萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

ムラムラ

家庭教師をレイプ

 俺が中3のとき、家庭教師が来ることとなった。女子大生で入学したばかりで19歳で、どこにでもいる普通の女の人でした。

 ただ、胸は大きかったと思いました。多分Dカップはあったでしょう。
来て1月位して、俺が学校の用事で遅くなったとき、先に先生が来ていた。

 ちなみに「先生」と呼んでいました。
両親がいたのですが、用事があるということで、食事を用意すると、どこかに出かけたらしく、先生に遅くなると伝えて行ったらしい。

 先生は勝手に俺の本棚や机など勝手にいじって、隠しておいたエロ本を見つけ、こう言いました。
先生「こんなもの見てるか勉強に集中できないのよ。」とつめたい言葉をかけました。

 俺は頭にきて、「勝手に俺のもの見るなよ、それに受験生だってムラムラすんだよ。」と逆切れ気味に言いました。
さらに、俺「こういうもの見てオナニーしてすっきりするんだよ、それがいけないのか?」と言いました。

 先生は呆れた様子で俺を冷たい目で見たので、頭にきた俺は先生に抱きついてキスをしました。
俺は「先生、こういうことも教えてよ。」と言いながら、大きな胸を両手で揉み始めました。
先生は「いやー。だめ、何しているの。」と言いましたが、胸は大きいけど小柄な先生をベッドに押し倒し、力づくでスカートをまくりパンティを脱がしました。ブラウスもボタンをはずして、ブラジャーを剥ぎ取って、全裸にしました。

 そのまま、俺も素っ裸になり、犯しました。全然罪の意識はなくて、馬鹿にされた腹いせと性欲で、1回した後も全然おさまらず、もう1回しちゃいました。もうその頃になると、先生は無抵抗になっていました。

 終わった後、ベッドのシーツを見ると、血が付いていました。なんと先生は処女だったのです。

 俺「俺のほうがこっちは先生だったんだ。」と言い、デジカメで先生の全裸姿と処女喪失の証を撮り、
「処女喪失記念・・・。これネットでばら撒かれたくなかったら、またやらせてね。」と言ってやりました。

 先生は呆然としていました。
それからは、先生と会うのが楽しみになりました。
2時間のうち、会ってすぐに俺が全裸になり、先生が生理でないことを確認すると、5分もしないうちに飛び掛って1回戦です。
そのまま、2時間たっぷり楽しみます。やはりエロ画像の効果はすごいです。先生はすっかり僕のいいなりで、性奴隷です。
 ビデオや本で見たことを全て試しました。

温泉旅に行ったら、そこで受けた指圧が、あそこも!

私、一日のパソコン業務が長くて、週に2度 3度は整骨院で電気やマッサージを受け
肩や背中が辛くて、時々 駅前 クイック マッサージも受けるほど。
 
温泉旅、毎月のように行くし
先日は、のんりりと温泉、ホテルで二泊です。
 
都会から離れて、温泉場で マッサージを受けるのも好きで
 
頼みます。
 
夜になると、朝から散歩しすぎて足も疲れたし、一泊目からお願いしたら、ずいぶん若いマッサージ師さん
「強さは どこ辺りが 特に」と聞かれるので、ま よい人のよう
 
服でよいのかしら、下着かしら、と、とりあえずは聞いて
「下着で 差し支えなければ、と言うので、長いスリップに 二度ほど温泉に入ったけどパンスト履いたので、下着で。
 
先生から「痩せていますが 筋も細く 強さ このくらいで」と聞くので
 
もとっもと強くて 大丈夫
 これが 指圧で、整骨院とかより、ぜんぜん良いわ
横向きで肩 指圧、先生に 気持ちいいいわ
ノーブラでスリップだけですけど、あ 気持ちいいわ
特に 凝って 辛い部位を聞かれ「背中 腰 足かしら!
背中の上までは横向きで反対側も指圧され、気持ちいい 人に当たったわあ。。
 
ベットに下向き、背中 腰、あん もっと 倍 位で指圧されても 大丈夫なんだけど
「先生 ベットに上がって 跨いでいただいても 大丈夫です」
 
ベットに上がられ、腰を跨いで、背中 腰 もっと 強くても、と言うと
先生から「両手で腰が回ってしまいそうな細い腰ですし 本当に大丈夫ですか」と聞きなおされ
「はい ぜんぜん OKですわあ。
下手なマッサージさんだと、くすぐられる感覚もあり嫌だけど、指圧 最高 気持ちいいいわ
ちょっと気になるのは、腰 お尻辺りを跨がれている、先生 時々 浮かしている腰を下げるのね
スリップ下着だけど、あん 私のお尻 スリップ上から なんとなく先生の勃起物が割れ目に触れるわ。
 
とにかく気持ちいいい 指圧で
「先生 今夜は 忙しいのかしら まだほかの人もするのかしら 空いていますか」と聞いたわ。
忙しそうでもないし、受付に連絡してくれ、私は Wで、倍の時間をしてもらいたくて、OKでしたわ。
 
お尻をスリップ両側から指圧され 気持ちいいいわ 足の疲れも あん 内臓も ラクになるようだわ
「ああ 先生 気持ちいいいいわ」
えぇ 先生 何か勘違いしてしまったかしら
スリップお尻割れ目を指で少し擦られ あらぁー そこは と思う部位 股間
黙って受けていると、やっぱり 気にされているように スリップ股間を擦るわあ
股を擦られたのはでも1分くらいで腿 裏を手で指圧 気持ちいいいわ パンスト足裏 気持ちいい 指圧だわあ
長めのスリプだったけど、裾レース 乱れ、あらぁ 大丈夫かしら、あん ちょっと どうしようかしら 気持ちいいし、あん パンスト股間 あん 指が触れるわあ 撫でら
れる感覚だわ
ノーブラでスリップ、それが マチありパンストでノーパンだったので
あらああ 膀胱 あらああ パンスト マチ部分上から 先生の指 感じるわあ
言ったほうが よいかしら 黙っていたほうがよいかしら 迷ってしまったわ
だって、パンストごしに そそこ オマンコとか言えないし
指圧 気持ちいいし、股間から指 やめられて、また背中 腰を グイグウイイと指圧され 気持ちいいいわあ と声が出るわ
なんだか、徐々に 私の気のせいか、ツルツウリとスリップ下着を いやらしく弄られながら指圧されているような
また あぁ 下向きの私の 股間 スリップ内で あぁ パンスト マチ部の上から
ムラムラしてくる私も ドキドキしてくるわあ
「先生 そっこ いいいわああ」と聞こえたのか 攻めてくるわ
そっこ あああぃや ああいいわ ああぃや って言った つもりだったのに
どうしよう 湿ってきそうで、なんだか 気持ちよくなっちゃうし されちゃおおう と気持ちになるし
指圧は最高だし、あん なんだかノーパンの パンスト上から刺激され 覗かれるのも慣れてきちゃうし指で 3分 5分くらい弄られたかしら
先生 これから どうするのかしら 私を あん 気になるし、されたくなるわあ
もうだめ さすがに オマンコ あん パンスト上から弄られていると、あん 湿るわあ
「ヒヒ あああいや ああ ああいや」恥ずかしい声が出てしまったわ
パンストごと指をオマンコに少し入れるなんて 気持ちいいし 感じるわあ
急いでスリップ裾を直すふりをして お尻から股間を隠したわ、あぁ スリップ上からでも あいや 股を擦られると
パンストと滑りあって 初めてだわあ いやだわ 感じるわあ
先生だめだめだめ 勃起物 出しちゃ そんなの見たら あいや 困っちゃう
ああいや ヒヒイ、まさかの ススリップごと パンスト ごと、少し ああ 勃起物だわあ 食い込むわあ
「先生 もうだめだわ あああ やっていいいわあ!
下向きの私のスリップを腰まで持ち上げ あああ パンスト 腿まで下げられちゃうし
先生「こんなに細い腰の 女性 初めてで すてきで 魅力的で すてきです」と言うのよ
指圧だけでなく、ああぁ 私に ピッタリするわ 先生の 太くて 固い物
バックから突っ込まれて スッポリ 吸い付くようにオマンコ 内で動くし
ああぁ あああ あああ 湿って 気持ちいいい 恥ずかしいほど 気持ちいいわあ 突かれるオマンコ内 初めてだわあ すごい快感だわ
まずいいわあ オマんこ、ヌルヌルしてきたわあ、若い先生 って すごいわ 烈しいわあ 私も 腰を上げて スリップ振り乱して みた わあ。
ビックリ 上向きにさせられスリップ紐を下げられ ああ 乳首 据われると あああ それにスリップ持ち上がって あああオマンコに食い込むわああ
ああぃや ああいや このままだと ああいや イイクわああ ああいや。
ああああ もうだめ あああ もうだめ いいちゃいそううだわあ
先生 抜いて って言ったわ
だって イイクそうで 限界だわあ
その瞬間 あああいやあああ ああぃや イイクしてしまったわ。
パンスト腿 途中に下ろされたまま ノーパン ノーブラのスリップ姿で 初めてだわ 
ノーマル セックスじゃないのって 刺激的だわ、旅先で指圧先生に 襲われるなんて初体験だわ そもそもガリガリ私を 抱きたい男性 いるうんだわ と うれしかったわ。
Wですので、90分、倍の料金 7600円でしたけど 8000円で おつりは 少しだけど いらないわ
と出したら先生 5000円 もどしてきて、1円ももらえないですが、ホテルに2000円バックするので、と言うんです
「1000円は」と聞いたら、自分の交通費と言うから笑ったわ。
 
「私 二泊で 明日も泊まるわ 明日も指圧 お願いするわ Wで」
え と驚かれるわ、罪でもしたような気持ちだったらしくて、明日の夜もお願いしたら、やっと安心した顔をしたわ。
W 90分で1時間は 気持ちよいバツグンの指圧で肉体が ほぐれたし
後の30分は、パンストや オマンコ弄られたけど、興奮したし、身も心も安らげわ、それに若いイケメン指圧師に
あああっぁ イイク いっちゃったし、気持ちいい のを 明日の夜も されちゃうのだもの。
パンストのマチ部 初めてだったわ オマンコに指で入れられて 湿ったり 恥ずかしいのに
透けるし パンストごしに覗かれるっていいいっやらしいいいわ ヌルヌルしているのに、入れて欲しくなったわああ。
 
翌日の夜は、そうランジェリー よ、イケメン指圧師さんを 興奮させるような
呻き声を出したり サービス、サービスもされたわあ 吸われたわあ そこ、って場所
都会の疲れが取れるような、腰が かなりラクになるほど、弾力のある クッションのよい、ベットで沈められるほど攻められたり
一度だけではないのよ、何度も よお イイクしたわあ。
また、温泉に行って、肉体を彼の指圧 受けなくては、それに後半のオマンコ内を指圧されるのって 子宮がツンして いいいわあ突かれるわあ

俺の愛おしい堕天使 元お嬢様女教師T子(2)

T子「もう入れて。」
X「そうですね、私も膣口だけでは我慢できないですよ。もう少し深く入れたくなってます。」
Xはでかいペニスをあてがい。先程のマングリ返しではなく、T子に腰枕をして出来るだけ入りやすく気遣いしている。

T子の膣口はやはりXのペニスを収めていきには小さく、入り難そうだ。Xのペニスをつかんで挿入適正角度調整を始めた。
T「亀頭全部入れるの厳しいかな。あっ ちょっと痛い。 ちょっとチンチン下げて。さっきの時はもっと楽に入るかとも思ったんだけどな~。よいしょ。」
(よいしょ www)
こういう情況でこういう言い方が出来るT子、真面目なだけでなくけっこう脳天気なところがあり、これはこれで可愛い。俺の前では、日頃押さえていることを本音で話す。かっこはつけず、嘘も言わない。従ってケンカもない。

Xも中逝きしたいので、様々、最適角度を探している。
X「奥さんのキツイですね。でもこれは気持ちよいワギナです。何しろ柔らかい。柔らかいから、いい角度みつかればはいりますよ。

T子「入ってきた。うん 入ってる 。うん そのまま進めて。うん きついけどはいった。うわ~充実感あるよね。」俺は、ムラムラと嫉妬心が湧いてきて

俺「気持ちいいの。」
T子「まだ気持ちいいていうわけじゃないけど、入ってるという満腹感かな」
俺「俺としている感じとどう違う。」
T子「・・・今は止めとこよ。あとで言うよ。まだ始まったばかりで細かな評価は出来ない。集中したいから、今はお話するの止めとこよ。ゴメンだけど。あはは 本当にごめんなさい。」

X「「お~ 奥さん 笑うと締まって気持ちいいです。」。
T子「アハハ セックスって面白いね。」
X「お~ベリグ~」
T子ちょっとその深さで動いてみて。ゆっくりね。あまり激しく動かないで。まだ奥はダメよ。」

Xは小刻みに腰を使い始める。T子も応じて少し腰を使う。
T子「あっ あっ あっ 亀頭さんのカリで、膣の壁を掻かれてるみたいで気持ちいい。う う う~~~ん。いい そのリズム続けて。まだ速いのはダメよ。あ~~~気持ちいいあ~~ あ~~っ。」

いつもセックス中に虐められている俺に対して、加虐心が生まれてきたのだろうか  Xのペニスを褒めだしたのだ・・・普段は俺に気遣いの出来るT子が・・・

T子「こんな感覚初めて。 あ~~気持ちいい。あ~~っ 気持ちいい。このままずっとして。凄い 太いの気持ちいい。あ~っ あ~~ん あ~~ん あ~~ん」

Xとディープキスを始めた。ウググ グチュ グチュ ジュバ ジュババ

Xは胸を揉みしだく
T子「あ~~んっ あ~~~ 」
Xの胸の愛撫にに応じるようにXの腰から臀部を愛おしそうに撫で回している。

Xも「うぉ~ 奥さん 凄い 膣締め付けてます。柔らかい筒が 中に中に引き込んでいきます。お~っ カリを膣が締め付けてます。よく締め付けるのに柔らかい。不思議な感覚です。」
T子「もっと掻いて 膣掻いて あ~~ん あ~~ん あ~~ん。」
とお互いに今のペニスと膣の感覚情報を交換し伝え合う。

T子の皮膚は柔らかく餅のように柔軟さがあるので、膣もこんな太いペニスに馴染む柔軟さがあるのだな。

Xのピストン速度が速くなってきた。
T子「あっ あっ あっ あっ あっ出してもいいよ。中に出していいよ。中に出して。あ~っ逝きそう。
出して~。構わない
ザーメン中に出して 出して~ 抜いちゃイヤ 出していいから」

事前のXとの打ち合わせと契約では、膣内には出さず、射精時にはコンドーム使うか、外出しをXに頼んでいたのだが・・・おぃ・おぃ

挿入に時間かけて入れたのでキチキチ過ぎて一端外してコンドーム装着して再挿入すると T子ご機嫌斜めになるかな~ 

T子は逝くときには常に膣内にペニスを納めてなので、外出しなどきっと不満だろうし・・・

T子は挿入開始から射精して射精後もペニス抜かれることが極度に嫌う。
挿入されればずっとそのまま。毎回チンポは数時間愛液だらけの膣に収められてるので、おかげで俺のチンポは愛液漬けでいつも湿気た状態なのだ・・・。

ピル呑ましてるから妊娠はないのだが・・・

エイズ・肝炎などの感染症検査結果は事前に提出させているから 大丈夫だろう
紹介者も信用出来る人だから 

様々なことが頭を過ぎる。

う~~む T子が望んでるから認めるか と思い始めた。

ここで、中段や外出しではT子の全てを観られないしな。

X「お~ ぅお~ ご主人、奥さんのに中出してもいいですか。」

俺「う~ん・・・良いです。いっぱい出してやって下さい・」

ピストンピッチが更に速くなる。

そのとき・・・Xの腰使いのリズムとシンクロして 「ハッ ハッ ハッ ハッ あっあっあっあっ」 ぐT子。。

しかし・思いがけない事態が・・・

T子「痛っ 痛い 痛い 痛い 奥過ぎ もっと浅くして 」

というのと同時に・・・
 
Xは我慢出来ないのか 獣のような叫ぶ胃声を上げてT子の膣に射精した。Xの尻の筋肉が何度も何度も収縮していいて、大量のゼーメンが放出されてたことがわかる。

T子は、逝く直前の快感が痛みに変わっている時に射精をされたので、 逝かれなかったため不満そうであった。

X「奥さん、ごめんなさい。我慢出来ず出てしまいました。私もプロなので一応射精はコントロール出来ます。、痛みを訴えるので浅くしようと引いた瞬間、奥さんの膣中央部か丁度亀頭のカリを太い輪ゴムみたいなリングが締め付け、何か全体が亀頭に絡みついて ペニスを引き込もうと猛烈に蠢きました。突然腰から尻全体が快楽が走り、しびれでしまい、我慢出来ず思わず出してしまいました。
済みません。ほんとうに申し訳ありません。」

俺「いやこの娘の膣の構造はこうなんですよ。私達はこのところポルチオで逝って射精するのですが、昔はそれがわからず、早く射精していました。今でもポルティオの少し手前所にペニスがセットされれば、膣の中央部より少し奥付近がリング状に締め上げ始め、やがて中に引き込もうと蠕動運動を始めるんですよ。

リッグ締め付けに加えて、膣壁が亀頭やサオを刺身コンニャクのようにスをヒタヒタと叩き始めるような感覚がに襲われるのです。その後、膣壁全体がペニスに絡みつくように動き始めるのです。私も余りに気持ちが良いので、ポルチオまで入れずにピストンして、高まるといったんポルチオに 亀頭を避難させることで感じ方を調整してますが、失敗することもあり、T子に不満顔をされることもありますよ。
ポルチオも気持ちがいいですが、こんな動きはしないので、うまく深さを適宜コントロールすれば30~40分は持ちます。

でないと、数分と持ちません。
コントロールするのは、あうんの呼吸で、長年の付き合いでないとなかなか難しいです。

ポルテイオ手前では私のペニスが気持ち良く、ポルティオはT子が最も感じるので双方が満足するように射精時間をコントロールするのは、二律背反でなかなか難しいんです。」

T子はまた俺に指を絡めるように手を繋ぎ、黙って話しを聞いている。
もっとも、お互い、感じ方については技術向上のため、よく話し会っているので、T子にとって既聴感のある話しだが。

X「あなたは幸せですね。こんな奥さんと出来ること。それにホント仲が良いことが伝わってきます。」

仲を褒められちょっと嬉しくなったのか
T子「うん、仲いいよ。ケンカもしたことは無いし。」

俺「この娘と出会うまでは、様々ありましたが、この娘と出会って以降、他の女とする気が起こりませんよ。」

X[膣壁の絡みつくような動きはよくわかりませんでした。締め付けリングはよくわかりましたが。再確認 もう一度したいので、お願い出来ますか。」

俺「膣壁の微妙な動きはシズが余りにもピッタリ過ぎて余裕がなかっtのではないでしょうか。」

俺「T子 Xさんは まだ溜まってるので出してあげなよ。」
T子「う~~ん、痛くないようにしてくれるなら。」

X「今度は深く入れません。ボクがあなたの奥まで入れてポルチオまで入れれば、抜けなくこともあるかも知れないので、危険です。奥深く入れる前に膣が裂けるかも知れません。だから奥までは入れないことを約束します」

T子「え~~っ。怖い。」

X「膣痙攣は、ポルティオに大きすぎる亀頭が嵌り込こんで抜けなくなることも、一つの原因です。私達の仲間で膣を裂けさせてしまったことや、膣痙攣が起こって病院に運ばれたこともあります。
日本女性の膣は、細いですから。」

俺「は~膣痙攣はそれが一つの原因なのですか。知らなかった。」
T子 「マジ、怖い。引くよ。ね~Yさん 断って。」

俺もT子が壊わされるのは認められないと思い・・・

俺「T子が拒否してるので、ちょっと不味いので、今日はありがとうございました。
ただ、いっぱい溜めて来て下さったようで、まだスッキリしてないでしょうから、T子 手で出してあげられる?このままじゃ、男にとっては、ヘビの生殺しだよ。」

T子「・・・・手だけよ。・・・Xさん、手だけでいい?」
X「え~・・・手でもいいので出して下さい。」
T子「ホント 手だけよ。」
X「大丈夫です。哀しいけど。」

T子は潤滑ゼリーをたっぷりと付けてXの褐色のペニスをしごいていった。」、
もうキスもない。扱き始めて30分程過ぎても射精しないので・・・

T子「もう、手 疲れてきちゃった。早く出せる。」

昔の夫にしていたという、精液放出のみが目的の無感動な作業と顔つき。10数年前の結婚当時の貧しい性生活を彷彿とさせてる。そうか、T子は夫にこうしていたのか。
可笑しくなってきた。

あはは、この娘 あっけらかんとしていいぜ。もう、性欲スイッチはOFFみたいだ。

更き続けるとXは呻きながら、大量の精液を放出して逝った。T子は淡々と、飛び散った精液をタオルで拭いていた。

俺は、契約金に2万円を追加して支払い、お引き取り頂いた。(続く)

奥さんにはご用心を 妻が熟キャパで働き始めた

妻 真紀子42歳 歳のわりにスタイルはいいが、その他は年齢相応のどちらかと言うと地味な雰囲気の女。
俺の給料と昼間のパートだけでは厳しいと熟キャパで働き始めた。
初めの頃は店で着替えるんだからと普段着で出勤し、閉店時間を過ぎるとすぐ帰宅していた。
一度くらい妻が働いているところを見てみようと思い、妻には内緒で行ってみた。
比較的若い客から高齢な客まで広い客層で、かなり繁盛している様子。
妻に気付かれないように隅の席を指定し、席についたホステスと雑談しながら妻を観察した。
妻の隣に座った客から胸元に手を突っ込まれたり、ドレスの裾を捲られたりしていた。
妻は少し抵抗するふりをしながらも、結構楽しんでいる様子だった。
今まで男にチヤホヤされたり、口説かれたりすることはなかっただろうから妻は舞い上がってしまっているようだ。
周りを見ると他の席でも同様のことが行われている。
この店、なんの事ないセクキャバじゃないか!
頭に血が昇って帰宅したが、今日店に行ったこと、見たことは妻には何も言わなかった。
しばらくすると妻の帰りが遅くなり、服装も派手になったので再び店を覗きに行った。
前回と同様の事が繰り広げられていた。
前回のホステスがついたので、旦那であることは当然ふせて妻の事を聞いてみた。
妻の事をあまり良く思っているのか、その女性はオブラートに包んだ話し方だったが妻の日頃の行動を話してくれた。
仕事中はみんなお客さんを楽しませるため、多少のことには目瞑り騒いでいるが、仕事が終わるとクールに行動しているとのこと。
だが、噂では妻は常連客を引き留めたま頻繁に寝ているみたいだと教えてくれた。
完全に頭にきた俺は、いつものように遅く帰宅した妻をソファに押し倒し、スカートを捲った。今まで見たことがない申し訳程度の小ささの紫色パンティ。
更に内股にはキスマークが付いている。
これだけの証拠を突き付けられて、妻は「常連さんを捕まえて指名料のバックで稼がないと、あなたの給料ではやっていけないじゃない」と開き直った。
それを言われると俺もあまり強い事を言えなくなったが、嫉妬でムラムラして妻のパンティをずらし服を着たまま挿入した。
激しく攻めると妻も感じてきたのかいつになく情熱的に応えてくれた。
妻のいい分にも仕方ない面もあるので、シブシブ引き下がることにしたが、交換条件として帰宅後にその日の事を全て話させてようにした。
今日の客は、店では結構紳士的に振る舞っているのに、ホテルではSM部屋を選び、私をハリツケにして全身を舐めまわしてから挿入する変態男だった。
今日の客は、若いので元気いっぱい。いくら射精してもチンポが萎まず、色んな格好で何回も中出しされた。
今日の客は、高齢でほとんど勃たないので、手コキとフェラだけだったので楽だったが、欲求不満だった。
今日の客は、学校の先生だか生徒にやりたい事を果たすためか私をブルマ姿にして犯し喜んでいた。  などなど
興奮する話ばかりで俺たちのsexにはいい刺激になっているが、妻はこれからどこまで暴走するんだろう。

駅のトイレで拾った泥酔女子大生

2年前に名古屋で女を拾った時の話。

出張3日目、最後の夜に飲んで帰る途中だった。
先日までは出張旅費でビジネスホテル泊だったが、今日は自費にてカプセル泊の予定だ。

明日は土曜日で出張最後の日、学生時代を過ごした街で友人と久々に会い、飲んだ後一人帰るところだった。

地下鉄駅通路の途中にあったトイレに立ち寄った時のことである。
12時を回っており、終電で人気は疎ら。
トイレで小用を済ませてホッと一息、後ろを振り向き手洗いに向かおうとした俺の目に、ストッキングを履いた脚が、半開きの個室ドア越しに見えたのだ。

(ぎょぉ!)

一瞬、心臓が止まるかと思うほどの衝撃だった。

(婦人用トイレ?酔って間違えた?)
・・・戸惑う俺。

でも小用したんだから男性用に間違いない!
少し落ち着いて、そっとドアの方に近付く。

(倒れてるのか?救急車呼ばなきゃ!でも・・・まさか・・・死んでる?)

恐る恐る近寄ると、吐息が聞こえる。
生きてる・・・女だ!

「大丈夫ですか?」

声を掛けるが返事はない。
ドアを開くと、20代半ばと思しき女性が便器に座ってお休み中。
体を揺すって声を掛けるとやっと反応を示すも、かなり酔っている様で、空ろな表情で呂律も回らない様だ。

駅員に報告しなきゃと思ったその瞬間、福◯◯治が語っていたエピソードを思い出す。
酔ってた女を拾って自宅アパートにお持ち帰りした話だ!
また俺の心臓がバクバク言いだした。

(俺にもチャンス到来?このまま紳士対応でチャンスを逃すのか?)

少し悩んだが、彼女のデカい胸を見ているうちに次第にムラムラ。
俺は、この女をお持ち帰りする事に決めた!

介抱しながら俺は、彼女を抱えながら起こした。
彼女もすぐに従う。
肩を抱えると何とか歩けそうだ。
俺は、「大丈夫?送っていってやるよ」と声を掛けながらもやる気満々だった。
酔ってはいるものの、どうやら俺の事は赤の他人と分かっている様で、「すみません」と言いながらも俺にしがみつく。
地上に出て、駅前のタクシー乗り場に来ると、ベンチに腰掛けて少し休む。

「大丈夫?少し休んでいく?」

俺の問いに彼女は、「う~ん」と生返事。
さらに、「ホテルで休もうか?」と俺が追い討ちをかける。
彼女は、とろんとした虚ろな表情で俺を見上げると少し笑顔を見せ、「うん・・・ホテル・・・いいよ」と俺を見る。
あと少し歩けば、知ってるラブホテルに到着だ。
俺は彼女をおんぶして歩き始めた。

ホテルの前で彼女を下ろし、肩を抱えながら中に入った。
彼女は知ってか知らずか抵抗はしない。
チェックインを済ませると、エレベーターで部屋に向かう。
俺は我慢できずに彼女の胸を服の上から揉んでみた。
ぷにゅぷにゅとした感触が俺を興奮させる。
まったく抵抗はない。

部屋に入ると、倒れ込むように彼女をベッドに寝かせた。
彼女は安心した様にスヤスヤと熟睡モードに入った様子で、無防備にもスカートは捲くれ上がって、ストッキング越しにパンティーが丸見え状態。
俺は、すぐにでもやりたい気持ちをぐっと抑えて、彼女の服を丁寧に脱がせる。
上着を取り、シャツを脱がせるとブラジャーからはみ出しそうな巨乳だ。
ホックを外すとブラが外れ、弾ける様にプルンと乳房が揺れる。
スカートを脱がし、伝線しない様にストッキングも丁寧に脱がす。
最後にパンティーに手を掛けて一気に脱がす。
思ったより控えめな薄い陰毛で、ワレメが丸見えだった。

自分も服を脱ぐと、彼女に覆いかぶさった。
積極性はないものの、抵抗もなく、俺の愛撫に悶え始める彼女。
完全なマグロ状態だったが、乳首は立ってるし、下も濡れ濡れになっていた。
彼女に、「入れるよ」と言いながら一気に生で挿入。
正常位で十分堪能した後、中で大量に射精してやった。

タバコを吸って一息、2回戦突入。
その後は俺も寝てしまい、朝方目覚めた時にも彼女は熟睡だった。

7時過ぎに彼女が目覚める。
騒がれはしないかと少しドキドキしてたが、俺を見ても驚く様子はない。
昨日の事はおぼろげにしか覚えてない様子だったが、自分が全裸の状況は飲み込めた模様で、話をすると意外とすんなり受け入れてくれたのでホッと安心。

俺がシャワーに誘うと彼女もその気になった様で、バスルームで3回戦に突入。
フェラも積極的で、自ら腰まで振って乱れる淫乱ぶり。
怒られると思い、中出しの事は黙っていたが、ベッドでの続きでも生挿入をOKしてくれたので三度中出し。

話を聞くと彼女は21歳の女子大生。
一晩限りのアバンチュールは終わった。

リラクゼーションセラピスト

私はリラクゼーションサロンセラピストとして働いている女で、年は25歳です。
職場は男性だらけで、女性スタッフは私を含めて2名です。

女性の希望が多いので早く女性スタッフが増えることを願うばかり。

まぁそれはいいとして、最近妄想の趣味が出て来ました。

元々仕事でお尻だったり突き出す様な姿勢が多く、また通路から見える店舗なので、それから少しずつ性癖が変わっていきました。

出勤の時は上半身裸にジャージを着てきます。家で着替える時はちょっと大きく窓を開けて向えのアパートにわざと見えるようにしています。そのせいか?タイミング良く、駐車場で声をかけられます。

その時のおじさんは股間が膨らみ、いやらしい視線を送ってきます。足元から舐め回すような感じで目てきます。それが余計に興奮します。

次はもっと焦らそうと思い、色々考えています。着替えはわざと全裸でお尻を外に出してるわけですから、もちろんアソコも見えてるはずです。

その時はもう色んな事を考えてるのでビチョビチョです。

今の制服は黒色で前が全てファスナーなので胸元をやや開けてます。胸はEカップです。

施術すると暑くなるのでノーブラだと涼しく快適なので気にしていないです。上から覗くと乳輪が見えるか見えないかですし、下はストレッチ性のあるスキニーなので、パンツラインもくっきりなはず...上の制服に下着のラインが付かないので、よく見るとバレバレです。

ブラをつける時は黒にしてデコルテ辺り、横から見たときにちゃんとブラの紐が見えるように調整はしています。

よく頭の施術を受けるお客様の時のお話です。

どうしても施術する際、オデコ付近に胸が寄るんです。その時は意識していなかったにですが、たまたま胸が顔に当たり、お客様がピクッと動いた気がしたんです。

その後わざと頭を上げたりして、胸に当てようとしてきました(笑)正直、施術の邪魔です。

だんだん動きも大きくなり、背伸びをして腕を上げてきました。一応避けのですが、腕がノーブラで勃起している、乳首をかすり、私もビクッとなりました。

その時は何もなかったのですが、後々指名してくださってよく来店する様になりました。

後日、電話でその方が予約してきたので予約日を想像するだけで緊張と興奮が出てきました。

なぜなら予約を入れてきた時間がシフトの関係で私1人になるからです(笑)

この日はわざと赤のブラ、Tバックで出勤しました。

Tバックは見せることがまずないので(笑)どうすればいいか考え、施術する時、アロマを使うのでそのアロマを取りに行く時に!と段取りをしました。

時間も近づきとうとうやってきました。

前と同じ流れでご案内をしてベッドに仰向けで寝てもらい、アロマをとって来ることを伝えました。

この時目隠しのタオルは付けるのですが、この時はチョットずらして顔にかけて、取りに向かいました。

横目で確認してこっちを見てるのを確認してから、わざと、お尻を突き出すようにしてアロマを取りました。

上のユニフォームが短いので、少し捲り、赤のパンツが見えるようにしました。

お客様の所に戻り施術スタートです!

最初はガチ寝していたのですが、途中から喋り出し色々聞かれました。最近いつヤッタんたんだ、彼氏いるのか?なんてことばかり聞いてきます(笑)

彼氏はいませんよ(笑)なんていったら嬉しそうにそうかそうか!なんて言いながら色々喋って終了しちゃいました。お見送りの時連絡先を渡され、「じゃあな!」って言いいながら私のお尻をパンっと叩いて帰って行きました(笑)

それから帰宅し部屋でぼーっとして休んでると向かえの家の電気がついていて、朝よく声をかけてくるおじさんの家だとすぐわかりました。

いつもカーテン少し開けて着替えるのですがこの日はなんだかムラムラが酷かったので、ゆっくりいやらしく着替えて、わざと外をキョロキョロ確認してからオナニーしました。

窓側にアソコを向けて、脚を全開にして顔にはタオルをかけ、ゆっくり弄りました。

びっくりするぐらい濡れててすぐ指が入りスムーズに
クチョクチョ音をかき鳴らし快感に陥りました。

目隠しをしてたこともあり、よけいに興奮が強くなり、乳首もかなりガチガチにそり立っていました...

声も圧し殺すことなく、美声を上げながらからが痙攣し、潮を何度も何度も吹いて活き狂いました。

どれくらい時間が経ったかわかりませんが、弾む呼吸を整えて、ゆっくり身体を起こし、枕を股に入れ擦り付けオナニーをはじめました。

部屋は明かりがついており、カーテンも閉めず、外に向かって腰を前後に擦り付けている姿を覗かれてると思うだけで、もうたまりません!

手が空くので空いた手でじっくりと胸を責めました。

乳輪の周りに指を置き、乳首に向かって指を滑らす。だけど指は乳首を触れないようにまた、最初の位置に戻す。

このくすぐりのゾワゾワ感が大好きなんです。

そうこうしているうちに、また潮吹いて逝きました。

もしかして俺の子?

いつも楽しくこのサイトを読んでいます。
 僕が15歳のときの話です。近所に従兄弟が住んでいて、もう何年も前に結婚していました。従兄弟は僕より一回り上で、奥さんも10歳上でした。
 夏休みに受験勉強をしていたのですが、従兄弟の奥さんが勉強を教えくれると言うので、我が家に冷房がないこともなって、喜んで従兄弟の家に行きました。
 従兄弟の家に行くと、奥さんはノーブラでノースリーブのミニワンピ姿といういかにもやってくれという大胆な格好なので、ムラムラして勉強どころではありませんでした。
 奥さんはなかなか子供ができないで悩んでいるらしいということと僕と従兄弟の血液型が同じで顔も良く似ていると言うことから、なんかそばに寄ってきてくれました。

 僕は我慢できずに、抱きつくと「あわてないの。」言いながら、その熱い唇を僕に重ねてきました。
 そのまま奥さんに服を脱がされ、奥さんも服を脱いで、ベッドで初体験をしてしまいました。

 その日は従兄弟が出張で帰ってこないと言うので、奥さんから自宅に電話してもらって、泊まることにしました。着替えなどないので、洗濯が乾くまで僕は全裸で過ごしました。
 その日は朝まで気の向くまま、全部生でセックスさせてもらいました。
 次の日からは通いで毎日夏休みの間中ずっとセックスさせてもらいました。

 夏休みが終わった後、その奥さんが妊娠したのです。それからはお互いにセックスをしなくなりました。
 従兄弟は妊娠をものすごく喜んでました。高校に合格した後、奥さんは無事出産しました。関係はそこで自然消滅しました。そのうち、従兄弟は隣町に引っ越していきました。

 4年後、奥さんが僕の家に遊びに来ました。連れてきた女の子はなんと僕にそっくりです。二人きりのとき、不安になって僕は僕の子ではないかと確認しました。
「違うわよ。」と笑顔で奥さんは言いながら、僕のあそこを触りながら、「彼女できた? うまくなった?」と言われてキスされてしまいました。
「いないよ。」言うと、またしたくなったら、おいでとも言われました。
 またしたくなった僕は隣町までエッチしに行ってます。

メディア企業って

メディア関係で働いているOLです。
自分はたいしたミスでもなかったのに、私と先輩女性が呼び出され、しかも夜10時にです。

二人で、企画部長の前に立ち、過ちを説明され、謝罪
30分もコンコンと説教を受け
それで帰れる訳でもなくて、私は両腕を結束バンドで固定され壁に背中をつけて立たされ
先輩も、結束バンドで両腕を後ろで固定されてしまったんです。
いいやああ いやあぁ やめてください いや、と先輩が声を出し嫌がっているのに
企画部長は先輩女性のブラウス胸を弄るし
スカート内にまで手を入れてパンスト股を弄っているんです。
立ちながら、ああいやあぁ やめてください ああぃや、と言っても、やめない部長
それどころか、ブラウス ボタンを外し、先輩のスリップ ブラまで弄るし
なんとスカートのファスナーを下げ、先輩のスカートがスルリと落ちて脱げてしまって

下半身スリップにパンストの姿を、私は壁に背中を付け見ているだけでした。
ああぃや ああぃや やっやめてぇ ああいや、と、嫌がっても、部長は先輩女性のパンスト内に手を入れてしまうし
なんとパンストとショーツを下げ膝のほうまで下げてしまって。
 
大変だわあ、と思いながら観るだけの私
オマンコを覗かれている先輩
スリップ下から部長 指を まずいわあ 入れちゃうなんて
初めてでした、女性が男性に指を入れられているオマンコを観てしまうのは
ああぃや ああぃや やめてください、と言うだけの先輩と見ている私
両腕を固定されてスリップの下半身先輩
部長は手に、まずい バイブ あんなの入れられてしまったら
 
ああいやあっぁ あああぃや それは ああいや やめてください。
 
膝を曲げたり腰を動かしたり、バイブがオマンコに突っ込まれて
乱れるスリップと広がったブラウス ブラ胸
「ああぃや ヒヒイ ああいや ああぃや ヒヒヒイ」
 
厳しい顔と声の先輩、でも呻くような声で 気持ちよさそうにも見えたり
壁に背中付けながら立ち、観ているだけで、私 たら 先輩が辱められているのに、感じちゃってワンピース内がムラムラして
企画部長から
よく観ているんだ 真木「私名」 ミスをすると こうう風にされる 今度から気をつけるんだ!
 
もしかして次は私、ワンピース下からパンスト下げられ弄られバイブもされてしまうのかしら、と思っていると
先輩の結束バンド 私のバンドも切られ、換えさせてもらうことになりました。
 
先輩が辱められている様子を伺って、自分の股 ワンピース内 ムラムラしてしまったことは言えず
一緒に帰って行き、途中で、先輩の家にお邪魔することになりました。
 
企画部長のことを聞かせてもらうからです
結婚されているし、太ってもなく そんな風に見えなかったけど糖尿病でインポ 勃起不全なのよ、と聞かされビックリ
先輩も、上司の麗子チーフが企画部長に悪戯されている様子をみたことがあるらしく ビックリ
 
そうなんだ、と思い、来月に企画部長は他の企業に転職することも聞き、麗子チーフが部長になることも聞かされた。
 
たいしたミスでもなかったのに、部長 最後に やりたかったのね、と笑いながら話す 先輩
気になるのは、バイブを突っ込まれたことでした
聞いてみました
 
パンスト パンティ下げられ下半身スリップにさせられて 見ている前で バイブ 入れられて 湿ってきていたし
観られるの初めてだったけど刺激的だったわ
イイクイイクと耐えていたけど、気がついたかしらああぁ いいっちゃったわ 初めて 立ちながらイイクしたのは!と話された。
 
どうだった、と逆に聞かれて
 
実は私、辱められている先輩の様子を伺い観ていたら
ワンピース内 履いているショーツ 湿ってきそうなほどパンスト内がムラムラしてきていたんです!と返答しました。
経験がないのでバイブって、どんな感覚がしていたのか聞かせてもらうと
 
恥骨までぶるぶる グングン刺激を感じるし オマンコ内もブルブル硬い物が振動している感覚があって
そうねぇ 数分もされていると愛液がじゅうわあぁ として 気持ちいいいわあ イイクしそうになったり
耐えて腰や足を動かしても イイクしてしまったわあぁ。
先輩は、今度チーフになるらしい。
私も、内密でネットでバイブを見つけて購入しましたわあ。
怖かったけど、自分でするし、それが、ススッポリと吸い込まれるように入ったし電源を入れてブルブルしたら、すすごおおい。

ままかつ

コロナで仕事を失い、若い女性は、パパ活で収入を稼いでいるけど
 
中年女性は仕事が減っても失ってもパパ活では稼げないし
 
逆にママ活で、稼げるかしら
年配男は苦手だし
 
と考えて、思って、ネットでアピールしてみたら
 
なんとまぁ、若い男性から、こんたくとがきました
 
こちらもアクションを起こし
 
夕食、飲食を約束
 
まぁ の金額でまま活
 
悪いタイプでもなくて、合ってみたら、紳士的な若い男性
 
二度ほど、飲食し、ついに誘われます
 
ラブホです
 
下着とか聞かれたりしてたし、逆に私から男性の好みも聞いたけど
 
谷間ブラのワイヤー無しとか
ハードタイプのパンストとか
 
まぁ 普通のスリップ ツルリとか普通の下着好みの男性で
パンティもシースルーのビキニとか ランジェリーで持っているし
 
入りました、ラブホ
 
中年になっているし、ただ私、ご無沙汰してて、セックスは久しぶりで
 
しかも20歳近く年下の男性
 
そうそう、私のプロフィール
身長153
体重41キロで細いけど、お尻も胸も小さい
 
男性、約身長175
体重 約65キロ
 
出かけた服は濃紺スカートにブラウン色ハードパンスト
上着を脱ぎ、白ブラウスに白スリップに白ブラジャー
 
立ちながらでも腰を抱かれ唇にキッスされ、久しぶりで ドキンドキン
 
ブラウスの上から胸を愛撫され、どうしたら よいか
 
とりあえず、声を出したほうがよいし、 ああぁ ああっぁ
 
スカート後ろから手を入れられ、ピチピチ パンストお尻を撫でられ弄られ
ああぁ ああっぁ 恥ずかしいわあぁ、なんて声を出し
 
パンストの股間下を指で擦られ、あああ そそこ あああ、なんて
 
服のままベットに寝かされ
 
スカート内に頭を入れられるなんて初体験で
恥ずかしい、パンストごしに、黒 ビキニ 透けるシースルー パンティ 覗かれ 見られ
 
なかなかスカートもブラウスも脱がされなくて
 
10分 15分は、ブラウス胸、スカート内で太もも 内腿 股間を弄られて、あああ あああ って声を出し
 
やっとブラウス ボタンを外されたけど、脱がされず
 
ブラウスを広げられ、スリップ ブラジャー下着を弄られ、あああ なんて声を出して
 
頑張って、恥ずかしいふりをし、感じて悶えそうな 声と顔をし
 
それが20分も弄られているスカート内のパンストも
私ったら気持ちよい快感になっちゃって、
 
白ブラウスを脱がされ、スリップ上半身にさせられると 恥ずかしいけど、ムラムラしてきてもいて
そのままスカートは脱がされず、下向きにさせられ、なんしろ初めてだし
下着に付けている香水もスカート内に頭を入れながら 男性
すてきなよい香りと言ってくれて ちょっと嬉しい、パンストに顔をつけられているけど
 
後ろからスカート内に頭を入れられるって、恥ずかしいパンストお尻に顔をつけられると恥ずかしい ああああ
 
パパ活で、若い女性は 5万円とか10万円とか貰っているかも知れないけど
 
私は、プラス3万円でラブホ承諾、高いのか安いのかも分からない
股は脱毛もして、スケベ声も出して頑張ってるし
 
下向きでスカートも脱がされると
 
白スリップにパンスト姿は、かなり刺激で私もムラムラしてくるし
 
男性は裸になり、下向きの私の上に重なってきて、まだ下着のままなのに
スリップやパンストの上から お尻の割れ目辺りに勃起物を押し付けてきて
 
ああぁ ああぁ 恥ずかしいわあ なんて声を出し 頭を動かし髪を振り乱しちゃったりして
 
上向きに直され、なお恥ずかしい 胸を愛撫され
あああ
スリップ ブラ紐を腕のほうに下ろされ
 
ああっぁ あああ
 
乳首 吸うし、あああ あああぁ
 
ハードタイプなのにパンスト内に手を入れたまま パンテいィ 股 撫でるし
徐々にパンストを下ろされ、脱がされると覚悟してたら
膝辺りまで下ろされるだけで、股間辺りをビキニの上から弄られ
 
透ける黒ぱんてぃを見ながら下着の手触りが好きな男性みたいで
 
脱がされない、パパンティーーー内に手を入れられ
さすがに5分ほどパンティ内を弄られていると、中年でも、ご無沙汰だったし
まずい、膣 マンコがヌルヌルリしてきちゃったし
 
あああ ああっぁ
なんて声を出してあげていたのが、本気になりそうで
 
膝辺りまで パパンテイ 下ろされた
 
おぉおぉ あああっぁ
 
本気で声が出ちゃった
 
こんなに長い勃起物、生まれてから、体験していないし、しかもマンコに吸い込まれちゃった
 
あああ ああっぁ ああぁ
 
乱されたスリップ、パンストだってビキニだって脱がされずに膝辺りに下ろされている足
 
恥ずかしいほど、あら マンコ ネッチャリしてきちゃうし
 
お金を貰って、抱かれているよりも、気持ちよくなりたくなるし
 
ああっぁ あああっぁ
 
でも恥ずかしがって、困ったふりをしないと、
 
かなり体が沈んでしまうベッドは初めて
上に重なられて 腰を押し付けられると 沈むし
あああ
グイグイと長い勃起物が侵入してきて
ああああ あああ あああ
大きな声が自然に出ている私
脳天まで響くような、子宮に勃起物先が触れる感覚、快感にも思え
かなり歓喜しているような大きな 声が 出て ああ しまうし
 
男性から、すてきな声 出されるね、とか言われたので
 
深く 深く侵入され、子宮に感じたら グイグイ
 
大きな 歓喜声で ああああ
 
腰から お尻が、ベッドで沈んだり浮き上がったりしてて
 
ああ だめ あぁ だめ、と声を出している場合でなくなって
 
逝っちゃった、けど、分からないように、あああ また逝っちゃった
 
男性、なかなか精液、出さなくて、マンコ内で滴れているから グッチャリ
 
抜かれて、白スリップの乱れた下から股を覗かれ
ヌルヌルしてしまった 股、見られると恥ずかしい快感のような
 
下向きにされて、膝が曲がるほど、お尻を持ち上げられて
あああ
白スリップお尻を振り回される感覚、自ら振り回している感覚
ああっぁ
 
小さなお尻 かわいい、とか言われるし
 
でもバックから振り回されグッチャリしているし、恥ずかしい
 
早く精液 出してもらいたいほど 攻められて
再び上向きにさせられて
上に重なられ、沈むベッド、子宮が グイグイ
ああっぁ ああっぁ 逝っちゃった
同時 一緒でした、男性が出した瞬間、私も大きな声が出て逝っちゃった。
 
足の膝にはパンストとビキニが下がったままで動きにくいまま
ブラとスリップは乱れ
レイプのように襲われて、逝っちゃったような私。
 
男性、興奮してくれてよかったわあ
ソファーで下着のまま20分ほどジュースを飲みながら休憩し
 
え 帰らないの部屋を出ない様子の男性
 
ああああ
ソファーで隣に座っている私のスリップ パンスト股を握るし
もう一度、と言ってきて
再びベッドでした
 
3万円なのに、何度もするような男性
 
私も履いているパンスト ビキニ内に手を入れられてマンコを指で
弄られていれば、あああ 感じるし
あああ だめ、と言いながらも
ムラムラしているマンコ、長い勃起物で 再び子宮まで刺激されたくなるし
ああああ
 
再びパンストとビキビキニを膝まで下げられ、侵入してきました 深く
 
ああっぁ ああっぁ
 
ブラジャーを握られながら乱れたスリップ下から襲われるって、なんだか 快感
 
ああっぁ
 
さっき出されたばかりで あああ マンコ ああっぁ 湿っちゃっているし ネッチャリ
 
ああっぁ
 
沈むベッドで、股間腰から股が攻められながら上下に動くし
 
あああっぁ ヒイヒイどうしたのか私、数分で ああっぁ 歓喜声 出ちゃって 逝っちゃった
勃起物先が子宮に触れると、めちゃくちゃ 脳天まで感じて ああああ
 
またまた下向きにさせられて バックから あああ ピッピススソトン あああああ
白スリップ お尻 ああ 振り回され 振り回しちゃって
ああああっぁ
 
グッチャン ネッチャン ああっぁ 音がしているような あああ
 
グウイグイイ されると あああ 辛いほどの刺激 ああああ
 
若いから すごい、ああああ
 
20分は攻められて、腰から股が崩壊しちゃった感覚
ビシュシュと出されて終わりました、ラブホを出ました。
 

まだまだ性感が反応

体調が崩れて、昔、職場で同僚だった仲良し女性から紹介された肉体調整ルーム
 
数ヶ月前から体が傾いてしまって悩んでいることを話したら
よい所があるよ、と言われて、肉体調整ルームに行きました。
 
下向きに寝て、背中や腰を押されるのですけど
ああぁ 痛いです あああ あああ 痛い
私太っていなくて肉も少なくて骨が逆にコツコツ出てて
体重も40キロくらいで身長が148センチですけどね
かなり強い力で それもひじを使って、「なんだか全体重を乗せて押しているみたいで
 
手足をパタパタしたくなるほど、あああ 痛いわ あああ
大きな声が出てしまって、あああ 痛い あああ
お尻なんて、男性先生が上に乗ってきて両膝で お尻の両側をグイイと 強い力でされたし
フクラハギなんて、あああ 痛い の連発 あああ、足裏も ああ 痛い
終えると、それが、痛い ああ って声を出したけど、体が かなりスカットします
 
首筋もグリグリされて、、下向きのまま、顔を かなり横向きにさせられて
肩と頭に手を当てられたと思ったら、力を抜いて、と言われて頭を捻られるように グイイ
ああ ああああああ
なんと、首筋辺りが、バキバキボキボキと大きな音がしちゃって、ビックリして
反対側を向き、グイイとされて、バキボキボキ、あああ
でも、スカットして
 
こんどは、
横向きで、上になった足をまげて下半身を斜め下向きのようにさせられ、腰に手を当てられて
上半身は斜め上向きのようにさせられて、肩に手を当てられ捻られて
 
いきなり、当てられている腰と肩を グウウと捻られて
あああ
腰から 坐骨辺りが、あああ バキボキバキボキと音がしちゃって
 
大丈夫かしら、と思うほどで、
反対側 横向きになりましょう、と言われて
 
なんでもなく、体が動き、反対側横向きになって
 
あああ
バキバキボキボキ
腰 大丈夫かしら、って 本当に思うほど大きな音で バキバキボキボキして
でも、腰から坐骨の肉と骨が スカットして
 
今度は上向きです、
 
 そうそう肉体調整は、言われたので服は脱ぎ下着で受けているんです
 
下着といってもスリップ、パンストは履いていなくて
 
下向きで肘でスリップの上から グイグイされて 手足をパタパタしながら、あああ
スリップの上からお尻を膝でグリグリされて、あああ
 
下向きの私の下半身を見ているのは、肉体調整、男性の先生で
スリップの下から、履いている ビキニ ショーツが見られているし
大きな声で あああ なんて恥ずかしい声も出てて
 
スリップの上から肘と膝でグイグギされるだけでなくて
撫でてもくれるのです、
お尻とか腰をスリップの上から撫でられるだけでも恥ずかしいのに
なんというのかしら、下向きのまま、股の下も
スリップの後ろ下から手を入れられているというか短いスリップだったし
お尻をビキニ ショーツの上から撫でられて、微妙なんです、膀胱辺り 膣というのかしら、 ハッキリ言うと
マンコ辺りを指でショーツの上から撫でられて
されて終われば、でも、肉体と骨までスカットしてて
 
かなり 超 いららしい、かなり超スケーケェベ
 
あああ あああ ああっぁ あぁ
 
今度は上向きになる、
 
短いスリップだし、股間ギリギリくらい
 
スリップの胸を見られるのも恥ずかしいけど、股です、ショーツ ビキニ 股間が見られてて
上向きで足を肩幅に広げて膝を深く 大きく曲げて、先生に踵の位置を合わせられて
でも、あら 膝の高さとか、位置とか合っていないようで
両手をスリップ両胸に置き、腕 肘の力を使わないようにと言われ、自分の力で腰 お尻を持ち上げて
5秒ほど止めてから、そのまま少し お尻と腰を左右に動かしてからストンと落として、と言われ、
ストンと落とすと踵と膝の位置が合ってきちゃっているわ
 
もう一度、お尻と腰を持ち上げて お尻と腰を動かしましょうと言われて
えぇ と思ったのですけっど、
先生が私のスリップ腰の下に手を当てて今度は力を抜くように言われて、先生に腰を脱力状態で高く上下に動かされて
やたらと気持ちいいです、腰が浮かされて 腰骨が緩んできているようで スカットして
 
なんというのかしら、肩幅に足を広げて、膝を深く曲げていて、先生もベットに上がって、私の膝辺りに顔だし
振り回される、高く上げた股、股のビキニがショーツが、チラチラでなくて、短いスリップはユラユラ、下腹部まで近くで下着を見られて
それが、先生の手、腰から ああ お尻 坐骨辺りに当てられて、高く持ち上げられ 振り回され
ああ ああ ああ
 
超 いじやらしい 長 ススケベ
あああ ああっぁ ああっぁ
 
だけしか声はだせないし
 
腰を高く持ち上げられながら上下に 左右に動かされているとき
短いスリップはユラユラ あああぁ
先生の手、ビキニの股、ああぁ先生の指 ショーツの股 下辺りでクリクリしてくるし
ああっぁ あああっぁ
足を広げ膝を曲げ、先生の顔の近くで見られながら
腰を持ち上げられているままスリップを振り回し、ビキニ股を振り回し 上下に動かし
見られているビキニの上からおおおまんこ辺りは先生の指でお尻のほうから弄られて、ああああ
 
超 いやらしくて 超 すけべ
でも、超 腰骨が 気持ちよく 緩んで スカットしてきます
 
それが終わると、足を伸ばして先生に、脇の下から腹部の横辺りまで手で揺さぶられ、、クネクネと体を動かされ
骨盤を撫でられて、私骨盤が出てて、恥ずかしいのですがスリップの上からツルツル撫でられ
ああぁ なんて撫でられているだけで声も出せず、普通の会話をしながら先生に
極度胃下垂ですね、とズバリ当てられ
太りたいのですけど太れなくて、とか会話しながら、先生にスリップの上から恥ずかしい凹んだ下腹部を撫でられ
それも恥骨の上もツルリとスリップの上から撫でられて恥骨を握られて、先生の指、ビキニ股間でしたし
なんというのかしら、超 スケベなことをされてて、恥ずかしいけどクリトリス膀胱がビンビンしてて
 
ここまでで40分くらいです、ショーツの上から40分も刺激されてたし、ムラムラもしちゃって
かなり、傾いていた感覚が、まっすぐになった感覚で 先生 スケベだけど上手
最後にベットに座って、先生が後ろから私の背骨に膝を当てて
私は両腕をクロスし、その手首を握られて、あああ あああ
グイグイイと膝で背骨を圧力
ボキバキボキ あああ

背骨の肉と骨が ススカカットしました 
終わりました、ベットの横に立つと、なんと なんと
傾いていた体が 踵に体重が しっかり乗って まっすぐ立っている感覚なんです。
 
超 いぃやらしい 超 ススケケベな快感なんですけど
肉体調整は上手なんですよね
 
先生から、続けて 3度 4度 通っていたほうが傾きは治ります、と言われ
 
でも治っている感覚、超 スケベな治療だし
 
先生から、明日になると傾きが 多少 でますよ、続けて直したほうが、と言われ
 
二日後に行きました。
やっぱり言われたように翌日は、少し体が傾いてしまった気がしたし、
 
この日もパンストは脱ぎ、スリップとショーツです
 
またスケベな いいぃやらしいこと されるわ、と思っていて受ける私
 
下向きで あああ あああ 痛い
スリップの上から肘でグイグイ、お尻を膝でグイグイ あああ 痛い
フクラハギ 足裏、痛い あぁ 痛い ああああ
手足をパタパタさせながら、 あああ 痛い
でもスカットしてくる、骨と肉
 
お尻や腰を撫でられるけど、この日の下着
短いスリップは同じだけど、ショーツは超 小さな細いビキニで超 透ける シースルー下着で
お尻も割れ目がギリギリくらいまでの小さなビキニだったので、先生 ったら、スリップの下から かなり深く手を入れてきて
あんあ ビキニの後ろ お尻のほうから手を滑らせてきて、あんぁ
ああ お尻 割れ目を指で弄られ あああ 股の下のほうまで触ってきて
ビンビンしてしまうし、あああ 何も言えず ビキニの内側で 指 あああ どうしようと思ったけど
少しマンコに入っちゃった、指が入っているわあ。
先生 ったら知らんぷりしているので、私も 知らんぷりするしかなくて、指 マンコに入れたこと
 
そして、顔を曲げられ バキボキ あああ
横向きで腰を 坐骨を バキボキ あああ
先生も私も、ビキニの内側でのマンコに指のことは話さず
上向きです
超 透けるビキニの股が 見られてしまうし
膝を深く曲げて 肩幅に広げた足、先生は 私の膝の数センチ上に顔
自分でお尻と腰を数秒 持ち上げて 左右に 回してから、ストンと落とし
今度は脱力した状態で先生に、腰の下に手を当てられて股間を高く持ち上げられたり 上下に動かされ
膝をまげ広げた足のスリップの下から ああ 透ける超 小さなビキニの股を近くで見られ
 
なんと、スケベ先生
お尻のほうからビキニの下に手を滑らせてしまって、お尻を上下に動かしながら、あああ
指が 指が あああ 指が マンコに触れて
透けるビキニの前から見られながら、股は回され上下に動かされるしスリップはユラユラ
あああ あああっぁ ああっぁ
透けるビキニの股、後ろから マンコに指が入っちゃって 入れられてて、前から先生に 上に動かされているビキニ股 見られて
 
知らんぷりしている先生なので、私も知らんぷり
超 スケkベ いやらしい、でもススカカットして
 
足を伸ばし、脇から横腹を左右から グラグラと調整されて、下腹部をツルツリとスリップの上から撫でられて
ああぁ 恥骨を握られ、ビキニの下を指で擦る あああ
 
されている40分が長い、胸は弄られないけど、股を弄られてて、ブラムラしてしまうし
 
最後にベットに座って、背骨に膝を当てられ バキボキボキ
あああ あああ あああっぁ
 
えぇええ 私の胸を握ったら そのまま、先生、そのまま後ろに倒れるようにベットに寝られた、から
後ろからスリップ胸を握られたまま先生の上に上向きに私も乗ってしまって
 
ああ
上向きの先生の上に上向きで寝たまま、両足首は絡まされ固定されて、両腕も握られて 動けなくされちゃって
 
ビキニ下着は股に下げられてしまっていて、あああ あああ いや
 
スリップの後ろから お尻のほうに、あああ 出しているペニスが感じちゃって
先生、腰 股間をグイグイ上下させてきて、あああ
ちょっと ちょっと ああ ペニスが ああ マンコに触れちゃってるし
 
あああ ううう おおお
 
数センチ ああ うう おおお 入っちゃった
 
バックからされたこと、あるけど、男性が上向きに寝た上に、私も上向きで 入れられたの ああ 初めて
 
5センチ 10センチくらい 入っちゃった、こんなポーズで入っちゃうなんて ああ おお うう
私、身長148センチ、体重40キロ 独身、51歳。
 
両手足を固定されていて、スリップお尻ギリギリで硬い物
ああ 気持ちいい マンコにペニス
 
強引に襲われているのでもなく、私も、嫌がらなかったし、やられてました。
 
2分くらいです、握られている手首、両腕を離され
下になっている先生が、私の両肩 背中を起き上げるように後ろから持ち上げて座らされました
股に下がったビキニ、ああ 先生の恥骨の上に座った私の坐骨 コツコツ
スリップで覆った先生の股間は、細マッチョでペニスもマッチョ
あああ おおお ううう
下腹部 ああ 子宮まで あああ
 
スリップお尻を持ち上げられて、抜けました、そうしたら 先生
はい ベットの横に立ってみましょう、と言うので
ビキニを持ち上げ履きなおして、きちんと まっすぐに立てます。
筋肉も骨組みもスカットしました、なぜか恥骨 坐骨もスカットしちゃって
ビンビンムラムラはしてました。
 
先生から、3度 4度は通っていたほうがよいと言われてたけど、強烈に スケベ いやらしいし
 私、声、 ヒイ とかでなくて 突然 その時 やってきたし
ああぁ おぉお ああ おぉ
3度目なんて、上向きで、先生が腰をスリップの上から手を当てて持ち上げてくれるけど
ビキニ 下げられていて、骨盤を股がらられてて、恥骨の内側 ああ おおお 硬い物で持ち上げられちゃって
子宮に触れ あぁ おぉ イイクしちゃった
 
なんしろ突然 やってくるんです股が ジュウワァ ああ おおぉ あぁ
 
4度目なんて、下向きから、ああぁ おおぉ あああぁ おおおぉお
ショーツを下ろされて すぐに スリップの後ろ 下から 入れられて ああ おお 入れられて、90分が長いような 短かったような。
 
更年期で欲求不満には、この肉体調整が 効く。

QRコード
QRコード
アクセスカウンター