萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

初体験

年上の彼女・2

僕は中学生の時に2歳年上の先輩と初体験をしました。以来12年くらい彼女と付き合っています。最近彼女が家庭的で優しく美しくなりました。このサイトにも処女の良いお嫁さんが欲しければ中高生時代に見抜いて捕まえておけという勧めをどなたかが書いていましたが本当です。僕の場合は素晴らしい女性につかまったというラッキーでした。


僕は東京の国立高校から国立大に進学して誰でも知っている会社に就職したので、女性からのアプローチは多いです。でも彼女を置いてお付き合いや結婚は考えられません。そんな時、彼女から逆プロポーズを受けました。10年以上付き合っているので家族ぐるみの交際をしており、僕たちの結婚に反対する人はいませんでした。


早速両家正式な顔合わせをして婚約を確定しました。母が勿体無い様なお嫁さんだと婚約リングを買ってくれました。そしてお金は溜めておいて彼女が一生つけられる立派な結婚指輪を買いなさいと言われました。でも彼女は母の結婚指輪を狙っています。うちに嫁ぐのだから母の家事を引き継いで両親に楽隠居させるつもりのようです。


初体験以来、週末はセックスデートを欠かさずしていました。彼女のお母様は詳しい事情を知っていて彼女にコンドームを買い与えていましたが、母は「結婚前に彼女を妊娠させたりしたらいけないよ。」とのんきなな事を言います。セックスは完全に彼女にリードを任せて僕は何もさせて貰えません。


セックスは彼女に騎乗されて逆ピストンをかけられてイカされていました。最近女性の騎乗位に下から腰の突き上げでピストンすると良いと本で読みました。僕がこれだと思って家で練習して彼女にしてみましたがうまくいきません。彼女が腰を落とすときに上手くシンクロしてペニスを突き上げられないのです。


僕はブラスバンドを思い出して「そうだ音楽をかけてリズムで2人の腰の動きを合わせればいいんだ。」と思いつきました。トップガンのサントラからヘレーネ・フィッシャーまでリズムの隈取がしっかりしている腰の動きにビートがあう曲を探し回りコンピレーションCDを作りセックスデートに持って行きました。


彼女もブラスバンド部で楽器演奏を続けていたので、この作戦はうまくいき彼女が腰を振り出すときに上手くペニスを突き上げられて2人の腰の動きは完全にシンクロしました。欠点は快感が倍加して僕の持ちが悪くなってすぐ射精してしまう事です。これは彼女が僕に前戯をかけた後、すぐにペニスを入れるのではなく今度はクンニなどでお返しする事で解決しました。


射精後に自慢の美乳を吸わせながら彼女は今週は良かった。と評価して微笑んでくれたのは嬉しかったです。来週はあの本に書いて有った顔面騎乗クンニをしてみたいと思います。彼女が応じてくれるかは心配ですが、とにかく本を読んでトレーニングしようと思いました。

年上の彼女

僕の彼女は2歳年上です。中学校のブラスバンド部の先輩後輩でした。僕が1年生で彼女が3年生でした。夏休みに彼女のベッドで初体験しました。と言っても彼女も処女で僕は早漏でセックスは難航しました。クラブで彼女からなんでも習う関係が出来たので、セックスも彼女がリードするのが当たり前になって結婚適齢期に達しました。


彼女は本当にセックスのリードが好きだし上手です。全裸になってキスが終わると、彼女の舌は僕のくるぶしから内ももを伝ってわき腹から僕の乳首をなめて首筋や耳たぶを舐めて唇に戻ってきます。それからすすんでフェラチオしてきます。僕には何もさせて貰えません。それなのに彼女はグチャグチャに濡れてきます。


ペニスを挿入する準備が整うと「ねぇ」と甘い声を出してペニスを掴まれます。クンニの経験がほとんどないので女性器の構造が解りません。「さあここよ。」と言って彼女の方からペニスをヴァギナに手で導き入れてくれます。もちろん騎乗位で腰を使ってきます。彼女の積極性は気持ちが良いので逃げられません。


ところが最近友達に彼女のことを「自立しているのかもしれないけれど、支配欲が強くて自分勝手な結婚をすると苦労する女かも知れない。」とおどされています。でも処女と童貞からずっとセックスしているのでお互いが良く解るので体の相性が良い事も有って別れる気にはなれません。結婚はどんな形になっても良いです。


セックスが終わると彼女は僕を綺麗に拭いて、自慢の乳房を吸わせてくれます。優しい面があります。僕は気が弱いのでしっかりしたお嫁さんの方が良いかもしれません。それでは今週もセックスデートに行ってきます。彼女の中学時代は綺麗な人だなという程度でしたが、最近は大きなバラの花が咲いた様に凄い美人になりました。

年上の男性との素敵な思い出(その2)

学生の夏休みが終わった頃を狙って、北斗星で北海道へ旅行しました。さすがに寝台車の中ではしませんでしたが、滞在先の旅館で、浴衣姿の私を見て欲情してくれました。私を抱き寄せ、
「俺、凄く久し振りだから、緊張しちゃうな。うわ、アカネちゃん可愛いなあ。」
ぎこちない手つきで私を脱がせて、キスして胸を擦って、パンティを脱がせて、
「あの、舐めるの…クンニってされたい方?」
と訊かれました。
「そんな事イチイチ訊かずに舐めてよ!もう、お股開いてるんだから、恥ずかしいでしょ」
と、心の中で叫びました。大好きな男性に優しいタッチで舐められて、私の体が浮きました。久し振りの快感に、ウットリとしていました。正人さんは、いつまでもいつまでも舐めていました。早く入れて欲しいと勝手に腰が動きました。正人さんは私の気持ちに気付いてくれて、コンドームに手を伸ばしました。私は、
「待って、お返ししなきゃ。」
そう言って、正人さんのおちんちんを舐めました。長い!そう思いました。あの40歳の彼より先っぽ一つ分は長い感じがしました。
「幼い顔してるから、アカネちゃんがそんなことするように思えないけど、24歳なんだもんね。気持ちいいよ。」
ハッとしました。正人さんに気持ちよくなってもらいたい一心で舐めましたが、それは経験の裏打ちでした。
正人さんが入ってきました。やっぱり長い…奥に先っぽが触れていました。目いっぱい入ってから、正人さんはあまり動かず私を抱きしめていました。目いっぱい入ってるのに、正人さんは更に挿入しようとする腰の動きをするので正人さんのおちんちんの根元が支点になっておちんちんが上下に揺れて、更に根元で私のクリトリスを押しつぶすように擦るので、快感で心と体が蕩けていきました。
私は、正人さんに初めて抱かれて2度も逝かされてしまいました。正人さんが腰の動きを早めたら、その腰の動きはあのセーラー服拘束で機械に抉られた時と同じ動きだったのです。蘇る無限快楽の記憶に、私はあっけなく逝かされてしまったのでした。

私と正人さんの交際は、この北海道旅行でバレました。お隣同士の課の男女が同時期に休暇を取って、同じお土産を課内にばらまいたのです。正人さんは照れて渋っていましたが、私は、私と正人さんが恋人関係にある事を早くみんなに知って欲しかったのです。正人さんは、
「お前、あんな若くて可愛い子つかまえたのか!女ッ気ねえと思って油断してたら、やるなー。」
と冷やかされてましたが、私は、
「え~、あんなオッサンのどこがいいの~?オタクだよ、オタク好きなの?あ!それともアッチの方が良かったの?」
と言われました。私は、ニコッと笑ってごまかしました。アッチの方も良かったんです。

私が25歳、正人さん37歳で結婚しました。
一回り年上でも、穏やかで優しい正人さんは、私の家族には好評でした。一方、義父母は、
「まあ~、こんな年端もいかない若い子に手を出して。年を考えなさい。ごめんなさいね~」
と言われてしまいました。年齢を知っていても、見た目が幼いのでどうしても気になるのだそうです。

現在私は30歳で二児の母です。下の子の出産をきっかけに、昨年3月で仕事を辞めました。
正人さんは42歳、それでも毎日のように私を求めてくれます。子供を寝かしつけてからが夫婦の楽しみの時間です。私は正人さんに愛されながら、学生時代の淫らな経験を思い出して、あの彼は48歳になってるけど、どうしてるかなー、なんて、通勤ラッシュに消えていった後姿を思い出したりしています。
学生時代、何人かの男性に抱かれてセックスの良さを知ったくせに、出来る事なら、正人さんに処女をあげたかったなーなんて、今更思っています。

私の初体験は大学1年の夏休み、自動車学校で知り合った25歳の男性でした。
大学に入ってしばらくして通い始めました。私は普通、彼は大型を取りに来ていました。彼のアパートが私の300メートル先で、帰りに車に乗せてもらったりしているうちに仲良くなりました。
免許取得後、彼の車に初心者マークをつけてドライブしました。そのドライブ中に、ラブホテルに誘われて、私がハンドルを切って入りました。
初めて男性に裸を見られて、恥ずかしかったけれどクンニリングスを長々とされて、ボーッとなっている時に奪われてしまいました。痛かったですね。痛いのと熱いのが混ざった感じでした。
その彼とは、翌年の3月に転勤してしまってお別れになってしまいました。セックスで気持ちよくなることを教えてくれた人でした。でも、逝くことは40歳の彼に抱かれるまで知りませんでした。
その後、2年生の時には4年生の先輩に告白されて付き合いましたが、私が処女じゃなかった事にとても落胆して、いつ、誰と初体験したのか、何回くらいしたのか、しつこくきかれて嫌気が差して私からさようならしました。交際期間は半年もなかったと思います。
その後しばらく彼氏は出来ませんでしたが、3年生の夏休みのバイト先で知り合った30代の男性2人と飲んでて、気が付いたら部屋に連れ込まれていわゆる輪姦を体験しました。その時に写真を撮られて、その後何度も輪姦体験をしました。私が悩んでいるのを助けてくれたのが例の40歳の彼です。
私を陵辱してた男性2人は単身赴任の既婚者で、彼は、このことは奥様にお知らせしなくてはなりませんと言って、私を陵辱した2人から50万円ずつ計100万円の口止め料と慰謝料を受け取り、私に渡しました。私は怖くて受け取れないと言うと、なら折半しようと50万円だけ受け取りました。
とても紳士的な彼に好意を抱き、時々会って食事する仲になったら、とても包容力があるし、エスコートもスマートだし、女性にお金を出させないし、もう、ぞっこんでした。彼は、
「私達はバブルを経験してるらねえ。これが普通の感覚だと思ってるんだけど、今のお若い方には受け入れられないかなあ。」
と言ってました。思わず腕にしがみついて甘えたら、
「そんなことされたら、口説きたくなるじゃないか。可愛すぎるアカネちゃんをみててずっと我慢してたんだよ。」
なんて言われて、そのままラブホテルに連れ込まれて、初めて逝くことを教えられたのです。
「アカネちゃんじゃなくて、アカネって呼んで。」
なんて言って、甘えてましたね。
私は正人さんと知り合うまでに、5人の男性に抱かれましたが、やっぱり40歳の彼の事は、一番忘れられません。正人さん以外では、一番恋した男性です。かなり陵辱されましたが、好きでした。
私は、2人目の先輩と、3、4人目の私を脅して輪姦した2人の計3人に抱かれたのは後悔しているんです。あんな人のおちんちんを舐めた口で正人さんとキスするのが申し訳ないし、あんな人のおちんちんを入れられたアソコを舐めてくれると心が痛むのです。
愛しい正人さんのおちんちんを入れてもらう場所なのに、あんな人たちのおちんちんに使われたことを思うと、身震いするほど嫌になります。

年上の女性と…

大学3年の時、実家に帰省するため、飛行機の中で俺はいつも通り、安い席にして、離陸を待っていた。

夏休みだったし、結構人が乗っていた、右は家族連れ、左に座っていたその女性に俺は一目惚れした。

小柄でセミロング、顔は島谷ひとみさんに似ていた。
なによりもおっぱいが大きく、胸元が見えて俺は勃起してしまった。

新千歳から羽田間って1時間半くらいあれば着くので俺は寝ないで、ラジオを聴くことにした。
すると、隣に座ってる女性が『あの…今回はどちらまで?』
初対面なのに話しかけてくれ、しかも目の前には谷間が…俺は『今回は実家に帰省します』少しオドオドしながら答えた。

女性はさらに『へぇ?今時期暑くて暑くてどちらのご出身ですか?』と聞かれ、『神奈川の方ですね』よく見ると、とっても若く見えそれにおっぱいがどうしても気になっていた。

頷きながら俺の方を見て『実は、私も神奈川の方なんですよ』女性は笑顔になりながら俺の方を見ていた。『私は、鎌倉の方なんですけど、どちらですか?』たまたまなのか、俺も鎌倉!と思い、『俺も鎌倉です!』
少しテンション高めで女性に答えた。

すると少し間が空いたので、俺が『すみませんお名前は教えてください』あっ!って顔して女性は『ゆうかっていいます!名前なんて言うの?』
ゆうかさんは再び俺に谷間が見えるよう聞いてきた、『俺は貴司です』

『貴司くんね!そっか、羽田から鎌倉まで私も一緒でいいかしら?』
ゆうかさんというまだ会って間もないのに一緒に行動できるなんて…『もちろんいいですよ!』俺はテンションが上がりそれについついおっぱいを見すぎてチンコも大きくなっていた。

無事着陸し、とりあえず荷物を取りに向かった。
するとゆうかさんが『貴司くん、今日はこの後なにかあるの?』
俺は実家に帰っても父親と母親がやってるお店の手伝いしかしない、『今日は空いてますよ!』俺は快く答えた。

ゆうかさんのおっぱいは歩くたびに、ゆさゆさ、ゆさゆさ揺れて最高で俺はマジマジと見ていた。

ゆうかさんは『そしたら、私も暇なんだけど、遊ばない?』遊ぶ?俺はAV的想像をしてしまった、『いいですよ!連絡先どうしますか?』
ゆうかさんはiPhoneを取り出し、『LINEのID教えるね!』俺は入力し、ゆうかさんと交換した。
『じゃ、準備できたら鎌倉駅ね!LINE待ってるね貴司くん!』

ゆうかさんと鎌倉駅で一旦別れ、俺は実家に向かった。
着くなり『今から鎌倉駅向かいます!』と俺はLINEを送信した。

しばらくするとゆうかさんから『じゃ、30分後待ち合わせ!』俺はゆうかさんと何をするのかなって思っていた。
親にはとりあえず買い物行ってそのままダチと飲んでくるとだけ伝えた。

約30分後、駅のベンチにゆうかさんが座っていた、『ゆうかさん?貴司です』ゆうかさんは、服を着替えて来た『貴司くん、遅いよ!笑』ゆうかさんは、着替えてきた服装もミニスカにさらに谷間を強調した服装だった。

俺は不思議に思ったので『ゆうかさん、これからどうするんですか?』思わず聞いてしまった、するとゆうかさんは『今から私のお家連れてってあげる』なんと、ゆうかさんは北海道に仕事で来てて、その帰りだったらしい。

しばらく歩くとゆうかさんが『ここのマンションの3階が私のお家』俺はゆうかさんの住むマンションを見て『大きいですね、ここに住んでるんだ』俺の家からさほど遠くないところにあるマンションだ。

ゆうかさんは『ちょっと散らかってるけども気にしないで』そう言われ、冷蔵庫からビールを持ってきた。ゆうかさんが『はい、貴司くんも飲んで!飲んで!』俺は『ありがとうございます』あまり知らない初対面の女性とこの後何があるのかワクワクとドキドキしていた。

するとゆうかさんが『暑いね?、チョット脱いでもいいかな?』突然Tシャツを脱ぎ始めブラジャーだけになった、俺は『ゆうかさん…それは…さすがに…』
俺はゆうかさんのブラ姿で飛行機の中でのことより勃起してしまった。

ゆうかさんは『貴司くん、どうしたの?大きくなっちゃって』俺は『ゆうかさんのおっぱいが…』ウフフって笑いながらゆうかさんは『飛行機の中でも見てたの知ってるんだからね、見せてごらんおちんちん』

ゆうかさんに言われるなり俺は『まだした事がなくて…』実は童貞で彼女もできたことがなくAVばっか見てるしょうもない男である。

ゆうかさんは『貴司くん、私がいっぱい気持ちくさせてあげるから』そう言われゆうかさんは、まず優しくシコシコをして、唾をつけてシコシコ、口に咥えたり、俺のチンコをいっぱい奉仕してくれてる。

俺は『ゆうかさんのおっぱいが見たい』思わず言ってしまった、ゆうかさんは嫌がることもなくブラを取り、でかいメロンおっぱいを見せてくれた。

ゆうかさんは『貴司くん、おっぱいで挟んであげる』俺はパイズリが大好きで、ゆうかさんのパイズリで射精してしまった。

俺は『ゆうかさん…気持ちよかったです』
ゆうかさんは俺のザーメンを飲んで、ベッドに行き『私のオナニー見て、また大きくして』俺はゆうかさんのオナニーをマジマジと見ていた。

ゆうかさんは『貴司くん…早く早く貴司くんのおちんちんほしいよー』誘ってきているがなかなか大きくならない。するとゆうかさんは『咥えながらオナニーしてあげるね』

すげー気持ちよく、ゆうかさんのオマンコ汁がついた手で手コキもしてくれ、しばらくすると再び勃起した。

ゆうかさんは『じゃ、貴司くんの初めていただくよ』騎乗位が俺の初体験。
ゆうかさんのオマンコはとっても、ヌルヌルですげー気持ちよかった。

俺は『そんなに動いたらまた出ちゃいますよ』ゆうかさんの激しい上下運動で俺は我慢できなくなりそのまま中に出した。

ゆうかさんは『あらあら、中出ししちゃったの?まあ、今日は安全な日だからいいけどね』その後、ゆうかさんと4回戦までして、その日は俺は家に帰った。

鎌倉にいる間でゆうかさんと時間を合わせてエッチを教えてもらっていた。
ゆうかさんは、後ほど聞くと俺の8つ上だった。
なので、大学3年は20なので、28歳、そしておっぱいはGかHはあったかな。

あれから3年、俺たちは交際をし、婚約をし、結婚することになりました。

同級生の奥さんの過去

先日、ある水族館の食堂で、中学時代の同級生と30年ぶりくらいに顔を合わせた。
私に気付いたの奥さんの方で、奥さんもまた中学の同級生でクラスのマドンナだった。
どちらも家族連れだったが、同級生は私に奥さん自慢をしていたので、
「羨ましいね~。クラスのマドンナだった美少女を射止めたんだ~」
と、一応羨ましがった。。
「君の奥さんは若いようだが・・・」
「ああ、7歳年下だよ。」
妻は美人ではないがベビーフェイスで、実際の年齢より更に若く見えるから相当年下に見えたのだろう。
妻は、19歳の処女から仕込んだマゾっ気のあるドスケベ女だと自慢したかったが、さすがにできなかった。

実は、私は彼の奥さんの秘密を知っていた。
少なくとも、あのマドンナは中学3年の7月には既に非処女で、セックスの快感を知っていた。
あれは期末テストが終わった日で、私は、帰ろうとした時にマドンナが体育館へ入っていくのを見かけた。
キョロキョロとあたりを窺い、体育館へ入っていったので妖しいと思って後をつけた。
すると、体育館の舞台脇の音響や照明の操作室に白いセーラー服が入っていくのが見えた。
そこは普段施錠されているはずなので、ますます怪しいと思い、操作室から舞台が見えるようにガラス窓がある舞台へ上がって覗こうとしたが、遮光カーテンが閉まっていて無理だった。
そこで、天井裏からアクセスを試みた。

操作室の天井はスノコ状になっていて、その上に配線が張り巡らされている。
そこは、舞台裏から梯子で天井裏へ上がって、操作室の真上の正方形の蓋を開けると配線のメンテが出来るようになていた。
すると、操作室では、下半身裸の白いセーラー服少女が椅子に座ってM字開脚していた。
そして、椅子の前には担任教師が座り込み、マドンナの恥裂を弄っていた。
「ハアハア・・・ンッ・・・アッ・・・」
清純な美少女のはずのマドンナが、色っぽい声で身をくねらせていた。
その時教師は確か40代、既婚者だったはずだ。

暫く恥裂を悪戯されていた彼女だったが、ついに担任の赤黒いデカマラを生のままズブズブと恥穴に迎え入れた。
チュピ、クチュ、ジュピ、クチュ・・・教師のデカマラが次第に白く濁った液体にまみれていったことを記憶している。
私は、女の子の恥裂を初めて見たし、セックスも始めて見て、とても興奮していたと同時に、憧れのマドンナがセックスで感じて、声が出せないようにハンカチを咥えて喘いでいる姿にショックを隠せなかった。
ギシギシ・・・パンパン・・・教師の玉袋がマドンナの股間に当たる音と、椅子の軋む音が交錯していた。
教師は拘束ピストンのあとデカマラを抜き、マドンナの口に先っぽを入れて射精した。
「さあ、全部飲み干せよ・・・」
この光景は忘れられなかった。

その後、何度かマドンナの行動を注視して、10回近く教師との逢瀬を覗いた。
ほとんどが下半身だけ脱いでの交わりで、いすにこしかけてM字開脚だったり、椅子に後半身を乗せてバックからだったりしたが、8月の下旬の暑い日、教師が持ち込んだ体操マットの上で、二人とも全裸でセックスしていたこともあった。
私は、マドンナの一糸まとわに素っ裸をみて、鼻血が出そうなほど興奮した。
正常位で交わる教師と生徒、激しいピストンに荒い息遣いで応えたマドンナを忘れない。
正常位で足を開いた時、クパアと割れたマドンナの恥唇は、こげ茶にめくれていたのを覚えている。
後に、妻の19歳の処女をもらった2年後、あのマドンナの様にこげ茶にめくれた恥唇になったのを見て、あのマドンナを思い出した。
あのマドンナは、私が目撃した2年前に処女を失った、つまり、中1の8月ごろに初体験をしたのではないかと想像した。
マドンナと同じクラスになったのは中学2年の時、あの時すでに、あの屈託のない清純そうな笑顔を振りまいていたマドンナはあの時すでにデカマラの味を知っていたのだ。
妻がピストンで快感を感じるようになったのは、処女喪失から3か月後くらいだったから、同じクラスになった時のマドンナは、デカマラで快楽に喘ぐほどになっていたということになる。

そんな事を思い出しながら、再会したマドンナを見たら、恐ろしいほどえげつない恥唇が想像できた。
マドンナは、幾つまであの教師のデカマラの餌食になっていたのだろう。
マドンナは、何人の男を知っているのだろう。
彼は、窓ンアが処女ではなかったことをどう思ったのだろう。
そして、きっとこげ茶を通り越して黒ずんだ恥唇になっていたであろうマドンナの過去にどう折り合いをつけたのだろう。
そんな事を考えていた。

同級生と母親の美人母娘を孕ませた優等生の話(修正版)

 高校3年の時、僕は美人の同級生の女の子の柚紀乃から頼まれて勉強を見てあげた。
 それで美人のお母さんの香也乃と初体験した。
 柚紀乃の成績が上がった御礼にとご飯をご馳走になった。
 そのあとベッドに誘われるが「下心はない」と断った。
 でも、香也乃に強引にファーストキスを奪われ、そのまま、ちんぽをフェラされてあっという間に口内発射してしまった。
「童貞の男の子と一度したかったの、あなたの好きにしていいわよ」と股を広げてくれると、香也乃に抱きついた。
 正常位、バック、騎乗位、初体験で松葉崩しまで経験した。
 すべて、中出しなので心配したが「閉経しているから大丈夫だよ」といわれたので、その後も暇を見つけてはセックスをした。
 だが、なぜか、数ヵ月後、香也乃のおなかは大きくなった。
 さすがに怖くなったが今度は柚紀乃に迫られた。
「もし、関係を拒否したら、お母さんを妊娠させた事をばらすわよ」と言われた。
 やもえず、一度だけという条件で柚紀乃を抱いた。
 処女だったが抱き応えは香也乃以上であった。
 おまけに柚紀乃は香也乃同様に中出しOKといった。
 柚紀乃も妊娠させてしまうのではないかと怖かったが、柚紀乃の反応はとてもかわいく、セックスがあまりにも気持ちよかったので、中出しをした。
 終わってから後悔するのだが、殺精タイプの避妊薬を使っていることを知り、ほっとした。
 それから柚紀乃から誘われるたびに抱いた。
 しばらくして、香也乃は可愛い女の子を産んだ。
「あなたの子だけど旦那の子供として育てるから安心して」といわれた。
(やっぱり、自分の子か)と思いつつ、赤ちゃんをあやしていた。
 受験が終った頃に今度は柚紀乃のお腹が大きくなり始め、僕の子供を妊娠した事を告げられた。
「あなたの赤ちゃんが産みたくて避妊止めちゃった」
「なんで?」
「だってお母さんがあなたの赤ちゃんを産んで、私が産めないなんて不公平じゃないの」
「あのねー」
「あなたは気がつかなかったみたいだけど私あなたの事が大好きだったのよ」
 半泣きしそうな柚紀乃に散々セックスをしていて知らん振りというわけも無く、柚紀乃との結婚を受諾した。
 当然、一悶着あるかと思われたが、香也乃は「私にすべて任せなさい」と胸を張られ、すべて香也乃に任せた。
 すると恐ろしい事に何も起こらず、僕と柚紀乃の婚約がスムーズに執り行われ、高校を卒業すると同時、僕は柚紀乃と結婚し、柚紀乃の家に住み始めた。
 香也乃は僕が何をしたかを聞くがニコニコするだけであった。
 僕は香也乃に逆らわない事に決めた。
 そして、結婚してすぐ、香也乃から「柚紀乃とはできないでしょ。今度はちゃんと避妊するからしよう」と誘われた。
 僕は断ろうと思ったが、香也乃の体の感触が忘れられずにおり、柚紀乃は「遠慮しなくていいよといわれる」と、迷わず香也乃を抱いた。
 香也乃をよがり狂わせて、中出しをした。
 それから香也乃から誘いを受けると迷わず抱いてしまう。
 柚紀乃もかわいい女の子を産み、僕は世間的にはこれで父親になった。
 柚紀乃だけでいいやと思いつつも、香也乃から誘いを受ければ、迷わず抱いてしまう。
 母親の違う可愛い二人の娘達が僕をパパと呼ぶようになっても、(本来なら建前でも義兄になるのだが、香也乃は育ての父親なのでといって僕をパパと呼ばせている)僕は香也乃と柚紀乃の母と娘とセックスをしている。
 その度に自分は何て意志の弱い男なんだと思っていましたが、そのうち、考えるだけ無駄なので、まあいいやと思うようになりました。

同級生と母親の美人母娘を孕ませた優等生の話

 高校3年の時、僕は美人の同級生の女の子の柚紀乃から頼まれて勉強を見てあげた。
 同じように美人のお母さんの香也乃と初体験した。
 柚紀乃の成績が上がった御礼にとご飯をご馳走になった。
 そのあとベッドに誘われるが「下心はない」と断った。
 でも、香也乃に強引にファーストキスを奪われ、そのまま、ちんぽをフェラされてあっという間に口内発射してしまった。
 「童貞の男の子と一度したかったの、あなたの好きにしていいわよ」と股を広げてくれると、香也乃に抱きついた。
 正常位、バック、騎乗位、初体験で松葉崩しまで経験した。
 すべて、中出しなので心配したが「閉経しているから大丈夫だよ」といわれたので、その後も暇を見つけてはセックスをした。
 だが、なぜか、数ヵ月後、香也乃のおなかは大きくなった。
 さすがに怖くなったが今度は柚紀乃に迫られた。
「もし、関係を拒否したら、お母さんを妊娠させた事をばらすわよ」と言われた。
 やもえず、一度だけという条件で柚紀乃を抱く。
 処女だったが抱き応えは香也乃以上であった。
 おまけに柚紀乃は香也乃同様に中出しOKといった。
 柚紀乃も妊娠させてしまうのではないかと怖かったが、柚紀乃の反応はとてもかわいく、セックスがあまりにも気持ちよかったので、中出しをした。
 終わってから後悔するのだが、殺精タイプの避妊薬を使っていることを知り、ほっとした。
 それから柚紀乃から誘われるたびに抱いた。
 しばらくして、香也乃は可愛い女の子を産んだ。
「あなたの子だけど旦那の子供として育てるから安心して」といわれた。
(やっぱり、自分の子か)と思いつつ、赤ちゃんをあやした。
 受験が終った頃に今度は柚紀乃のお腹が大きくなり始め、僕の子供を妊娠した事を告げられた。
「あなたの赤ちゃんが産みたくて避妊止めちゃった」
「なんで?」
「だってお母さんがあなたの赤ちゃんを産んで私が産めないなんて不公平じゃないの」
「あのねー」
「あなたは気がつかなかったみたいだけど私あなたの事が大好きだったのよ」
 半泣きしそうな柚紀乃に散々セックスをしていて知らん振りというわけも無く、柚紀乃との結婚を受諾した。
 当然、一悶着あるかと思われたが、香也乃は「私にすべて任せなさい」と胸を張られ、すべて香也乃に任せた。
 すると恐ろしい事に何も起こらず、僕と柚紀乃の婚約がスムーズに執り行われ、高校を卒業すると同時、僕は柚紀乃と結婚し、柚紀乃の家に住み始めた。
 香也乃は僕が何をしたかを聞くがニコニコするだけであった。
 僕は香也乃に逆らわない事に決めた。
 そして、結婚してすぐ、香也乃から「柚紀乃とはできないでしょ、今度はちゃんと避妊するからしよう」と誘われた。
 僕は断ろうと思ったが、香也乃の体の感触が忘れられずにおり、柚紀乃は「遠慮しなくていいよといわれる」と、迷わず香也乃を抱いた。
 香也乃をよがり狂わせて、中出しをした。
 それから香也乃から誘いを受けると迷わず抱いてしまう。
 柚紀乃もかわいい女の子を産み、僕は世間的にはこれで父親になった。
 柚紀乃だけでいいやと思いつつも、香也乃から誘いを受ければ、迷わず抱いてしまう。
 母親の違う可愛い二人の娘達が僕をパパと呼ぶようになっても、(本来なら義兄になるのだが、香也乃は育ての父親なのでといって僕をパパと呼ばせている)僕は香也乃と柚紀乃の母と娘とセックスをしている。
 その度に自分は何て意志の弱い男なんだと思っていましたが、そのうち、考えるだけ無駄なので、まあいいやと思うようになりました。

桃子のその後

約30年前の恋人が桃子です。
19歳の彼女に、我が独身寮主催のパーティー「彼女を探すためのパーティー」で出会い、猛アタックして交際することに成りました。
酔い過ぎていたが、彼女を見て「理想的な?パーフェクトなスタイル?嫁にしたい」と思いました。

初デートは、新宿駅の交番脇で待ち合わせして、お茶の後、彼女の寮まで話しながら歩いた。パーフェクトなスタイルに「サイズはどのくらい」と尋ねると「身長155cm 体重50kg バストは87cmのDカップ ウェスト60cm ヒップ90cm 」と何も考えず答えてくれました。

だいたいデートは新宿駅の交番脇で待ち合わせして、食事したり、お茶したりしていました。

数回目のデートで、食事の後、夜の新宿西口公園に行き「バストを見せて」と頼むと快く「OK」を貰い、Yシャツのボタンを外し周りを注意すると(覗き)が居て、行為を中断して帰りました。

二人だけになれる場所を探し、LOVEHotelは無理として、当時新宿周辺には、レンタルルームという場所がありました。新宿駅の北側に「風林館」と言うレンタルルームを活用していましたが、後日後輩から「彼女と風林何とかに行ってたんやて」と聞かれ、女子寮の会話では、(彼氏とのH体験談)を自慢しあうことが、通常で(今日のデートでは、どんなSEXをしたかを詳しく解説するかが話題であったようです。(女子寮恐るべし)
というという事は、初体験も話題になったはずです

初体験は、レンタルルームに入ってジャレあっている内に、どうしてもSEXしたくなり、「我慢できない」と言って、仰向けに寝そべる彼女の両手を彼女の頭の上で左手で押さえ、右手を彼女のスカートの中に(お尻側に入れて)入れて、パンストとパンティをお尻側から一気に引き下ろし、(左手は彼女の両手を押さえたまま)右手だけで、自分のズボンとパンツを脱ぎ、彼女の膝を開き、彼女のおまんこを目掛け腰を近ずると(処女の女性の場合は、彼女のおまんこの場所を確認して、自分のチンポを手で持っておまんこに入れることが大変だと聞いていた、チンポを手で持つ事も無く)彼女のおまんこにストライクしたらしい。

チンポがヌルッと彼女のおまんこに入った気がしますが、彼女の「ダメ、入れないで」と言われたが、気持ちだけで本当にに彼女のおまんこにチンポが入ったかは不明です。

ロストバージンと思われる振りをされた気がしますが、現実は彼女のみが知っていますの
レンタルルームを活用出て、喫茶店で、「(初めてで)痛かったんだから」と言うので、私はただ謝るしか無く「ごめん」と言う彼女が「いいよ」答えてくれました。

今考えると、彼女が遊んでいた可能性(男性遍歴があった気がする)を打ち消すために、彼女の陰謀にはまり、ロストバージンの相手にされた気がしますが??
彼女はバージンを活用無くすと、レンタルルームに入ってすぐに服を自分から一気脱ぎ、脱がせる楽しみを私から奪いました。当然部屋の照明は明るいままで、全裸になり、私が服を脱ぐのを待って抱き着き、LOVETIMEの始まりです。

清潔なSEXをしたつもりにも関わらず彼女が性病になったから感染してませんかと尋ねてきた。多分大丈夫ですと返事した。
清楚、清潔な彼女が性病?

コンドームが嫌いで、SEXはいつも生挿入生だしOK 部屋の照明を落とした事も無く、明るい部屋で、部屋に入ってすぐに服を脱いで即SEXの連続、危険日以外生挿入生だしOKでも、1度だけ、危険日だったらしく、小田原のモーテルに嫌がる彼女を連れ込み、二人で入浴後、ベッドに上がりうつ伏せの彼女に乗ると、「私の中に入って入る(私のおまんこに貴方のチンポが入って入る)危険日だから抜いて」言われすぐにチンポを抜いたが、無理続けて生だしすれば、状況に変化が有ったかもしれない?
フェラチオも彼女が自分から咥えてくれた。

「早く貴方の子供が欲しい」と言われ続けて、彼女の言うままに、指輪やワンピース、カメラを買い与え、食事は常に支払い、彼女のアッシーメッシーは当然だつた。(結婚をほのめかして金品を摂取する行為は、結婚詐欺と判断される可能性が有ります。)

1度彼女が田舎に帰省中に遊びに言って良いかと確認すると、暫くして彼女から「父が合ってもいい」と言われたが彼女の実家に行く気落ちは無かったが、この祭と思いました。
それが暫くすると彼女から「結婚すると浮気するから交際は許さない」(彼女の父が信頼する占い師の占い結果)と言われた。
浮気って、夫婦二人の気持ちでするかどうか不明、浮気しない可能性もあるのにと思いながら、私に会う約束を無効にして、判断する事なのかが不明です。自分の目で見る事も無く占い師の結果がすべてとして、娘の未来を判断する父親が長野県に入る事実。

Googleearthで彼女の実家を見ると彼女の父がGoogleearthのカメラを見ているのが確認出来ます。

彼女から頂いた物の中で、手編みのベスト(誰に合わせたのか不明)使えない代物

金銭的たかるー貧乏神
病院を移す疫病神
死神まで出なかったから幸いかもしれません?

彼女は自分の楽しみだけ楽しむと、田舎に引きこもり、私を拒否しましたが、彼女の行動は自分が思慮しない事に行動する癖が有ります。
本当は私と交際を継続して結婚したかったはずです。

父親や家族に守られる事が重要で、わたしより家族を選んだ。
結婚したけど本当は別の人生を選んだかもしれない。
父親の占い結果の浮気とは、彼女が結婚して浮気すると言う事を表していた。彼女は旦那より元彼を求めて入る気がしますが??が、彼女のおまんこは緩すぎで、どの角度からでもチンポを受け入れる器用な、受け口のおまんこです。敏感で濡れやすく、太平洋の様んな緩マンコの桃子
ちなみに彼女は名古屋に入るらしいが、おまんこにチンポを入れて入る時が最高な時間で、バックで、彼女自慢のお尻を見ながら、お尻の穴に????を入れる事が重要です。
男はチンポが大きくなければ男でない、長く太く硬いチンポが最高だと言っていましたが、最高のチンポを確保出来ましたか?

見た目とのギャップが彼女の良さで、ハッキリ言ってドスケベも変態の領域です。もしかすると、おまんこだけなく、アナルー青姦他人に見せる事が好きだった可能性が大きいです。

身長155cm 体重50kg+アルファ バスト87cmのDカップからE又はFカップ ウエスト60cm+アルファ ヒップ90cm+アルファ 色白で丸顔 二重瞼に瞳も眉も垂れ下がり愛嬌の有る顔立ちです。
彼女は、ザーメン大好きSEX大好き。何処でもSEX出来ます。頑張って探してみて下さい。

大きく長く硬いチンポを求めている、桃子は貴方の脇で一声掛けて貰える事を願っています。ただし見た目とのギャップが大きすぎてまさかと思われます。
今でも本当の名前が変わっていませんが、結婚したらしいです。彼女名前は個性的で、日本で一人だけ、名前が好きだったけどまさかそのままで、婿養子を迎えると結婚した事がわかりずらい。

古風で服装が地味、パンプス(基本的に黒色)に膝下のスカート(黒色のタイトスカートや黒色系統)やワンピース(腰下部分が円形で椅子に座る場合は裾を畳んで膝の上に置かないと床に着いて汚れてしまうなど地味系統の服装が多く、20歳の女性にしては地味過ぎる。
膝上スカートはデニム一枚だけ、ジーパンもなく、パンツ系の

桃子のその後

約30年前の恋人が桃子です。
19歳の彼女に、我が独身寮主催のパーティー「彼女を探すためのパーティー」で出会い、猛アタックして交際することに成りました。
酔い過ぎていたが、彼女を見て「理想的な?パーフェクトなスタイル?嫁にしたい」と思いました。

初デートは、新宿駅の交番脇で待ち合わせして、お茶の後、彼女の寮まで話しながら歩いた。パーフェクトなスタイルに「サイズはどのくらい」と尋ねると「身長155cm 体重50kg バストは87cmのDカップ ウェスト60cm ヒップ90cm 」と何も考えず答えてくれました。

だいたいデートは新宿駅の交番脇で待ち合わせして、食事したり、お茶したりしていました。

数回目のデートで、食事の後、夜の新宿西口公園に行き「バストを見せて」と頼むと快く「OK」を貰い、Yシャツのボタンを外し周りを注意すると(覗き)が居て、行為を中断して帰りました。

二人だけになれる場所を探し、LOVEHotelは無理として、当時新宿周辺には、レンタルルームという場所がありました。新宿駅の北側に「風林館」と言うレンタルルームを活用していましたが、後日後輩から「彼女と風林何とかに行ってたんやて」と聞かれ、女子寮の会話では、(彼氏とのH体験談)を自慢しあうことが、通常で(今日のデートでは、どんなSEXをしたかを詳しく解説するかが話題であったようです。(女子寮恐るべし)
というという事は、初体験も話題になったはずです

初体験は、レンタルルームに入ってジャレあっている内に、どうしてもSEXしたくなり、「我慢できない」と言って、仰向けに寝そべる彼女の両手を彼女の頭の上で左手で押さえ、右手を彼女のスカートの中に(お尻側に入れて)入れて、パンストとパンティをお尻側から一気に引き下ろし、(左手は彼女の両手を押さえたまま)右手だけで、自分のズボンとパンツを脱ぎ、彼女の膝を開き、彼女のおまんこを目掛け腰を近ずると(処女の女性の場合は、彼女のおまんこの場所を確認して、自分のチンポを手で持っておまんこに入れることが大変だと聞いていた、チンポを手で持つ事も無く)彼女のおまんこにストライクしたらしい。

チンポがヌルッと彼女のおまんこに入った気がしますが、彼女の「ダメ、入れないで」と言われたが、気持ちだけで本当にに彼女のおまんこにチンポが入ったかは不明です。

ロストバージンと思われる振りをされた気がしますが、現実は彼女のみが知っていますの
レンタルルームを活用出て、喫茶店で、「(初めてで)痛かったんだから」と言うので、私はただ謝るしか無く「ごめん」と言う彼女が「いいよ」答えてくれました。

今考えると、彼女が遊んでいた可能性(男性遍歴があった気がする)を打ち消すために、彼女の陰謀にはまり、ロストバージンの相手にされた気がしますが??
彼女はバージンを活用無くすと、レンタルルームに入ってすぐに服を自分から一気脱ぎ、脱がせる楽しみを私から奪いました。当然部屋の照明は明るいままで、全裸になり、私が服を脱ぐのを待って抱き着き、LOVETIMEの始まりです。

清潔なSEXをしたつもりにも関わらず彼女が性病になったから感染してませんかと尋ねてきた。多分大丈夫ですと返事した。
清楚、清潔な彼女が性病?

コンドームが嫌いで、SEXはいつも生挿入生だしOK 部屋の照明を落とした事も無く、明るい部屋で、部屋に入ってすぐに服を脱いで即SEXの連続、危険日以外生挿入生だしOKでも、1度だけ、危険日だったらしく、小田原のモーテルに嫌がる彼女を連れ込み、二人で入浴後、ベッドに上がりうつ伏せの彼女に乗ると、「私の中に入って入る(私のおまんこに貴方のチンポが入って入る)危険日だから抜いて」言われすぐにチンポを抜いたが、無理続けて生だしすれば、状況に変化が有ったかもしれない?
フェラチオも彼女が自分から咥えてくれた。

「早く貴方の子供が欲しい」と言われ続けて、彼女の言うままに、指輪やワンピース、カメラを買い与え、食事は常に支払い、彼女のアッシーメッシーは当然だつた。(結婚をほのめかして金品を摂取する行為は、結婚詐欺と判断される可能性が有ります。)

1度彼女が田舎に帰省中に遊びに言って良いかと確認すると、暫くして彼女から「父が合ってもいい」と言われたが彼女の実家に行く気落ちは無かったが、この祭と思いました。
それが暫くすると彼女から「結婚すると浮気するから交際は許さない」(彼女の父が信頼する占い師の占い結果)と言われた。
浮気って、夫婦二人の気持ちでするかどうか不明、浮気しない可能性もあるのにと思いながら、私に会う約束を無効にして、判断する事なのかが不明です。自分の目で見る事も無く占い師の結果がすべてとして、娘の未来を判断する父親が長野県に入る事実。

Googleearthで彼女の実家を見ると彼女の父がGoogleearthのカメラを見ているのが確認出来ます。

彼女から頂いた物の中で、手編みのベスト(誰に合わせたのか不明)使えない代物

金銭的たかるー貧乏神
病院を移す疫病神
死神まで出なかったから幸いかもしれません?

彼女は自分の楽しみだけ楽しむと、田舎に引きこもり、私を拒否しましたが、彼女の行動は自分が思慮しない事に行動する癖が有ります。
本当は私と交際を継続して結婚したかったはずです。

父親や家族に守られる事が重要で、わたしより家族を選んだ。
結婚したけど本当は別の人生を選んだかもしれない。
父親の占い結果の浮気とは、彼女が結婚して浮気すると言う事を表していた。彼女は旦那より元彼を求めて入る気がしますが??が、彼女のおまんこは緩すぎで、どの角度からでもチンポを受け入れる器用な、受け口のおまんこです。敏感で濡れやすく、太平洋の様んな緩マンコの桃子
ちなみに彼女は名古屋に入るらしいが、おまんこにチンポを入れて入る時が最高な時間で、バックで、彼女自慢のお尻を見ながら、お尻の穴に????を入れる事が重要です。
男はチンポが大きくなければ男でない、長く太く硬いチンポが最高だと言っていましたが、最高のチンポを確保出来ましたか?

見た目とのギャップが彼女の良さで、ハッキリ言ってドスケベも変態の領域です。もしかすると、おまんこだけなく、アナルー青姦他人に見せる事が好きだった可能性が大きいです。

身長155cm 体重50kg+アルファ バスト87cmのDカップからE又はFカップ ウエスト60cm+アルファ ヒップ90cm+アルファ 色白で丸顔 二重瞼に瞳も眉も垂れ下がり愛嬌の有る顔立ちです。
彼女は、ザーメン大好きSEX大好き。何処でもSEX出来ます。頑張って探してみて下さい。

大きく長く硬いチンポを求めている、桃子は貴方の脇で一声掛けて貰える事を願っています。ただし見た目とのギャップが大きすぎてまさかと思われます。
今でも本当の名前が変わっていませんが、結婚したらしいです。彼女名前は個性的で、日本で一人だけ、名前が好きだったけどまさかそのままで、婿養子を迎えると結婚した事がわかりずらい。

古風で服装が地味、パンプス(基本的に黒色)に膝下のスカート(黒色のタイトスカートや黒色系統)やワンピース(腰下部分が円形で椅子に座る場合は裾を畳んで膝の上に置かないと床に着いて汚れてしまうなど地味系統の服装が多く、20歳の女性にしては地味過ぎる。
膝上スカートはデニム一枚だけ、ジーパンもなく、パンツ系の

桃子のその後

約30年前の恋人が桃子です。
19歳の彼女に、我が独身寮主催のパーティー「彼女を探すためのパーティー」で出会い、猛アタックして交際することに成りました。
酔い過ぎていたが、彼女を見て「理想的な?パーフェクトなスタイル?嫁にしたい」と思いました。

初デートは、新宿駅の交番脇で待ち合わせして、お茶の後、彼女の寮まで話しながら歩いた。パーフェクトなスタイルに「サイズはどのくらい」と尋ねると「身長155cm 体重50kg バストは87cmのDカップ ウェスト60cm ヒップ90cm 」と何も考えず答えてくれました。

だいたいデートは新宿駅の交番脇で待ち合わせして、食事したり、お茶したりしていました。

数回目のデートで、食事の後、夜の新宿西口公園に行き「バストを見せて」と頼むと快く「OK」を貰い、Yシャツのボタンを外し周りを注意すると(覗き)が居て、行為を中断して帰りました。

二人だけになれる場所を探し、LOVEHotelは無理として、当時新宿周辺には、レンタルルームという場所がありました。新宿駅の北側に「風林館」と言うレンタルルームを活用していましたが、後日後輩から「彼女と風林何とかに行ってたんやて」と聞かれ、女子寮の会話では、(彼氏とのH体験談)を自慢しあうことが、通常で(今日のデートでは、どんなSEXをしたかを詳しく解説するかが話題であったようです。(女子寮恐るべし)
というという事は、初体験も話題になったはずです

初体験は、レンタルルームに入ってジャレあっている内に、どうしてもSEXしたくなり、「我慢できない」と言って、仰向けに寝そべる彼女の両手を彼女の頭の上で左手で押さえ、右手を彼女のスカートの中に(お尻側に入れて)入れて、パンストとパンティをお尻側から一気に引き下ろし、(左手は彼女の両手を押さえたまま)右手だけで、自分のズボンとパンツを脱ぎ、彼女の膝を開き、彼女のおまんこを目掛け腰を近ずると(処女の女性の場合は、彼女のおまんこの場所を確認して、自分のチンポを手で持っておまんこに入れることが大変だと聞いていた、チンポを手で持つ事も無く)彼女のおまんこにストライクしたらしい。

チンポがヌルッと彼女のおまんこに入った気がしますが、彼女の「ダメ、入れないで」と言われたが、気持ちだけで本当にに彼女のおまんこにチンポが入ったかは不明です。

ロストバージンと思われる振りをされた気がしますが、現実は彼女のみが知っていますの
レンタルルームを活用出て、喫茶店で、「(初めてで)痛かったんだから」と言うので、私はただ謝るしか無く「ごめん」と言う彼女が「いいよ」答えてくれました。

今考えると、彼女が遊んでいた可能性(男性遍歴があった気がする)を打ち消すために、彼女の陰謀にはまり、ロストバージンの相手にされた気がしますが??
彼女はバージンを活用無くすと、レンタルルームに入ってすぐに服を自分から一気脱ぎ、脱がせる楽しみを私から奪いました。当然部屋の照明は明るいままで、全裸になり、私が服を脱ぐのを待って抱き着き、LOVETIMEの始まりです。

清潔なSEXをしたつもりにも関わらず彼女が性病になったから感染してませんかと尋ねてきた。多分大丈夫ですと返事した。
清楚、清潔な彼女が性病?

コンドームが嫌いで、SEXはいつも生挿入生だしOK 部屋の照明を落とした事も無く、明るい部屋で、部屋に入ってすぐに服を脱いで即SEXの連続、危険日以外生挿入生だしOKでも、1度だけ、危険日だったらしく、小田原のモーテルに嫌がる彼女を連れ込み、二人で入浴後、ベッドに上がりうつ伏せの彼女に乗ると、「私の中に入って入る(私のおまんこに貴方のチンポが入って入る)危険日だから抜いて」言われすぐにチンポを抜いたが、無理続けて生だしすれば、状況に変化が有ったかもしれない?
フェラチオも彼女が自分から咥えてくれた。

「早く貴方の子供が欲しい」と言われ続けて、彼女の言うままに、指輪やワンピース、カメラを買い与え、食事は常に支払い、彼女のアッシーメッシーは当然だつた。(結婚をほのめかして金品を摂取する行為は、結婚詐欺と判断される可能性が有ります。)

1度彼女が田舎に帰省中に遊びに言って良いかと確認すると、暫くして彼女から「父が合ってもいい」と言われたが彼女の実家に行く気落ちは無かったが、この祭と思いました。
それが暫くすると彼女から「結婚すると浮気するから交際は許さない」(彼女の父が信頼する占い師の占い結果)と言われた。
浮気って、夫婦二人の気持ちでするかどうか不明、浮気しない可能性もあるのにと思いながら、私に会う約束を無効にして、判断する事なのかが不明です。自分の目で見る事も無く占い師の結果がすべてとして、娘の未来を判断する父親が長野県に入る事実。

Googleearthで彼女の実家を見ると彼女の父がGoogleearthのカメラを見ているのが確認出来ます。

彼女から頂いた物の中で、手編みのベスト(誰に合わせたのか不明)使えない代物

金銭的たかるー貧乏神
病院を移す疫病神
死神まで出なかったから幸いかもしれません?

彼女は自分の楽しみだけ楽しむと、田舎に引きこもり、私を拒否しましたが、彼女の行動は自分が思慮しない事に行動する癖が有ります。
本当は私と交際を継続して結婚したかったはずです。

父親や家族に守られる事が重要で、わたしより家族を選んだ。
結婚したけど本当は別の人生を選んだかもしれない。
父親の占い結果の浮気とは、彼女が結婚して浮気すると言う事を表していた。彼女は旦那より元彼を求めて入る気がしますが??が、彼女のおまんこは緩すぎで、どの角度からでもチンポを受け入れる器用な、受け口のおまんこです。敏感で濡れやすく、太平洋の様んな緩マンコの桃子
ちなみに彼女は名古屋に入るらしいが、おまんこにチンポを入れて入る時が最高な時間で、バックで、彼女自慢のお尻を見ながら、お尻の穴に????を入れる事が重要です。
男はチンポが大きくなければ男でない、長く太く硬いチンポが最高だと言っていましたが、最高のチンポを確保出来ましたか?

見た目とのギャップが彼女の良さで、ハッキリ言ってドスケベも変態の領域です。もしかすると、おまんこだけなく、アナルー青姦他人に見せる事が好きだった可能性が大きいです。

身長155cm 体重50kg+アルファ バスト87cmのDカップからE又はFカップ ウエスト60cm+アルファ ヒップ90cm+アルファ 色白で丸顔 二重瞼に瞳も眉も垂れ下がり愛嬌の有る顔立ちです。
彼女は、ザーメン大好きSEX大好き。何処でもSEX出来ます。頑張って探してみて下さい。


t

Twitterで配信中
QRコード
QRコード
アクセスカウンター