萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

不倫

伯母と過ごした永遠の4年間

大学の4年間、東京に暮らしていました。
受験の時は伯母の家に泊まり、大学の4年間は伯母の探してくれたアパートで過ごしました。
伯母は父の姉で私立高校の教員、私の31歳年上でしたがずっと独身のためか、伯母より6歳若い母よりも若々しく美人でした。
盆と正月しか会わない伯母でしたが、私は、美しい伯母が眩しく見えてずっと憧れていました。

大学1年の5月、私の19歳の誕生日を祝ってくれた伯母が、
「プレゼントあげようかと思ったんだけど、何が良いかわからなくて・・・」
「俺、伯母さんが欲しいな!」
冗談っぽく本心を言いました。
もちろん笑い飛ばすことも出来るようにポップに言い放ちました。
「俊夫君、経験あるの?」
「無いよ!」
「伯母さんに童貞くれるの?」
「欲しい?」
「近親相姦よ。」
「避妊すれば・・・」
「その必要はないんだけどね。もう、半年来てないし・・・」
当時伯母は50歳、閉経を終えたばかりでした。

独身50歳の伯母の裸は、スラリとしたスレンダー美人、
「おっぱい、あんまり大きくないから、伯母さんの・・・」
可愛らしく恥じらっていましたが、私の勃起を見ると、
「俊夫君・・・立派になったわね・・・伯母さん、男の人とこういううことするの、十何年ぶりかしら・・・」
伯母は足を開いて、右指をV字にして陰唇を広げて神秘の膣口を見せてくれました。
「伯母さんは、結婚しなかったから子供も産んでないし、セックスだって、大学生の頃に初体験して、その後、勤め先の先生と不倫して、別れて、また別の先生と不倫して、別れて・・・気付いたら30歳も半ばすぎちゃってた。バカよね・・・」
「伯母さん、美人だからこれからでも間に合うと思うよ・・・」
「でも、子供はもう産めないわ・・・」

初めて味わう女体は血縁者、導かれるままに生挿入して腰を振りました。
知的で美しい高校教諭の伯母が、甥の陰茎で激しく喘ぎました。
「ああん、ああん、す、す、すごい、あああ~~」
濃い血で繋がる肉体を交え、罪深い姦淫に耽りました。
「伯母さん、出そうです。」
「俊夫君、いいわよ、そのまま中にお出しなさい・・・」
ドクドクドクピュルルルル~~~
31歳の年の差を超え、近親愛に狂乱する伯母と甥・・・許されざる姦淫でしたが、私は叔母を愛し、伯母も私を愛してくれていました。
閉経したとはいえ伯母の子宮に三親等の甥の精液を注ぎ込む・・・神をも恐れぬ肉親中出しに溺れていました。

私には、禁断の交尾という意識は低く、美しい憧れの熟女とのセックスという歓喜に酔っていましたので、伯母を女性として愛する気持ちがありました。
時には温泉地へ赴き和風旅館で、或はリゾートホテルで、子供のいない伯母の息子になり切って、バーチャルな母子旅行もしました。
それが夜には母子姦、旅館に着いてすぐ、就寝前、朝起きてと、若い大学生が3度の中出しをしたその精液を処理したティッシュが山盛りの屑籠を見て、旅館の仲居さんはどう思ったでしょう。

今思えば、近親姦の甘美な罪の意識に悦楽を覚えていたのは伯母ではなかったかと思います。
子を持てなかった伯母が私に向けた母性と共に、その肉親の愛情が禁忌の中出し相姦を興奮の坩堝に落したのだと思います。
兄の息子と生セックス・・・そしてその精液を体の奥に湛える快楽・・・伯母にとって幸せな4年間だったのでしょう、私が卒業して実家に帰るとき、涙を流していました。
私も、愛する伯母と別れたくありませんでしたが、この関係をいつまでも続けられない事は分かっていました。
伯母とは週に4日はセックスしました。
週末などで泊りがけの時は、2度3度と交わりましたから、4年間で、伯母に射精した回数は1、000回くらいになるでしょう。
伯母の美しかった陰唇は4年間でドドメ色になり、年齢相応の佇まいになりました。
私の陰茎は、4年間の生セックスによる伯母の愛液で赤黒くなり、まるで既婚者のようになりました。

昨日、伯母の告別式がありました。
71歳の伯母は、誰にも気づかれずに、家で倒れたまま静かに息を引き取っていたそうです。
伯母の家の居間には、大学4年生の時に旅行した伊豆の海辺で撮った私とのツーショット写真が飾ってあったそうです。
伯母の形見として、私がもらいました。
美しい顔で微笑む伯母は当時53歳でしたが、写真の伯母は30代後半に見えました。
この写真を撮る数時間前まで、旅館の一室で前夜から続けざまに激しく濃厚に交わり続け、写真で微笑む伯母の子宮は、大量の甥の精液を溜め込んでいた事など、私しか知りません。

あの後、地元に就職して、やがて一目惚れした4歳年下の妻と26歳で結婚、初めて妻を見た父は、
「いやあ、姉ちゃん(伯母)の若い頃にソックリだなあ・・・」
結婚式にやってきた伯母は、妻を見てとても嬉しそうでした。
理想の女性であった伯母に童貞を捧げ、伯母の面影を残す妻の処女を貰った私・・・女性はこの二人しか知りませんが、二人とも心から愛する女性です。

伯母は天国に旅立ちましたが、私の心にはいつまでも生き続けています。

年下との不倫

私の彼はちょうど一回り半下でまだ20代半ばです。
パートで働いている紳士服のお店に彼がアルバイトとして入ってきたんです。
今から4年前の事だから、私は42歳くらいでした。

私が任されていた部門に配属されたので、
初日から私はつきっきりで色々と教えてあげました。
最初は一回りも離れてるし、「かわいい?」って言う感覚しかありませんでした。
明るくて素直な彼は仕事もどんどん覚えて行って、
とてもいいパートナーになってくれました。
彼の名前は浩也と言って、私は最初から彼の事を名前で呼んでいました。

いつしか私達は仕事が終わるとよくお茶をして帰るようになっていました。
私が仕事の愚痴や店長の悪口を言っても、
彼は「へえ?」「そーなんだあ」って感じで嫌がらず話を聞いてくれます。
そしていつの間にか彼は二人でいる時は、
私の事を名前で呼ぶようになっていたんです。

「でも千恵さんはさ?・・」
「千恵さんえらいよ・・」
こんな若い子に名前で呼ばれるなんて初めてで、
最初の頃はそう呼ばれただけでドキドキしてしまったものです。

ある日、いつものようにカフェでお茶をしてた時、
彼がほとんど口をきかないのに気が付きました。
「どうしたの?」と私が聞くと、彼はじっと私の目を見て言いました。

「千恵さん、二人っきりになりたい。」
私はビックリしてしばらくポカンとしていました。
「まったく?おばさんをからかうもんじゃないわよ。」

気を取り直して笑って言うと、彼は
「なんでおばさんなんて言うんだよ。
千恵さんはすごい素敵な人だよ。俺、冗談なんか言ってないよ」

彼は真剣な顔をして言いました。
私は内心ドキドキしてしまっているのを隠して
「あなた、私がいくつか知ってるでしょ? 
高校生の息子もいるんだよ」
「知ってるけどそんなの関係ない、おれ・・千恵さんが好きなんだ」
「ねえ、出ましょ」私は席を立ちました。
彼が追って来て「ごめん怒った? 
でも俺からかってなんかいないし、
ここ何日もいつ言おうかって毎日ドキドキしながら仕事してて、
もう我慢できなかったんだ」

私は怒ったのでも何でもなく、
頭の中がパニック状態で訳が分からなくなっていたのです。
「千恵さん!」
私の腕を彼がつかんで言いました。
「怒ってないよ。でも・・君が突然そんな事言い出すから・・」

私が、やっと言うと、彼は急に私の手を引っ張って建物の陰に行くと、
振り向きざまにキスをしてきました。

ほんの10秒もあったかないか位の短いキス。

でも私の頭の中を真っ白にするには充分でした。

もう何年も主人以外の人とキスなんてした事がない私には衝撃的な事でした。

「千恵さん、大好きだよ・・」唇を離した彼が耳元で言います。
「ね、千恵さん。おれの部屋に来て・・」
彼は強引にではなくそっと、私の腕をつかみながら歩き出しました。

私はその時、たぶん放心状態と言うかボ?っとしていたのかもしれません。

良いとか悪いとかいけない事、なんて考える余裕もなかったみたい。

彼の家は歩いて12?3分の所だと聞いていました。

すっかり暗くなった住宅街を
私は彼に支えられるようにしてゆっくり歩いていました。
彼のアパートに着いて、彼がいつもの優しい笑顔で
「入って」と言うと、私は何のためらいも無く彼の部屋に上がりました。

自分が今なにをしているのか、これから何が起きるのか、
考えることが出来ませんでした。
いえ、考えたくなかったのかもしれません。

彼が後ろから私のバッグをそっと取って、
カーディガンもそっと脱がせて来ました。

そして私を振り向かせると、すごい勢いで抱きしめて来ました。

「千恵さん、ずっとこうしたかったんだ・・いつも抱きしめたいって思ってた。」

そして彼は右手で私の顔を上に向かせてキスをしてきました。

さっきのちょっと触れただけのようなキスではなくて、
激しい情熱的なキス・・。

主人が私を抱くときにする
お決まりのようなキスじゃない激しいキスをされて、
私は心臓が飛び出るんじゃないかって言うほどドキドキしました。

少し強引な感じで彼が舌を入れてきた時には、
電気が走ったような感じがして思わずビクッとなってしまいました。

思わず私も舌を動かしていました。

私の舌を感じ取ると、彼はさらに激しく私を抱きしめてきました。

そして彼の手が私の背中に来て、
ワンピースのファスナーを降ろし始めました。

彼の手が背中、ウエストそして腰まで来て止まりました。

彼はキスをしたまま両手を私の肩にかけると、
ワンピースを私の腕から抜き、下に落としました。

私は下着とパンストだけで彼に抱きしめられていました。

今度は、彼の手が上に上がってきて、私の胸に置かれました。

しばらく彼の手はブラの上に置かれたままでしたが、
急に彼は激しく私の胸を揉みだしました。

そしてストラップを肩からはずすと直接私の乳房を愛撫してきました。

「あ・・」

私は思わず声を出してしまいました。

主人以外の男性の手で胸を愛撫されるなんて、
10年以上も無かった事です。

彼は唇を離すと、舌をそっと這わすようにして顔を下におろしてきました。

そして、私の右の胸を右手で支えながら、舌で乳首を愛撫してきました。

「あ・・ああ・・浩也くん・・」

私はすごく感じてしまい、彼の頭を左手でぎゅっと抱きしめてしまいました。

「きれいだよ・・」

彼が舌を使いながら言いました。
彼は上手に私の乳首を吸ったり
舌で転がすようにして愛撫してきます。

主人にも同じような事はされているのに、
浩也の愛撫には自分でもビックリするほど感じてしまい
何度も身体がビクっとなってしまいました。

気が付くと彼の右手は私の太ももを触っていました。
そしてパンストに包まれたパンティを触るようにして
指先で少し探すような感じで、私のあの部分に触れてきました。

「あ・・ん・・」

私の反応で敏感な場所が分かったようで、
浩也は、優しく、時には激しく愛撫をしてきました。

「ああ・・あん・・・あああ・・はあ・・」

乳首を吸われたまま、クリを刺激されて
私はもう声を押し殺すこともなく感じてしまいました。

彼は私の前にしゃがむと、ウエストに手をかけてパンストを下ろそうとしました。

なかなか上手く下ろせない様子を見て、私は自分でパンストを脱ぎました。

もう・・戻れない・・

彼はそのまま私のパンティを正面から見ながら、手をそっと伸ばしてきました。

「千恵さんのここ、触りたかった・・」

彼は指でそっとなぞるようにしていましたが、
ゆっくり立ち上がると左手で私を抱き寄せると、
右手をパンティの中に入れてきました。

私はさっきからもう充分に濡れているのが分かっていたので、
それを知られるのが恥ずかしくて思わず腰を引いていました。

彼の手が一瞬止まったように感じましたが、
次の瞬間彼の指が私の中に入ってきました。

「ああん・・」

「千恵さん、すごいよ・・スルッて入っちゃったよ」

彼の指が激しく私の中で動きます。

自分でも恥ずかしくなるくらいピチャピチャと音が聞こえます。

自分がどこかへ上り詰めて行くような感覚になってきた時、
ふっと彼は指を抜きました。

彼に支えられてようやく立っているような私を
「千恵さん、こっち・・」
彼はそう言ってベッドの方に連れて行きました。

彼は私を寝かせると、自分の服を脱ぎました。
身体にピッタリしたニットトランクスだけになると
私の上にかぶさってきて、私の背中に手を入れるようにして
ブラのホックをはずしました。

ブラを外してむき出しになった私の胸を浩也は舌で愛撫しています。

左右の乳首を交互に吸いながら、また指を私の中に入れてきました。

その時、私は激しく感じながらも、
どこか頭の片隅でやけに冷静に自分の状況を考えていました。

つい1時間も前までは、よく働いてくれるアルバイト君だったのに、
その浩也の下で私はほとんど裸の状態で愛撫を受けて感じまくっている。

私はさっきから浩也のすることに一度も抵抗していない・・。

もしかして、私もこうなる事を望んでいたのかしら・・。

そんな事を思ったのも一瞬で、
彼の指が一段と激しく動いて、私はのけぞって声を上げていました。

「千恵さん、もうダメ・・我慢できないよ」

彼はそう言うと、私のパンティを脱がして自分もパンツを脱ぎ捨てました。

その時、私の目に入ってきたもの・・・。

彼のモノは真上を向いていきり立っていました。

真上どころか反り返って身体にくっつくくらいになっています。

大きさも、私が10何年も見てきた主人のモノとは、
別の物のように思えるほど大きいんです。

「千恵さん・・いくよ」

彼はそう言って私の膝をもって足を大きく開きました。

私は結婚以来、不倫などした事もなく
セックスの相手は主人・・と言う事に何の疑問も持ってなくて、
こういうもんだと思って生活していました。

それなのに・・彼に足を開かされても、
彼のいきり立ったモノを目の前に見ても、
何の抵抗もなく受け入れようとしていました。

次の瞬間、彼は私の中に入ってきました。

その時、私は自分が処女だったんじゃないかと
錯覚するほどの衝撃を受けました。

彼が少しづつ入ってくるのが、
ものすごくリアルに感じ取れたんです。

彼の大きさも・・。

痛みがあった訳では全然なく、
快感とともに私を押し広げるようにして入ってくる彼のモノが
まるで別の生き物のように感じました。

一番奥まで入ってくると、
もうそれだけで私はのけぞってしまいました。

彼がゆっくりと動き出すと
私は自分でもビックリするくらいの声をあげて悶えました。

彼に言わせると、叫んでた・・そうです。

どのくらい浩也は私の中にいたんでしょう・・。

私の声があまりすごいので途中で彼が
「これ、噛んで」と言ってタオルを口に持ってきた程、
私は快感に酔いしれていたようです。

そしてさっき立ったまま愛撫されていた時になったような、
自分が昇りつめて行く様な感覚になりました。

自分で「何?」と思った時には
頭の中が真っ白になるような快感で息が止まりそうになりました。

それからは声も出ず、まだ中にいる彼の動きに快感を感じながらも、
身体に力が入らないような感覚でした。

「何が起きたの?」

自分では理解できずにいました。

あとから彼の話を聞いてようやく理解できたのは、
私がイッた、と言う事でした。

「千恵さんがイッたのを見て
すっげー興奮してオレもイッちゃったよ。」

彼はそう言いました。

イク・・そうなんです。

恥ずかしいんですけど、
この時初めてイクという感覚を体験したんです。

19歳で主人と結婚して以来、
主人とするセックスが全てだった私は、
セックスってこんなもんなんだって思っていました。

イクと言う事は知識では知っていましたが、
誰もがそうなるものとは思わず、
そういう人もいるんだ・・くらいの知識と経験だったんです。

「千恵さん、オレも・・いきそう。」

そのあとすぐ浩也が言いました。

「イクよ、千恵さん。ああーっ。出すよ、千恵さん。イク、イク?・・」

私は不思議と急に現実に戻ったように彼に言いました。

「ダメ・・浩也くん、中はダメ。中に出さないで・・」

彼は黙ったまま更に激しい動きで突いてきました。

私は、またすご快感を感じながら、それでも
「いや?、浩也くん、中はダメ?。」叫んでいました。

「あああああああ?・・」
彼は絞り出すような声を出したかと思うと、私の中から抜きました。

そしてその瞬間に彼はイッたようです。

すごい勢いで彼の白いものが飛びました。

私の胸から顔にまで飛んできました。
胸と頬のあたりに生暖かいものを感じました。

彼はそのまま私の上に覆いかぶさってきて、私を抱きしめました。
彼のまだ硬く熱くなったままのモノが
私のお腹のあたりで脈打っています。

しばらくそのままジッとしていると、
彼が少し身体を浮かせてキスをしてきました。

優しく、でも長いキスが終わって、私は言いました。

「もう・・浩也くん、中でいっちゃうかと思って怖かったよ?」

「ごめん、そんなつもりなかったんだけど、
あの時千恵さんが言った、中に出さないで・・って言うのに
すっげー興奮しちゃってさ。ギリギリまで抜けなくなっちゃった。」

「ギリギリすぎ?。」

「ごめん。それと初めてだったのに、千恵さんにかけちゃった・・ごめん」

「ビックリした・・顔まで飛んでくるんだもん」

「あはは・・これだ・・」

浩也は私の頬を指でなぞりました。

彼の精液がまだ顔についたままだったのを思い出して、
私は急に恥ずかしくなりました。


こうして私は初めての不倫を、最高の体験として終えました。

そして驚いたのは、家に帰っても普段とまったく同じように
主人や子供に接している自分にでした。

あれ以来、私は彼にセックスのいろんな事を教えられました。

バックスタイルや騎乗位や、フェラも初めて体験しました。

最近ではどちらかが時間の無い時など、
服を着たままの立ちバッグで5分くらいで愛し合うなんて事もしています。

ちょっと困ってしまう事は・・昼間彼と激しく愛し合った日の夜に、
主人が求めてきたりすると、余韻が残ってて、
主人に抱かれてる時に普段より感じてしまって、
つい自分から腰を動かしたりしてしまうんです。

主人もびっくりして「どうしたんだ?今日は」
なんて聞いてくるけど「あなたがすごかったんでしょ」なんてごまかしています。

一日にふたりの男性に抱かれるなんて、
以前の私には想像も出来ないことですが、
もう今では月に1?2度ある普通の出来事になっています。

妊娠

託卵女子という若い人妻が増えているそうだ。イケメンの本命彼氏は経済力がないので結婚すれば苦労は眼に見えている。そこで浮気の心配もないリッチなキモメンと結婚をして優雅な生活を送り本命彼氏の子供を産んで法律上の夫に育てさせるという女性だ。倫理観の乱れた最近では「平和な家庭のためにDNA鑑定など絶対にするべきではない。」というフェミニスト評論家すらいる。イケメンの血を引く見かけの可愛いわが子をママ友たちに自慢したいという考えすらあるようだ。まあそんな話は他人事だろうと思っていたら不倫の火の粉がわが家にも降りかかってきた。女の執念は怖いと思った。
学生時代に処女を奪った少女たちの中から10名ほどの性格の良い美人を選び男の味と性の喜びを教え込んで恋人の様な関係になっていた。その中から妻を選んだのだが別れた女性たちは処女と偽ってすぐに結婚してしまった。美人は売れるのが早いと思う。そんな彼女達から妻はどうも責められているらしい。「妻の座は譲ったが愛している気持ちは変わらないので子供を産みたい。」と言うのが彼女達の要求のようだ。彼女達は妻の同窓生達だ。中には同級生もいる。だから妻も強く断りきれないようだ。とうとう同級生に昼間押しかけられて「あのひとの子供を許して頂戴。」とねじ込まれてしまった様子だ。
彼女から連絡が有った。「お願いだからもう一度あってほしいの。」「今更あってどうするんだ?」「あなたの子供が欲しいの。」「不倫や不義は嫌いだ。」「私は今でもあなただけ愛しているの。結婚はしたけど仮面夫婦なの。本当の夫はあなた。私はあなたの妻の1人。妻が愛する夫の子供を生むのは当然じゃない。それはあなたの奥様も認めているわ。私は初めてをあなたに奪われ、あなたに女に育てられたの。もうどうやってもあなたが忘れられないわ。あなたは私も愛してくれたでしょう?あれは偽りの関係だったの。結婚してもあなたとの愛情関係は変わらないわ。」と説得されてしまった。
確かに彼女の主張には一理があった。彼女とは深い関係になって恋人同然だった。決して精液処理の体目当てのお付き合いではなかった。彼女の心に引き返せないほど深く入り込んでしまったようだ。彼女は執拗に子供を求める連絡を続けた。とうとう妻が根負けしてしまった。妻とコンドーム性交をしてゴムの中に溜まった精液を妻が同級生の膣にプラスチックスポイドで1回だけ注入することになった。同級生もそれで妊娠できなかったら諦めると約束した。姉に相談すると「仕方ないじゃない。むげに断れば刺されるかもよ。」と脅されてしまった。妻の同級生は日曜日も朝早くから押しかけてきた。昨夜は濃厚な生射精を求める妻に7回の性交でカラカラになるまで精液を搾り取られていた。
排卵日直前に押しかけてきた妻の同級生は薄化粧だが非常に美しかった。妻も美しいがこれから子供を孕もうとする女は男を魅了して大量射精させるため綺麗になるのだろうか。あまり乗り気はしなかったが彼女と妻を連れてベッドルームに行った。妻は手早く下着姿になるとベッドに横になった。何となく投げやりな性交をして薄い精液を少しコンドームの中に放った。同級生はショーツを脱ぐとぐっしょり濡れてパックリ陰裂が開いた女性器を妻にむけた。妻は彼女の膣にコンドームから精液を注いだ。彼女は「子種が私の中に落ち着くまで暫くいさせてね。」とクッションを腰の下に入れ膣口を上げて子宮を下げるポーズを1時間ほど続けて大喜びで帰宅した。妻に「本当に愛しているのはお前だけだ。」と言うとクンニをして正常位で必死にご奉仕をした。
妻は泣き出してしまった。「ごめん。」と謝ると「ううん。そうじゃないの。私はみんなに我慢をさせてあなたを独占してしまったわ。だから妥協せざるを得ないところもあるって思っただけなのよ。」と言った。その夜は全裸で抱き合って寝た。妻は可愛い陰裂と自慢の乳房を押し付けてきた。妻の女性器は恥丘が盛り上がり上付きだ。陰毛が極端に少なくパイパンに近い。清潔で可愛い女性器だ。今朝は少し早く眼を覚まして妻をうつ伏せにして根バックの体制で1発妻の膣内に射精した。妻も朝から犯されると上機嫌だ。満員電車に乗るとなぜかアラフォー女性に寄りかかられる時がしばしばある。しかもいつも特定の女性だ。会社では×1アラフォー派遣社員のボディータッチ攻撃にさらされる。夜のお誘いも多い。でも妻を思うと不潔感しか沸いてこない。
それから4ヶ月たった。妊娠順調の妻は何に付けてもご機嫌が良い。妻は悪阻が殆ど無かった。妻は前夜十分に濃厚精液を絞りきって、そのカスみたいな精液を十人の同窓生達の膣にスポイトで注入した。ところが十人とも妊娠してしまったのである。問題は解決した。しかしその結果だけに妻はモヤモヤするらしい。妻との性交はおなかを圧迫する体位や子宮口を直接刺激するような激しい動きは出来ない。背面座位などの体位で浅い挿入になるようにし、手早く射精して性交時間も短めにしている。もしも妻のお腹が張ってしまう場合は即刻性交中止だ。妊娠後も性交はきちんと続けて出産後にレスにならないように気をつけたいと思う。

南々で遊びつくした

鈴木様を信じて、書ける範囲の内容を告白しますね。

契約の範囲で合意したアブノーマルなプレイは、

主にsm調教です。製薬会社を退職した役員が出資やマンションを提供する

クローズドのsmサークルが麻布にあり、

私がこのメンバーであったことから、道具も経験もありました。

苦痛を伴わない事が条件でしたので、主には羞恥、自尊心を傷つけるプレイを行い、

意外にも抵抗は少なかったです。

奥様は自分が結婚しているとも言っていました。

デリヘルの仕事はお金の為だとも。

なぜお金がいるかは聞いていません。


正直なところ私は奥様に惚れていたので、

契約のお金以外も、金の面倒は全て私がみることを提案しました。

代わりに貴方と別れて、私の妻になる事を求めたものの、

貴方の事を愛していると言って断られました。


この苦い経験への報復と奥様が首を縦に振らず、

契約内容に含める事ができなかったが

強要してでも行いたかったハードスカトロ、ハード医療プレイをさせるため以下の行為を撮影し、

疑問もなく行ってしまった奥様を使って、私の黒い欲望を半年間満たし続けました。


その行為・・・私が用意した中学生との薬(実は偽)を使った性行為とその撮影。

奥様が無理に誘った風の台本になっており、そのとおり演じていました。

後に本人と親に慰謝料を訴えられ、それを私が取りさぜさせる代償として、

半年間NGなしで体を私の自由にさせる事としました。

おかげで奥様の体の内外や、性的快楽におけるそれらへの影響、

体調と排泄物との関係など私以上に詳しい詳しい者はいないかと思います。

卒アルを持ってこさせ、あなたや過去の男性遍歴や性行為の内容なども聞いた記憶がありますが、

忘れてしまいました。

驚きましたがその○○団や、上司との不倫?は私にも伏せていましたね。

あと刺青?は気が付きませんでした。


>>>> 

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

同期との結ばれぬ恋

8年前のクリスマス。それは、彼女の25回目の誕生日。見た目には周りのカップルと何ら変わらないデート、指輪のプレゼント、何度も抱き合い、そして、最後のキス…
すべての出来事が別れへのカウントダウンのように思えた。

「またね」と言えない最後の別れ。いつもと違う「じゃあね」を言い、車を走らせ一人、泣いた。


出会いは13年前。
職種は違うが、僕らは同期入社でしかも同じ店に配属された。お互い垢抜けない感じで、恋愛対象として全く見てもいなかった。
転機は4年ほどたった2月のある日。たまたま帰るタイミングが一緒になって、何のやましい気持ちもなく彼女を送ることになった。その当時、僕は結婚を決めた女性がいたし、彼女もそのことを知っていたのだ。
しかし、運命の歯車はそこから少しずつ狂い出す。どういういきさつか思い出せないが、たまたま下ネタを話していた時に、また車の中にたまたまあったエロDVDを彼女が見つけてしまった
。職場でもわりと開けっぴろげに下ネタを話す子だったせいか、そのまま一緒にDVDを見ることに。
そこで自分がおっぱい星人であること、彼女はDカップあること、年末に別れたことを打ち明けた。
状況が状況なだけに、何となくお互い会話もなく変な気分になって、怪しいやりとりが始まった。
俺「本当にDカップあるの?」
彼女「結構美乳なんだよ」
そう言って、その日着ていたニットの服の胸を前に突き出した。普段、制服姿しか見ていないせいか、確かにデカい。そこからは無意識に彼女の胸に左手を伸ばしていた。
最初は全体を覆うように。ニット越しに伝わるブラジャーの感触を確かめながら
「へえ~、意外と大きいね」
なぜか抵抗しないのをいいことにそのままおっぱいを揉み続けた。
後でわかったことだが、彼女は胸(特に乳首)が感じやすいらしく、すでに触っていたときにアソコはグチャグチャに濡れていて、帰ってオナニーしたそうだ。

その日はおっぱいを触っただけでHをすることもなく帰ったが、後日また一緒に帰る機会があった(というか、ちょっと合わせた)。
車中、この前のおっぱいの感触が忘れられないことを伝え、また触らせてもらうことに。そこからはなし崩し的に行為が激しくなり、ホテルで一線を超えてしまった。実は当時、彼女は上司とも不倫関係にあり、そのことを自分は半年後に確信することになるのだが、それはまた追々。
はじめはどこにでもあるような身体だけの関係だったはずが、やがてお互い心から愛する存在へと変わっていった。

4月、自分が婚姻届を出すことになり一度は彼女との関係を終わらせるはずだったが、自分の弱さから彼女に関係を求め続けた。
今思えば、帰る時間が極端に早くなり、休みも合わせていて周りから見てもおかしかったに違いない。仕事も今まででは考えられないような凡ミスが増え、やる気もなくなっていた。もはやそんなことすらどうでもよくなるほど彼女にのめり込んでいた。

帰りはほぼ毎日一緒、週に3、4回Hして、彼女が生理中の時は口でしてもらうことも。ホテル代もかさむので車の中でHすることもたびたびあった。職場まで車で30分なのに帰りの遅い自分に、嫁は何も言うことはなかった。それをいいことに、休みの日も端から見たら普通のカップルのようなデートをしていた。
でも、常に他人の目を気にしながら過ごしていた時間を彼女はどう思っていたのだろうか。ただの身体だけの関係だと思っていたのだろうか。

そんな時、上司と不倫関係にあるんじゃないかと疑うことがしばしばあった。一緒に帰れない、という返事をされることがあって、そんな時は連絡をしても返事が来るのは数時間後。ある時、体調が悪いと言われ、送っていくという申し出も断られたことがあった。先に帰ったふりをして会社の裏でこっそり待っていて、30分ほどすると彼女が帰る方向とは逆の公園に現れた。そこで自分の車を見つけた彼女から電話が鳴り続けた。
「ごめんなさい!別れないで!」
「断れなかったの!」
「抱かれても感じなかったの!」
「もう○くんのことしか好きじゃない!」
自分だって妻がいる立場で彼女と不倫関係にあるのに、それを棚にあげて当たり散らした。

結局、上司とは終わりにするって約束して表面上は仲直りしたが、しばらく誰のことも信じられなくなった。

その後も逢瀬を重ね、10月のある日…

終わりは突然だった。

会社の近くで待ち合わせをしていたところを、同じ職場の人に見つかったのだ。瞬く間に噂は広がった。彼女から「もう終わりにしよう」と告げられ、最後のデートは彼女の希望でクリスマスにすることにした。

そこからは地獄だった。

職場では常に顔を合わせなければいけない。
こいつに抱かれてたのか、と思っていた上司に何を思われているのか。
結婚したばかりで周りから祝福してもらいながらこの様か…

すべては身から出たサビ
自業自得

でも誰にも相談できない。

そして迎えたクリスマス。
もう二度と2人で過ごすことのない、最後のデート。指輪が欲しいと言った彼女に、決してすることのないペアリングをプレゼントした。
つけるのは、今日が最初で、最後。

別れ際に彼女は泣きながらこう言った。
「私のことこんなに好きになってくれた人はいないよ。○くん以上のヒトはいないよ。私も好きじゃない人と結婚する。でも生まれ変わったら誰よりも最初に私が○くんのこと見つけるから」
あの時、別れるなら嫌いになって忘れてしまおうと、徹底的に避け続けた。それでまた彼女を傷つけた。

8年後
こんなどうしようもない自分のことを彼女はまだ思い続けていた…

動画投稿されてた妻!

私は34歳で普通の中堅会社のサラリーマン、妻の美幸は32歳パート勤めで子供はまだいません妻は凄く子供を欲しがっていますので結婚5年目ですが、半年前までは毎日のように中出しSEXをしていました。
最近は不景気で私の会社もリーマンショックの影響も有りました。
会社はボーナスカットで年収も去年と比べて全体で3割減と成りました。
その後営業成績も伸び悩みで私は結局左遷みたいな感じで下請けの子会社の所長として地方に転勤する事となりました、追いやられの単身赴任ですね。
そして半年経ちました、一応月1回は自宅に戻るのですが、左遷を受けた精神的ショックで当時は完全に勃起しないチンポに所謂インポテンツに成ってました。
ようやくインポが直り月1の貴重な夜の子作り夫婦生活も出来るように成って私が妻に求めると今度は妻が「仕事で…疲れているから…」と言います。
ここ最近はずっと拒み出し既に3連続以上で3ヶ月間もSEXレス状態です。
妻は社交的で以前からコンビニのパートに出ています…あれだけ子供を欲しがっていたし、案外SEX好きな妻なのにと…私は少し妻の不倫を疑い出しました…
赴任先から連絡しても携帯もロックが掛けられて有りますし、何故か電源を切っている時間帯も有ります。
妻は30歳を超えて少しポチャに成りましたがまあまあ可愛い方だと思います。
私は、不倫を疑いつつムラムラしながらも自分も性欲を解消する為に風俗とかで適当に遊んでいました、しかし余りにもお金が掛かるので止めました。
最近ネットで個人撮影のハメ撮り動画等を投稿するサイトが有り会員登録すれば無料で見られると赴任先の若い社員に教わりPCオンチの私も何とか見ることが出来ました。
恥かしいですがそれに嵌ってしまい毎日のようにオカズにして抜いていました…無修正も見れる、制限の無い有料会員に成りました。
検索欄で「不倫 人妻 NTR 」と検索した所…声と顔の輪郭が私の妻に似ている?感じの女性が出ている動画が有りました。
その動画には画面に赤や黄色のモザイクが掛けられています…もしかして私は妻じゃ無いのかな?と思いました…
私もまさかとは思いましたが…やっぱり如何見ても声もこの顔の輪郭も・・・
体型も似ています、ピンと私の脳に感じる物が有りました…間違いなく私の愛する妻です否定しようが有りません…
動画の説明は「後輩君の彼女の淫語フェラ」と有ります投稿者の後輩の彼女との説明が有りました、不倫関係なので音声重視でお願いしますとまで書かれて有ります。
内容は、妻が嬉しそうに男の肉棒を口に咥えて男と楽しそうに会話しています。
男の物はモザイク越しに見ても私の陰茎よりも一回り大きい感じです。
妻は間違いなく最近不倫していたのですそれも撮影まで許してる感じです。
カメラ目線で淫語まで・・・それをそのまま抜粋して書きます。
妻「このオチンチンおっきい~美味しいぃ~」
男「奥さん?旦那インポなの?」
妻「そうインポなのぉ~」
男「奥さんこのチンポ欲しいの?」
妻「このオチンチン欲しいのー太くて硬いのー」
男「太いトコで5cm以上有るよ…奥さんのオマンコに俺のチンポの形刻み込んでも良いの?」
妻「形刻み込んで良いよー早くこのオチンチン挿れて欲しいの~」
男「本当に?…生で挿れても良いの?」
妻「良いの~早くオチンチン欲しいの~子宮掻き回して欲しい~」
男「へえ~俺との赤ちゃん出来ても良いの?」
妻「うん・・・出来てもいいの・・・」
そしてなんと妻は騎乗位に成り自分から私の知らない男の立派な肉棒を生の状態で掴み持ちアソコにあてがい腰を落としてしまいました・・・その動画はモザイクは掛けられて有りませんでした…顔が一瞬だけ見えましたやはり妻でした・・・
妻「欲しい~もう…挿れていい?」
男「いいよー生チンポが、挿いっちゃうね?」
妻「あはーん・・・生チンポ挿っちゃったーはぁ~良い~当たってるぅ~」
男「どこに?」
妻「あ・あ・あ…当たってるぅ~奥にぃ~子宮の奥まで当たってるうぅ~」
男「生でズッポシ…挿ってるよ…旦那よりも良いの?」
妻「旦那より良い~このオチンチンー良い~」
男「生チンポが挿ってるよ?」
妻「子宮まで掻き回してるぅ~良い~」
男「旦那のチンポじゃ奥まで届かないの?」
妻「届かないのぉ~このオチンチンなら届くのぉ~子宮掻き回してるぅ~」
男「奥さんオチンチン大好き?」
妻「ああ~オチンチン大好きぃ…このオチンチン大好きぃ~硬くて太くて奥まで届くのぉ~いい~」
男「子宮まで届いてる?もう旦那の要らない?」
妻「届かない…硬くも成らない…旦那の要らない~」
男「役立たずチンポなの?役立たずチンポは要らない?」
妻「あんっ…役立たずチンポは要らない~このオチンポ良い~あはぁ~子宮ガンガン突いてるぅ~子宮口掻き回してるぅ~」
男「・・・・・・・」
妻「もっと~奥まで欲しいぃ~もっと子宮ホジホジしてぇ~もっと子宮ガンガン突いてぇ~」
男「壊れちゃうよ?」
妻「はぁ~壊してぇ~子宮ごとぉ~壊してぇ~ああぁ良いこのオチンチン良いぃもっともっとぉ~」
妻は男の上で陰茎を出来る限り膣奥まで挿入出来る様に体重を掛けて激しく腰を振り続けながら、とんでも無い淫語を大声で叫んでいましたそして…とうとう…
男「奥さんソロソロいきそう(射精しそう)だよー?」
妻「掛けてぇ~子宮にぃ一杯・・・精液掛けてぇ~」
男「えっ・・・妊娠しちゃうよ?」
妻「妊娠しても良いからぁ~掛けて一杯掛けてぇ~」
男「俺との赤ちゃん出来ても良いの?」
妻「良いのぉ~子宮にぃ一杯掛けてぇ~あぁ~孕ませてぇ~」
男「今子宮口のナカに頭を(亀頭)くわえ込んで…危険日?だから子宮下がってるよ?」
妻「一杯掛けてぇ~子宮に一杯掛けてぇ~」
男「良いの?子宮のナカに(先走り汁)もう挿いっちゃってるよ?」
妻「良いのぉ~精液も掛けてぇ~」
男「絶対出来ちゃうよ?俺の赤ちゃん妊娠したいの?」
妻「はぁ~ん…妊娠したいのぉ~赤ちゃんが欲しいのぉ~ナカで一杯出してぇ~妊娠させて~」
男「ああ~いきそうだよ?子宮口コリコリに当たってるよ?奥さんの」
妻「当たってるぅ~気持良いぃ~オマンコ気持良ぃ~妊娠させてぇ~」
男「じゃあ正常位する?」
妻「妊娠したいから正常位するぅ…」
私はこの動画を見て、手放し状態でも射精してしまいPCのキーボードが精液まみれに成りました…そして男はまだ射精せずに今度は…ベッド上でフェラをさせてます、その後妻はM字開脚で男の陰茎を再び…
男「挿れるよ-?」
妻「あぁ~早くぅ~来てぇーああ~気持良いぃ~」
そして…男の激しいピストンの後…
男「奥さんイクよ~」
妻「あはーん…良いぃドクドクって…出てるぅ~」
妻の女性器から流れ出る男のザーメン…
妻「赤ちゃん出来るかな?」
私は怖くて不倫の事は妻には聞けないですが、この動画が毎日のオカズに成ったのは言うまでも有りません。
その動画がF○2動画に有る「NTR・不倫妻の淫語」です!無料会員途中までですが有料会員だと中出しまで見れるようです。
続きです!
新しい動画が見つかりました…今度はバイブを嵌められながら淫語を大声で叫んでいました…多分フェラ前の動画だと思いますそれをそのまま書きます。
男「挿れてほしい?」
妻「うん…挿れて~奥まで挿れて~」
男「ぶち込むの?」
妻「子宮に当たるまで挿れて~ぶち込んでぇ~ああ~いぃ~」
男「・・・・・・・・・」
妻「子宮に当たってるうぅ~いい~もっと~もっと~そう子宮突いてぇ~」
男「壊わしてもいいの?」
妻「あぁ~壊してぇ~子宮壊してぇ~」
男「赤ちゃん…出来なくなっちゃうよ?」
妻「いぃ~いいから…子宮突いてぇ~もっと…もっと~」
男「子宮潰れちゃうよ?」
妻「潰してぇ~」
男「子宮のナカ挿いっちゃうよコレ…先が細めだから」
妻「子宮のナカに挿れてぇ~」
男「ねじ込むの?もっと?」
妻「ねじ込んでぇ~奥まで挿れてぇ~もっとぉ~あああぁ~」
男「・・・・・・・・」
妻「もっと子宮揺らしてぇ~いいい~」
男「掻き回すの?」
妻「うんっ…子宮掻き回してぇ~そう…いい~そうそうそう…ああ…いい~」
男「自分で動かしてみて?ホジってみて?」
なんと妻は自分でバイブを掴み持って激しく掻き混ぜていました…
妻「子宮に当たってるぅ~ああ…いい~」
男「旦那さんとの赤ちゃんできなくなっても良いの?こんな事してたら本当に子宮が壊れちゃうよ?」
妻「いいのぉ~気持いいからぁ…いいのぉ~」
男「ああ・・・ガバガバになっちゃうよ?」
妻「ガバガバにしてぇ~子宮もガバガバにしてぇ~」
男「ちょっと止めちゃおうかな?」
と男がバイブを抜くと妻は…
妻「止めんといて…止めんといて~」
男「どうして欲しいの?」
妻「いやぁ~もっと…もっとぉ~突っ込んで~」
男「ドコに突っ込むの?」
妻「オマンコのナカ…突っ込んでぇ~」
男「オマンコだけで良いの?」
妻「あ~ん子宮に当たるくらい突っ込んでぇ~」
男「子宮のナカまで挿いっちゃうよ?」
妻「ナカまで挿れてぇ~もっとぉ~そう…子宮にガンガン当ててぇ~」
男「ガンガン当てていいの?」
妻「当たってるぅ~当たってるぅ…子宮にガンガン当たってるぅ~いいい~」
男「あ~奥さんもうガバガバに成っちゃったよ?」
妻「ガバガバでいいぃ~ガバガバにしてぇ~」
男「旦那さんに怒られちゃう…バレちゃうよ不倫が・・・」
妻「旦那はEDだからSEXできないから…いいのぉ~」
男「奥さん…玩具で我慢出来るの?オチンチン欲しくない?」
妻「オチンチン欲しいぃ~本物オチンチン欲しいぃ~」
男「そう…オネダリして?」
妻「おねがいぃ~オチンチン頂戴…いやらしいオマンコにオチンチン頂戴」
男「子宮に…オチンチン欲しいんでしょ?」
妻「そう…子宮にオチンチン欲しいぃ~」
男「中出ししていいの?」
妻「一杯出してぇ~奥に一杯出してぇ~」
男「不倫の子供出来ちゃうよ?」
妻「うんっ…いいのぉ~」
男「旦那の子にしちゃうの?旦那の子は出来ないのに?不倫相手との赤ちゃんできてもいいの?」
妻「いいのぉ~」
男「育ててくれるの?旦那が…」
妻「うんっ…ああああ…いいい~」
男「奥さんのオマンコ俺のチンポの形刻み込んで良いの?ガバガバに成っても良いの?
妻「うんっ…ガバガバにしてぇ~」
男「いいの?こんなの…子宮もガバガバに成っちゃうよ?」
妻「子宮もガバガバにしてぇ~」
男「壊れちゃうよほんとに…」
妻「壊してぇ~オチンチンで壊してぇ~」
男「ふ~ん…ダッチワイフなの…奥さんは?」
妻「いい…貴方のダッチワイフでいいのぉ~」
男「ふ~ん…SEX好き?オチンチン大好き?」
妻「好きぃ~オチンチン大好きいぃ~」
男「子宮のナカまでオチンチン挿った事有る?」
妻「ううん…子宮に挿れてぇ~」
男「いいの?本当にいいの?」
妻「子宮…いやらしく掻き回してぇ~」
男「孕んでもいいの?」
妻「うん…」
男「じゃ~本物あげるから…」
妻「本物…頂戴…オチンチン頂戴」
私の妻の痴態動画はF○2動画NTR・不倫妻の淫語「バイブで子宮壊して~」です離婚するか今悩み中です皆さんならどうしますか?

桃子

 とあるパーティーで知り合ったのが彼女(桃子)であった。

 (田舎からの上京しての独身寮暮らしの二人(私も出身場所は違うが生活は同じ)でデートの待ち合わせ場所は、今年3月まで8chフジテレビ正午の「わらっていいとも」で放送前に放送される新宿駅ビル東口の交番脇なので放送される場所にあるので、昔を思い出し毎日暇があれば見ていた。)

 出会って初めてのデートで豊満な胸が気になり
私「胸のサイズは」と聞くと、
桃子「バスト87cmのDカップ・ウエスト60cm・ヒップ90cmです。」
と、初めてのデートで訪ねる事もなく、答える女性もいないのに桃子は素直に答えてくれた。
(言葉に出せないが、もこれまでの男性との交際を確認すると無しと言われ、大感激でした。)
 初めてのデートで、新宿駅から桃子の独身寮まで歩いた最中に答えてくれた内容です。

 数回目の夜のデート時、当然新宿中央公園でデート中に、豊満な胸が気に
「見せて」
と頼むと
「いいよ」
とYシャツのボタンを外し、ブラを見せてくれたが、少し離れた場所で除き男を発見し、服装を元に戻させて、その場所を離れた。

 恋のABCも順調で、A体験後のデート時は、桃子の肩に腕を置きそのまま手の位置が桃子の豊満な胸に触れる程度から、歩く時は常に豊満な胸を愛撫しまくり、周りに人がないと、キスタイム。

 初めてのCは、レイプもどきだけど、後に考え直すと桃子に仕組まれたような気持ちも残る。
 現在と違い、ラブホテルの価格は高く、若い二人には遠い世界であったが、気合いを入れ桃子を説得し無理矢理入った。
 最初は、入るだけと言ってので、抵抗(「いや」と言い続け両手でブロックしようしていた)されたが
軽く左手だけを桃子の両手を押さえる(乗せていただけ)と抵抗しなくなったので、右手を桃子のスカートの下から入れ下着(パンティー)とパンストを合わせて引き下げ、足首から引き抜き、体を桃子の膝の間に入れて、自分のズボンとパンツを脱ぎ、桃子の娘目掛け自分のジュニアを突っ込んだ。
 (コンドームを使用する思考もなく、生で挿入した・桃子の娘がおいでと招かれた気分がある)
 「いや・いや・やめて」と騒ぎ始め、あまりにも痛そうな叫び声に、途中で抜いてしまった。
 (ロストバージンの鮮血・印が見あたらなかった?)
 桃子を寮に送る途中の喫茶店で
桃子「痛かっただから」
と言いながら、笑顔で許してくれた。
(やっとロストバージンが、出来てよかったという雰囲気もあった。)

 桃子のためと一度コンドームを使用したが、桃子からコンドームを使用しないでと頼まれその後は生だしオンリーと言っても生だしは桃子には、一度だけで、射精してほっとした瞬間に桃子の両腕で突き飛ばされ、桃子はバスのダッシュし、残された私は生理の排泄物にまみれたジュニアを見て、今桃子に生理がと痛感した。

 セックス時の基本、部屋に入るとすぐに各自が脱衣し・照明はON・コンドーム無しの生だし

 モーテルに無理入ったときは、
「入るのが恥ずかしい」
と言いながら、二人そろってお風呂で体の洗いあって、その後ベットの上でうつ伏せにくつろぐ桃子の上に乗ると
(乗っただけで挿入したと思えないが、招かれたようなバキューム機能付きな桃子の娘?)
「あなたのが(私のジュニアが)桃子(娘)に入っている。危ない時期だから抜いて」
と頼まれたが、無理にでも射精していれば、その後の環境が大きく変化していた筈です。

 相性は最高と判断していましたが、思わぬところから終止符が打たれました。

 一度桃子の田舎を見てみたいと
「遊びに行っていいかな」
と桃子に伝えると
「父が会っても良い」
と返事してきた。
 桃子の家に行く気持ちは無く、実家の近くまでドライブする程度だったのが、桃子の勘違いから
「(私と結婚は)不倫をして家庭を帰り見ないから、交際は駄目」
と桃子が父親から伝言を伝えてきた。
しばらく交際を続けよう思っていたが、桃子の決意は固く、仕方なく桃子との交際にピリオドを打った。

しばらくすると、後輩から桃子が仕事止めて、田舎に戻ったことを聞き、再出発はないと判断した。」

投稿されてた妻2

私は34歳で普通の中堅会社のサラリーマン、妻の美幸は32歳パート勤めで子供はまだいません妻は凄く子供を欲しがっていますので結婚5年目ですが、半年前までは、毎日中出しSEXをしていました。
最近は不景気で私の会社もリーマンショックの影響も有りました。
会社はボーナスカットで年収も去年と比べて全体で3割減と成りました。
その後営業成績も伸び悩みで私は結局左遷みたいな感じで下請けの子会社の所長として地方に転勤する事となりました、追いやられの単身赴任ですね。
そして半年経ちました一応月1に自宅に戻るのですが、左遷を受けた精神的ショックで当時は完全に勃起しないチンポに成ってました。
ようやくインポが直り月1の貴重な夜の子作り夫婦生活も今度は妻が「仕事で…疲れているから…」とここ最近は拒み出し既に3連続以上もSEXレス状態です。
妻は社交的で以前からコンビニのパートに出ています…あれだけ子供を欲しがっていたし、案外SEX好きな妻なのに…私は少し妻の不倫を疑い出しました…
赴任先から連絡しても携帯もロックが掛けられて有りますし、電源を切っている時間帯も有ります。
妻は30歳を超えて少しポチャに成りましたがまあまあ可愛い方だと思います。
私は、不倫を疑いつつムラムラしながらも自分も性欲を解消する為に風俗とかで適当に遊んでいました、しかし余りにもお金が掛かるので止めました。
最近ネットで個人撮影のハメ撮り動画等を投稿するサイトが有り会員登録すれば無料で見られると赴任先の若い社員に教わりPCオンチの私も何とか見ることが出来ました。
恥かしいですが、それに嵌ってしまい毎日のようにオカズにして抜いていました制限の無い有料会員に成り…検索欄で「不倫 人妻 NTR 」と検索した所で声が私の妻に似ている?感じの女性が出ている動画が有りました。
その動画には画面に赤や黄色のモザイクが掛けられています…もしかして私は妻じゃ無いのかな?と思いました…
私もまさかとは思いましたが…やっぱり如何見ても声もこの顔の輪郭も・・・
ピンと私の脳に感じる物が有りました…間違いなく私の愛する妻です否定しようが有りません…
動画の説明は「後輩君の彼女の淫語フェラ」と有ります投稿者の後輩の彼女との説明が有りました、不倫関係なので音声重視でお願いしますとまで書かれて有ります。
内容は、妻が嬉しそうに男の肉棒を口に咥えて男と楽しそうに会話しています。
男の物はモザイク越しに見ても私の陰茎よりも一回り大きい感じです。
妻は間違いなく最近不倫していたのですそれも撮影まで許してる感じです。
カメラ目線で淫語まで・・・それをそのまま抜粋して書きます。
妻「このオチンチンおっきい~美味しい」
男「奥さん?旦那インポなの?」
妻「そうインポなの…」
男「奥さんこのチンポ欲しいの?」
妻「このオチンチン欲しいのー太くて硬いのー」
男「太いトコで5cm以上有るよ…奥さんのオマンコに俺のチンポの形刻み込んで良いの?」
妻「形刻み込んで良いよー早くこのオチンチン欲しいの~」
男「本当に…生で挿れても良いの?」
妻「良いの~早くオチンチン欲しいの~子宮掻き回して欲しい~」
男「俺との赤ちゃん出来ても良いの?」
妻「うん・・・出来てもいいの・・・」
そしてなんと妻は騎乗位に成り自分から私の知らない男の立派な肉棒を生の状態で掴み持ちアソコにあてがい腰を落としてしまいました・・・その動画はモザイクは掛けられて有りませんでした…顔が一瞬だけ見えましたやはり妻でした・・・
妻「欲しい~もう…挿れていい?」
男「いいよー生チンポが、挿いっちゃうね?」
妻「あはーん・・・生チンポ挿っちゃったーはぁ~良い~当たってるぅ~」
男「どこに?」
妻「あ・あ・あ…当たってるぅ~奥にぃ~子宮の奥まで当たってるうぅ~」
男「生でズッポシ…挿ってるよ…旦那よりも良いの?」
妻「旦那より良い~このオチンチンー良い~」
男「生チンポが挿ってるよ?」
妻「子宮まで掻き回してるぅ~良い~」
男「旦那のチンポじゃ奥まで届かないの?」
妻「届かないのぉ~このオチンチンなら届くのぉ~子宮掻き回してるぅ~」
男「奥さんオチンチン大好き?」
妻「ああ~オチンチン大好きぃ…このオチンチン大好きぃ~硬くて太くて奥まで届くのぉ~いい~」
男「子宮まで届いてる?もう旦那の要らない?」
妻「届かない…硬くも成らない…旦那の要らない~」
男「役立たずチンポなの?役立たずチンポは要らない?」
妻「あんっ…役立たずチンポは要らない~このオチンポ良い~あはぁ~子宮ガンガン突いてるぅ~子宮口掻き回してるぅ~」
男「・・・・・・・」
妻「もっと~奥まで欲しいぃ~もっと子宮ホジホジしてぇ~もっと子宮ガンガン突いてぇ~」
男「壊れちゃうよ?」
妻「はぁ~壊してぇ~子宮ごとぉ~壊してぇ~ああぁ良いこのオチンチン良いぃもっともっとぉ~」
妻は男の上で陰茎を出来る限り膣奥まで挿入出来る様に体重を掛けて激しく腰を振り続けながら、とんでも無い淫語を大声で叫んでいましたそして…
男「奥さんソロソロいきそう(射精しそう)だよー?」
妻「掛けてぇ~子宮にぃ一杯・・・精液掛けてぇ~」
男「えっ・・・妊娠しちゃうよ?」
妻「妊娠しても良いからぁ~掛けて一杯掛けてぇ~」
男「俺との赤ちゃん出来ても良いの?」
妻「良いのぉ~子宮にぃ一杯掛けてぇ~あぁ~孕ませてぇ~」
男「今子宮口のナカに頭を(亀頭)くわえ込んで…危険日?だから子宮下がってるよ?」
妻「一杯掛けてぇ~子宮に一杯掛けてぇ~」
男「良いの?子宮のナカに(先走り汁)もう挿いっちゃってるよ?」
妻「良いのぉ~精液も掛けてぇ~」
男「絶対出来ちゃうよ?俺の赤ちゃん妊娠したいの?」
妻「はぁ~ん…妊娠したいのぉ~赤ちゃんが欲しいのぉ~ナカで一杯出してぇ~妊娠させて~」
男「ああ~いきそうだよ?子宮口コリコリに当たってるよ奥さんの」
妻「当たってるぅ~気持良いぃ~オマンコ気持良ぃ~妊娠させてぇ~」
男「じゃあ正常位する?」
妻「妊娠したいから正常位するぅ…」
私はこの動画を見て、手放し状態でも射精してしまいPCのキーボードが精液まみれに成りました…そして男はまだ射精せずに今度は…ベッド上でフェラをさせてます、その後妻はM字開脚で男の陰茎を再び…
男「挿れるよ-?」
妻「あぁ~早くぅ~来てぇーああ~気持良いぃ~」
そして…男の激しいピストンの後…
男「奥さんイクよ~」
妻「あはーん…良いぃドクドクって…出てるぅ~」
妻の女性器から流れ出る男のザーメン…
妻「赤ちゃん出来るかな?」
私は怖くて不倫の事は妻には聞けないですが、この動画が毎日のオカズに成ったのは言うまでも有りません。
その動画がF○2動画に有る「NTR・不倫妻の淫語」です!無料会員途中までですが有料会員だと中出しまで見れるようです。
続きです!
新しい動画が見つかりました…今度はバイブを嵌められながら淫語を大声で叫んでいました…多分フェラ前の動画だと思いますそれをそのまま書きます。
男「挿れてほしい?」
妻「うん…挿れて~奥まで挿れて~」
男「ぶち込むの?」
妻「子宮に当たるまで挿れて~ぶち込んでぇ~ああ~いぃ~」
男「・・・・・・・・・」
妻「子宮に当たってるうぅ~いい~もっと~もっと~そう子宮突いてぇ~」
男「壊わしてもいいの?」
妻「あぁ~壊してぇ~子宮壊してぇ~」
男「赤ちゃん…出来なくなっちゃうよ?」
妻「いぃ~いいから…子宮突いてぇ~もっと…もっと~」
男「子宮潰れちゃうよ?」
妻「潰してぇ~」
男「子宮のナカ挿いっちゃうよコレ…」
妻「子宮のナカに挿れてぇ~」
男「ねじ込むの?もっと?」
妻「ねじ込んでぇ~奥まで挿れてぇ~もっとぉ~あああぁ~」
男「・・・・・・・・」
妻「もっと子宮揺らしてぇ~いいい~」
男「掻き回すの?」
妻「うんっ…子宮掻き回してぇ~そう…いい~そうそうそう…ああ…いい~」
男「自分で動かしてみて?ホジってみて?」
なんと妻は自分でバイブを掴み持って激しく掻き混ぜていました…
妻「子宮に当たってるぅ~ああ…いい~」
男「旦那さんとの赤ちゃんできなくなっても良いの?こんな事してたら壊れちゃうよ?」
妻「いいのぉ~気持いいからぁ…いいのぉ~」
男「ああ・・・ガバガバになっちゃうよ?」
妻「ガバガバにしてぇ~子宮もガバガバにしてぇ~」
男「ちょっと止めちゃおうかな?」
と男がバイブを抜くと妻は…
妻「止めんといて…止めんといて~」
男「どうして欲しいの?」
妻「いやぁ~もっと…もっとぉ~突っ込んで~」
男「ドコに突っ込むの?」
妻「オマンコのナカ…突っ込んでぇ~」
男「オマンコだけで良いの?」
妻「あ~ん子宮に当たるくらい突っ込んでぇ~」
男「子宮のナカまで挿いっちゃうよ?」
妻「ナカまで挿れてぇ~もっとぉ~そう…子宮にガンガン当ててぇ~」
男「ガンガン当てていいの?」
妻「当たってるぅ~当たってるぅ…子宮にガンガン当たってるぅ~いいい~」
男「あ~奥さんもうガバガバに成っちゃったよ?」
妻「ガバガバでいいぃ~ガバガバにしてぇ~」
男「旦那さんに怒られちゃう…バレちゃうよ不倫が・・・」
妻「旦那はEDだからSEXできないから…いいのぉ~」
男「奥さん…玩具で我慢出来るの?オチンチン欲しくない?」
妻「オチンチン欲しいぃ~本物オチンチン欲しいぃ~」
男「そう…オネダリして?」
妻「おねがいぃ~オチンチン頂戴…いやらしいオマンコにオチンチン頂戴」
男「子宮に…オチンチン欲しいんでしょ?」
妻「そう…子宮にオチンチン欲しいぃ~」
男「中出ししていいの?」
妻「一杯出してぇ~奥に一杯出してぇ~」
男「不倫の子供出来ちゃうよ?」
妻「うんっ…いいのぉ~」
男「旦那の子にしちゃうの?旦那の子は出来ないのに?不倫相手との赤ちゃんで来てもいいの?」
妻「いいのぉ~」
男「育ててくれるの?旦那が…」
妻「うんっ…ああああ…いいい~」
男「奥さんのオマンコ俺のチンポの形刻み込んで良いの?ガバガバに成っても良いの?」
妻「うんっ…ガバガバにしてぇ~」
男「いいの?こんなの…子宮もガバガバに成っちゃうよ?」
妻「子宮もガバガバにしてぇ~」
男「壊れちゃうよほんとに…」
妻「壊してぇ~オチンチンで壊してぇ~」
男「ふ~ん…ダッチワイフなの…奥さんは?」
妻「いい…貴方のダッチワイフでいいのぉ~」
男「ふ~ん…SEX好き?オチンチン大好き?」
妻「好きぃ~オチンチン大好きいぃ~」
男「子宮のナカまでオチンチン挿った事有る?」
妻「ううん…子宮に挿れてぇ~」
男「いいの?本当にいいの?」
妻「子宮…いやらしく掻き回してぇ~」
男「孕んでもいいの?」
妻「うん…」
男「じゃ~本物上げるから…」
妻「本物…頂戴…オチンチン頂戴」
私の妻の痴態動画はF○2動画NTR・不倫妻の淫語「バイブで子宮壊して~」です離婚するか今悩み中です皆さんならどうしますか?

投稿されてた妻!

私は34歳で普通の中堅会社のサラリーマン、妻の美幸は32歳パート勤めで子供はまだいません妻は凄く子供を欲しがっていますので結婚5年目ですが、半年前までは、毎日中出しSEXをしていました。
最近は不景気で私の会社もリーマンショックの影響も有りました。
会社はボーナスカットで年収も去年と比べて全体で3割減と成りました。
その後営業成績も伸び悩みで私は結局左遷みたいな感じで下請けの子会社の所長として地方に転勤する事となりました、追いやられの単身赴任ですね。
そして半年経ちました一応月1に自宅に戻るのですが、左遷を受けた精神的ショックで当時は完全に勃起しないチンポに成ってました。
ようやくインポが直り月1の貴重な夜の子作り夫婦生活も今度は妻が「仕事で…疲れているから…」とここ最近は拒み出し既に3連続以上もSEXレス状態です。
妻は社交的で以前からコンビニのパートに出ています…あれだけ子供を欲しがっていたし、案外SEX好きな妻なのに…私は少し妻の不倫を疑い出しました…
赴任先から連絡しても携帯もロックが掛けられて有りますし、電源を切っている時間帯も有ります。
妻は30歳を超えて少しポチャに成りましたがまあまあ可愛い方だと思います。
私は、不倫を疑いつつムラムラしながらも自分も性欲を解消する為に風俗とかで適当に遊んでいました、しかし余りにもお金が掛かるので止めました。
最近ネットで個人撮影のハメ撮り動画等を投稿するサイトが有り会員登録すれば無料で見られると赴任先の若い社員に教わりPCオンチの私も何とか見ることが出来ました。
恥かしいですが、それに嵌ってしまい毎日のようにオカズにして抜いていました制限の無い有料会員に成り…検索欄で「不倫 人妻 NTR 」と検索した所で声が私の妻に似ている?感じの女性が出ている動画が有りました。
その動画には画面に赤や黄色のモザイクが掛けられています…もしかして私は妻じゃ無いのかな?と思いました…
私もまさかとは思いましたが…やっぱり如何見ても声もこの顔の輪郭も・・・
ピンと私の脳に感じる物が有りました…間違いなく私の愛する妻です否定しようが有りません…
動画の説明は「後輩君の彼女の淫語フェラ」と有ります投稿者の後輩の彼女との説明が有りました、不倫関係なので音声重視でお願いしますとまで書かれて有ります。
内容は、妻が嬉しそうに男の肉棒を口に咥えて男と楽しそうに会話しています。
男の物はモザイク越しに見ても私の陰茎よりも一回り大きい感じです。
妻は間違いなく最近不倫していたのですそれも撮影まで許してる感じです。
カメラ目線で淫語まで・・・それをそのまま抜粋して書きます。
妻「このオチンチンおっきい~美味しい」
男「奥さん?旦那インポなの?」
妻「そうインポなの…」
男「奥さんこのチンポ欲しいの?」
妻「このオチンチン欲しいのー太くて硬いのー」
男「太いトコで5cm以上有るよ…奥さんのオマンコに俺のチンポの形刻み込んで良いの?」
妻「形刻み込んで良いよー早くこのオチンチン欲しいの~」
男「本当に…生で挿れても良いの?」
妻「良いの~早くオチンチン欲しいの~子宮掻き回して欲しい~」
男「俺との赤ちゃん出来ても良いの?」
妻「うん・・・出来てもいいの・・・」
そしてなんと妻は騎乗位に成り自分から私の知らない男の立派な肉棒を生の状態で掴み持ちアソコにあてがい腰を落としてしまいました・・・その動画はモザイクは掛けられて有りませんでした…顔が一瞬だけ見えましたやはり妻でした・・・
妻「欲しい~もう…挿れていい?」
男「いいよー生チンポが、挿いっちゃうね?」
妻「あはーん・・・生チンポ挿っちゃったーはぁ~良い~当たってるぅ~」
男「どこに?」
妻「あ・あ・あ…当たってるぅ~奥にぃ~子宮の奥まで当たってるうぅ~」
男「生でズッポシ…挿ってるよ…旦那よりも良いの?」
妻「旦那より良い~このオチンチンー良い~」
男「生チンポが挿ってるよ?」
妻「子宮まで掻き回してるぅ~良い~」
男「旦那のチンポじゃ奥まで届かないの?」
妻「届かないのぉ~このオチンチンなら届くのぉ~子宮掻き回してるぅ~」
男「奥さんオチンチン大好き?」
妻「ああ~オチンチン大好きぃ…このオチンチン大好きぃ~硬くて太くて奥まで届くのぉ~いい~」
男「子宮まで届いてる?もう旦那の要らない?」
妻「届かない…硬くも成らない…旦那の要らない~」
男「役立たずチンポなの?役立たずチンポは要らない?」
妻「あんっ…役立たずチンポは要らない~このオチンポ良い~あはぁ~子宮ガンガン突いてるぅ~子宮口掻き回してるぅ~」
男「・・・・・・・」
妻「もっと~奥まで欲しいぃ~もっと子宮ホジホジしてぇ~もっと子宮ガンガン突いてぇ~」
男「壊れちゃうよ?」
妻「はぁ~壊してぇ~子宮ごとぉ~壊してぇ~ああぁ良いこのオチンチン良いぃもっともっとぉ~」
妻は男の上で陰茎を出来る限り膣奥まで挿入出来る様に体重を掛けて激しく腰を振り続けながら、とんでも無い淫語を大声で叫んでいましたそして…
男「奥さんソロソロいきそう(射精しそう)だよー?」
妻「掛けてぇ~子宮にぃ一杯・・・精液掛けてぇ~」
男「えっ・・・妊娠しちゃうよ?」
妻「妊娠しても良いからぁ~掛けて一杯掛けてぇ~」
男「俺との赤ちゃん出来ても良いの?」
妻「良いのぉ~子宮にぃ一杯掛けてぇ~あぁ~孕ませてぇ~」
男「今子宮口のナカに頭を(亀頭)くわえ込んで…危険日?だから子宮下がってるよ?」
妻「一杯掛けてぇ~子宮に一杯掛けてぇ~」
男「良いの?子宮のナカに(先走り汁)もう挿いっちゃってるよ?」
妻「良いのぉ~精液も掛けてぇ~」
男「絶対出来ちゃうよ?俺の赤ちゃん妊娠したいの?」
妻「はぁ~ん…妊娠したいのぉ~赤ちゃんが欲しいのぉ~ナカで一杯出してぇ~妊娠させて~」
男「ああ~いきそうだよ?子宮口コリコリに当たってるよ奥さんの」
妻「当たってるぅ~気持良いぃ~オマンコ気持良ぃ~妊娠させてぇ~」
男「じゃあ正常位する?」
妻「妊娠したいから正常位するぅ…」
私はこの動画を見て、手放し状態でも射精してしまいPCのキーボードが精液まみれに成りました…そして男はまだ射精せずに今度は…ベッド上でフェラをさせてます、その後妻はM字開脚で男の陰茎を再び…
男「挿れるよ-?」
妻「あぁ~早くぅ~来てぇーああ~気持良いぃ~」
そして…男の激しいピストンの後…
男「奥さんイクよ~」
妻「あはーん…良いぃドクドクって…出てるぅ~」
妻の女性器から流れ出る男のザーメン…
妻「赤ちゃん出来るかな?」
私は怖くて不倫の事は妻には聞けないですが、この動画が毎日のオカズに成ったのは言うまでも有りません。
その動画がF○2動画に有る「NTR・不倫妻の淫語」です!無料会員途中までですが有料会員だと中出しまで見れるようです。

投稿されてた妻!

私は34歳で普通の中堅会社のサラリーマン、妻の美幸は32歳パート勤めで子供はまだいません妻は凄く子供を欲しがっていますので結婚5年目ですが、半年前までは、毎日中出しSEXをしていました。
最近は不景気で私の会社もリーマンショックの影響も有りました。
会社はボーナスカットで年収も去年と比べて全体で3割減と成りました。
その後営業成績も伸び悩みで私は結局左遷みたいな感じで下請けの子会社の所長として地方に転勤する事となりました、追いやられの単身赴任ですね。
そして半年経ちました一応月1に自宅に戻るのですが、左遷を受けた精神的ショックで当時は完全に勃起しないチンポに成ってました。
ようやくインポが直り月1の貴重な夜の子作り夫婦生活も今度は妻が「仕事で…疲れているから…」とここ最近は拒み出し既に3連続以上もSEXレス状態です。
妻は社交的で以前からコンビニのパートに出ています…あれだけ子供を欲しがっていたし、案外SEX好きな妻なのに…私は少し妻の不倫を疑い出しました…
赴任先から連絡しても携帯もロックが掛けられて有りますし、電源を切っている時間帯も有ります。
妻は30歳を超えて少しポチャに成りましたがまあまあ可愛い方だと思います。
私は、不倫を疑いつつムラムラしながらも自分も性欲を解消する為に風俗とかで適当に遊んでいました、しかし余りにもお金が掛かるので止めました。
最近ネットで個人撮影のハメ撮り動画等を投稿するサイトが有り会員登録すれば無料で見られると赴任先の若い社員に教わりPCオンチの私も何とか見ることが出来ました。
恥かしいですが、それに嵌ってしまい毎日のようにオカズにして抜いていました制限の無い有料会員に成り…検索欄で「不倫 人妻 NTR 」と検索した所で声が私の妻に似ている?感じの女性が出ている動画が有りました。
その動画には画面に赤や黄色のモザイクが掛けられています…もしかして私は妻じゃ無いのかな?と思いました…
私もまさかとは思いましたが…やっぱり如何見ても声もこの顔の輪郭も・・・
ピンと私の脳に感じる物が有りました…間違いなく私の愛する妻です否定しようが有りません…
動画の説明は「後輩君の彼女の淫語フェラ」と有ります投稿者の後輩の彼女との説明が有りました、不倫関係なので音声重視でお願いしますとまで書かれて有ります。
内容は、妻が嬉しそうに男の肉棒を口に咥えて男と楽しそうに会話しています。
男の物はモザイク越しに見ても私の陰茎よりも一回り大きい感じです。
妻は間違いなく最近不倫していたのですそれも撮影まで許してる感じです。
カメラ目線で淫語まで・・・それをそのまま抜粋して書きます。
妻「このオチンチンおっきい~美味しい」
男「奥さん?旦那インポなの?」
妻「そうインポなの…」
男「奥さんこのチンポ欲しいの?」
妻「このオチンチン欲しいのー太くて硬いのー」
男「太いトコで5cm以上有るよ…奥さんのオマンコに俺のチンポの形刻み込んで良いの?」
妻「形刻み込んで良いよー早くこのオチンチン欲しいの~」
男「生で挿れても良いの?」
妻「良いの~早くオチンチン欲しいの~」
男「俺との赤ちゃん出来ても良いの?」
妻「うん・・・出来てもいいの・・・」
そしてなんと妻は騎乗位に成り自分から私の知らない男の立派な肉棒を生の状態でアソコにあてがい腰を落としてしまいました・・・その動画はモザイクは掛けられて有りませんでした…顔が一瞬だけ見えましたやはり妻でした・・・
妻「欲しい~挿れていい?」
男「いいよー生チンポが、挿いっちゃうね?」
妻「あはーん・・・生チンポ挿っちゃったーはぁ~良い~当たってるぅ~」
男「どこに?」
妻「あ・あ・あ…当たってるぅ~奥にぃ~子宮の奥まで当たってるうぅ~」
男「生でズッポシ…挿ってるよ?旦那よりも良いの?」
妻「旦那より良い~このオチンチンー良い~」
男「生チンポが挿ってるよ?」
妻「子宮まで掻き回してるぅ~良い~」
男「旦那のチンポじゃ届かないの?」
妻「届かないのぉ~このオチンチンなら届くのぉ~子宮掻き回してるぅ~」
男「奥さんオチンチン大好き?」
妻「ああ~オチンチン大好きぃ…このオチンチン大好きぃ~硬くて太くて奥まで届くのぉ~いい~」
男「子宮まで届いてる?もう旦那の要らない?」
妻「届かない…硬くも成らない…旦那の要らない~」
男「役立たずチンポなの?役立たずチンポは要らない?」
妻「あんっ…役立たずチンポは要らない~このオチンポ良い~あはぁ~子宮ガンガン突いてるぅ~子宮口掻き回してるぅ~」
男「・・・・・・・」
妻「もっと~奥まで欲しいぃ~もっと子宮ホジホジしてぇ~もっとガンガン突いてぇ~」
男「壊れちゃうよ?」
妻「はぁ~壊してぇ~子宮ごとぉ~壊してぇ~ああぁ良いこのオチンチン良いぃもっとぉ~」
妻は男の上で陰茎を出来る限り膣奥まで挿入出来る様に体重を掛けて激しく腰を振り続けながら、とんでも無い淫語を大声で叫んでいましたそして…
男「奥さんソロソロいきそう(射精しそう)だよー?」
妻「掛けてぇ~子宮にぃ一杯・・・精液掛けてぇ~」
男「・・・妊娠しちゃうよ?」
妻「妊娠しても良いからぁ~掛けて一杯掛けてぇ~」
男「俺との赤ちゃん出来ても良いの?」
妻「良いのぉ~子宮にぃ一杯掛けてぇ~あぁ~孕ませてぇ~」
男「今子宮のナカに頭を(亀頭)くわえ込んで…危険日?だから子宮下がってるよ?」
妻「一杯掛けてぇ~子宮に一杯掛けてぇ~」
男「良いの?子宮のナカに(先走り汁)挿いっちゃってるよ?」
妻「良いのぉ~掛けてぇ~」
男「絶対出来ちゃうよ?俺の赤ちゃん妊娠したいの?」
妻「はぁ~ん…妊娠したいのぉ~赤ちゃんが欲しいのぉ~ナカで一杯出してぇ~妊娠させて~」
男「ああ~いきそうだよ?子宮口コリコリに当たってるよ奥さんの」
妻「当たってるぅ~気持良いぃ~オマンコ気持良ぃ~妊娠させてぇ~」
男「じゃあ正常位する?」
私はこの動画を見て、手放し状態でも射精してしまいPCのキーボードが精液まみれに成りました…そして男はまだ射精せずに今度は…ベッド上でフェラをさせてます、その後妻はM字開脚で男の陰茎を再び…
男「挿れるよ-?」
妻「あぁ~早くぅ~来てぇーああ~気持良いぃ~」
そして…男の激しいピストンの後…
男「奥さんイクよ~」
妻「あはーん…良いぃドクドクって…出てるぅ~」
妻の女性器から流れ出る男のザーメン…
妻「赤ちゃん出来るかな?」
私は怖くて不倫の事は妻には聞けないですが、この動画が毎日のオカズに成ったのは言うまでも有りません。タイトル「NTR・不倫妻の淫語」

Twitterで配信中
QRコード
QRコード
アクセスカウンター