてとうとう、私の中へおちんちんを入れるようになりました。                                   私は秋帆15歳で中3です。                                             思い余つて母に告げると 「 なんだい、そんな事かい、別に減るもんじゃなし、誰のお陰で学校に行けるんだい・・・ 」 と 取り合いません、すでに母は知つている口ぶりでした。              吉造は毎夜、私の部屋に来ました、そして身体を貪りながら 「 いいじやろう・・気持いいじやろう・・」と私の反応を見ているようでした。                                         気持いいことはありませんでした、ただ、早く終わらせていく事だけを思つていたのでした。       ただ、中に入れても出す事はなく、お腹に射精します、それだけが救いでした・・・・・           吉造に犯されて半年過ぎた頃でした、私の身体に異変が起こり始めたのです。              それは吉造が部屋に入って来た時でした、私はなんとなく、股間を触つたのです、ヌルヌルとした液が出ていました・・・                                                    気持では拒絶していましたが身体が吉造を求めていたのです。                       私は母の事を思い出していました・・・淫乱な血が私にも流れているのだと・・・・              母は生まれつきの男好きで数人の男と関係していました、そして私を産んだのです、父親は誰か分からないのでした・・・・                                                  吉造は私のオマンコを見ると 「 よしよし・・秋帆も一人前の女になつたな・・・そろそろ、わしの子供を孕ませてやろう・・・ 」  と ニタリと笑みを浮かべています。                         私は熱に浮かされたように義父のチンポを咥え、しゃぶりまくつていました・・・・・                                          「 いいぞ・・秋帆・・美味いか・・・もうすぐに中に出してやるからな・・・ 」                 「 ああ・・お義父さんのチンポ美味しいわァ・・・早く、秋帆のオマンコに入れてよゥ・・・・・・・ 」    私は自分でも信じられない言葉を口に出していたのです。                         吉造は間もなく、中に入ってきました・・ズンズンズンと突かれる度に私はアクメを覚えて吉造の耳元に囁いています・・・ 「 奥に精子頂戴・・・・お義父さんの赤ちゃん欲しいのよう・・・・・・」      ウッと呻いて義父は射精しました・・・熱い精液が私の子宮へと注がれていきました。         次の月には私の生理は来ませんでした・・・・・                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

飲み会で飲み過ぎてしまったようだ…

朝目が覚めた時に自分の隣に裸の母親が居るの想像してくれ。
ビックリし過ぎてパニックになる自分の姿を容易に想像できるだろ?
昨日の俺が正にそうだった。
裸で俺に抱きついて眠ってる母親と、同じく裸で寝てた俺。
まさか?と思いチンポの確認しようとしたら母親の手がチンポをしっかり握ってた。
昨夜何があったのか思い出そうとしても全然思い出せない…。
そうこうしてるうちに母親も目を覚まして俺と目が合う。
「お、おはよう…」
「おはよう…母親に対してあんなに熱く激しくするなんて…久しぶりに女としての悦びを感じたわ」
朝からウットリした目で見つめられ、ゆっくりと俺の上に這い上がる母親。
股の間にチンポを挟まれてマンコを擦り付けてくる。
「母親の私の中にあんなに出して…赤ちゃん出来ても知らないからね?」
どこか嬉しそうに言われて、やっぱりやっちまってたか…と不安的中で血の気が引いていく。
「大丈夫よ、お父さんには内緒にしといてあげる…だから…ね?もう一回…」
女の顔でキスされ舌を入れられた。
チンポに擦り付けてくるマンコも既に濡れ濡れになりいつでも入れられる状態だ。
記憶が無いまま父親になるのは嫌なので、俺に覆い被さる母親を抱きしめてチンポを挿入。
ヌルッとマンコに入れたら下から突き上げる。
「息子に無理矢理犯されてショックだったけど、相性良過ぎて途端からお母さんも夢中になっちゃったわ…やっぱりこのチンポは最高ね」
俺もここまで吸い付いてくるマンコは初めてで腰が止まらない。
「気持ち良過ぎだよ…もう出そうだ」
「そのまま出していいわよ」
舌を絡めながら母親のマンコに中出し。
「昨夜あれだけ出したのにまだこんなに出るのね…母親を女に戻すなんて悪い息子だわ…」
そう言いつつも俺から離れない母親。
いつまでマンコに入れっぱなしにしとけば良いのか判らず、暫く抱き合ってキスを続けた。

一夫多妻の時代に書かれた教え!!戒律だから守れと ??

     
聖書の結婚観は「一生一人の人としか寝てはいけない」という純潔主義とは関係ありません。
     
なぜなら聖書が書かれた時代は一夫多妻の世の中だったので、正式な結婚契約を交わしていれば、複数の相手と寝ることはありえました。
     
聖書の時代は一夫多妻です。
     
結婚した後しか性経験のない男性でも、経験を積むほどに、セックスにも相性があるんだなぁと気づいた男は多かったでしょう。
     
そんなことは承知の上で聖書は書かれているのです。
3人の妻がいれば、3人の女性と関係しているのです。
ただし4人目に関係したのが、結婚契約外の女性だったら、これは契約違反で(男が)罪となります。
     
ちなみに女性は違います。
セックスとはこんなものだとあきらめて受け入れるしかない。
不公平な時代です。
     
妻に対して一方的に「オレとしかやってないんだから、セックスに相性があるなんて、おまえは知らないはずだ」と思っていた男は多かったでしょう。
     
ついでに言うと、一夫多妻の世の中だったから、聖書を書いた人々は、夫と妻の関係を神と人の関係になぞらえるという発想が自然になじんでいたんじゃないかな、と私は推測しています。
(エフェソの信徒への手紙5章22-23節「妻たちよ、主に仕えるように、自分の夫に仕えなさい。キリストが教会の頭であり、自らその体の救い主であるように、夫は妻の頭だからです」など)。
     
夫一人に対して妻多数。
神一人に対して民多数。
だから、夫婦の契約は、神と人の契約のようだ、と考えるのは自然だったんじゃないですかね。
     
姦淫の禁止は、いちばん基本の律法である「十戒」にも明記されています(出エジプト記20章14節「姦淫してはならない」)。
     
もっとも旧約の律法は、女性は男性の私有財産であると見なす考えが根底にあると言われています。
結婚する前は父親の管理下にあり、結婚後は夫の所有物です。
だから、旧約聖書において「姦淫」とは、男が他の男の所有物を奪う行為なのです。
     
だから、おなじ十戒にも「隣人の妻……など隣人のものを一切欲してはならない」(17節)と書いてあります。
隣人の妻は隣人の持ち物なのですね。
     
それでは、女性に対してはどういう法律があるのかというと、
「男は罪を負わない。妻は犯した罪を負う」(民数記5章31節)
     
旧約聖書が姦淫を禁じている理由は、純潔とか純愛とは関係なく、男性社会の中でいかに女性を管理し、社会秩序を保つかということにあります。
     
これを字句どおりに実行しようとする事が、現代の私たちの生き方に、何らかの参考になりえると言えるでしょうか?
     
     
     
【引用元】
     

一人暮らししてるけど毎週末に母さんが来て世話してくれる

またこの週末も母さんが来てしっかりした掃除と食事の作り置きを冷凍庫にストックしてくれた。
「いつもありがとうね、自分でも掃除してるんだけど母さんほどしっかりやってないから母さんが来てくれた時は空気が上手く感じるよ」
「お礼なんて良いのよ…その代わり…わかってるでしょう?いつもみたいにお母さんを可愛がって」
そう、母さんが毎週末来るのは俺の世話だけが理由じゃない。
父さんとのSEXに満足出来ない母さんとSEXして満足させるのが俺の役目。
「お世話してもらってるからお礼に母さんとSEXするのは問題ないけどさ、いつもコンドーム着けさせてくれないから妊娠させちゃわないか心配だよ」
「お父さんも着けないから大丈夫よ、二人のどちらかが父親なのは間違いないから安心して産めるわ」
「俺との子供でも平気なのかよ!?」
「自分が産んだ愛する息子との子供よ?産むのは平気だし大事に育てるわ」
「母さんて変な所で度胸あるよね…」
「もう良いでしょ?早く可愛がってよ」
SEXしたくて堪らないみたいだ。
床に女座りしてる母さんをひっくり返して下着を脱がしてクンニから始める。
「ああ!これよ!この強引な攻めが良いの!お母さんのオマンコいっぱい舐めて!」
「本当に濡れやすいマンコだよね、湧き水みたいだ」
「気持ち良い!息子にオマンコ舐めてもらうの気持ち良いの!お母さんの口にもオチンポちょうだい!しゃぶらせてぇ!」
母さんをひっくり返したまま口にチンポを突っ込んでしゃぶらせる。
「こんな恥ずかしい格好で口にチンポ突っ込まれて喜ぶとか母さんは変態だね、そんな母さんに興奮する俺も変態だからお似合いなのかな?」
返事は無いけど吸いつきが強くなる。
「マンコがヒクヒクしてるね、もうイキそうなんじゃない?イクならチンポでイッて欲しいからおしゃぶりはお終いだよ」
「ああん!もっとしゃぶりたいのぉ!」
「マンコでしゃぶれば良いだろ?クンニでイクよりチンポでイク方が母さんも好きだろ?」
「そうだけどぉ…」
「この恥ずかしい格好のまま入れてあげるから息子のチンポがマンコに入ってくところをよく見てな」
わざとゆっくり挿入していく。
「あああ…オマンコに息子のオチンポが…入っ…たぁ!」
「息子チンポでマンコかき回してやるから目を離すなよ?自分のマンコがどうやって犯されて種付けされるかよーく見とくんだ」
ジュポジュポとエロい音を立ててるマンコを母さんにしっかり見てもらい、しっかりと根元まで挿入して種付け。
「ああー!息子が奥に出して私を孕ませようと…イ…イクぅ!」
「自分が種付けされるとこ見て興奮した?いつもと違う角度で突かれて気持ち良かったろ?」
「こんな変態みたいなSEXお父さんとはした事ないもの…凄く興奮しちゃったわ」
「次は普通にSEXしようか」
一旦チンポ抜いて仰向けにさせたらまた咥えさせる。
「ほら、しゃぶりたいんだろ?しゃぶって元気にしてよ」
「あはぁ…息子のオチンポしゃぶるの好きぃ…」
ここまで美味そうにチンポしゃぶる女は母さん以外に見た事無いよ。
これでもかとしゃぶられて元気を取り戻したら正常位でSEX。
「ああ!こんなに早く2回目なんてお父さんには無理な芸当よ!若いって凄いわ!」
「中折れしまくるんだっけ?それじゃ息子に抱かれたくもなるよなぁ…」
「そうでしょう!お母さんは悪くないの!お母さんを満足させられないお父さんが悪いのよ!」
「はいはい、これこらも硬いチンポで週末は可愛がってあげるよ」
「今度泊まりに来ても良い?一晩中可愛がって欲しいの」
「父さんが許してくれたら泊まりにおいで」
泊まりでSEXしたいとかどれだけ欲求不満が溜まってるんだろう…。
2回目の種付けをして休憩を兼ねて一緒に風呂に入る。
ここでも母さんはチンポを離さない。

育児って難しいな

俺には娘(14)がいる。他に子供はいない。
嫁は愛娘を産んでから性格が変わり、ヒステリックになり、更には浮気をするようになったから離婚。
親権を勝ち取り、父子家庭ながら愛情たっぷり注いで娘を育てた。
娘は見事なくらいファザコンになってしまい、いまだに一緒にお風呂に入ってる。
別々に入ろうと言うと、猛烈に拒否される。
寝るのも一緒の布団。
しかもギューっとされるのが大好きで、常に俺に抱き付いてる。
休日なんて一日中抱き付いて離れない。
だから風呂でも抱き付いてくるんだ。
もう、すっかり女らしい体型になってるのに…。
恥ずかしくないのか聞いたら、大好きなお父さんになら見られても平気だと言われた。
湯船の中で向かい合って膝に乗って抱き付き、おっぱい押し付けながらそんな事言われたら嬉しいんだが理性崩壊しそうで、かなりキツイ。
で、いつものように一緒の布団に入ってきて、俺がおやすみを言ったら、おやすみと返しながら軽いキスをされた。
唇を触れ合わせるだけのキスなんだけど、この歳の女の子が父親にするか?
いい歳したおっさんだが、年甲斐も無く娘にドキドキしたよ。
これは育てかたを間違えたんだろうか?

エロい展開無くて申し訳無いんだが、誰かに聞いて貰いたくて書いてみた。
もし娘から望まれたら俺の理性は保たないかもしれない…。

闇金融の俺たちと社長の娘・

5日目、俺たちはソファに全裸で並んで座り、拡げた股の間に全裸の少女が交代で俺たちのチンチンをしゃぶっている。
2人ともビンビンになっている。
「どや、どっちのチンポがええか?どっちのチンポに嵌めて欲しいんか?」
タクは笑いながら少女の髪の毛を撫でる。
「どうしたん?どっちのチンポや?」
少女は応えないで黙って俺のチンチンを握りしめる。
その時俺の携帯が鳴った。
山●組の三次団体の幹部の男からだ。
「例の金社長、捕まえたわ、で金を吐き出させてからどうにかしたろう、思うんや、お前んとこはなんぼや?」

「わいのとこは2百ですわ」
「よっしゃ、吐き出したら届けさせるわ」
少女は一生懸命に俺のチンチンをしゃぶっている。
「お前のおとんな、〇〇組に捕まった観たいやで」
「・・・・・」
「どうしたん?おとん心配違うんか?」
「別に、どうでもええわ」
少女はタクの足の間に体を移し、タクのチンチンを舐め始めた。
「兄貴、良かったですやん、金戻るし、こいつとどうします?」
「どうしますって、金が返ればこの子は家に返すわ、可哀想やし」
「返したら〇〇組にさらわれまっせ、やつらは金返したらええって連中やないし、父親も娘も骨までしゃぶられますわ」
「今ならこの子が俺たちと一緒とは知られてないから、この子の考えも聞いてからにしようや」
タクは気分が出たようで少女を抱きしめて和室に向かう。

しばらくして〇〇組から電話があり、若頭補佐の金田が金を持って来ると言う。
「おい、お前とこにあの娘おるん違うか?組長が行って見てこいとさ」
「おう、おるよ、俺たちが可愛がっているわ」
「そうか、今からお前んとこ上がるからその娘見せてくれや」
「見てどうするねん?」
「わしが見て、良ければ連れて帰るわ」
「まあ待っとるさかい」

和室では四つんばいの小柄な少女をバックからタクが突いている。

パンパンと肉のぶつかる音が響いて、少女の喘ぎ声が上がる。

すぐに玄関のチャイムが鳴る。

さすがに〇〇組だけあり、なかなか手早い、わざと真下から電話を入れている。

若頭補佐の金田は痩せた陰気な男で覚醒剤中毒だ。

いつもドスを抱え、短気で喧嘩早いので有名な男である。

派手な真っ赤なアロハを着て入って来て、カバンから2百万円を渡してくれた。

もう何日も前に社長は捕まって有り金すべて絞り取られ、多分あとは臓器の提供者にされるだけだろう。

金田はガラリと和室を開けて、セックス中の2人を眺めて、
「フン」と言ったきり、携帯電話をかけ始めた。
「渡しました。娘は今から連れて帰りますわ」
タクの激しい突きに少女は前に倒れて喘いでいる。

金田はゆっくりその姿を見ながらタバコをくわえる。

やがて激しいセックスは終わり、タクは離れる、

金田が「おい、姉ちゃん出掛けるから支度せえや」

少女はびっくりした顔で起き上がり、黙って首を振る。

タクはきつい目で俺を見つめる。

俺は黙ってやはりタバコを吸う。

「姉ちゃん、早く支度せえや」

危険な雰囲気がただよい、場は凍りつく。

QRコード
QRコード
アクセスカウンター