萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

寝取り・寝取られ

清楚な妻が痴漢に遭い私の出張中にオヤジ達の指に快楽を覚え肉便器になったⅡ

私は、出張中の間妻がオヤジ達に痴漢されて無いか心配でたまりませんでした。

ホテルに帰ると報告書などで、時間を取られて妻に連絡を二回ぐらいしか出来ませんでした。

主張中は。夜中に報告書が終ってからテレビをつけて見ていましたが、面白いのが無く

有料サイトを見て行くと、アダルトサイトで目に引くタイトルがありました。

【痴漢電車 寝取られる妻~他人の指に犯される】見た瞬間体に電流が走りました。

内容は、妻が痴漢されて屈辱を目撃して旦那が興奮して妻が、痴漢にハマってしまい

電車で痴漢された後は、公衆トイレで複数の男達にレイプされてしまうものです。

私は、妻も同じことになるんじゃないか心配と痴漢されて変わる妻を見たい気持ちが

交差して出張から家に戻りました。

金曜日の19時に家へ着くと妻は、いつもなら戻ってきている時間なのに

まだ戻ってきてなかった。

私は、不安になりましたが、まさかなぁーと思い妻の帰り待っていると20時過ぎに

妻が帰って来ました。

妻を見て違和感を感じました。

なんかあかぬけた感じで、服装も露出が高くスカートは、短くブラウスは、ノースリブ

で白色なので黒のブラジャーが透けて見える。

そして、私の前を通った妻からシャンプーの臭いがした。

私は、まさか浮気をして帰って来たのか、不安になりました。

妻「汗をかいたからシャワー浴びるね」と言ってよくしていきました。

まさかと思いつつ、シャワーを浴びてるのを確認して妻の下着を見ると、びっくりした。

今まで見たことが無いエロい下着で、パンティは、Tバックだ。

Tバックなんか着たことが今まで無いのにしかもあそこの部分は、マン汁で汚れている。

本当に妻は、寝取られたのか、また痴漢に遭ったのか、不安に陥りました。

妻に浮気したのか、痴漢に遭ったのか、聞くわけにもいかないしと考えました。

結局、何も聞けずじまいになりました。

浴室から出てきた妻に明日は、土曜日で休みなので一つ提案をしました。

私「寿子、明日休みだろ、映画でも見に行かないか」

妻「ごめんなさい。明日は休日出勤なのごめんね。出張から帰って来たばかりでしょ。

ゆっくりしてて」と簡単に断られた。

その後は、雑談して早めに二人して寝ましたが、私的にムラムラしていたので、

寝ると妻は、なかなか起きないので、いたずらをしました。

妻は、寝る時の服装はロングTシャツにノーブラでパンティです。

まず初めにTシャツの上から乳首を狙っていたずらすると乳首が立ち妻の口から

(うぅ~ん…アぁぁ…)と漏れてきました。

なんか、寝てる女性をレイプしている感じで私のチンポは、いつも以上に勃起しました。

おっぱいを軽く揉んで、パンティの上からマンコも触っていくとパンテイ越しに濡れて

きているのが分かる。

パンティをずらして直接マンコに指を入れると、もうビチョビチョに濡れていて

寝ているのに妻の口から(アぁぁぁぁぁ・・・うぅぅぅぅ~ん・・・ダメ~イぃぃぃぃ)

私は、興奮してチンポを妻の口に押し当てると、「奥さん早くしゃぶれよ」と妻の耳元に

囁いた。

寝トボケているのか、妻の舌が出てきてペロペロと舐め初めてカバとチンポを咥えました。

気持ちいいが、何かが違うのだ、それは、妻のフェラは咥えたら舌を使わないのだ。

今は、チンポを咥えて口の中で舌を動かしている気持ちいいが、おかしいのですが、

あまりの気持ち良さに妻の口の中で発射してしまいました。

その後にまたおかしい行動が、妻が精子を飲み込んだのです。

これまた、今までにないことでやはりおかしいのです。

この一週間に妻に何かがあったのは、間違いない、明日の出勤も怪しいので私は、

妻が家を出ていった後を尾行すること思い準備しました。

私は、髪の毛は短髪で去年宴会で使ったかつらを出して変装の準備をして寝ました。

朝からもおかしいことがありました。

妻がシャワーを浴びているのです。

これも今まで無いことです。

浴室を覗いると妻は、赤のTバックをはくとおそろいの赤のブラジャーをしました。

妻が浴室から出てくるので急いで寝室に戻ると妻が、入って来てクローゼットから

前空きボタンの白色ワンピースを出してきて着ています。

着た妻を見ると、赤い下着が透けて見えてスカートはミニです。

妻は、あんなエロい服装で会社に行くのか絶対におかしいのです。

妻は、何も言わず家を出て行きました。

すぐに私も妻の後を追っていくと、妻の透けている下着エロくて勃起しました。

駅に着くと何気なしにコンビニの方を見ると見覚えあるオヤジ達が居たのです。

間違いなく妻に痴漢をしたオヤジ達です。

オヤジ達は、妻を見ると動き始めて駅のホームでは、妻の後ろに並びました。

私は、まさかと思っていたことが、現実になりつつことを・・・・・

また続きを報告します。

清楚な妻 由香 初めての他人棒(実話)

清楚な妻 由香 初めての他人棒(実話)

亀太郎と申します実際に在ったお話をします。
登場人物
亀太郎(私)・・・50才 会社役員 お腹が出てる中年おやじです。
ペニスのサイズ勃起時10センチ弱
セックスは大好き、素人の女性専門、じっくり時間を駆け落とすのが
最高、ただ処女は苦手。
ただこの頃、愛妻には勃起しなくなった、寝取られ願望あり
妻とのセックスは寝取られを想像しながら、さらにバイアグラを飲みながらでないと興奮しない。
何度も、他人棒を妻を説得しましたが、願いは叶わず。
変態と呼ばれながらも、説得中
他人棒で妻が孕ませられたらと思うと、さらに興奮する。

由香(妻)・・・・38才 ピアニスト普段は芸術大学の臨時講師
      スポーツジムで鍛えているので
      体の線は20代。ワンピースが似合う清楚系美人。
      品もよくお堅い。真面目で堅物。
人見知りが激しい。超恥ずかしがり屋。
昼間は先生の立場もあり堅物で、下品な話はNG、
反面、セックスしてる妻は、淫乱。
男性経験は亀太郎だけ。
出産経験は無し亀太郎が原因。
セックスは大好き、毎日でもOK
体全身性感帯で感じやすく、愛液の量は枯れることがない。
体を反りながら何回も逝き、喘ぎまくる。
潮を吹いたりもする。言葉責めや縛ったりするとさらに興奮するMタイプ。
体位は何でもOK、でもフィニッシュは正常位で
繋がったまま、二人で一緒に逝き、抱き合ったまま
余韻を楽しむのが好き。
出産経験がないので、あそこの締まりは抜群
私の小さなペニスでも締め付ける。名器と呼べると思います。
翔君(大学生)・・21才 スポーツで鍛えた体は見事。 女性経験も豊富
美男子で身長180センチ。
      ペニスのサイズは18センチ以上で雁の部分も松茸のように広がり
      見事な形、硬さも太さも日本人場慣れ。
若いので、勃起時お腹につく、強烈な勃起力
女性に名器があるなら男性の名器か!
若い女の子では痛がり、今は人妻、熟女キラー
若いのに遅漏らしい、よく話を聞くと、数回射精しても、すぐ勃起して
何回も出来るので遅漏って言ってるらしい。
熟女が翔君の巨根のペニスを味わうと、虜になるらしい。
      得意技はクリ責めのクンニ、子宮を亀頭で突く巨根ならでわの技
      焦らしながらのセックス、最後に焦らして焦らして巨根を填めるSっぽい      セックスが好き。
困ったことに ゴム嫌い生挿入中だしが基本。
ここからは実際の話を書きます
最近の妻とのセックスは
他人棒で喘ぐ妻を想像しながらでないと勃起もしなくなり。
すぐに萎えてしまいます。
バイアグラを飲まないと、妻を逝かすことが出来なくなり、情けないと思ってます。
いくら美人でセクシーな女性でも20年近く抱いてると飽きてきます。
他の女性なら、まだビンビンに勃起しますが。
でも、数多く女性を経験した私が言うので間違ってないと思いますが、抱き心地は最高だと思ってます。
私が作った美味しい料理(妻を料理に例え)を他の方にもジックリ食べてもらい、感想を聞きたいと思うこの頃です。
フルコースのように、最初は軽いランチから、美術館やコンサートに行ったりデートをしたり、普段の清楚で品の良い妻を見て頂き、お互い盛り上がった時。
高級ホテルのスイートルームでシャンパンを飲みながら
ゆっくり妻を味わって頂き、昼間の妻との違いを楽しんで頂き
最後に濡れた妻の泉にあなたの生の大きなコルクを埋めて
妻の名器をじっくり味わって頂、そして泉の奥に精を放出して頂ければ、きっと満足するのではと思ってます。
こんな風に想像はするのですが
現実は、妻を説得するのが難しく
手こずっている訳です。

セックスの時は、まるっきり別人になるので
その時が説得のチャンスで。
そんな妻にセックスの最中
「俺以外の男とHしたくないか」
「したくないです」
となかなかHの時も簡単ではなく
少し焦らしたセックスをしながら
「ほんとは一度はしたいだろう、ちゃんと言わないと射れてあげないよ」
その時、赤い顔をしながら妻が頷いた
「年上か同年代かそれとも年下か」
「同じ年代は恥ずかしいからいや」
「じゃあ、年上か」
「年上もいや」
「じゃあ若い子ならいいな」
妻は恥ずかしそうに頷く
「教え子にいないのか」
「生徒はいやよ」
と言い
やっと若い子なら可能だと解ったのですが
でも、現実はそう簡単ではなく
何度も何度もお願いして
会うだけならと、やっと説得できました。
他人棒をお願いして2年近くもかかりましたが、これからが正念場だと
思い、失敗しないよう緻密な作戦を練りました。

私が年下の男の子を探すのに
いつも見てる、寝取られサイトです
このサイトに妻の雰囲気が解る写真を載せ
大学生の男の子を募集した
1日で50名位の応募があり
まず全身の写真とペニスの写真を送って頂いた中から3名に絞った
スポーツマンで巨根が第一条件でした。
その中で、経験が浅い子と早漏の子を除外したら
大学4年生の翔君に決定しました。
数日後、翔君と会いました。
誠実そうな感じで、体育会系のしっかりした言葉遣いで
頭もよく、イケメンです。
実家は北海道でご両親が会社を経営してるそうで、卒業したら実家帰るそうです。
それから一番重要な事なんですが、血液型は私と同じO型です。
そして
翔君とメールで妻を落とす作戦を練ることになりました。
最初は翔君に妻の事をしってもらいたかったので
妻が学生の頃の写真を送ったり
普段の日常の写真を送ったりしました。
翔君は妻が相当気に入ったみたいでした。
そして
翔君に妻の裸の写真やHの時の音声や私とのセックスの動画も送りました。
翔君は完全に妻に填まってしまいました。

そして作戦を実行しようと試みました
当然、最初は断られるのは解っています。
妻の一声は
「あなた、やはり無理です」
ここで
「大学生の翔君に、予定を入れてもらっているので、頼むよ
お茶だけいいから、もしタイプじゃなければ、二度と会わなくていいから
いいだろう」
「でも」
「それに、その場で決めるんじゃなく、メールなんかで、時間を駆け
この子ならと思ってからのお付き合いでいいから」
「ほんとに」
「それでもダメなら諦めるから」
「わかりました、でも期待しないでくださいね」

そして、ホテルのラウンジえ3人で会いました
妻は恥ずかしそうに、下を向きながら顔を真っ赤にしている
時折、笑顔がでるので、翔君を気に入った見たいだった。
和やかな雰囲気の中
私が仕事の電話で席を立ったとき
二人の様子を遠くから見てると
妻が翔君と話す姿は、普段の妻ではなく、動物の雌のような
雰囲気で雄に交尾をする前に雌の香りを出してる感じがした。
30分ぐらい席を空けてましたが。
妻は翔君の顔から目を反らすことなく、見つめながら
話をしている。
楽しそうに、時折笑顔をだしながら、普段見ない、妻の一面を知った。
そして私が席にもどり
妻と翔君に
「お互い、メールや電話や食事でもいいから、もっと知り合って、この人ならと思ったら
私の希望を実現して欲しい」
「由香いいね」
「はい」
「翔君もいいね」
「はい」
「よし、それでは、今日から6ヶ月は僕も由香と禁欲します
 その間、二人とも一切報告もしなくていいから、ただお互い努力して、私の
 希望を叶えて欲しいんだ」
「それから、由香は、ダメだった場合でも、6ヶ月は禁欲だからね!」
この時の妻は恥ずかしそうに、顔を真っ赤にしていた。

帰りがけ、翔君が妻に「よろしくお願いします」と握手を求めた
妻はさらに顔を真っ赤にしながら
「こちらこそ、よろしくお願いします」と手を差しのばした。

その晩のセックスは
妻に翔君に抱かれてると思いながらセックスをさせた。
普段より妻は感じながら逝ってしまった。

そして翌日から、翔君と妻のメールのやり取りが始まった
最初は、堅苦しい文書メールだったのですが
この頃はカップル用のチャットを使い
時間があれば常にスマホで連絡を取ってる
ある日のチャット
「翔君、彼女ほんとに居ないの!」
「おれ、年上の女性が好きだから」
「でも私じゃ、おばさん過ぎるわよね」
「ぜんぜん、俺の好みど真ん中です」
「もう、からかわないで」
「ほんとに、由香さん大好きです」
「嘘でも、嬉しいわ」
「おれ、由香さんと1回だけでいいからHしたいな」
「がっかりするわよ」
「それってOKってことだよね」
「どうかしら」
「ユカさん質問していい」
「なにかしら」
「ほんとにご主人以外男性と経験ないの」
「ほんとよ」
「えーキスも」
「ほんとです」
「興味とか好奇心もなかったの」
「無いと言ったら嘘かな、でも主人を裏切る事できないから」
「そのご主人が経験しなさいって言ってるんだから」
「それは解ってるんだけど、恥ずかしくって」
「ぼくじゃ駄目なの」
「そんな事ないけど」
「じゃー覚悟を決めたら」
「でも最後までするのは怖いのよ」
「それじゃあ、最後までしないって約束するからいいでしょ」
「でも、男性は辛いでしょ」
「大丈夫だよ、そのかわり、口か手でしてくれれば」
「どうしようかな!」
「お願い」
「ほんとに、こんなおばさんでいいの!」
「ユカさんがいいの」
「わかりました」
「やった!」

と約1ヶ月
ついに妻が覚悟を決めた。

さっそく私は、週末、接待のゴルフで泊まりになると伝えた

「ユカさん、何時ならOK」
「主人が週末ゴルフなので、週末なら」
「じゃあお昼頃から会うのでいい」
「私、初めてだから、お任せでいい」
「任せてよ」

そして、私は新宿のワシントンホテルを2部屋予約した。
あまり高級なホテルだと怪しまれると思ったし、このホテルは地下1階からフロントを
通らず、部屋に入れるので。
当日、私は朝早く家を出てホテルに向かった、ワシントンホテルで妻と翔君の待ち合わせが12時なので
10時頃、予約してる私の部屋で翔君と打合せをした。
ここはビジネスホテルなので、会話の内容まで聞き取れませんが、TVの音ぐらいなら
隣の部屋で解りますし、廊下で話しをしてる声が部屋でよく聞き取れる位のホテルなので。
プレーが始まれば、確認できると期待して隣の部屋を取りました。
翔君と、妻の性感体の場所や焦らしてセックスをする事など念入りに打合せをした。
12時少し前、翔君にバイヤグラを飲ませました。
ボイスレコーダーをセットして待ち合わせ場所付近を覗いて見た。
3階のカフェで待ち合わせで入り口で翔君が待ってる
そこにワンピース姿の由香が到着した。
体にフィットしたワンピースで、体型がよく解り、どう見ても20代後半
にしか見えないスタイルです。
夏の暑い日だったので、生足で光の角度によっては、ワンピースからパンティとブラが透けて見えます。
翔君が由香に駆けより、妻は顔を真っ赤ににした。
二人はカフェに入り1時間後カフェから出て来た。
地下1階のコンビニでアルコールや飲み物を買ったみたいで
エレベーターに乗った。
私も、少しずらして、隣の部屋に入った、
耳を壁に当てるとかすかに会話をしてる雰囲気だ。
この時間はホテルの清掃員が部屋を掃除してるので
廊下の声がまる気声ですので、壁よりドアからの方が、室内の音が聞こえるかもしれない
私は廊下に出て、周りを気にしながら。
ドアに耳を当てると妻と翔君の会話の内容が聞き取れた
でも、ここに居ると不自然なので部屋に戻り
壁に耳を当てた、20分ぐらいした頃、会話は聞こえくなり、静かになって
もしかしたら、始まったのかと思った所、シャワーの音や、バスルームのドアの音など
バタバタした音が聞こえて来ました。
私の心臓はもうバクバクして
飛び込んで止めさせようかとか
妻がどうなるんだろうか
とか思い悩んでいる私ですが、ペニスは痛いくらい勃起をして興奮してる
私がいます。
それから20分ぐらいたちましたか、会話も物音もしなく
さらに10分ぐらいした頃
アーンと明らかに、妻のあの声が聞こえて来ました。
その後は、アーン アーン イヤ ダメ アーンとリズミカルに聞こえ
さらに20分ぐらいした頃は喘ぎ声が増し
私は廊下に出て、ドアに耳を当てた
妻が
「お願いもう我慢できない 射れてほしいの」
「ユカさん、最後までしないって約束したので、ゴムもって来てないよ」
「お願い、いいから射れてほしいの」
「生でもいいの」
「お願い」
「痛かったら言ってください」
この時、「ウ」と言うようなうめき声がした。
ついに、由香が翔君の巨根を生で入れられた瞬間だった。
もう、自分のペニスは痛いくら勃起している。
暫くするとパンパンパンと打ち付ける音と合わせて、アンアンアンと喘ぎ声が聞こえた
「もうだめ、逝きます」
「逝きなさい」
アーーーン逝く・・・と妻の絶叫
その後も
「もうダメ、おかしくなちゃう」
と言いながら、喘ぎまくる
「一緒に逝こう」と妻が言う
「よし、繋がったまま一緒に逝こう」
「おねがい逝って」
と言いながら
翔君のうなり声と妻の「逝く」の声で、静かになった。

私は部屋にもどり、オナニーをしてしまった。
その時また、となりの部屋から
妻の喘ぎ声が聞こえ、早々2回戦目が始まったようだ
その後、休憩もあったようだが、夕方6時まで約4時間たっぷり
他人棒を味わったようだ。
その後、翔君は妻を送り私の部屋に来た。

「すみません、お待たせしました」
「どうだった、妻の抱き心地は」
「もう、最高で、なんど逝ってもすぐに勃起するくらい素敵な奥様でした」
「どう感じやすいだろう」
「奥様、全身が性感帯でどこを触っても感じていただけたので、ぼく見たい
にへたでも感じて頂けたと思ってます」
「おちんちん射れた感じは」
「すごく締め付けるので、すぐに逝きそうになったので、他の事を考え
我慢しました」
「翔君が抱いた女性の中ではどんな感じ」
「一番よかったです」
そんな話をしながら、翔君から部屋の鍵を預かり
私は、ついさっきまで、二人がセックスした部屋に入った
部屋の中は、二人の汗や、息や体臭や精子や愛液などの臭いが混じっている感じだ
ベットの真ん中はグッショリ染みている
臭いはまさに、翔君の精子と由香の愛液だ。
ボイスレコーダーを回収して、その濡れたベットで、私もまた射精をして
しまった。
自分の部屋に戻ると翔君がまだ居た。
「翔君、明日も妻を抱きたくないか!」
「それは、抱きたいですよ」
じゃあ、これから言うことチャットで打ってよ
スマホを翔君が慌ててだす。
「ユカさん今日は、ありがとう、まだ部屋にいまが。
ユカさんの香りがまだします、まだ僕のペニスはしっかりユカさんの形が残ってます。
こんな素敵なセックスは初めてです、思い出すだけでもまた勃起してしまいます。
明日まで、部屋を予約していますので、明日また来て頂けないでしょうか!」
「翔君、今日はありがとう、でも恥ずかしくって当分会えないかな」
「僕のセックスダメだったですか」
「もうその逆よ」
「だったら、おねがい」
「恥ずかしいから会えない」
「じゃー一人でオナニーするからいいよ」
「もう、意地悪、でも夕方4時くらいには帰らないと
主人の食事の用意があるから」
「お待ちしてます」
そして翌日朝8時頃「いまから行くね!」
と連絡があった。
9時丁度に部屋のチャイムが鳴った。
翔君はまだガウンだけで下着も着けて無い状態で
ドアを開け、部屋にユカを入れたと同時に
抱きしめ、ハードなキスを始めた
ユカは持っていたバックを床に落とし
両手で翔を抱きしめ
だんだん翔の手が、胸やおしりを刺激を初め
ユカから喘ぎ声が漏れ始めた
10分ぐらい抱き合っていたが
翔がユカの手をガウンの下のペニスを握らせた
もうビンビンになってるペニスを恥ずかしそうに触る
翔君もワンピースを少しめくり、レースの薄い下着の中に
手を入れた
そこは、もう大洪水で
「いやー 恥ずかしい」と妻の声が
翔君はユカを壁に手を付け、おしりからパンティを脱がすと同時に
バックから挿入した。
ユカは
アーン アーーんと喘ぎ声を出しバンバンバンとリズミカルにバックから
打ち付ける
「もうダメ、逝きそうと言った時」
翔君はペニスを思い切り抜いた
その時、同時に大量の潮を吹きだした、バシャと床がびしょ濡れなった。
ユカが
「イヤーと恥ずかしそうに手で顔を覆った」
翔君はユカのワンピースを脱がし、ベットの横たえた
そして、クンニを始めた
ユカは
「お願いシャワーを浴びさせて」
と言うが
「ユカさんの香りがいいんだ」
「恥ずかしいから、お願いシャワーを浴びさせて」
と言うのに翔君は攻めまくった。
ユカは恥ずかしかったのか、前回よりも
何度も逝ってしまった。
最後は子宮に射精され
シャワーも浴びずに3回線が終わったのはお昼12時を回った頃だった。
その後
シャワーを浴び、さらに3回戦
夕方4時に3回戦目が終わり、ユカがぐったりしてる
「ユカさん4時ですよ、帰らないと」
死んだように、ぴくりと動かない
翔君は、新宿のデパートにお総菜お買いに行き、6時に戻って来たが
ユカはまだベットで死んだようにヨコになってる
どうにか起こし、ユカも時間を見てびっくりしたのか
「あーどうしよう」
「4時に起こしたのだけど」
「急がなきゃ」と言いながら
シャワーも浴びす着替えてる
「お総菜買っておいたから」
「翔君ありがとう、ごめんね」
と言いながら
僕にキスをして慌てて出ていった。

その日の夜
チャットで
「大丈夫だった」
「なんとか、でも体が動かない」
「起こしたんだけど、ごめんね」
「でも翔君強すぎ」
「イヤ」
「イヤじゃないけど、凄すぎて覚えてないの」
「僕だって、こんなの初めてだよ、こんなに気持ちいいのも」
「私も初めて、気持ちよかったよ」
「でもユカさん抱いたら、もう他の女性抱けないよ」
「私も同じ」

当然その日は翔君が買った、総菜で食事をした。
妻も慌てて、シャワーをした見たいです、私もゴルフの洗い物
がないと不自然なので下着とシャツを洗濯機に入れようとした時
妻のパンティが入っていた。
手に取ると、強烈な精子の臭い
慌ててシャワーを浴びずに着替えたので、中だしされた精子が
たっぷり着いていた。

そして、翔君と会って5ヶ月目
週1回は妻とセックスしているので当然だと思いますが、複雑な気持ちです。
その日のチャット
「妊娠した見たい」
「えーほんとですか」
「昼間、産婦人科に行ったら、おめでとうございますって言われたの」
「ぼく、ご主人に言います」
「私から言うから大丈夫だから」
「産むのですか」
「主人と相談してから決めるから」
との内容だった。

その日の夜
妻が話があると私の寝室に来た
「あなたが希望した通りになりました」
「それって、したのか!」
「はい、翔君に抱かれました」
私は妻を抱きしめ
「よかった、ありがとう」と言った
妻は
「あなた、御免なさい」
「謝ることないし、僕が望んだことだから」
「そうじゃなくて」
「どうしたんだ」
「妊娠してしまいました」
と泣き始めました。
私は妻を強く抱きしめ
「やっと出来た赤ちゃんじゃないか、産みなよ」
「でも」
「万一の事考えて、翔君も私と同じ血液型だから」
「あなた」と妻が私に胸に飛び込んで来た
私と妻は裸になり、二人とも興奮しながら、優しく、妻の濡れた泉にペニスを挿入した
お腹を圧迫したくなかったのでバックからでしたが。
妻も数回逝ってしまった。
「翔君のおちんちんどうだった」
「よかったです」
「違っただろう」
「あなたの言う通りでした」
「でも安定期までは、セックスは厳禁だぞ」
「はい」
 
妻と翔君の音声です、
妻が我慢できず、巨根をお強請りしてる所です。

人妻でなければ恋できない私

人妻でな「俺が離婚するから、いっそ妻と再婚してくれないか?」
「それはダメです。裕美さんが人妻でなくなったら、愛せないと思います。」
人妻しか愛せない私がたどり着いた場所、それは寝取られ癖のある夫の願いを叶える寝取り屋でした。
無精子症な上に完全寝取られを望むご主人が、私の精液で妊娠出産をした可愛いお嫁さんの裕美さんと離婚するから、裕美さんと結婚してくれと言うのですが、可愛い裕美さんが人妻だから私は裕美さんを好きになれたのですから、出来ない相談なのです。

私は、高2の夏に初体験しましたが、その相手は中学の同級生でお互い初めて同士でした。
大学でも処女、若しくは性体験の浅い同年代としか性行為はしていませんでした。
ところが、就職してすぐ、仕事上断れない方から奥さんとセックスしてほしいと言われて、とても困惑しながら、その方の目の前で奥さんとセックスしました。
私23歳、その奥さんは52歳で私の母より年上でした。
萎みかけの乳房、妊娠線の痕、崩れかけた体形に黒ずんだ陰唇・・・これでなぜか勃起してしまうのです。
奥さんの膣に生で挿入し、奥さんの指示通りに腰をグラインドします。
「ああ~~硬い硬い、ああ~~凄い凄い、ああああ~~もっと突いてぇ~~掻き回してぇ~~」
それまで性行為してきた同年代の女の子は、決してそんなセリフを吐きませんでした。
明らかに感じているのに、声を押し殺して、時折耐え切れずに、
「あ・・・あん・・・」
と可愛い喘ぎを漏らすのです。
でも、その奥様は、ご主人が見ているというのに貪欲に快楽を貪り、
「出して出して、私のオマンコの中に精液出してぇ~~」
私が生まれて初めて膣内射精を経験したのがこの奥さんでした。
奥さんの黒ずんだ陰唇の私の精液が逆流していきました。
ご主人は、その様子を眺めてズボンの前を膨らませ、
「お前、良かったか?気持ち良かったのか?」
と奥様に訪ねると、奥様はウンウンと頷いていました。

初めて経験した濃厚なセックス、そして中出しは、私に新しい扉を開かせました。
私は、月に何回かその奥様と中出しセックスをするようになりましたが、その後、そのご主人の紹介で、人妻と関係するようになったのです。
ご主人の目の前で奥様を抱くこともありましたが、奥様と二人きりで一晩過ごすことの方が多かったです。
中には、その様子を撮影してほしいと言われて、片手にビデオカメラを持ちながら奥様を抱いたこともありました。
30代、40代時には50代の奥様とのセックスは、私にとって背徳感があって興奮しました。
そして彼らは、寝取られ癖のある夫を持つ奥様なので、いわば夫公認の不倫なのです。

私は、人妻との性交渉は後腐れが無く、若い女の子とでは出来ない濃厚なセックスが出来るし、色んな女性とのセックスを経験できて嬉しい悲鳴でしたが、20代も後半になった頃、あることに気付きました。
独身女性に興味が失せていたのです。

人妻の魅力は、結婚しているという事にあります。
結婚は、夫とのセックスが大前提に会って、夫に身も心も捧げた女が人妻なわけです。
結婚して夫とセックスするうち、夫の好みや性癖に染まり、一人ひとり、奥様の抱き心地や反応、フェラの仕方にも夫の色が出ているのです。
その上で、他人の奥さんを裸にして、自由に弄りまくったり恥ずかしい格好にさせたりして、最後は膣に陰茎を挿入して性交渉に至るのですから興奮します。
30歳になった頃には、ご主人の依頼で寝取った40代の人妻数人と、定期的にセックスをするようになっていました。

私が32歳の時、27歳同士の結婚2年の夫婦に完全寝取りを依頼されたのです。
そして27歳の若妻、裕美さんへの種付けをしたのです。
とてもかわいらしい奥様で、初めての年下人妻でした。
無精子症と言うご主人の目の前で、華奢なロリボディなのに人妻と言うエッセンスがエロさを醸し出して、今までにない背徳感の中で、連日、中出しセックスを繰り広げました。
可愛い若妻に惚れて、本気で精液を流し込みました。
「裕美、他人のチンポが生でお前のマンコを掻き回してるぞ、他人オチンポがお前のお汁で白く泡立ってるぞ、気持ちいいのか?俺じゃないチンポがそんなに気持ちいいのか?」
「あっ・・・あなた、見ないで・・・ああっ・・・ああん・・・あ、あ、ああ~~・・・」
「どうだ、俺以外の精液で孕ムんだぞ。他人の精液をマンコに出されて、腹ボテになるんだぞ。」
「ああっ・・・いやあ・・・そんなこと言わないでぇ~~あっ・・あん、ああん・・・」
ドックン、ドックン、ドクドクドク~~~・・・
「おおっ・・・裕美ぃ~~~・・・」
ご主人は、私に中出しされて仰け反る裕美さんを見ながら、右手で陰茎を扱いて大量射精していました。

翌年、裕美さんは、可愛い女の子を出産しました。
もちろん血液型はご主人と同じではなく、私と同じでした。
そして、その半年後、第二子の仕込みが私によって行われ、長女に続いて2歳年下の男の子が生まれました。

私にとっての完全寝取りは、奥さんに私の子供を産ませて、夫婦の子として育ててもらう事です。
でも、あのご主人にとっての完全寝取られは、奥さんに婚外妊娠をさせて、略奪されてしまう事でした。
つまり、不倫成就で奥様に捨てられ、愛する奥様が他人妻になって、毎日激しく凌辱されることが最大の悦びだというのです。


現在、私の正妻は裕美です。
あの後、私の条件を呑む約束で、離婚した裕美さんと私が結婚しました。
そして、もう一人いた完全寝取られを望んだ夫婦の由紀という奥様に私が種付けして離婚させ、裕美の元夫と再婚させたのです。
裕美の元夫は戸籍上の夫で、由紀とのセックスはさせません。
私が有希の家庭に赴き、由紀を抱くのです。
その様子を由紀の元夫が眺めにやってきて、由紀が生んだ第一子の面倒を裕美の元夫がしているという狂った構図です。

帰り際、裕美の元夫は、
「ところで、裕美は元気ですか?幸せですか?」
と訊きますが、裕美が両乳首とクリトリスにピアスを通され、それを鎖で繋がれて麻縄で恥かしい格好に縛られている写メを見せてやります。
「あなたの可愛い裕美さんはもういませんよ。今の裕美さんは、変態マゾ奴隷妻ですよ。」
毎回同じ写真を見せているからわかっているはずなのに、
「ああ、愛しい裕美がこんなになてしまって・・・」
とズボンの前を大きくしていました。

そして、由紀に第2子が宿って以来、私は二度と由紀の家に入っていません。
その代り、毎年、私と裕美と2人の子供が写る年賀状を裕美の元夫に送っています。
私は今年46歳になり、正妻裕美と、第二夫人だった由紀にそれぞれ2人の子供を儲けていますが、由紀にはもう10年も会っていません。
由紀は、一妻多夫状態で、裕美の元夫と由紀の元夫と共同生活していると聞きました。

ところで裕美ですが、変態マゾ写真はフェイクで、実際にはピアスはねじで乳首とクリトリスを挟んであるだけの写真です。
それでもすっかり信じ込んでしまった裕美の元夫は、変態マゾに堕ちてしまった裕美への愛情が失せてゆき、裕美より2歳若い有希の方へ興味が向いていったようです。
元々私には、Sの趣味はありませんし、可愛い裕美の華奢ボディを汚して変態になったと思わせれば、裕美の元夫は裕美への魅力を亡くすと踏んだ私の策で、見事にハマりました。
私は、裕美が元他人の妻だったというだけで興奮できるようになりましたので、今は夫婦円満、裕美はすっかり私とのセックスに慣れて、良妻賢母で暮らしています。ければ恋できない私

真面目な妻が初めて許した他人棒②

 …話の続きです。

 妻カオルが、飲み会の帰りに、アソコに精子の残り香を付けて帰宅した。
 私は動揺と興奮の中、犯す勢いでセックスし、イッキに中出しして果てた。
 今カオルは、シャワーを浴びに行っている。
 私は射精後の焦燥感の中、この後の事を考えていた。
 元々私には、人には言えないような、寝取られ願望があった。
 見ず知らずの男に犯される妻を妄想し、自慰に耽ることも日常的であったし、たまに借りるAVも、寝取られやスワップ系がほとんどであった。
 女優さんも妻を連想させるような、ショートカットで微乳系を好み、犯され、イカされる妻を妄想しては、男根を握りしめていた。
 しかしながら、いざその願望が現実になると、胸が締め付けられる想いがあった。
 妻カオルが、長いシャワーから戻って来た。無言のままベッドに入ったが、私が腕枕を差し伸べると、身体を寄せて私の胸に顔をうずめて来た。
 私は切り出した。
「…カオル…私は嬉しいよ…カオルがオンナとしての歓びを、もし知ってくれたのなら、嬉しいんだ…」
 カオルがグッと顔を押し付けて来た。
 続けて私は、自分に寝取られ願望があることを正直に告白した。
 単に浮気をしてしまった妻カオルを責めることなく、自分の性的嗜好を満たしながら、夫婦仲も壊さず、反省も、何があったのかの告白も、私は導き出したいと考えた。
 カオルが口を開いた。
 「‥ごめんなさい‥」以下はカオルが告白した話です。

 職場の飲み会という名目であったが、実は同期入社のT君の送別会ということで、二人で飲みに行っていた。
 T君は大卒で、妻と同じくこの春から老人介護の仕事に就いたが、急に退職し、実家に帰ることになったという。
 同期入社は二人だけで、一回りくらい年齢は違うものの、T君とは仕事仲間として仲良くやっていたらしい。
 ただ、半年足らずで仕事を辞めてしまうT君に、あまり周囲は温かくなく、カオルの母性がそうさせたのであろう、二人きりでの送別会になったのだ。
 K駅近くの炉端焼き屋で飲んだらしいが、カオルはそれほど酒に強くなく、酔いがあっという間に回り顔が真っ赤になるタイプである。
 馴れない酒か、ムリをしたのか、店を出て歩き出すと、酔いと吐き気が、どうにもこうにも具合が悪く、後先考えず、とにかく吐きたい、楽になりたい、落ち着きたいの一心で、駅裏のホテルに入ってしまったという。

 次回に続きます。

深夜が多く、ヤクザの思う時に思うように妻は抱かれます

私の場合は、妻がヤクザに利用されるというのではなく
単にヤクザが妻を気に入ったのです
勿論、気に入ったと言っても、
そのヤクザは他の女にも当然手をだしていました。
私のいる前で妻に言い寄り、断りたくても断れない
ついには結婚まもない我が家へ来て、寝泊りするようになってしまったのです。
寝室に3人で寝るわけですが、
妻とセックスしたときにヤクザは泊まりに来ます。
深夜が多く、ヤクザの思う時に思うように妻は抱かれます
拒否できない妻を、合意の上とし
さらに愛し合っていると決めつけ
厳しく夫婦のセックスを禁じました
全く気を遣う男ではなく、コンドームなどせず
そのまま直接膣内に射精します

私にはセンズリを強制します
私は激しい興奮で、震えながら己の手で射精します。

しかし、所詮ヤクザですから、
1年もすると飽きがきましたが
亭主にさせない人妻

勝手にある60代の男に金で譲渡してしまいました
譲り受けた男は金を出すんだから
本当に自分が好きにできるのかと疑い
ヤクザは男を我が家に連れてきて

妻と私に誓約書を書かせました
まるっきり寝取られ小説に出てくるような
信じられない誓約書です

初老の男は、誓約書の内容を見て満足しました
そして、私と妻に捺印を要求したのです

私は、その誓約書を見て
何故か興奮し、立ってしまいました

妻も私も、その初老男に誓いを立てたのです



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
Re: ヤクザに寝取られる至福

新婚の若妻が見も知らないヤクザ男に抱かれ・・(前編)

優香と結婚する事がきまった時から始まった。
私は再婚のため慎重にしており、優香とは婚前交渉はまったくありませんでした。
それだけ優香はいい女だったからでもあります。
この女と結婚したい ・・・・
優香と結婚して一緒に暮らしたい一心でやっと結婚の約束まで漕ぎ着けた。
そして・・・・
初夜がやってきました・・・・
私は優香を抱ける喜びで手が振るえました。
優香が浴室から出てくると、優香に抱きつき、男としての幸せを噛み締めながら優香に頬ずりをしながら、身体を触りはじめました。
そして、ベットへ入ると優香も私の愚息を触りました。
しかし、あまりの喜びと興奮で、不覚にも、私は優香が触っただけで
ピューッ、ピューツと射精してしまったのです。
私は仮性包茎なので当然、早漏です。
そは言ってもこんなに早く射精してしまって・・・・・・・
男として立場が無い・・・・・・・・
まして中年男が女に手コキで二こすり半では話しにならない
結局初夜から優香に夜迫るのが気まずい雰囲気になってしまいました。
そんなこんなで1週間、私はまだ優香を抱いて、二人の子供を作る作業はまったくしていない状態でした。
なんとか雰囲気を作って、優香を抱き、優香の体内で、濡れそぼった膣内へ男の喜びの証を立てたい。
そこで、優香と二人で映画を見て食事をする計画を立てました。
二人とも働いているために、結局優香とのデートは月末の給料日後と言う事になりました。
仕方が無い、今は気まずいのでそれまでお預けだ。
そしていよいよデートの日、映画館に二人で入りました。
売店でコーラを買い、席についた時の事です。
優香はちょっとつまずいてコーラを少しこぼしました。
それが、お隣の御夫婦らしきカップルのご夫人の服に降りかかってしまったのです。
優香は何度も謝びました。
そして、映画が終わり、映画館を出ると・・・・・・
そのご主人が「ちょっと、待ちなさい」
「はぁ、あ、あっきは、どうもすみませんでした」
「典子の服は幾らだと思っているんだ。」
いかにも水商売のような40代の女で、確かに服は高いものなのかもしれない・・・・
さらに男はまるでヤクザだ。
困った事になった ・・・・・・・・・・
優香は「弁償させてください。私がこぼしてしまったんです。」
男は優香の顔を見ると、女にヒソヒソと耳打ちをしました。
すると女の様相は怖そうになって
「そう、弁償してくれるのね。いいわ」
「はい、わたしがこぼしたのですから・・・・」
「じゃぁ、遠慮なく言うけど、3千万円よ。さぁ、今払って!」
「さ、三千万円・・・・・・・・・・・」
思わず私は「いくらなんでも三千万円なんて服は無いでしょう」
すると、男は「三千万だって事を証明してやるよ。ちょっと二人とも一緒にきてもらおうか」
わたし達は池袋にあるマンションに連れ込まれてしまいました。
「そこに座んな!」
「あっ、はい」
私と優香は正座してリビングに座らされてしまいました。
「あのね、私はね、典子、私はSMクラブで働いているのよ。あなたが汚した白い服はね、客からプレゼントされたものなの。今度服を来て客に会うのよ、その彼はマゾで、私に財産くれる事になってるのよ。とりあえず3千万円で、まだまだ続く予定よ。それをあなたが!」
「お、同じ服を・・・」
「何言ってるの、この服をプレゼントされたのよ。」
「同じ服を探して、それで勘弁してください」
私は必死になってすがったのですが
「駄目!弁償するって言ったよね。してもらおうじゃない。ほら、今、ここに3千万置いてよ!」
「そっ、そんな大金、ありません」優香は泣きそうになって言いました。
するとヤクザ男は「金が無い!よく弁償するって言ったな!このやろう。なら身体で払うしかねぇだろう!おう、そうだろう。お前ら夫婦か?」
「あっ、はい、そう、そうです」
男は威嚇し、脅してきました
私たちはとうとう男の言いなりにならざる得なくなって行ったのです。
そして、その場で男は服を脱ぎ始めたのです。
パンツを脱ぐと、男根がそそり立っています。
立派な男根で、あんなオチンチンで優香が犯されたら・・・・・・・・・・・
しかも、真珠でも入っているのでしょうか、カリの下にぼこぼこと小さなこぶのようなものまで何個かあります。
あのイボイボが優香の膣内でこすれて・・・・・・・・・・・・・・
典子と言う女は
「ねぇ、あなたの奥さん、あのオチンチン突っ込まれるのよ、ねぇ。どんな感じ?答えなさいよ!服脱ぎなさいよ、どうなってるか見なせさいよ、早く!」
私まで丸裸にされてしまいました。
優香があのオチンチンで・・・・
私は意志に反して愚息が直立してしまっています。
情けない・・・・・・・・・・・・・・
「ほら、やっぱり、ねぇ。あなた。この男、立ってるわよ。マゾよ。ほら」
「おう、優香、お前の亭主はお前が抱かれるの喜んでチンポコおっ立ててるぜ、ほらよ。」
私はどうにも言葉が出ませんでした。
ヤクザは優香を抱きしめ、横にしました。
そして、スカートに顔を突っ込むようにしてゆきます
もう、とめられない・・・・・・・
荒々しく優香に触れてゆくヤクザ男に、優香は悶えながら身体がうごめいています。
ヤクザも私が興奮している証拠を確認して満足げに、遠慮などしないといった態度です。
私の愚息は意志に反して、よけい堅く、直立してしまいます。
「あなたはマゾね。私はSMクラブで毎日何人ものマゾ男を相手にしているのよ。毎日、毎日何人ものマゾ男が私の命令で、私の目の前で屈服してセンズリするのよ。みんな女みたいな声あげちゃってイカせて下さいなんて私にお伺いを立てるの。私が許可すると震えながら射精するわ。私は出した跡のお掃除まで命じるんだけど、たいてい、それを経験すると何度も通ってきて、オナニーを強制される喜びが病みつきになるのよ。あなたね、奥さんを寝取られてセンズリしたら、もう病み付きになるわよ。あははは」
「そっ、そっ、そんな・・・・」
「それにね、あのオチンチンでやられたら、あなたの奥さんも病み付きになると思うけど。」
私はどうにもならない状態に頭がボーツとしてしまいました。
「典子!アレ持ってこいよ、」
「ああ、そうね」
典子は引き出しから張り型とローションのようなものを取り出してヤクザに渡しました。
男は張り型にローションを塗ると、そのまま優香のスカートの中へ
きっとパンツをづらせて膣へ挿入しているのでしょう。
最初はゆっくりと、そしてだんだん早くして優香を責め上げてゆきます。
何度突き上げても射精して果てることない張り型を抜き差しされては、優香は女の嵯峨をあらわにせざる得ないでしょう。
次第に優香の喘ぎ声が大きく、切なく、そして色気のあるしぐさへと移り変わってゆきます。
ヤクザ男を誘惑するかのような色っぽさです。
他人の妻を張り型一つで操るのは男にとって何にも増して満足感、征服感があるでしょう。さらに、その跡には人妻の膣内で思う存分抜き差しを楽しみ、思う存分射精を楽しむのですから。
典子は、引き出しから色々な道具を持ち出してきました。
なんと、男性用の自慰グッツのようです。
典子はどれを使うのか迷っている様子で、なにやらオチンチンがすっぽり収まるようなオナニーグッツを取り出しました。
そして、私の愚息に被せたのです。
私も優香も何も抵抗できないまま、ただされるままです。
オナニーグッツを被せられると、思わず「うっ」と声を上げてしまいました。
気持ちがいいです。
「あああああ」オナニーグックはぬるぬるして典子が動かすとカリの部分を刺激して、これじゃすぐ射精してしまいそうです。
「これ、いいでしょう。どんな男も喜びの声を上げるわよ。」
1分としないうちに、典子がピストンを早めると射精感が沸いてきて
「あっ、でっ、出ちゃう」
典子はピストンを止め、すばやくグッズを外しました。
「あはははは・・・・・・・・・・」
私のオチンチンは充血して真っ赤です。
ぴくんぴくんしてしまいます。
「今にね、女みたいによがるわ。いい年して。馬鹿みたい」
典子は何度も、何度も、私を絶頂間際まで追い詰めてはピストンを中止しました。
私はもう敗北です。
どうなってもいい、射精させて欲しいと思うようになったのです。
男の嵯峨とでもいうのでしょうか・・・・・・・・・・・
優香が弄ばれている横で、こんな寸止めで責められると、被虐的で、なんとも言えない興奮が私を襲います。
そうしているうちにヤクザは優香に挿入しようとしています。
私は思わず
「そっ、そのまま、そのまましたら、でっ、できちゃうから」
すると典子は、今度はグッズではなく手で私のオチンチンを摩りながら
「彼はパイプカットしてるから大丈夫よ。これからあんたの奥さんのオマンコの中にピューッって出すのよ。あなたそれ見ると興奮するでしょう。マゾだものね。」
私はその言葉に余計興奮してしまいました。
「あっ、いっ、いきそう、でっ、出る」
しかし、典子は射精を許してはくれませんでした。
輪を描いた指の上下運動は中止されてしまいました。
そのうちに優香の喘ぎ声がだんだん大きくなってゆきました。
激しいピストンを繰り返しても男は射精まで至らないようです。
優香は何度絶頂を極めたでしょうか・・・・・・・・・・
男はゆっくりと出し入れを楽しみ、また時には激しく出し入れをして優香を狂わせました。
ヤクザは「優香、俺のチンポコいいだろう、ほらよ」
「あっ、い、いい、いいです、あああああ」
「亭主もよがってるから気にしないでいいぞ。」
延々とピストンが続きます。
男は優香のうなじや乳房を舐めたり、またほお擦りしたり、若妻の肌を楽しんでいます。
やがて男は射精が近い事を告げたのです。
「ああ、俺もイクぞ。抜いて欲しくないだろうな」
「あああ、はっ、はい」
「俺の女になるな優香、な!」
「ああああ・・・・」
すると典子は
「優香さん、彼の女になりなさい。あなたのご主人は早漏みたいよ。こんなオチンチンじゃ女の喜びは得られないでしょう。お願いしなさい。ほら」
「あああ、なっ、なります」
「お願いしなきゃ駄目!」
「おっ、お願い、あなたの女にして!」
「出してやるからな、そうだ、典子、亭主はマゾなんだろう。」
そして典子は私に対する手コキを止めて
「ほら、自分でしてよ。早く」
典子は私にオナニーを強制しました。
正直、私はこの瞬間は生まれてこのかた体験したことも無いような興奮に包まれたのです。
うれしかったのです。
私はこの喜びの時を早く終わらせたくないとの気持ちから、ゆっくりと自分のオチンチンを摩りだしたのです。
「優香さん、あなたのご主人興奮してオナニーしているのよ。嫌でしょう?」
情けない
恥ずかしい
でも、興奮する
「あなたね、自分の奥さんが他の男に抱かれてんの見ながらセンズリしてんのよ。変態マゾよ。そんなお粗末なオチンチンしてるからマゾになるんだわ。」
ああ、気持ちがいい
興奮する
嫉妬する
こんな被虐的な気持ちは・・・・・
うれしい
私はうれしい

典子は「あなたはこれで屈服したわね。奥さん寝取られて、中出しされるのよ。興奮するでしょう?いいでしょう?マゾだもの。これで中出しされなかったらだめでしょう?マゾだから・・・お願いしなさい。優香に中出ししてくださいって!」
私は何度も中に出してくださいと言わされました。
いや、優香に中出しして欲しいと本心で思ったのです
強制的に優香が寝取られ
夫である私が若妻に中出ししてくれとお願いをする
そしてオナニーをしてそれを見届ける
なんて興奮するんだろう
こんな喜びがあるとは・・・・・
マゾ男や寝取られマゾの気持ちがよく理解できる
この喜びなんだ

そして、ヤクザはひときわピストンのゆさぶりを大きくすると
「うう。いっ、いく」お尻周辺を震わせ始めたのです。
とうとう、とうとう膣内に射精しているのです
私が、私がそうする権利がある最愛の妻の膣内に・・・・・・・・・・・・
ピュッー、ピューッとする度に男はピクン、ピクンとした動きをして、射精しているのが手にとるようにわかります。
優香も男を自ら抱きしめて、女の歓喜の声を上げています。
優香は自分から男に接吻まで求めている・・・・・・・・
私は男が中で出しているのを見届けると、私も射精したくてたまらなくなりました。
思わず「いっ、いく」
しかし典子は私の射精は許しませんでした。
「まだ、駄目よイッちゃ!駄目。あなたはマゾなんだから、勝手にイクんじゃないわよ。」
私は典子の予言通り
「ああ、いっちゃう、あああ、駄目」などと女のようによがり狂いました。
そんな状態の中、ヤクザ男は優香の体内での射精を楽しみ、さらに若妻の肌と膣内射精の余韻を楽しんでいます。
男と優香はお互いに性の喜びを分かち合った二人にだけ許されるスキンシップを楽しんでいるかのようです。
男は美しい若妻を亭主から奪い、亭主の見ている前で膣内射精まで至った。
男として最高の喜びでしょう
しかも、間抜けで弱虫亭主は見ながら自慰をしているのです
男は満足げにオチンチンをゆっくり抜きました。
「おい、亭主、掃除しろ!マゾ男はそういうのがたまらんのだろう。」
「あなた、このタオルで彼のオチンチンきれいに拭きなさいよ。そそうの無いように。あなたがお願いした事してもらったんだから」
私はボーとしたままヤクザのオチンチンを
今、優香の膣内で射精を楽しんだオチンチンをそっとぬぐいました。
すると典子は
「優香、そこであんたの旦那に見えるように股開いて」
典子は強制的に優香に股間をひらかせ優香の両手で自分の足を持たせ、中出しされ、やくざの精液が溢れ、流れ出てくる証拠を私に見せさせたのです。
新婚の若妻が見も知らないヤクザ男に抱かれ、しかも夫の目の前で膣内射精され、歓喜に悶え、女の喜びを味わい、その見も知らない男の女になると誓いを立てた代償として中出された事実を夫に見せつけるかのように強制させられている。
しかも、肝心な優香は抵抗さえしないありさまです。
「あなた、よかったわね。マゾなんだから。うれしいでしょう。中に出してもらった跡を見ながらセンズリしなさい。」
するとヤクザは「マゾ男はこれがいいんだよな。女房がオマンコされてセンズリすんのがうれしいんだろう。馬鹿が!」
男は薄笑いをしています
私は誘導尋問のような、こんな異常な行為をそのまま受け入れ
激しいオナニーに没頭したのです。
それでも典子は何度も絶頂間際で自慰を中止させ、また少し経つと再開すると言う行為を繰り返しさせ、最後に私に射精を許可した時には
優香をヤクザ男の女にしてください、何度も中出ししてください、センズリさせてください、とお願いしながら射精に至ったのです。
優香にはけして言えない事ですが、このときの射精は明らかに私にとって喜びの時でした。典子の予言通り、これでセンズリをしたら病み付きになると言うのは、恐らく本当の事でしょう。
背徳、非道徳な行為、でも、それがいい
けして自分からこれがいいなどと言えない
こんなふうにしてもらって、私はうれしい

私の射精が始まると、典子とヤクザはゲラゲラ笑い出しました。
何故か、それがよけい私の射精事の喜びを増したのです。
妻の優香、典子、そしてヤクザ男の見ている前で、オナニーで射精した後始末を自分でするのも、なんとも言えない被虐感と、居直りと、満足と、情けなさとが入り混じった感覚がありました。

よく、自分の妻を他の男に抱かせて、被虐的な興奮に浸るプレイをするご主人がいると聞いていましたが、その喜びがこれなのか・・・・・・・・
そうしたプレイをする夫は単に妻が他の男に犯されるだけでは気がすまなくなり、中出しして欲しいとか、SMで抱いてくれとか、エスカレートして行くそうです。
どこかの掲示板で、そうしたプレイを望んでいるご主人が世の中にはたくさんいると書いてありました。
しかし、たいていは奥さんがそんなプレイを嫌悪するのでできないのだと・・・・
でも、プレイに至った幸せ者のご主人は、大抵、自分は手を出さないから好きにしてくれと言い、部屋の片隅でじっと見ながら自慰に至るそうです。
こうしたプレイの場合、ご主人が見ているだけのケースとご主人が自慰までしてしまうのでは大きな開きがあるそうだ。
自慰をしてしまうと、被虐的喜びを体得し、セックスよりも、最愛の女性を他の男が中出しをしているのに、自分は自慰をしていると言う状況にひどく興奮し、ノーマルには戻れなくなってしまうと言う。
さらに、それで夫が自慰をしたと言う状況で妻は浮気と言う罪悪から開放され、夫がそれで喜ぶ、さらに、マンネリした夫を相手にせず、新鮮な男達に抱かれる喜びから離れられなくなる。
妻は夫が自慰をする事に嫌悪感を持ち、夫の交渉を拒むようになる。
これはスワッピングと似ているようで、実は全く異なるりもののようだ。
この手のプレイで妻が唯一納得できる事は、夫は他の女を抱かないと言う点で安心感があると言う事だろう。
たいていは中出しまでは許さないが、中出しを許してしまった女にとっては、中出し自体は特に快楽的には何もないが、それを許したと言う事が肉体的に夫離れを意味する。
私はそれを強制的にさせられてしまったのです。
しかも、典子はSMクラブで長年マゾ男を相手にしてきた女だ。
私をそのように誘導したのも多いに影響しているだろう。
しかし、優香も強制から始まったとは言え、女の喜びを味わい、快楽に悶えた楽しんだのも事実だ。
なにより私がマゾ男の喜びを知ってしまった。
強制されてこうなる喜びは言葉につくせないものがあった。
生まれてこのかた数え切れないほど自慰を重ねてきた私が、これほど喜びと快感を感じた事があっただろうか・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヤクザ男と典子は、わたし達の家を確認するために車で送ってくれました。
男は「おい、優香、判ってるだろうな。嫌なら弁償してもうぞ」
優香は「あっ、はい」
典子は「優香さん、あなた彼の女になったんだからね。わかってるわよね。」
「はい」
「彼ね、浮気は許さない人よ。このセンズリ亭主にさせちゃ駄目よ」
「あっ、は、はい」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

新婚の若妻が見も知らないヤクザ男に・・・(前編・後編)

優香と結婚する事がきまった時から始まった。
私は再婚のため慎重にしており、優香とは婚前交渉はまったくありませんでした。
それだけ優香はいい女だったからでもあります。
この女と結婚したい ・・・・
優香と結婚して一緒に暮らしたい一心でやっと結婚の約束まで漕ぎ着けた。
そして・・・・
初夜がやってきました・・・・
私は優香を抱ける喜びで手が振るえました。
優香が浴室から出てくると、優香に抱きつき、男としての幸せを噛み締めながら優香に頬ずりをしながら、身体を触りはじめました。
そして、ベットへ入ると優香も私の愚息を触りました。
しかし、あまりの喜びと興奮で、不覚にも、私は優香が触っただけで
ピューッ、ピューツと射精してしまったのです。
私は仮性包茎なので当然、早漏です。
そは言ってもこんなに早く射精してしまって・・・・・・・
男として立場が無い・・・・・・・・
まして中年男が女に手コキで二こすり半では話しにならない
結局初夜から優香に夜迫るのが気まずい雰囲気になってしまいました。
そんなこんなで1週間、私はまだ優香を抱いて、二人の子供を作る作業はまったくしていない状態でした。
なんとか雰囲気を作って、優香を抱き、優香の体内で、濡れそぼった膣内へ男の喜びの証を立てたい。
そこで、優香と二人で映画を見て食事をする計画を立てました。
二人とも働いているために、結局優香とのデートは月末の給料日後と言う事になりました。
仕方が無い、今は気まずいのでそれまでお預けだ。
そしていよいよデートの日、映画館に二人で入りました。
売店でコーラを買い、席についた時の事です。
優香はちょっとつまずいてコーラを少しこぼしました。
それが、お隣の御夫婦らしきカップルのご夫人の服に降りかかってしまったのです。
優香は何度も謝びました。
そして、映画が終わり、映画館を出ると・・・・・・
そのご主人が「ちょっと、待ちなさい」
「はぁ、あ、あっきは、どうもすみませんでした」
「典子の服は幾らだと思っているんだ。」
いかにも水商売のような40代の女で、確かに服は高いものなのかもしれない・・・・
さらに男はまるでヤクザだ。
困った事になった ・・・・・・・・・・
優香は「弁償させてください。私がこぼしてしまったんです。」
男は優香の顔を見ると、女にヒソヒソと耳打ちをしました。
すると女の様相は怖そうになって
「そう、弁償してくれるのね。いいわ」
「はい、わたしがこぼしたのですから・・・・」
「じゃぁ、遠慮なく言うけど、3千万円よ。さぁ、今払って!」
「さ、三千万円・・・・・・・・・・・」
思わず私は「いくらなんでも三千万円なんて服は無いでしょう」
すると、男は「三千万だって事を証明してやるよ。ちょっと二人とも一緒にきてもらおうか」
わたし達は池袋にあるマンションに連れ込まれてしまいました。
「そこに座んな!」
「あっ、はい」
私と優香は正座してリビングに座らされてしまいました。
「あのね、私はね、典子、私はSMクラブで働いているのよ。あなたが汚した白い服はね、客からプレゼントされたものなの。今度服を来て客に会うのよ、その彼はマゾで、私に財産くれる事になってるのよ。とりあえず3千万円で、まだまだ続く予定よ。それをあなたが!」
「お、同じ服を・・・」
「何言ってるの、この服をプレゼントされたのよ。」
「同じ服を探して、それで勘弁してください」
私は必死になってすがったのですが
「駄目!弁償するって言ったよね。してもらおうじゃない。ほら、今、ここに3千万置いてよ!」
「そっ、そんな大金、ありません」優香は泣きそうになって言いました。
するとヤクザ男は「金が無い!よく弁償するって言ったな!このやろう。なら身体で払うしかねぇだろう!おう、そうだろう。お前ら夫婦か?」
「あっ、はい、そう、そうです」
男は威嚇し、脅してきました
私たちはとうとう男の言いなりにならざる得なくなって行ったのです。
そして、その場で男は服を脱ぎ始めたのです。
パンツを脱ぐと、男根がそそり立っています。
立派な男根で、あんなオチンチンで優香が犯されたら・・・・・・・・・・・
しかも、真珠でも入っているのでしょうか、カリの下にぼこぼこと小さなこぶのようなものまで何個かあります。
あのイボイボが優香の膣内でこすれて・・・・・・・・・・・・・・
典子と言う女は
「ねぇ、あなたの奥さん、あのオチンチン突っ込まれるのよ、ねぇ。どんな感じ?答えなさいよ!服脱ぎなさいよ、どうなってるか見なせさいよ、早く!」
私まで丸裸にされてしまいました。
優香があのオチンチンで・・・・
私は意志に反して愚息が直立してしまっています。
情けない・・・・・・・・・・・・・・
「ほら、やっぱり、ねぇ。あなた。この男、立ってるわよ。マゾよ。ほら」
「おう、優香、お前の亭主はお前が抱かれるの喜んでチンポコおっ立ててるぜ、ほらよ。」
私はどうにも言葉が出ませんでした。
ヤクザは優香を抱きしめ、横にしました。
そして、スカートに顔を突っ込むようにしてゆきます
もう、とめられない・・・・・・・
荒々しく優香に触れてゆくヤクザ男に、優香は悶えながら身体がうごめいています。
ヤクザも私が興奮している証拠を確認して満足げに、遠慮などしないといった態度です。
私の愚息は意志に反して、よけい堅く、直立してしまいます。
「あなたはマゾね。私はSMクラブで毎日何人ものマゾ男を相手にしているのよ。毎日、毎日何人ものマゾ男が私の命令で、私の目の前で屈服してセンズリするのよ。みんな女みたいな声あげちゃってイカせて下さいなんて私にお伺いを立てるの。私が許可すると震えながら射精するわ。私は出した跡のお掃除まで命じるんだけど、たいてい、それを経験すると何度も通ってきて、オナニーを強制される喜びが病みつきになるのよ。あなたね、奥さんを寝取られてセンズリしたら、もう病み付きになるわよ。あははは」
「そっ、そっ、そんな・・・・」
「それにね、あのオチンチンでやられたら、あなたの奥さんも病み付きになると思うけど。」
私はどうにもならない状態に頭がボーツとしてしまいました。
「典子!アレ持ってこいよ、」
「ああ、そうね」
典子は引き出しから張り型とローションのようなものを取り出してヤクザに渡しました。
男は張り型にローションを塗ると、そのまま優香のスカートの中へ
きっとパンツをづらせて膣へ挿入しているのでしょう。
最初はゆっくりと、そしてだんだん早くして優香を責め上げてゆきます。
何度突き上げても射精して果てることない張り型を抜き差しされては、優香は女の嵯峨をあらわにせざる得ないでしょう。
次第に優香の喘ぎ声が大きく、切なく、そして色気のあるしぐさへと移り変わってゆきます。
ヤクザ男を誘惑するかのような色っぽさです。
他人の妻を張り型一つで操るのは男にとって何にも増して満足感、征服感があるでしょう。さらに、その跡には人妻の膣内で思う存分抜き差しを楽しみ、思う存分射精を楽しむのですから。
典子は、引き出しから色々な道具を持ち出してきました。
なんと、男性用の自慰グッツのようです。
典子はどれを使うのか迷っている様子で、なにやらオチンチンがすっぽり収まるようなオナニーグッツを取り出しました。
そして、私の愚息に被せたのです。
私も優香も何も抵抗できないまま、ただされるままです。
オナニーグッツを被せられると、思わず「うっ」と声を上げてしまいました。
気持ちがいいです。
「あああああ」オナニーグックはぬるぬるして典子が動かすとカリの部分を刺激して、これじゃすぐ射精してしまいそうです。
「これ、いいでしょう。どんな男も喜びの声を上げるわよ。」
1分としないうちに、典子がピストンを早めると射精感が沸いてきて
「あっ、でっ、出ちゃう」
典子はピストンを止め、すばやくグッズを外しました。
「あはははは・・・・・・・・・・」
私のオチンチンは充血して真っ赤です。
ぴくんぴくんしてしまいます。
「今にね、女みたいによがるわ。いい年して。馬鹿みたい」
典子は何度も、何度も、私を絶頂間際まで追い詰めてはピストンを中止しました。
私はもう敗北です。
どうなってもいい、射精させて欲しいと思うようになったのです。
男の嵯峨とでもいうのでしょうか・・・・・・・・・・・
優香が弄ばれている横で、こんな寸止めで責められると、被虐的で、なんとも言えない興奮が私を襲います。
そうしているうちにヤクザは優香に挿入しようとしています。
私は思わず
「そっ、そのまま、そのまましたら、でっ、できちゃうから」
すると典子は、今度はグッズではなく手で私のオチンチンを摩りながら
「彼はパイプカットしてるから大丈夫よ。これからあんたの奥さんのオマンコの中にピューッって出すのよ。あなたそれ見ると興奮するでしょう。マゾだものね。」
私はその言葉に余計興奮してしまいました。
「あっ、いっ、いきそう、でっ、出る」
しかし、典子は射精を許してはくれませんでした。
輪を描いた指の上下運動は中止されてしまいました。
そのうちに優香の喘ぎ声がだんだん大きくなってゆきました。
激しいピストンを繰り返しても男は射精まで至らないようです。
優香は何度絶頂を極めたでしょうか・・・・・・・・・・
男はゆっくりと出し入れを楽しみ、また時には激しく出し入れをして優香を狂わせました。
ヤクザは「優香、俺のチンポコいいだろう、ほらよ」
「あっ、い、いい、いいです、あああああ」
「亭主もよがってるから気にしないでいいぞ。」
延々とピストンが続きます。
男は優香のうなじや乳房を舐めたり、またほお擦りしたり、若妻の肌を楽しんでいます。
やがて男は射精が近い事を告げたのです。
「ああ、俺もイクぞ。抜いて欲しくないだろうな」
「あああ、はっ、はい」
「俺の女になるな優香、な!」
「ああああ・・・・」
すると典子は
「優香さん、彼の女になりなさい。あなたのご主人は早漏みたいよ。こんなオチンチンじゃ女の喜びは得られないでしょう。お願いしなさい。ほら」
「あああ、なっ、なります」
「お願いしなきゃ駄目!」
「おっ、お願い、あなたの女にして!」
「出してやるからな、そうだ、典子、亭主はマゾなんだろう。」
そして典子は私に対する手コキを止めて
「ほら、自分でしてよ。早く」
典子は私にオナニーを強制しました。
正直、私はこの瞬間は生まれてこのかた体験したことも無いような興奮に包まれたのです。
うれしかったのです。
私はこの喜びの時を早く終わらせたくないとの気持ちから、ゆっくりと自分のオチンチンを摩りだしたのです。
「優香さん、あなたのご主人興奮してオナニーしているのよ。嫌でしょう?」
情けない
恥ずかしい
でも、興奮する
「あなたね、自分の奥さんが他の男に抱かれてんの見ながらセンズリしてんのよ。変態マゾよ。そんなお粗末なオチンチンしてるからマゾになるんだわ。」
ああ、気持ちがいい
興奮する
嫉妬する
こんな被虐的な気持ちは・・・・・
うれしい
私はうれしい

典子は「あなたはこれで屈服したわね。奥さん寝取られて、中出しされるのよ。興奮するでしょう?いいでしょう?マゾだもの。これで中出しされなかったらだめでしょう?マゾだから・・・お願いしなさい。優香に中出ししてくださいって!」
私は何度も中に出してくださいと言わされました。
いや、優香に中出しして欲しいと本心で思ったのです
強制的に優香が寝取られ
夫である私が若妻に中出ししてくれとお願いをする
そしてオナニーをしてそれを見届ける
なんて興奮するんだろう
こんな喜びがあるとは・・・・・
マゾ男や寝取られマゾの気持ちがよく理解できる
この喜びなんだ

そして、ヤクザはひときわピストンのゆさぶりを大きくすると
「うう。いっ、いく」お尻周辺を震わせ始めたのです。
とうとう、とうとう膣内に射精しているのです
私が、私がそうする権利がある最愛の妻の膣内に・・・・・・・・・・・・
ピュッー、ピューッとする度に男はピクン、ピクンとした動きをして、射精しているのが手にとるようにわかります。
優香も男を自ら抱きしめて、女の歓喜の声を上げています。
優香は自分から男に接吻まで求めている・・・・・・・・
私は男が中で出しているのを見届けると、私も射精したくてたまらなくなりました。
思わず「いっ、いく」
しかし典子は私の射精は許しませんでした。
「まだ、駄目よイッちゃ!駄目。あなたはマゾなんだから、勝手にイクんじゃないわよ。」
私は典子の予言通り
「ああ、いっちゃう、あああ、駄目」などと女のようによがり狂いました。
そんな状態の中、ヤクザ男は優香の体内での射精を楽しみ、さらに若妻の肌と膣内射精の余韻を楽しんでいます。
男と優香はお互いに性の喜びを分かち合った二人にだけ許されるスキンシップを楽しんでいるかのようです。
男は美しい若妻を亭主から奪い、亭主の見ている前で膣内射精まで至った。
男として最高の喜びでしょう
しかも、間抜けで弱虫亭主は見ながら自慰をしているのです
男は満足げにオチンチンをゆっくり抜きました。
「おい、亭主、掃除しろ!マゾ男はそういうのがたまらんのだろう。」
「あなた、このタオルで彼のオチンチンきれいに拭きなさいよ。そそうの無いように。あなたがお願いした事してもらったんだから」
私はボーとしたままヤクザのオチンチンを
今、優香の膣内で射精を楽しんだオチンチンをそっとぬぐいました。
すると典子は
「優香、そこであんたの旦那に見えるように股開いて」
典子は強制的に優香に股間をひらかせ優香の両手で自分の足を持たせ、中出しされ、やくざの精液が溢れ、流れ出てくる証拠を私に見せさせたのです。
新婚の若妻が見も知らないヤクザ男に抱かれ、しかも夫の目の前で膣内射精され、歓喜に悶え、女の喜びを味わい、その見も知らない男の女になると誓いを立てた代償として中出された事実を夫に見せつけるかのように強制させられている。
しかも、肝心な優香は抵抗さえしないありさまです。
「あなた、よかったわね。マゾなんだから。うれしいでしょう。中に出してもらった跡を見ながらセンズリしなさい。」
するとヤクザは「マゾ男はこれがいいんだよな。女房がオマンコされてセンズリすんのがうれしいんだろう。馬鹿が!」
男は薄笑いをしています
私は誘導尋問のような、こんな異常な行為をそのまま受け入れ
激しいオナニーに没頭したのです。
それでも典子は何度も絶頂間際で自慰を中止させ、また少し経つと再開すると言う行為を繰り返しさせ、最後に私に射精を許可した時には
優香をヤクザ男の女にしてください、何度も中出ししてください、センズリさせてください、とお願いしながら射精に至ったのです。
優香にはけして言えない事ですが、このときの射精は明らかに私にとって喜びの時でした。典子の予言通り、これでセンズリをしたら病み付きになると言うのは、恐らく本当の事でしょう。
背徳、非道徳な行為、でも、それがいい
けして自分からこれがいいなどと言えない
こんなふうにしてもらって、私はうれしい

私の射精が始まると、典子とヤクザはゲラゲラ笑い出しました。
何故か、それがよけい私の射精事の喜びを増したのです。
妻の優香、典子、そしてヤクザ男の見ている前で、オナニーで射精した後始末を自分でするのも、なんとも言えない被虐感と、居直りと、満足と、情けなさとが入り混じった感覚がありました。

よく、自分の妻を他の男に抱かせて、被虐的な興奮に浸るプレイをするご主人がいると聞いていましたが、その喜びがこれなのか・・・・・・・・
そうしたプレイをする夫は単に妻が他の男に犯されるだけでは気がすまなくなり、中出しして欲しいとか、SMで抱いてくれとか、エスカレートして行くそうです。
どこかの掲示板で、そうしたプレイを望んでいるご主人が世の中にはたくさんいると書いてありました。
しかし、たいていは奥さんがそんなプレイを嫌悪するのでできないのだと・・・・
でも、プレイに至った幸せ者のご主人は、大抵、自分は手を出さないから好きにしてくれと言い、部屋の片隅でじっと見ながら自慰に至るそうです。
こうしたプレイの場合、ご主人が見ているだけのケースとご主人が自慰までしてしまうのでは大きな開きがあるそうだ。
自慰をしてしまうと、被虐的喜びを体得し、セックスよりも、最愛の女性を他の男が中出しをしているのに、自分は自慰をしていると言う状況にひどく興奮し、ノーマルには戻れなくなってしまうと言う。
さらに、それで夫が自慰をしたと言う状況で妻は浮気と言う罪悪から開放され、夫がそれで喜ぶ、さらに、マンネリした夫を相手にせず、新鮮な男達に抱かれる喜びから離れられなくなる。
妻は夫が自慰をする事に嫌悪感を持ち、夫の交渉を拒むようになる。
これはスワッピングと似ているようで、実は全く異なるりもののようだ。
この手のプレイで妻が唯一納得できる事は、夫は他の女を抱かないと言う点で安心感があると言う事だろう。
たいていは中出しまでは許さないが、中出しを許してしまった女にとっては、中出し自体は特に快楽的には何もないが、それを許したと言う事が肉体的に夫離れを意味する。
私はそれを強制的にさせられてしまったのです。
しかも、典子はSMクラブで長年マゾ男を相手にしてきた女だ。
私をそのように誘導したのも多いに影響しているだろう。
しかし、優香も強制から始まったとは言え、女の喜びを味わい、快楽に悶えた楽しんだのも事実だ。
なにより私がマゾ男の喜びを知ってしまった。
強制されてこうなる喜びは言葉につくせないものがあった。
生まれてこのかた数え切れないほど自慰を重ねてきた私が、これほど喜びと快感を感じた事があっただろうか・・・・・・・・・・・・・・・・・


ヤクザ男と典子は、わたし達の家を確認するために車で送ってくれました。
男は「おい、優香、判ってるだろうな。嫌なら弁償してもうぞ」
優香は「あっ、はい」
典子は「優香さん、あなた彼の女になったんだからね。わかってるわよね。」
「はい」
「彼ね、浮気は許さない人よ。このセンズリ亭主にさせちゃ駄目よ」
「あっ、は、はい」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



そして二人が去ったあと、優香と私は1時間以上も会話ができなかった
優香は犯されたといえども、明らかに性の喜びを楽しんでいた
私は最愛の若妻が他人男に犯されていると言うのに止める事もできなかったし、まして自慰で喜びの声をあげてしまった。

私は自慰をしたとはいえ、興奮がおさまらなかった・・・・・
私は優香に抱きついて行きました
しかし、優香は嫌悪する態度で拒んだのです
「あっ、あなたは・・・・・」
女にとって男の自慰姿を見るのは物凄い嫌悪感があるようだ・・・・
そしてまた沈黙が続いた・・・・・・・
私は自分に色々問いただした
私は今、置かれている立場がうれしいのではないだろうか
どうせ優香を抱いても優香に女の喜びを与える事はできないのは事実だ
まして、優香が抱かれているのを見ながら自慰をするのは私にはとても興奮する
いや、一言で興奮するという浅はかなものではない
それ以上の興奮と喜びは無いと感じたぐらいだった
そして、優香と正直な気持ちをもってゆっくりと話をした
その態度に優香も正直に答えてくれた
お互い、強制的に始まったと言う点でやや罪悪感が薄いのも二人が素直に話しができた要因になっていたのではないかと思う。
そして、優香はあの男に犯され、感じ、絶頂を何度も極めたと言う
身体が知ってしまったので、私の早漏相手にセックスする気がおきないと言う意味の話をした。
やはり私があの時自慰をした事は複雑な気持ちだったと
さらに、私がそれで喜びを感じていると思ったと
そんな会話から私たちはあの男に優香がこれからも抱かれ続けると言う事で一致したのでした。
優香もゆっくり話しているうちに、私の被虐的な興奮状態も理解してくれた。
さらに私は嫉妬したい、もっと嫉妬させて欲しい、そんな気持ちも理解してくれたのです

ただ、あの男はパイプカットしていると言ってはいたが、念には念をしておいた方がいいのではないだろうか
また、あの男にコンドームを着けろと言っても言う事を聞くはづもない
そこで優香が避妊リングを入れる事にしました。
そして、今度はわたし達からヤクザ男と典子にお願いに行こうというと
さすがの優香も最初は躊躇していましたが、私が話しをすると言う事で納得してくれました。
また、優香に一つだけお願いを聞いてもらいました

優香にセックスは迫らないかわりに、優香の手でしてくれないかと言う事でした。
優香は手でするのは面倒だと言ったので、優香の前で自慰をさせて欲しいと願いした。
優香は自慰を見るのは嫌だといったのですが、横を向いていてもいいからと言う事で承諾してくれました。
さらに気が向いたら手でしあげても言いといいました。

そしてさっそく、自分がまだ興奮している事を伝え、優香の前で私は裸になりました。
優香のしなやかな手は輪を描き、私の愚息のカリ周辺をやさしくなで摩ります。
「堅くなってるわね。あなた私が抱かれてるの見て、本当に興奮しているのね」
「ああ、興奮したんだ、あああ」
「ねぇ、やっぱり手でするのってなんか、嫌だわ、自分でしてくれる?面倒だし・・・」
「そういわれると余計興奮するよ・・・・・・」
「馬鹿みたい」
私は自分の手で摩り出したのです
優香まで私の被虐的自慰を楽しませてくれるような態度をしてくれるのには喜びを隠せませんでした。

翌日、ヤクザ男から連絡があり、優香と二人で来るように言われました。
部屋に入ると、ヤクザ男と典子の他にいかにもチンピラ風の柄の悪い男がいました。
「佐藤、この男か」
ヤクザ男は佐藤と言う名前だったようですが、このとき初めて知りました。
「川田よ、この男の女房は優香ってんだが、いい女だろう」
「おう、いい女だな」
「俺が優香とオマンコやったら、この男センズリかきやがったんだ。」
すると川田と言うチンピラ風のヤクザは私の襟元を掴み
「テメエ、お前の女房オマンコされてウレシイのか?えっ!オラ!」
私にピンタしながら脅すように迫りました。
私は震えて声が出ませんでした。
そこへ典子まで口を出したのです
「川ちゃん、こいつ、中出ししてくださいって言ったのよ。」
川田は私をいいように頭を小突いたり、襟元を掴んでピンタをしたりして私を脅しました。
佐藤は「こいつらに貸しがあんだよ。2千万」
「それじゃ、こいつら売るんか?」
「ああ、1本でいいんだがな」
川田はそこで携帯電話をかけました。
「ああ、会長ですか、へい、自分は今××の佐藤とこにいるんですけどね、おもしれえ女がいるんですよ。へい、夫婦なんですがね、佐藤が貸しがあって、  えっ、一千万なんすけど。へい、そんで、はい、いい女です。へい、そんで亭主が女房がオマンコされてんの見てセンズリ扱くのが好きなんでっせ。えっ、はははは、そうなんで。へい、ほほう、そうですか、おう、わかりました。」
川田は電話を切ると
「佐藤よ、うちの会長がな、客がいるってんで、まず女みて決めるっていってんですがね。そんで亭主のセンズリは余分だなって言ってますがね、まぁ、とりあえず二人を一度使ってからでいいでしょう。決めるのは。」
「ああ、会長によろしく言ってくれ。典子を同行させっからよ。」
「おう、それは有りがてぇ」
わたし達は川田と典子に連れられて××会の事務所へゆきました。
会長とヤクザが6人事務所で待っていました。
会長は鋭い眼光で、やはり普通の生活をしてきた人間ではないと目つきで判るタイプでした。
「おう、この女か、確かにいい女がな。川田、総会屋の竹原さんがな、飼ってもいいって言ってんだよ。」
「そっすか。」
「おい、女、何て名だ?」
「ゆっ、優香です」
「そうか、ワシと隣の部屋へ行こう。よし、よし」
典子は「会長!、この亭主、優香がオマンコされんのみてセンズリ扱くんですよ」
「ああ、聞いたが、そんなの見たくもねぇから、便所でセンズリ扱かせておけ!なぁ、典子。ワシはこの女とオマンコするからな。」
会長は優香を連れて隣の部屋に入ってしまいました。
典子は無言でトイレへ私を連れて行きました。
トイレはシャワーと一緒なので典子と二人で入っても多少、余裕がありました。
そして、トイレに入ると、「ほら、センズリしなよ。見ててあげるから。ほら、裸になんないと気分でないだろう!ほら、脱ぎなよ」
私は裸になってオナニーを始めました。
するとトイレのドアが急に開いて、川田が立っているのでした。
「おりゃ、おい、おめえ、センズリしてんのか、この野郎!」
オナニーに浸っている私を足で蹴ったのです。
「典子、こいつに出なくなるまで何回もセンズリさせろって会長が言ってる。」
そういうと、川田は出てゆきました。
典子はバックから持参してきたのか、あの、男性用のオナニーグッツを出して私に手渡しました。
「これなら何度もできるわよ。でもね。イク時は手で出してね、私がどのくらい出るか見るんだから。イキそうになるまではこれでしなよ。」
こんなオナニーなんてできるわけない
でも、グッツを被せてピストンすると、物凄く気持ちが良くて、すぐイキそうになりました。
唯一、典子は私が自慰しやすいように協力してくれた事がありました。
それは私に横になって自慰をさせ、私の顔を跨いでくれたのです。
スカートの中の白いパンティーが見える状態での自慰
さらに、この異常な状況での自慰
私はあっとい間に一回目も絶頂を向かえたのです。
イク寸前はグッツを取り、手で自分のオチンチンを虐め、ピューツ、ピューツと射精をしました。
典子は続けてオナニーを強制しましたが、イッた直後はこそばゆくてきもちいどころではありません。
そして、いい年をした私は、5回もオナニーをしたのです。
さすがに5回目はピューッ、ピューッと言う射精感はあっても精液は出ませんでした。
オチンチンがピクンピクンとして
でも、なんどもする自慰は射精の時は物凄く気持ちがいいのに自分でも驚きました。
5回もすると、もうオチンチンが痛くてできませんでした。
典子も射精しても精液が出ないのを確認するとそれで許してくれました。

そして、総会屋の竹原と言う男のもとへ、川田と典子の二人に優香と私は連れてゆかれたのです。
竹原はその場で優香を気に入り、川田に多額の金を渡しました。
そこで言い渡されたのは二人とも竹原のお屋敷に住み込む事でした。
そして、夜は何人もいる女たちと竹原は寝ています。
当然、優香も一緒に寝るそうですが、夫の私が変な気でも起こさないようにと、毎日自慰を義務付けられたのです。
竹原は裏社会で巨万の富を得た男です。
自分の経営しているソープの女を1人、私の担当にして、毎日自慰管理をさせました。
今の私はその女に命令されるまま、来る日も来る日もひたすら自慰をさせられています。
いくら自慰が好きでも、何度も何度も射精しなくなるまで毎日させられるのは地獄です。

みなさんも、おかしな巡り合いをされないよう気をつけてください。


  


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

寝取られ掲示板を見ていた俺が、嫁のことを報告する立場になった4

『ふふ。変態? 明日拓ちゃん、家に来るからね。楽しみにしておいてね?』
真希に挿入しただけで、腰を振ることなくイッてしまった俺に、真希はゾクッとするほど色っぽい顔で言う。俺はその言葉で、真希の中で射精して軟らかくなり始めていたペニスをカチカチにした。

『続けてするの? 明日のために溜めておいた方が良いんじゃない? 私、目の前で拓ちゃんにやられちゃうんだよ? きっとヒロ君、興奮しすぎていっぱいイッちゃうんじゃない?』

真希はそんなことを言うと、スッと身体を前に動かして、俺のペニスを引き抜いた。すぐにダラぁっと垂れ流れる俺の精液。でも、拓ちゃんと呼ばれる男の精液と違い、俺の精液は床に垂れ流れて液だまりを作るだけだった。拓ちゃんのは飲み干したのに、俺のモノはこんな風に扱われる。そんなことにも興奮してしまう自分に、俺は戸惑った。

『じゃあ、シャワー浴びてくるね。先に寝てても良いよ』
真希はそう言うと、風呂の方に行ってしまった。俺は、真希があっさりと他人とセックスしてきたことに、今さらショックを受けていた。しかも、中に出されたまま帰ってきて、なおかつそれを飲み干してしまった。子宮にもお腹の中にも他人の精液が満たされていると思うと、気が狂いそうになってしまう。でも、日頃から真希としている変則的なセックスのせいもあるのか、興奮してしまっているのも事実だ。

そして明日……。真希は本当にやるつもりなのだろうか? 俺はそれを見て、どうなってしまうのだろうか? たまに寝取られ掲示板を見ていた俺だけど、まさか当事者になるなんて夢にも思っていなかった。

やっぱり、止めた方が良いのか? でも、見てみたい……。そんな逡巡を繰り返していたが、真希が全然戻ってこないことに気がついた。心配になって風呂を見に行くと、シャワーの音に紛れて、真希のあえぎ声が聞こえてきた。
俺があんな情けないセックスをしたので、欲求不満でオナニーをしているのだと思った。俺は、本当に情けない気持ちで泣きそうな気持ちになってしまった。

俺は、そっと寝室に戻った。そして色々ありすぎて精神的にキャパを越えてしまったのか、俺はすぐに寝てしまった。そして朝になると、いつものように朝食のいい匂いに包まれながら目が覚めた。

『おはよ?。よく寝れた?』
エプロン姿の真希が、満面の笑みで言ってくる。俺は、よく寝れたよと言いながら食卓についた。今日は二人とも休みなので、もう少しゆっくり寝てもいいと思うが、真希はこの後のことを考えて気合いが入っているのかもしれない。

そして食事を始めると、真希は仕事のことや、今度の休みにどこに行きたいとか、そんな普通の会話をする。あまりに普通なので、もしかして今日のことはウソなのかな? 俺を嫉妬させるため、興奮させるために言ったことだったのかな? と思い始めていた。

『じゃあ、そろそろシャワー浴びちゃうね。あと30分くらいで来るはずだから』
と、真希がやっぱり普通の口調で言う。
「えっ、あ、そっか……。わかった……。じゃあ、食器洗っとくよ」
テンパった挙げ句、そんなことを口にする俺。
『ホント!? ありがと?。じゃあ、お願いします』
真希は嬉しそうにそう言うと、浴室の方に行ってしまった。俺は、本当にやるんだなと、冷や水をぶっかけられたような気持ちになった。よりによって、なぜ自宅なんだろう? ネットでも身バレはヤバいので、絶対的に避けるように気をつけるという。真希がしていることは、まさに自殺行為に思える。

そんなことを思いながらも食器を洗い、片付けをしていると、真希がもう戻ってきた。戻ってきた真希は、ナース服を着ていた。この前の昔のナース服ではなく、今の職場で着ているものだ。
「どうしたの?」
俺は、驚いて聞いた。
『え? 拓ちゃんがどうしてもって言うから。ナースが大好きなんだって。男って、本当に面白いのねw』
真希は楽しそうに言う。
すると、インターフォンが鳴った。

『もう来たんだ。まだ約束までかなりあるのにw ちょっと行ってくるね』
真希はそう言うと、玄関に向かう。俺は、どうしていいのかもわからず、とりあえずソファに腰掛けた。

「こんにちは!」
「お邪魔します」
「本当にいいんですか?」
と、複数の男の声がする。俺は、拓ちゃん一人だけだと思っていたので、ひどく動揺してしまった。すると、リビングに4人が入ってきた。先頭にナース服の真希がいて、後ろに3人の男の子達がいる。3人ともまだ大学生みたいな感じの若さで、インドア派な感じの3人だった。

あの動画に出てくる見覚えのある3人で、少し緊張している感じだった。
「初めまして。よろしくお願いします」
「本当にいいんですか?」
「昨日はすみません。真希さん、お借りしちゃいました」
口々に言う3人。少しキョドった感じで、とても昔、真希と輪姦セックスをしていた男の子達とは思えない。ひと言で言うと、オタク系の3人に見える。

俺は曖昧な挨拶をして、助けを求めるように真希を見た。すると、真希はニヤニヤと笑うだけで何もしない。
「よし、やるぞ」
男の子の一人がそう言うと、息の合ったじゃんけんを始めた。

「よしっ!」
「マジか」
「はぁ……」
そうやって、勝った一人が真希の方に近づいていく。そして、嬉しそうに服を脱ぎ始める。俺がいることなどまったく気にもしていないように、男の子はすぐに全裸になってしまった。ちょっと痩せすぎかな? と思うような裸体だったが、俺の目は彼の股間に釘付けになってしまった。真希に色々と見せられた動画で見た、一番大きなペニスの彼のものと同じに見えた。

若さのせいか、彼のモノは天井を向くくらいにそそり立っていて、時折ビクンと脈打つように動く。俺は、雄の本能として敗北感を持ってしまった。
『拓ちゃん、相変わらずじゃんけん強いねw』
真希はそう言うと、彼の前にしゃがみ、なんの躊躇もなくその大きなペニスを口にくわえてしまった。頭を前後に振りながら、大きなバキューム音を立てる真希。真希がナース姿でそんなことをしていると、真希を調教した”先生”のことを意識してしまう。真希の処女をおもちゃで奪ってしまった先生……。おもちゃで処女を奪っておきながら、一度も膣に入れることなく、アナル奴隷にした”先生”……。俺は、真希と結婚した今でも、まだ先生に勝った気持ちになれない。

俺がそんな情けない気持ちになっていると、残りの二人の男の子も服を脱ぎ始めた。二人とも、拓ちゃんほどではないにしろ、俺から見ると立派な巨根だ。何よりも、勃起の勢いが違う。二人とも天井を向くほどいきり立っているし、一人は我慢汁が竿の方まで流れるほどに溢れていた。

「姫、僕のも……」
「姫、お願いします」
真希の左右に立ち、そんなお願いをする二人。姫と呼ばれている真希を見て、俺は何とも言えない気持ちになった。俺だけの真希のはずが、みんなの姫になっている……。今さらだが、焦燥感が凄く湧いてくる。

真希は拓ちゃんのモノをくわえたまま、男の子達のペニスを握ってしごき始めた。
動画では何度も見た光景だ。でも、あれは結婚前の話だ。自分の妻が、男3人を相手にしている姿を見るなんて、少し前までは想像もしていないことだった。ネットで”使える寝取られサイト”みたいなサイトを見てオナニーしていた時ですら、リアルに真希が他の男に寝取られる姿を想像したことはなかった。

目の前で、真希が他の男のペニスをくわえている……。そして、両手でも握ってしごいている……。最悪な状況なのに、俺はパンツに染みが出来るほどに我慢汁があふれ出ていることを自覚した。

真希は、右手でしごいていた男の子のペニスをくわえる。そして、拓ちゃんのモノを手でしごく。
「姫、スゲぇ気持ち良いです」
「姫、俺のも!」
すると、姫はもう一人のモノを口に含む。そんな風に、3人を口と手で責め立てていく真希。完全に、場を支配している感じだ。

「姫、出ちゃいます!」
情けない声でうめく男の子。一番小柄で、少年……いや、少女のように見える可愛らしい男の子だ。
すると、真希がその子のペニスを口に含み、強烈にバキュームした。
「出ちゃうっ! イッちゃうっ!」
少女のような男の子が、可愛らしい声でうめきながら真希の口の中に射精した。その仕草や声が、本当にドキッとするほど可愛らしくて、一瞬、俺の中に新しい性癖が芽生えてしまうかと思うほどだった。

すると真希は、少女のような男の子を無言で膝立ちにさせる。すると彼は、何も指示がないのに上を向いて口を開けた。真希はその口の中に、自分の口の中の彼の精液を垂らし始める。男の子は、自分の口の中に自分の精液を流し込まれているのに、身じろぎ一つせず、すべて受け止めている。
『シュンちゃんは相変わらず変態さんだね。良いよ、飲んでごらん』
真希がSっぽい口調で言う。俺は、真希のこの貌を知らない。エッチが好きなMという感じの真希しか知らない……。”先生”は、真希のすべての貌を知っているんだろうなと思うと、胸が掻きむしられるほど嫉妬してしまう。

男の子は黙って口を閉じると、それをコクンと可愛らしい感じで飲み干した。
『美味しい?』
真希は、小悪魔的な顔で聞く。
「はい、ごちそうさまです」
可愛らしく答える男の子。本当に、股間のものさえ見なければ、少女かと思ってしまう。
「お、俺も出ます!」
すると、拓ちゃんじゃない残りの一人がうめく。俺は、シュンちゃんに気を取られていて気がつかなかったが、真希は手で二人の男のペニスをしごき続けていた。本当に、慣れた感じだ。
『シュンちゃんに出してあげて?』
真希はそう言う。するとイキそうな彼は膝立ちのシュンちゃんにペニスを差し出す。
「シュン、お願い!」
するとシュンちゃんは、なんの躊躇もなく彼のモノをくわえた。
「うぅっ! シュン! 飲んで!」
うめきながら射精する彼。俺は、目を疑った。シュンちゃんも彼も、これが初めてという感じではなく、いつもしているような感じだ。そして射精を始める彼。
『飲んじゃダメだよ』
真希は、拓ちゃんのモノをしごきながら指示をする。

そしてシュンちゃんは、男の子の精液を口いっぱいに溜めたまま、潤んだ瞳で真希を見つめる。すると真希は、シュンちゃんにキスをした。上から被さるようにキスをして、舌をシュンちゃんの口の中に突っ込む真希。二人とも、どんどん息づかいが荒くなる。

そのうち真希の方が下になり、上に回ったシュンちゃんが口の中の精液を流し込んでいく。そしてまたシュンちゃんが下になり、真希が精液を流し込む。口と口が少し離れた状態でそれをするので、ドロッとした大量の精液が二人の口を行き来するのがよく見える。

それは、不思議なほど淫靡な光景だった。シュンちゃんは男なのに、レズプレイを見るような感覚で興奮してしまった。
すると、真希が口の中のモノをゴクンと音がする感じで飲み込む。
『飲んじゃった?』
真希はイタズラっぽく言う。
「あっ、ズルい……」
シュンちゃんも、思わず声を漏らす。
『あれ? シュンちゃんは、まだ優君のことラブなの?』
真希は口の端に精液をつけたまま、ニヤニヤと笑いながら聞く。シュンちゃんは、頬を赤くしながら、
「いま、付き合ってます」
と言った。
『そうなんだ! よかったねぇ。優君も、とうとう観念したの?』
真希は嬉しそうな感じで言う。
「はい……。俺なんかをこんなに思ってくれるなんて、女の子じゃあり得ないですから」
照れくさそうに言う優君。なんだこれは……。俺は、このほのぼのとした空気に、力が抜けてしまいそうだった。男同士で付き合っている? 確かにシュンちゃんはオタクっぽい雰囲気だが、顔だけは美形だ。女の子の代わりになるかもしれない。
でも、シュンちゃんは身なりと髪型さえちゃんとすれば、女の子にモテそうに思える。わざわざ男と付き合わなくてもいいのになと思う。

『じゃあ、今日は私にしてくれないの?』
意地悪な感じで聞く真希。
「い、いえ、姫は別です! したいです!」
すかさず答える優君に、シュンちゃんは一瞬悲しそうな顔をした。
『じゃあ、今すぐ入れて?』
真希は可愛らしい口調で言うと、スカートをまくり上げた。すると、イッたばかりの優君が、むしゃぶりつくような勢いで真希に近づき、そのままコンドームなしで真希に挿入した。
『うぅんっ? 優君の太いぃ?』
真希は気持ちよさそうな顔で言う。それを悲しそうな顔で見つめるシュンちゃんと、それを苦笑いで見つめる拓ちゃん。

俺は、寝取られている真希が優君を寝取っているという多重構造に、少し混乱してきた。優君は、チラチラと俺の方を見ながら腰を振る。挑発するという感じではなく、俺が怒らないか心配しているように見える。人妻の自宅に乗り込み、夫の目の前で生ハメするほど大胆なのに、俺の様子をチラチラうかがって、弱気なところも見せる……。不思議な男の子だなと思う。

『あぁ、すごいのぉ、真希のおまんこ広がってるよぉ。ヒロ君ゴメンね! すっごく気持ち良いのぉ?』
真希はそんな卑猥なことを言いながら、俺の方を見つめてくる。動画では何度も見た真希の痴態だが、実際に目の前で、しかも俺に語りかけてくるのは、あまりにも衝撃が大きすぎた。

「姫、俺のもよろしくです」
拓ちゃんが軽いノリで混ざる。すると、真希はバックでハメられたまま、拓ちゃんのペニスをくわえてしまった。
『んんーっ! んふぅ? んっ! んーっ!』
真希がうめきながら、上と下の口を犯されている。凄く気持ちよさそうにうめく真希。動画で真希が輪姦されている姿を見ても、イマイチ現実感が持てなかった。そもそも昔のことだし、画面を通してだと、作り物のように思えた。
でも、今は目の前で、手を伸ばせば届く位置で真希は二人の男に上下の穴を塞がれている。

俺は、この状況なのに興奮していた。真希の動画を見たり、真希に言葉で責められたりした時、真希が寝取られている姿を想像して興奮していたが、実際に目の前で見たら興奮なんて出来ないのではないかと思っていた。でも違った……。

すると、イキなりズボンの上からペニスを握られた。驚いて横を見ると、シュンちゃんがいた。
「あぶれちゃいましたね。カチカチになってる? 姫があんな目にあってるのに、興奮しちゃうんですね」

寝取られ掲示板を見ていた俺が、嫁のことを報告する立場になった2

嫁の真希が、18歳の時から5年も調教されていたことを聞いて、俺は一瞬インポになった。でも、30歳以上も年上のドクターに、肉棒ではなくバイブで処女を奪われたと聞かされて、俺は射精してしまった……。

『変態? 私が先生に狂わされた話聞いて、またイッちゃうの?』
真希は、俺のペニスをまさぐりながらそんな事を言う。俺は、
「全部聞きたい……」
と、興奮してクラクラしながら言った。


『じゃあ、待っててね。すぐ戻るから』
真希は楽しそうに笑いながら言うと、寝室を出て行った。俺は独りになると、真希の話を想像していた。バイブで処女を奪う……。どんなつもりだったのだろう? しかも、そのドクターには他にも数人セフレがいたという。いや、真希は自分で肉奴隷だったと言っていた……。

すると、真希が戻ってきた。真希はナース服を着て、ナースキャップまでしていた。ナースキャップは、最近は廃止されている病院が多いので、真希も今はしていないはずだ。

『久しぶりにこれもつけてみたよ。先生の奴隷だったときの格好だよ』
真希は笑いながら言う。言われてみれば、服の方もちょっとデザインが古い気がした。
「それ、取っておいたの?」
『ゴメンね。何となく捨てられなくて……』
少しバツの悪そうな真希。
「まだ先生のことが好きって言うこと?」
『恋愛感情はないよ。あの頃も、恋愛感情は少しもなかったよ! でも、あの頃のエッチは忘れられないの……』
真希は、申し訳なさそうに言う。
「そんなに……良かったの?」
『うん。狂ってたかも』
正直に言う真希。俺は、変に隠されるよりはましだと思った。

『さっきから、凄いね。ビンビンじゃん』
真希は、ニヤニヤしながら指摘してきた。確かに俺は、さっきからずっと勃起している。真希の過去の話を聞かされて、興奮しすぎている。自分でも、どうしてこんなに興奮するのかわからないが、興奮を抑えられない。
「何でだろう? 興奮しちゃうんだよ……」
俺は、情けないなと思いながら真希に質問した。
『ふふ。ヒロ君って、先生と同じなんだね。寝取られ性癖があるんだと思うよ』
真希はニヤニヤ笑いながら言う。俺は、たまに寝取られ系の掲示板は見ていたが、あれはフィクションとして楽しんでいただけで、実際にはそんな性癖ではないと思っていたので、それを否定した。

『そうかなぁ? 普通は、彼女が肉奴隷だった過去を聞かされて、こんなにカチカチにならないと思うよ』
イタズラっぽく言う真希。俺は、言葉に詰まってしまう。

すると、真希はスカートをまくり始めた。すると、白のストッキングに白のショーツが姿を現わすが、何か股間部分が盛り上がっている。不思議に思っていると、真希は何かリモコンのようなものを渡してくる。
『先生に、リモコンバイブで仕事中にイカされたりしてたんだよ。患者さんの包帯を変えながら、イッたりしてたんだ?』
真希は興奮でうわずった声で言う。
俺は、嫉妬にまみれながらスイッチを入れた。すると、ブーンと低い振動音が響く。
『ううふぅ? 懐かしい感じ。先生に、いつもこれでイカされてたんだ?』
真希が、挑発的に言う。俺は、嫉妬から彼女を抱きしめようとする。でも、スルリとかわされて真希は後ろを向いた。そして、腰を突き出すようにしてスカートをめくる。白のショーツが丸見えになるが、同時にお尻の穴が見えた。なぜ? と思う間もなく、
『先生がいつでも入れられるように、穴あきのパンツ穿かされてたんだよ』
真希は、もの凄く興奮している感じだ。その頃のことを思い出して、発情してしまっているようだ。いま、真希の頭の中には先生がいる。そして、リモコンバイブでイカされたり、穴あきパンツ越しに挿入されているのを思い出しているはずだ。

自分の嫁が、他の男とのセックスを思い出して興奮している姿を見るのは、ハンパではなく堪えた。でも、よく見ると、ハメると言っても穴の位置が後ろ過ぎるように思えた。
『気がついた? 先生は、いつもお尻にしか入れてくれなかったんだよ? 結局前には、一度も入れてもらえなかったんだ……』
真希は、ちょっとだけ寂しそうに言う。でも、俺は少しだけ嬉しかった。

「じゃ、じゃあ、前でセックスしたのは俺とだけって事!?」
浮かれてつい聞いてしまった俺。
『……ゴメンね。先生って、寝取られ性癖だから、よく貸し出されたの……』
俺は、真希の説明にピンとこなかった。貸出し? 何それ? 意味がわからずそう聞くと、
『私を、他の男の人に貸し出して、自由に使わせたの……』
真希は、少し不安そうに言う。
「なっ……そんな……。何人くらいに?」
『たぶん……100人くらい……』
俺は、すぅーっと意識が飛びそうだった。100人? 3桁? 信じられない……。
「ウソだ!! そんなにたくさん? あり得ないでしょ!」
『だって、5年間だもん……』
「待ってよ、だって、最後の1年は俺と付き合ってたんでしょ!?」
『うん……。ヒロ君とデート中に、5人に回されたこともあるんだよ』
真希はそんな事を言う。でも、不安とか罪悪感を感じている口調ではなく、興奮した口調に聞こえてしまう……。
「い、いつ? そんなのウソだろ? ウソだって言ってくれよ!」
『ぷっ。そんな事言ってるのに、どうしてこんなに溢れてるの? 説得力ゼロだね』
真希はいたずらっ子の顔で言う。俺は、言われて初めて気がついた。勃起しすぎて、ガマン汁が竿を伝って玉の方まで濡らしていることに……。

「な……なんでだろう? ゴメン……。俺、おかしくなったのかな?」
そう聞く俺は、泣きそうな顔だったと思う。
『大丈夫だよ。私のことが本当に好きだから、興奮しちゃうんだよ。先生も同じだったから……。ねぇ、私もイって良い? さっきから、ずっと我慢してるんだ……』
真希は、うわずった声で言う。言われて思い出したが、リモコンバイブのスイッチを入れっぱなしだった。
「……先生のこと思い出しながらイクの?」
俺は、自分でもなんでそんな事を聞いたのかわからない……。
『そうだよ……。先生のこと思い出しながらイクの……いい? イッて良い? 先生のこと思いながらイッても良い?』
真希は一気にとろけた顔になり、すがるように言ってくる。
俺は、泣きそうな気持ちのままうなずいた。
『うぅ? イクぅっ! 先生、イッちゃうぅっ! ご主人様ぁっ! 真希は淫乱な牝豚ですっ! イィグゥッ!!』
真希はそんなはしたない言葉を吐きながら、身体をガクガクッと震わせた。

俺は打ちのめされた気持ちのまま、スイッチをオフにした。すると、真希が俺に抱きついてくる。そして、キスをしながら俺のモノを手でしごいてくれる。
『カチカチだね? どうしてこんなに興奮してるの? もっと聞きたいの?』
真希は、ねっとりと絡みつくような言い方をしてくる。俺は、言葉も出せずにうなずいた。

『千曲川の花火大会って、覚えてる?』
真希がそんなことを言い始める。もちろん覚えている。付き合い始めた最初の夏に、泊まりのドライブで見に行ったやつだ。急に真希が思いついて言い出して、宿も取らずに出発したので凄く印象的だった。もちろん覚えてると言うと、
『花火の時、凄い人混みだったでしょ?』
「うん、朝の山手線並みだったね」
俺は懐かしいなと思いながら話を続けた。
『あの時、私ハメられてたんだよ』
「えっ? どういうこと?」
俺は馬鹿になってしまったように、真希の言葉の意味を理解できなかった。
『私に後ろから密着してた人、先生が選んだ単独さんだったんだ。浴衣に切れ込みが入ってたから、まくり上げなくても入れられたんだよ。花火のあいだ、ずっと生のおちんぽ入ってたんだよ』
真希は、信じられないほどとろけた顔で、信じられないような話を続ける。

「そ、そんな……いくら何でも、周りが気づくだろ!?」
俺は、どうしても真希の話が真実だとは思えなかった。
『だって、私の後ろの5人は、全部グルだったんだもん。5人に代わる代わる中に出されてたんだよ。最後にタンポン突っ込まれて、フタまでされたんだよ』
真希は、言いながら身体を震わせた。もしかして、イッた? 話をしながら、イッてしまった? 俺は、どうしても信じられなかった。あの時の旅行が、仕組まれたモノだったなんて信じられるわけがない。

付き合い始めてまだ数ヶ月で、しかも初めての泊まりの旅行だ。俺は浮かれて有頂天だった……。
「だって……。ずっと手をつないでたじゃん……」
俺は、ウソだと言ってよと言いたい気持ちだった。

『手をつないでたから、信じられないくらいに感じちゃったんだ……。ゴメンね。でも、今はヒロ君だけだからね』
俺は、真希の表情を見て、その話がウソじゃないんだなと悟った。ショックだし、許せないと思う気持ちもある。でも、過去の話だ。誰にでも間違いはあるし、当時は先生の洗脳状態だったんだと思う。

「いつも中に出されてたの?」
『うん。その方が、先生も興奮するって言うから。ちゃんとピルも処方してくれたから、妊娠はしなかったよ!』
「でも……病気とか、怖くなかったの?」
『うん。だって、先生が単独さんたちの性病検査もしてくれたから』
俺は、その説明に妙に納得してしまった。

「声とか、出てなかったでしょ? 我慢してたの?」
俺は、真希を責めると言うよりは、より詳しく状況を聞きたいという気持ちになっていた。

『出してたよ。花火の音に合わせて、イクって言ったの聞こえなかった?』
真希は罪悪感などまったく感じていないように、楽しそうに言う。俺はあの時、ビックリするくらいに打ち上げ場所近くで花火を見ることができて、感動しながら花火に夢中だった。まさか、ずっと手を握っていた真希が、他の男達に回されていたなんて想像も出来なかった。出来るわけがないと思う。

俺は、聞こえなかったと答えた。
『そうだよね。花火に夢中だったもんね』
真希は、イタズラっぽく言う。そして、真希は俺の上に乗ってきた。そして、あっという間に騎乗位で繋がると、
『いつもよりカチカチだね? そんなに興奮しちゃったの?』
と、真希はうっとりとした顔で言う。いつの間にショーツを脱いだのか気づかなかったし、真希はリモコンバイブもすでに外していたようだ。
そして俺は、正直に興奮したと答えた。
『怒ってない? 嫌いになってない?』
真希は、今さらと言っていいタイミングで不安になったようだ。俺は、怒ってもいないし嫌いにもなっていないと答えた。そして、もっと知りたいと答えた。

『いいよ。全部教えてあげる?』
真希はそう言うと、俺にキスをしてきた。ナース姿の真希と、対面座位で繋がりながらキスをする……。それだけで、もうイキそうになっていた。

『まだダメだよ。イッちゃダメ。これからが凄いんだから?』
真希は挑発的に言う。花火大会の中、彼氏のすぐ横で5人に中出しされることよりも凄い事なんてあるのだろうか?

『あの後行ったラブホテル、覚えてる?』
真希が質問する。もちろん、覚えているに決まっている。旅先で泊まったラブホテルなんて、印象的で忘れるわけがない。もちろん覚えていると答えた。

『あの時、ヒロ君酔いつぶれてすぐ寝ちゃったでしょ? あれ、先生がくれた睡眠薬混ぜたからなんだよ』
真希は、少しだけ申し訳なさそうに言う。絶句している俺に、
『ヒロ君が寝た後、5人とも部屋に来たんだよ。そのうちの一人があのホテルで働いてたから、やりたい放題だったんだよ』
真希は、興奮した顔で言う。

「……なにをしたの?」
俺は、言葉が上手く言えなくなってきた。
『ヒロ君にキスしながら、バックでハメられたんだよ? ヒロ君とキスしてるのに、他の人の生チンポでイキまくってたんだよ?』
俺はその言葉を聞いた途端、真希の中に射精してしまった。
『アン? イッちゃったね? ヒロ君、変態さんになっちゃったね』
真希は、俺をいじめるように言う。俺は、そんな事はないと絞り出すように言ったが、
『変態さんじゃないなら、もう止めるね。話すの終わりにするね』
と、真希が挑発的な口調で言う。俺は、
「……聞かせて欲しい」
と、言ってしまった。

『そう言うと思った。じゃあ、特別に見せてあげるね?』
真希はそう言うと、俺の上からいなくなりました。そして、また寝室を出て行き、今度はもっと早く戻ってきた。

真希は、DVDケースを持って戻ってきた。そして中身を取り出して、テレビの下のレコーダーにセットし、再生を始めた。
寝室のテレビに映ったのは、寝ている俺自身だった。ベッドの上で、口を半開きにして寝ている俺が映っている……。

「よく寝てますね。真希さん、本当に撮影するんですか?」
カメラを持っている男性だと思うが、そんな丁寧な言葉で真希に聞く。カメラのアングルが変わり、真希の姿が映る。
真希は、エロい下着を身につけていた。一見、ピンクの可愛らしいブラとショーツに見えたが、ブラトップの部分には切れ込みがあり、乳輪と乳首が丸見えだった。そしてショーツも同じように穴が空いているようで、アソコが丸見えになっていた。

そう言えば、真希は出会った頃にはすでにパイパンだった。ナース服に透けないようにと言う説明を聞いたが、考えてみればあり得ない話だと思う。単に、先生に調教の一貫で剃り上げられていたのだと思う。

動画には、真希の後ろに4人の男達の姿も映っていた。4人とも若い男性で、大学生とかそんな感じに見える。
『じゃあ、タンポン抜いてくれる?』
真希は、5人をコントロールしている感じだ。すぐに、4人の内の一人が真希に近づき、ショーツの穴からはみ出している紐を引っ張る。すると、すぐにカメラがアップになる。

アップになった真希のアソコから、信じられないくらいに大量の白濁液が流れ出てくる。
『やっぱり5人分だと、いっぱいだね』
画面の中の真希が言う。真希は、流れ出る精液を手の平で受け止めると、画面に向けて見せた。
『ご主人様の命令で、彼のすぐ横で中出しされちゃいました。こんなにいっぱい出してもらっちゃいました? 見てて下さい』
画面の中の真希は、カメラに向かってそう言うと、手の平の精液だまりに口をつけ、大きな音を立てながらすすり始めた。

そして、カメラに向けて口を開けてみせる真希。それは、あまりにも量が多くて、口の中から溢れそうになっていた。真希は口を閉じると、それを一息に飲み干した。
そして、もう一回口を開ける真希。
『飲んじゃいました? ご主人様のじゃない他人棒の子種、たっぷり飲んじゃったよ?』
真希は、カメラ目線のまま砕けた口調で言う。後でこの動画を見る先生を嫉妬させようと、そんな風に言ったのだと思う。寝ている俺のことなど、気にしていないように見えてしまう。この時はまだ、先生のことの方が好きだったのかもしれない。

『じゃあ、彼の横に寝転がってみて』
画面の中で、真希はイタズラっぽく男性に向かって言う。すると、言われたとおりに1人の男が俺のすぐ横に寝転がる。

『やっぱりキミのが一番大きいね? 頂きます?』
真希はそう言うと、その男にまたがってあっという間に挿入してしまった。
『んっふぅ? 奥潰れてるよ? ホント、このおチンポ好きぃ?』
真希はとろけた声でそう言うと、そのままその男に覆いかぶさり、キスをした。動画には、寝ている俺のすぐ横で、見たこともない男とキスをする真希が映っている。真希は、舌を突っ込んで濃厚なキスをしているようだ。

寝取られマゾ夫 ?

私の妻M子は、40代長身で、中肉です。妻は、この2年くらい、50代の自営業のYさんと、彼の性奴隷とし、お付き合いをしています。
Yさんは、妻が好みの女性らしく、週2日くらいは、妻を呼び出しています。
彼は、私たちがよく飲みに行くスナックの常連さんで、以前から妻に目をつけていたようでした。 ある時私がYさんに、寝取られマゾ願望があることを話したことがきっかけで、ぜひ妻を抱きたいと言われ、妻を説得して、Yさんの相手をさせました。妻も以前に3P経験が少しありましたから、Yさんは自分の好みじゃないと言いながら、私の頼みを聞いて、彼にある日抱かれました。
彼はS体質で、私の粗末なモノとは比べものにならないほど、立派でカリデカの持ち主で、妻が彼のカラダから離れられなくなるのにそう時間はかかりませんでした。
一月ほど、すると彼にいわれて、ピルを飲むようになり、必ず中出しされて帰ってくるようになりました。私もいつしか帰って来た妻のあそこから流れでる彼の精液を舐め、オナニーをするのが、習慣になりました。
今ではYさんに妻とのセックスを完全に禁止され、妻もそれに従っています。
Yさんは複数プレイが好きらしく、妻を会社の部下や取引先の男に定期的に抱かせているようで、妻は時には、3?4人の男と中出しセックスを楽しんているようです。
先日もYさんの行きつけの飲み屋に呼び出されると、店には、客2人と店のマスター、それにYさんがいました。男は皆、下着姿で、ニヤニヤしていました。ボックス席には目隠しをされ、手枷を付けられた、妻が横たわっていました。
少し垂れた胸の肥大した乳首には、最近彼に言われて付けたピアスが光っていました。もうすでに、男達に一通り抱かれた後ようで、ピアスを付けたラビアの間からは、白いものが、ドロリと流れでて、腿を伝っていました。
Yさんは、男達に私が寝取られマゾ夫であることを紹介し、妻のあそこを舌できれいにしながら、オナニーで果てるように、命じました。私は男達の嘲笑の中、夢中で妻の下口を舐め、自分を慰めながらイキました。
そのあと、Yさんに「我々は、もう少し彼女のカラダを楽しむから、先に帰るように」と言われ
店をあとにしました。
その夜遅く「今日はもう遅いので、彼と泊まるから。ごめんなさい。」と言うメールがはいりました。身も心も彼のモノになってしまっのかと思うと、また自分で慰め果てました。

Twitterで配信中
QRコード
QRコード
アクセスカウンター