萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

ローター

俺の姉ちゃんは変態かもしれない

とある日曜日の朝、朝飯食おうと部屋から出た所で姉ちゃんとバッタリ顔を合わせた。
「あ、ちょうど良かった!はいコレ!」
「ん?何これ?」
「スイッチよ、適当に気が向いたらスイッチオンしたりオフしたりしてみて」
何のスイッチか知らないけど、危険が及ぶような物は渡さないだろうと思ったのでその場でオンにしてみた。
何処からともなくブブブブ…と変な音が聴こえると思ったら、姉ちゃんが股を押さえて喘ぎ始めた。
「ちょ…あん!朝からいきなり…ああ!」
ツマミが付いてたからそれも適当に弄ってみる。
音が大きくなったり小さくなったりする。
「ま…待って待って!一回止めて!」
「何これ?」
「はぁはぁ…今ので分からないの?ローターのリモコンよ、今私のマンコに仕込んであるやつのね」
弟相手によく恥ずかし気も無く言えたもんだ。
「これで俺にオナニーの手伝いさせようっての?」
「AVでよくあるでしょ?ローター仕込んだ女優に街中歩かせて人混みの中でスイッチ入れるやつ、いきなり外で試すの怖いから家の中でやってみたくてね」
「結構音が漏れるからバレるよ?てか、そんな事弟の俺に手伝わせるなよ」
文句言いながらまたオンにしてみた。
「ああああ!つ…強いってば…ああん!」
「こんなに音漏れさせて姉ちゃん自体も悶えてたらバレバレじゃんか」
強弱つけて遊んでみる。
「これヤバい…癖になりそう…」
オフにして話の続きをする。
「どうしてもやれって言うなら親の前でもスイッチ入れるけどバレて怒られても知らないよ?」
「はあぁぁ…ドキドキしちゃう…バレたらあんたが怒られないように私が上手く言い訳するから今日一日よろしくね!」
何があろうとリモコンローターで遊びたいらしい。
俺からエロ漫画借りたり変な怪しいサイトから代引きで色々買ってるのは知ってたけど、こんな計画を立ててたなんて予想外すぎて呆れるしかない。
託されたからには協力してやろうと決めた。
姉ちゃんも今から朝飯みたいだから一緒に一階に降りて行く。
テーブルに着いて母親が皆の分の朝食を並べてくれたから食べ始めたんだけど、チラチラと姉ちゃんが俺を見てくる。
ポケットにしまったリモコンのスイッチを入れる。
弱にしてブブブブ…と漏れる音を抑えたから両親は一瞬周りを見たけどまたすぐ飯に集中する。
姉ちゃんは親の前だから声を出すのを我慢してモジモジするだけ。
一瞬強にしてまた弱に戻したりして遊んだ。
飯の間ずっとオンにしたまま過ごす。
姉ちゃんの目がトロンとしてヤバそうな雰囲気だ。
父が最初に食い終わってテーブルから離れてテレビの前に移動する。
それから少しして残った母と俺と姉ちゃんも食い終わり、母が食器を片付けて洗い始めた。
テレビと水道の音で誤魔化せそうだからローターのスイッチを強にする。
姉ちゃんは俯いてブルブルと小刻みに身体を震わせ、股に手を挟んで耐えていたけど意外と早くビクビクッと大きく全身を痙攣させてイッたみたい。
それをみた俺はスイッチを弱にして姉ちゃんに余韻を楽しんでもらう。
数十秒続けたらオフにして姉ちゃんと二人で二階に上がる。
階段の途中で姉ちゃんがフラついたから慌てて支えた。
「大丈夫?」
「親の前で弟に調教されるのって凄い興奮するね…本気でイッちゃったからそのまま支えてて」
姉ちゃんのリクエストに応えただけで調教してるつもりはないのに…。
部屋まで連れて行ってベッドに腰掛けさせたら俺も自分の部屋に戻る。
ここから電波届くのか?と試しにオンにしたら隣の姉ちゃんの部屋から喘ぎ声が聞こえて来た。
壁越しでも届くとかかなり電波が強力なんだな。
適当な所でオフにしようと思ってたけど、友達から電話がかかってきてスィッチの事を忘れて長電話してしまった。
隣から「もう無理ぃ!」とか聞こえて来た気がするけど満足するまで友達と話した。
電話を切ってからリモコンをオフにして姉ちゃんの部屋に行く。
息も絶え絶えになった姉ちゃんがベッドで痙攣してた。
「ごめんごめん、オンにしたまま友達と電話してたからオフにするの忘れてたよ」
「何度イッたと思ってるのよ…こんなに連続でイッたの初めてよ…まだ身体の震えが止まらないわ…」
文句を言いながらも楽しそうな姉ちゃん。
「ごめんね、次からは気をつけるよ」
それだけ言って部屋から出た。
こんなの外でやったら変態どもに姉ちゃんが襲われる未来しか見えないよ。

俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編64)

9)スティックで拘束され 性器に媚薬を塗り込まれウーマナイザーでクリトリス吸引、膣内ローター挿入、吸引乳カップローターバイブを両乳房に装着、デンマで全身を刺激というマゾ奴隷化調教を受けるT子。更にはデンマにアタッチメントを付けて膣挿入性感開発調教を受ける。
※ベッド上に媚薬の瓶が写っていて確かに媚薬調教も受けている証拠となる写真。SM調教を受け入れ始めたので、この頃は激しく厳しい長時間の責めをよくしていた。

10)ラブホのSMルームの磔台に正面を向けて拘束され、アイマスクとボールギャグで猿轡。性器・乳首に媚薬を塗らる。バイブを膣に縄で固定され、肛門にもローター挿入。吸引乳首吸引器を装着される。2本のデンマで体中刺激。加えて、デンマにアタッチメントを付けて膣挿入性感開発調教を受ける。
※この日はアイマスクされた暗闇のなかで長時間の終わりなき調教で、恐怖と不安で精神崩壊して、初めて白目むいて失神・失禁してしまった。死んだのかとマジ焦った。事後のなだめが大変だった。

11)ラブホのベッドに手枷・足枷・鼻フックで大の字に固定され、ボールギャグで猿轡。乳首バキューム吸引器で吸引され異様に肥大化した乳首。バイブ膣挿入、クリトリスはデンマ、肛門内にはローター挿入で、厳しい調教を長時間受けるT子。この日も恥辱系のSMプレイで、白目をむいて失神・失禁していた。ベッドの大量の失禁放尿跡の始末に困惑した。

12)スティックで拘束され、風呂場のマット上でガラス浣腸器でグリセリンを注入されるT子。
※激しいSM調教から、恥辱系排泄SM調教に移行し始めた頃の作品。

13)スティックで拘束されたまま、肛門から数センチ大便が顔を覗かせているT子の盛り上がった肛門のアップと冷や汗にまみれた恥ずかしそうな顔の写真。

14)大量の排便後、大便が散乱している真横で、恥ずかしがり屋のT子は放心状態で泣きじゃくっていた時の写真。
※ この後、10分程泣きじゃくっていた。排便後の臭いや処理が大変で、俺にはそんな趣味はないと思った。T子が可哀そうで、浣腸プレイは以降2回のみ。しかし、写真は刺激的だ。T子は食欲大盛なので、スレンダーな身体の割には便の量も多い。よく食べ、良く呑む。極めて健康で見かけよりかなり体力があり、そのせいか性欲や長時間に渡る調教耐性も強い。

俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編63)

3)ネットで購入した純白のウェディングロングドレスを着て、俺と2ショット。T子に俺のペニスを握らせて。
※SM初体験後3カ月程後の、SM花嫁コスプレ写真。

4)クリトリスピアスを開ける前のきれいだった頃のマンコと、現在のクリトリスの比較アップ写真。
※かわいらしい頭をのぞかせていた初々しいクリと、現在の吸引調教された結果の肥大化しピアス穴の開いたクリ。

5)くぱぁさせた最初の頃と、直近の使いこまれたマンコの比較写真
※娘みたいだったピンクで可愛いほぼ未使用の性器が、俺や多数の男との性行為や媚薬塗り込みによって変形変色していることが、一目瞭然だ。

6)側位で挿入されながら、俺に口に押し込まれた指をしゃぶりながらSM雑誌を見るT子。
※SM調教写真を見ることで、SMはセックスの営みの自然なことだと思わせ、受け入れるための調教。

7)縄で縛りあげられ、2本のデンマで乳房刺激、膣は媚薬とバイブ挿入固定で調教を受けるT子。
※スレンダーなT子には縄はあまり似合わない。俺も、縄は下手なので、ほとんど使わない。
この頃から、動画も撮り始める。また、この頃から、媚薬塗布をして、ランチや街中ショッピングなどの日常にも多用するようになった。飛びっ子などの遠隔ローター調教も街のベンチなどでよく行った。

8)ラブホのSMルームで、真っ赤なラバーボンテージの拘束衣を装着し、イナナバウアー状態の騎上位でペニス挿入しているT子。
※ スレンダーな体型なので、ボンテージの拘束衣が凄く似合っている。スレンダーな身体には縄よりスティック拘束の方が絵になると思う。奥逝きをマスターして奥逝きのオルガスムスを求めるT子。

俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編62)

現在、SM調教投稿用の過去の写真を精選、選別している。

写真やDVD無しの投稿では、リアリティがないので、画像は大切である。
目線の無い方が良いのだが、流石にそれは危険。各写真には注記も付ける予定だが、編集上それが受け入れられるかは不明である。

10数枚の代表作品を選んでいるが、膨大な画像のため、選別して絞り込むのは難しい。結果、30枚程になってしまった。概ね調教史の順で、6)以降の調教は写真だけでなく動画もほぼ保存している。

以下は現時点で選別した写真です。

1) 付き合い始めて3ヶ月経った頃のピュアなT子。初めてのお泊り道後温泉旅。
※ 地味で典型的な教師風の服装で、化粧気もあまりない。今より少しポッチャリしている。俺的にはこの方が抱き心地はいいのだが。松山城ではにかみながら少し硬い表情。この頃はまだ奥逝き性感開発がメインでSM調教は未体験で、純愛の頃のT子。今となっては貴重な2ショット。

2)奥逝き性感開発完了。SM調教初期の頃。吸引乳カップローターバイブを両乳房に装着されて、クリニングスで悶えるT子。
※初めて吸引乳カップローターバイブやローターなどの責め具を見た時の驚いていた様子が忘れられない。動画はこの頃はまだだが、調教中の写真を写し始めた頃の初期の作品。写真を写されることを大変嫌がっていた。今では写されることそのものに感じてしまうらしい。

俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編54)

T子「あ~~~っ チンポ欲しいい い い~~~っ。入れてえ~~~ 入れて~~っ おちんぽで

逝きたい~~っ。あ~ 逝く・逝く また逝く~~~っ。」

T子「もうダメ 。お願い~っ 許して~~~ 苦しいっ  あ~~っ また逝く~~っ。」

俺「T子 まだまだだ 調教してあげるからね。」

肛門からローターを取り出して、替わりに真珠玉の動くバイブを挿入してやった。

T子「やだ~~っ。死ぬ~~っ。やだ~~っ。 あ~~っ また逝く~~っ。怖い~~っ。調教 もう

いい~~っ。死んじゃうよ~~ 逝く~~っ 逝くのもういいっ。苦しい 止めて~~ あ~~また

逝く~~っ。」

単なるセフレなら、もっと責め続け、頭を完全に狂わせてやるだろうが、T子は大切な女なので。

もう、これ以上は可愛そうだと思い・・・

俺「T子可愛いよ。よく頑張ったね。この辺りで調教はやめて欲しいの?」

T子「うんっ うんっ 止めて 止めて ヨシキさんに止めてって言って、お願い。あ~~~っ、ダメ~

~。また逝く~~っ。やだ~~っ。」

白目をむいて、美しい顔が、もうぐちゃぐちゃだ。身体は激しく震えている。

俺「Aさん この位で許してやって。」

やっと、デンマや乳首ローター責めを終えた。

風呂場で2時間、ベッドの上での2時間のSM調教を終えた。合計4時間の2人がかりSM調教だっ

た。

T子「は~~っ。あわ・あわ・あわ・あ~」責めが終わってもガクガクと震えながら、白目むいて喘いで

いる。

T子の美しい顔は涎、汗、涙まみれ 身体は玉のような汗もまじりあって汗でびちゃびちゃだ。

俺はいつものように、ティッシュとバスタオルで丁寧に拭ってやった。

バキューム吸引され続けた乳首は大きく肥大化したまま。口に含み。優しく舐めてやった。

T子は「あ~~。」と切なく喘いだ。

マゾ奴隷化調教の後には必ず優しくしてやることが、SM関係を長期に続けるには最も肝要である。

俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編52)

ビデオカメラ位置を再設定していると、T子はAの口に差し出したチンポにバキュームファラを始め

る。

T子「手枷 外して、手枷 外して、おちんちん持ちたいから。」

しかし手の拘束は外されず、Aは片方の手でローターをクリトリスに当てがいながら、T子の口にチン

ポをねじ込んでリズミカルに腰を振っている。

俺はT子の肛門にコンドームを被せたローターを入れてやった。クリトリスと肛門内をローターが刺激

する。

T子の身体が小刻みに震えだし、チンポを口から吐きだすと(銜えたままで逝くとチンポを歯で傷つけ

るのを気遣って、T子はいつもそうする)

T子「うあ~~~ 逝く~~~っ。 逝く~~~っ。あわわわわ 逝く~~っ。・逝く・逝く うぐわ~

っ 逝く~~~っ。」

T子「あ~ おちんちん 欲しい 欲しい~~よ ~~っ。入れてえ~~っ。」

必死で、手枷を外そうともがいている。

俺「T子っ、今度は俺のを、しゃぶりなさい。」

T子の口にあてがって、入れると「うぐぐっ。」と言いながら吸引フェラを猛烈に始める。

そうこうしているうちにオーガズムを迎えるため、俺のチンポを吐きだし、

T子「あ~~っ、また逝く~~~っ。ローターやめて もう逝ったのにぃ~ まだ使うのやめて。変に

なるから。うぐわ~っ。逝く~~っ。逝く・逝く~~~っ。」

T子「やだ~っ、ローターも乳首吸引もやめて~~、ほんと 頭おかしい もうダメ、やだ~~っ ま

た逝くよ~~。」

ここで、ローター2個を膣に挿入して、外性器とクリトリスの刺激はデンマに替える。

膣内に挿入された2個のローターの振動を強くしてやると、ぶつかり合って「カタカタ」と大きく音を立

てている。

俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編51)

バスタオルで包みベッドに運ぶ。

T子は今から挿入してもらえると期待して思いこんでいるが・・・

Aがスティックと手枷を取り出した。

T子「えっ・えっ   いやっ、いやっ こんなのいや。スティックなんていやだ~っ。」

A「Tちゃん スティックなんて 責め具の名前よく知ってるんだね。」

スティックと手枷で拘束されても嫌がっているT子。

俺は、また媚薬を、乳首と、性器全体にたっぷりと練り込んでやった。

数分放置して、Aとコーヒーを飲み、タバコを吸いながら放置プレイでしばらくは様子観察。

T「あ~~~ 熱くなってきた。オマンコ熱い。乳首も熱い。あ~~~」

不破意に腰を動かしている。

T子「もう や~~っ。」

T子「変になる。オマンコ熱い あ~~~オチンチン欲しい。」

今日は、かなりハードに責めることにした。優しいばかりではない。

ローターをテープでクリトリスにあてがい、乳首吸引ニップルデンジャーで乳首をかなり強く吸い上げ

てやった。乳首が異様に肥大化している。

T子「あ~~っ、乳首痛い~~ いや~~っ。」

ローターのジージージー ジジジジジ という卑猥なモーター音が始まる。

T子「いやっ、こんなの いやっ。恥ずかしい 恥ずかしいっ。」

A「Tちゃんは、かわいい顔してるのに、恥ずかしい責めの方が感じるんでしょ。」

T子「あ~~っ、あ~~っ あ~~いっ・いっ・いっ 逝くよ~~っ。あ~~気持ちいい。オチンポ入れ

て 入れてよ~。」

A「美人でおとなしい顔してるのに、こんなことが好きなんだね。」

T子「あ・あ・あ~~~言わないで~~。恥ずかしいぃぃぃ~~っ。」

俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(性感マッサージ3P調教編29)

T子「あ~~っ あ~~っ ・・・いやだ~~~っ」

俺のチンポが入ってる状態で、AはT子の肛門に指3本挿入で刺激している。

T子「やダっ やだっ やだ~~~っ お尻 やだ~~っ

あ~~~っ 。あ~~~っ 逝く、あ~~~気持ちいい~~っ。逝く 逝く あ~~っ また逝くよ~~」

俺「T子のお尻の穴 気持ちいいんだよね。もっと もっと気持ち良くなっていいんだよ。」

T子「いい いい いい いいっ 気持ちいいっ。あ~~ 恥ずかしい。

 いっ・い・いぃっ・いっ  Aさん もっとして お尻もっとして グリグリして~ あ~~い・い・いっ 逝く~~~っ。逝く~~っ。」

T子は肛門性感は開発済みで、普段はチンポ挿入時に指3本挿入でアナル刺激されたり、クリトリスにロ

ーターを当てがわれながらの肛門刺激調教を受けるのが特に好きで感じる。

もっとも、この日はローターは使っていないが・・・

ここでまたAとチンポ交代

A「Tちゃん、今は誰のチンチン?」

Aが耳元で

A「誰のか言ってよ。」

俺「T子っ 言いなさいっ。」

T子「いや~~っ あ~~~っ ヨシキさ~~んの、うあ・あ・あっ 逝くよ~~~。ヨシキさ~~ん。」

Aのピストンに

T子「やっ やっ やっ やだ~~~ 逝く~~~っ。逝く 逝く 逝く 逝く  変になる もういい もういい、

こんなの変になる。あああ~~っ また逝くっ 逝く~~~っ。」

俺「俺とヨシキのおちんちんの味比べ 気持ちいいんでしょ。」

T子「言わないで、言わないで い・い・いい・いい・い~ い~よっ あ~~っ  や・や・や。やだ~~っ。

い・い・い 逝く 逝く 逝く~~~っ。」

俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(クリスマス編3)

T子「ね~ あれ使って。」
俺「、吸引ローターほしいの?」
T子「うん、吸うのして。」
T子「あ~~ん あっ あっ あっ 逝く 逝く 逝く~~っ。」
吸引ローターでT子のクリトリスはより一層赤黒く肥大していく。
何度かクリで逝ったが・・・
T子「ね~ もうオチンチン入れて。」

湯舟に入り抱き合ってペニス挿入した。浴槽内なので、激しくピストンすると湯が膣内まで出入りするのがイヤなので、 ググッとゆっくり嵌め込みポルティオまでぐいっと深く挿入すると・・・
ピストンもしていないのに、T子は耐えきれずに・・・
T子「あ~~っ、入ってる そこ そこ入ってる 気持ちいい あ~~ 逝くよ~~っ 逝っちゃうよ~~ あ~~~っ 逝くう~~っ。」

俺「声 押さえろって。隣に聞こえるだろ。」
T子「声出てた?」
俺「出てたよ。でも、君の逝く声はあんまし大きくないからいいけど、今のはちょっと大きかったよ。」
T子「聞こえたかな~。」
俺「多分大丈夫だろ。でも、風呂は響くから押さえろって。」

俺は逝くとき大きな声を出す女はあまり好きでないから、T子には日頃から可愛いい声を出すよう習慣つけている。
しかし、深いオーガズムでは、T子は声を押さえきれないこともある。

T子「ね~ ベッドに行こうよ~。」
バスタオルで体をお互いに拭きっこして・・・
ベッドにキスしながら行った。T子は俺のペニスを握りしめたまだった。
十分前技もしていて、チンポも風呂で嵌めているので、お互いもう我慢なんざ出来ないので即挿入。
T子「あ~~ん、ぐぐぐっって入って行くよ。あ~~気持ちいい~。」
チンポを奥近くまで入れて、暫く慈しみ合うようなディープキス。

T子は腰を使おうとするが、
俺「ダメだろ。まだ動かないの。じっとしたままで、もっと気持ちを高めなさい。」
俺はキスをしながら、乳房、で中など体中を愛撫していく。
T子「あ~~ん、あ~~ん。溶けちゃう、ずっとしてて。」
と、可愛い甘え声で喘ぎ続けている。
ぐっとペニスで更に膣奥に押し込むと

T子「あ~~~っ、逝く~~~~あ~~っ、気持ちいい。奥 気持ちいい、もっと奥突いて。
おちんちん動かさないのに気持ちいい。ね~ もっと いっぱいグッグッと奥突いてよ~。」
奥まで更に入れる。

俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(クリスマス編2)

T子「も~ こんなになってるの、悪い子。うふっ。」
俺「君が綺麗だからだよ。息子まで綺麗だって言ってるよ。」
T子「も~、お世辞上手いんだな。」」
と言いながら・・・
T子「そうね、フグ 落ち着いて食べる準備しょっか。シャワー浴びよ。」

俺「ペペローション出せよ。」
T子「え~~。」
と、まんざらでも無さげ。

セックスアイテムの入った、ヴィトンの鍵付きトランクを開ける。
ヴィトンのトランクは頑丈で鍵が付いているので、ここにバイブ、ローター。ティルド、媚薬、ローション、膣トレ器、SM拘束具、等のセックスグッズを隠し保管するのが安全だと言う。
ブランドバッグが沢山あるので、バッグ群に紛れ込ませるのが一番自然で見つかり難いと考えている。

俺はこの日はペペローションと防水ローターを取り出した。
浴室で、椅子に座らせ、シャワーで体や性器を濡らしてから、乳房、クリトリス 肛門を中心にペペローションを塗りたくって愛撫した。

T子「あ~^ん、気持ちいい。」
俺「どうだ、ヌルヌル気持ちいいだろ。」
T子「あ~~ん、あ~~ん。おっぱい もっとヌルヌルして。あ~~っ、おっぱい気持ち良いよ~。」
20~~30分かけて体中ネルヌルにしてやった。

T子も手の平に ペペローションをつけて俺のペニスをゆっくりとしごきながら、じっと俺の顔を見つめながら、俺の反応を確かめている。
T子「ね~、あなたをもっと気持ち良くするの。この辺気持ちいい?もう少し強くする?うふふ。」
T子「Yさんが感じてる顔見てるの、私好きだよ。感じちゃう。うふふ。」
ディープキスしながら、俺はT子の乳房やクリトリスからアナルを責める。
T子は俺のペニスをゆっくりとしごき続ける。

QRコード
QRコード
アクセスカウンター