萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

ナンパ

可愛いミニスカJDが小学生男児数人にナンパされて連れ去られる場面を目撃した話

この前、利用者の多い某ターミナル駅の出入口付近にて、柱に寄りかかりながら人を待っていた時のこと。

そんな自分のすぐ近くに、ミニスカートを履いた細身で可愛い女の子(おそらく20代の大学生)がスマホをいじりながら立っていた。おそらく彼女も誰かと待ち合わせをしていたのだろう。

数分ほど経った頃、小学4ー5年生くらいの男児数人がデカい声で騒ぎながら歩いてきたかと思うと、なんとそのまま女の子の方へ近づいていき、周りを取り囲んだのである。

「なんですか…?」

突然小学生の集団に囲まれて困惑した様子の女の子が、弱々しい声でそう呟いた。

しかしそんな女の子とは対照的に、小学生たちはニヤニヤと笑いながら声をかける。

「お姉ちゃん可愛いね。名前なんていうの?」

「オレ達と遊ぼうよーw」

「やっべー、マジで可愛い。てか太もも綺麗だね」

「べつに変なこととかしないからさーw」

「ちょっとだけ一緒に来てよ」

「あ…あの……やめて……」

女の子の身体を舐め回すような視線で眺めながら、下心丸出しな発言を連発する小学生たち。おとなしく気弱な性格なのか、それとも困惑や恐怖でパニックになっているのか分からないが、女の子は断りきれず、小学生たちのグイグイとした強引な誘いに圧されている調子だった。

男児達が女の子をいかがわしい目的で狙っているのは言動や視線からしても明らかであり、このままだと女の子はどこかへ連れて行かれて、あんな事やこんな事をされてしまうのだろう。

女の子を守るためにも、すぐ近くにいた自分が男児達を止めに入るべきだと思ったものの、このまま放っておいたらどうなってしまうのか、という好奇心が勝ってしまい、声をかけることができなかった。

すると案の定、男児達は女の子の両腕を掴んだり、抱き寄せるように腰に手を回したりし始めた。さりげなく女の子の太ももを撫で回している男児もいる。

「なぁ、いいじゃん、オレたちがいっぱい可愛がってあげるからさぁw」

「そうそう。優しくするからさ」

「痛くすると泣いちゃうもんねw女の子だしw」

「ちゃんとゴムも付けるから大丈夫」

「オレらが気持ち良くさせてあげるから」

「途中で喉渇いてきたらオレたちのカ○ピス飲ませてあげるよwちょっとドロドロしてるけどw」

「おまえ何言ってんだよww」

「やめろwww」

「…ってか身体やわらけぇーwかわいいなぁw」

「それな!オレとは違うなーやっぱ」

「じゃあそろそろ行こっか」

「ちょっ……やだ…っ……やめ…離して……くださ…」

もはや女の子の肉体目的だということを隠そうともせず、卑猥な発言を連発する男児達。

そして女の子は、小学生とはいえ複数の男に身体を拘束され、取り囲まれて抵抗もできないまま、強引にどこかへ連れて行かれてしまった。そんな様子を俺は呆然としながら眺めることしかできなかった。

あの後、女の子は果たしてどうなったのだろう。やはりあの醜悪な性欲丸出しの小学生たちに美味しく食べられてしまったのだろうか。男児らの気が済むまで、何度も何度も輪姦陵辱され、様々なご奉仕をさせられたりしたのだろうか。

あの男児らのナンパはかなり手慣れた様子だったので、おそらく常習犯だ。今までにもあの男児らの餌食になってしまった女性は数多くいるに違いない。

最近の子供はネットでいくらでもそういうコンテンツを見られるため、4ー5年生くらいでも性知識や性欲が豊富なのだろう。

そして今回の例のように、欲望を抑えきれないマセた男子小学生達による女性への強引なナンパや誘拐、性暴力がひっそりと全国各地で発生しているのかもしれない。

俺はあの光景を見て、そんなことをふと思った。

俺がナンパした少女達の行く先は・・・・・

俺は17歳の高2で暇さえあればゲーセンに入り浸つていたがある時、数人の不良達に囲まれて   カツアゲされそうになつた。                                              そこを助けてくれたのが今の俺の兄貴である山谷だつた。                          年齢は28歳で組傘下の若頭、つまり暴力団なのだ。                              「 お前・・甘いマスクしてるな、いくつだ・・ 」                                   「 ハイ、高2の17歳です・・ 」                                            「 アルバイトしないか?いい仕事だと思うがな・・ 」                              「 どんな仕事ですか?」                                               「 あの女の子をナンパできるか? あの子だよ 」                               山谷が指さしたのは短髪の見るからに中学生に見える、少し太めの少女だつた。            「 ええ・・ナンパには自信がありますがどうするんですか?」                         たしかに山谷が云うように顔には自信があり、童顔に見える俺は中学生と思われる事がよくあつた。物腰も柔らかく、殆んど警戒心を持たれなくて80パーセントの確率で落とせた。             「 いいから、ナンパして今夜のうちに関係を持つんだぜ、アパートは用意してやるから・・・ 」     少し、理解にくるしんだが取りあえず、声をかけた。                               「 ねえ・・何処からきたの?」                                            「 えっ・・K市だけど・・ 」                                               目が大きくて胸も大きい少女ははにかみながら答えた。                            「 随分と遠くから来たんだね・・年はいくつ?」                                  「 中2の14歳だけど何故そんなこと聞くの?」    「 だつてさあ・・高校生に見えたから尋ねたんだよ・・ 」                           これ位の女の子は少し年上に見られるのを喜ぶのを俺は知つていた。                 「 ウフッ・・・本当かしら・・・ 」                                           もう、少女は俺に心を開いていた、墜ちたも同然だつた。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

岡山県民『はるか』です。とりま…ご挨拶。

初めまして(*^^*)
リアル岡山住み女子『はるか』です。
20代前半です。
バスガイドしてます。
私は…ビッチとか…ヤリマン…と言われる種類に分類される女の子です。
Hが好きすぎてたまりません( >Д<;)
めっちゃ気持ちいいし……
中1の初体験から何人とヤッたのかわからないくらい。。
Hに覚醒したのは高校入ったくらいからだったかな?
高校の頃から薬を飲んでHをして…中に発射してもらい、諭吉二人ゲット…みたいな。
暇ならすぐに『出会い系サイト』にアクセス。。みたいな毎日でした。
社会人になってからも相変わらずで……
誘われたら断らない…みたいな感じです。
ナンパされれば着いて行くし……
女友達と居るより男の人と居る事の方が多いかも。

初対面の男性とか……
出会いからHにいくまでの行程も楽しい(笑)
誘われなかった時は、めっちゃショック……『私は魅力ないんだなぁ~』って。

そんな私です。

ここで…過去の体験談なんかを暴露しようと思います。
よろしくお願いします(≧Д≦)

一心不乱にしゃぶってくれたパンツスーツの泥酔OL

時間にしたら0時過ぎくらいかな。
コンビニに行こうとして駅前を通ったんだわ。
ちょうど駅から人がぞろぞろ出てくるところで、そこに一人、ショートカットの綺麗めなパンツスーツのOLがフラフラと出てきたんだわ。

少しの間観察していたら、どうやら駅前の駐輪場にチャリを取りに行く様子。
しかし、酔っているようで、うまくチャリを取り出せないでいる。

「大丈夫ですか?」

「あ、はい。ちょっと自転車が引っかかっちゃって・・・」

てなやりとりを交わし、自転車を通りにまで出してやる俺。

「これから帰りですか?」

「は、はい・・・(少し呂律が回らない)」
「なんかフラフラしてるし、そのまま乗ったら危ないから押していってあげるよ」

そう言いながら彼女の横に立ち、自転車を代わりに押してやる。
しばらくすると近所に小さめの公園があったので、「ちょっと休んだ方がいいよ」と促すと、素直に「うん」と頷く彼女。

チャリを停め、二人で公園のベンチに座った。
二人で並んで話してみると、どうやら会社の飲み会があって、飲んで帰って来たとのこと。
泥酔というほど酷くはないが、かなり酔っ払っている。

話しながら軽く肩に手を回すと、拒否する様子がない。
よく見ればスーツのしたの白のブラウスのボタンが外れており、レースのブルーのブラがチラチラ目に入る。
軽く手を差し入れるもそのまま彼女は無反応。
ブラの隙間に手を差し入れて小さめの乳首を摘むと、「あっ」と微かに感じている様子。

黙ってアゴを引き寄せキス。
舌を差し入れると向こうから積極的に舌を絡めてくる。
キスをしながらパンツのホックを外し、チャックをさげて下着に軽く手を差し入れ、ヘアの感触を確かめると、「だめだよ?」と弱々しい声。
さすがに公園の前の通りにはまだわずかながら往来があり、これ以上は進めそうにない。
「いつもこんなに酔っちゃうの?」
「いや・・・、そうでもないんですけど」

「気がついたら知らない男の部屋にいたりして?」
「あ、前にそんなことありました・・・」

(いける)

すでに彼女も完全に俺に身を任せていた。

「とりあえず、移動しようよ」

「う、うん」

そのまま公園を出て住宅街の細い道を歩く。
しばらく行くとちょっと奥まった場所に駐車場があるのを発見。
数台車が停まっているが、人気は無い。
黙ってその奥に足を進めると、彼女も黙ってついて来る。

車の影にチャリを停め、待ちきれないとばかりに引き寄せると、黙って唇に吸い付いてくる彼女。
パンツのファスナーを下ろすと、ストンとパンツが下まで落ちてしまったが、彼女は一向に気にする風でもない。
上下お揃いのレースの下着に中に手を入れると、もうビショビショ状態。
薄めのヘアをかき分け、小粒のクリを撫で回すと、「あ、あーん」と思わず声が漏れる彼女。

その声が思いのほか大きくて、深夜の住宅街で焦る俺。
なにせ、駐車場の影の横はすぐに住宅なのだ。
彼女の口に指を入れて声が漏れないようにすると、その指を一心不乱にしゃぶってくる。

「ん、ん・・・あ、あっ」

もはや酔いと快楽ですっかりエロモードになっている彼女。
それを冷静に見つめる俺。
誰もいないとはいえ、深夜の駐車場で下着を膝下までおろされ、上はブラウスが肌蹴た姿でマンコをぐしょぐしょに濡らしているOLって・・・。
冷静に考えるとかなり卑猥な姿だった。
そのまま今度はブラウスを肌蹴させると、推定Cカップの色白オッパイが顔を出す。
乳首を転がしながら手マンすると、俺のチンコを自らたぐり寄せて激しく上下に動かしてくる。
ピチャピチャとした唾液の音と、クチュクチュとしたマン汁の音だけが小さく響き渡る。
幸い、近所の家にはばれてないようだ。
たまらず彼女の頭を掴んでチンコに促すと、躊躇いもなく根本までパクッ。
相当エロモードに入ってるようで、激しく頭を上下しながら吸い付いてくる。
た、たまらん・・・。

「あん、ほ、欲しい・・・」

「まだダメだよ。もっと綺麗に舐めて。玉袋もしわを伸ばすように綺麗にね」

「う、うん」

竿から玉に移行し、愛おしそうに舐めている彼女。
月夜に白い尻が浮かびあがって見えた。

ちなみに彼女のスペックは身長156センチくらい、痩せ型ですらりとしている。
オッパイはCカップで、顔は仲里依沙ッぽい感じ。
パンツスーツのOLで、キャリアウーマンっていうよりはまだ新入社員って感じのあどけなさが残っている。
パンツの下は黒のパンストで、パンスト越しにレースの下着が透けてかなりエロかった。

ちなみに公園で聞いた話では、飲み会後、電車に乗ったが気持ち悪くなり、一度下車して休みながら帰ってきたそうだ。
到着駅ではフラフラとしてはいたが、気持ち悪いのは治まったようで、酔い潰れて吐いてしまうような状態ではなかったのがラッキーだった。

彼女の鞄を持ってやった時に、ちらりと免許証が見えたのだが、近所に住む26歳ということがわかった。
まぁ向こうも酔いの勢いだろうし、住所や名前、電話番号などは特別聞くことはしなかった。

手マンで中を掻き回すとすごい勢いでマン汁が流れ出し、もはや太ももまでビッショリだ。

「ね、ねぇ、我慢できないの・・・」

さすがに彼女も欲しくてたまらない様子。
通常なら外と言うこともあり、そのままバックからってのが一番やりやすいのだが・・・。
実は手マンしていてわかったのだが、彼女すごい前付きだったのだ。
しかもヘアが薄めなので、よくよく前から見てみると割れ目がくっきりと透けて見える。

(これはもしかして前から入れられるかも?)

そう思った俺は、パンストやパンツ、下着などを片足だけ脱がせ、対面したまま片足を担ぎ上げ、そのまま前から挿入を試みる。
さすがにバランスをとるのが大変なので、彼女は後ろの壁に寄りかからせ、そのまま前から挿入。

「あ、あーん」

一際大きい声が漏れる彼女。
近所の人が起きてきたらヤバいので、彼女の漏れる声を片手で塞ぎながら激しく前から打ち付ける。
片手は口、片手は彼女の足と、こちらも必死だw
しばらくその体勢で激しく腰を振ると、彼女の息がさらにあがってくる。
その後、「だめだめだめ」と言いながらビクビクっと身体を震わせる。
どうやら一度イッてしまったようだ。

しかし、こちらはまだまだ。
一旦チンコを抜き、そのままマン汁がビッショリとついた竿を彼女に綺麗にさせる。
イッた余韻に浸りながらもそれを夢中でしゃぶる姿にメスを見たよw

その後はバックに移行。
細めのウエストをがしっと押さえ、激しく後ろから腰を振る。
しまいには彼女の方から俺の腰の動きに合わせ腰を振ってくる始末。
もちろん声が漏れないようにしっかりと俺の指をしゃぶらせている。

いよいよイキそうになる俺。
そのまま中ってのはさすがに気が引けるので、抜いた後すかさず彼女の口に持って行き、口内発射。

「ん、ん・・・」

一瞬苦しそうだったが、そのままゴックン。
その後はお掃除フェラだ。

「あん、気持ち良かった・・・」

そう言いながら少しばかり土で汚れたストッキングとパンツをあげる彼女。
酔いと快楽でフラフラしているw

帰りは彼女の家の近くまで送って行くことに。
まだまだ酔いが抜けてない様子だったが、当初よりはすっきりした様子。

「そういえば、さっき、前に酔って知らない人の家に行ってしまったことがあるって言ってたけど、ホント?」
「うん、なんか酔ってフラフラしてたらナンパされたみたくて、気がついたら男の人の家だったんだよねw」

「それって当然やったんでしょ?w」
「うんw」

「そんなことよくあるの?」
「いや、ないですよぉ。ただ私、酔うとすごくエッチな気分になっちゃってしたくなることが結構あるから・・・」

「今日はそんな気分だったの?」
「いや、そんなことないけど、公園でチューしたらなんだか濡れてきちゃった・・・」

そんな話をしながら歩いてると表通りに。

「じゃ、気をつけて帰ってね」

「うん、ありがとー」

そう言いながらチャリに跨がって帰っていく彼女。
しかし、まだちょっとふらついて電柱にぶつかりそうになっている。
まぁ、次に繋げることも出来た感じだが、そこまでするのは野暮だろうってことで、夜も遅いし帰路に就いた。

あの調子なら、その後も誰かに声を掛けられたら応じちゃうかもしれないなw

わたし、結構ナンパされ続けて困ってます、フフ・・

こんなわたしでも結構ナンパされ続けています。
派手でもありませんがとびきりな清楚系でもないです。
身長は170cmと高身長で痩せ型ですが胸はBカップ。
ですがお尻が大きくちょっと嫌な部分です。
     
中学のときから結構告白は受けていましたが勉強とスポーツに明け暮れていて男にはあまり興味がありませんでした。
もちろん高校進学しても告白され1人だけつきあった男の子がいましたがキスだけでセックスはしませんでした。
なのでキスだけは兄が一番最初ではなかったのです。
その子は女性経験があまりないようで性急でした。
キスをしながらわたしの胸を触ってきたまではいいのですがスカートの中に手を入れてきたときははっきりと拒絶してしまいました。
シャツの中に手を入れてきたときも駄目と断りました。
     
その上の大学でもかなりもてました。
合コンも何度もしましたがそのときはもう兄の女になっていたので嫌々、人数合わせで行っていたにすぎませんでしたが仲良し5人組のなかではいちばんもてていたと思います。
「凄い美人だね」
「プロポーションも抜群だよ」などなど何度も言われましたが兄以外の男には興味をもたなかったのです。
大学を卒業してそれなりに名の知れた企業に就職しました。
そこでもかなりもてていました。
同期会15名いましたが女子は5名。
きれいな子もいましたがつきあってくれと言われたのが10名の同期男性社員のうち4名もいたのです。
女子会で飲みに行ったときも隣の席にいた年配の男性からトイレに行くときにナンパされたこともありました。
街を歩いていても通勤途中でもナンパはしょっちゅうでなかにはお金をちらつかせる人もいたほどです。
     
社会人になり兄が結婚したときは仕事も嫌になり他の男性と何回かデートをしたときも何度かあります。
大概、3度目のデートまでには体を求めてきました。
1度だけラブホテルに行きました。
相手は社内の人ではなく大手企業の有望社員。
背も180以上で家柄も良く性格もいいで準イケメンでした。
何が準なのか?あまりわたしが濃い顔の人は苦手でその人はパッと見、外人のような容姿だったのです。
ホテルでシャワーを浴びベッドインしました。
わたしも彼も全裸です。
すぐに彼がわたしを抱き寄せ「こんな美人とつきあえるなんて幸せだよ」とキスをしてきました。
ただしまだわたしは愛してはいませんでした。
兄を忘れ、肉欲の解消にと思っていたのですがそのうちに好きになるだろうと体を許そうと思っていたのですが、、、。
お互い抱き合い乳房を舐めてきました。
もちろん声を揚げて感じていましたが下腹部や腿に違和感を感じました。
彼の勃起したペニスがいきりたっています。
それはそれでいいのですが彼がペニスにわたしの手を誘導しそれに触れると、、、なんと馬鹿でかいことか!
彼はわたしの膣に顔を埋めクンニ。
愛液が迸るのですが彼が起き上がりわたしの目の前にそれを見せつけたときわたしは目がくらくらきてしまいました。
「ちょ、、、ちょっと」わたしは驚いていましたが彼のリクエストでフェラチオをしました。
もちろん奥までも入らず亀頭部分をと少しを口に入れるのがやっと。
彼はそれなりに感じてはくれていますがすぐに顎が疲れてギブアップ。
長さも太さも大きさがハンパないのです。
彼はわたしの両脚に入り込むとそれを膣に入れようとしましたが濡れているにもかかわらず入れるのに苦労。
もちろんわたしも怖くて「無理、無理」と言っていましたが亀頭が入ろうとしているそのとき痛みが激しく腰を引いてしまいました。
彼には本当に悪いことをしてしまいました。
「ごめん、、、、無理だわ」とその夜はフェラチオだけで射精してもらいました。
睾丸も大きく射精量も凄かったのを覚えています。
その人とはその後、2回デートしましたがセックスはしませんでした。
わたしはセックスが本当に大事でした。
もちろん結婚などあの大きさではできないとも思いました。
そしてお別れしてしまいました。
世の中には外人並みに大きな性器が好きな女の子もいますがわたしに無理だったのです。
こんな過去もあったのです。

ヤリチンの恋愛工学生の俺がフィストファック

色男 金も力も 無かりけり
は、俺のための言葉だ。今もヒモ生活をしているが、
ー俺は必要とされているから、ニートとは違う
と、自分に言い聞かせている。

今は、彼女一筋の俺だが20過ぎの頃は、恋愛工学のテクを使って、手当たり次第、ナンパしまくっていた。だが、若い女中心で、熟女は狙ってはいなかった。
そんな時、ヤリチンの俺ですらドン引きしたエピソードを話そう。

その日、俺はカイジよろしく、競馬で一発逆転と、有り金全部をはたいていた。
「クソ!またダメだったか。」
しかし、財布を見ると、数百円しか無かった。
「やべえ。給料日まで、あと10日はあるのに。」
彼女や消費者金融からは、多額の借金をしつおり、これ以上誰かから借りるわけにもいかなかった。
ちょうど、見ると、若いガテン風の男と一緒にいる美しい熟女が俺にウィンクをした...ような気がした。熟女は席を立ち、後ろへ向かう。いい年して、ケツが見えるくらいのマイクロミニに網タイツそしてサイハイブーツ。網タイツの向かうには入れ墨らしきものまで見える。俺は何となく気になり、気づかれないように後をつけた。
「ちょっと。あんた。つけていたでしょう。」
バレていた。
「あんた。良さそうだから、一緒にしてえ。セフレ達にも飽きてきたのよ。」
しかも、あの男とは別に旦那もいるときた。旦那が単身赴任中を良いことに、若い男や別の人妻と乱交をしまくっているそうだ。
「俺とやりたいのか。悪いけど、俺は若い女としかやりたくねえんだ。」
「50万うんうん100万あげるから。」
この女、本気かと思っていたが、金欠だったので、半信半疑ながら了承した。
ラブホまで行こうとしたが、我慢が出来ないというので、近くの公衆便所の誰でもトイレですることになった。
「ほら。アソコがうづくのお。入れてえん!」
女はスカートをまくり上げた。ノーパンで、しかもマンコにはピアスと蝶の入れ墨がされている。ピアスからはドロドロとした液体がドバドバと滴り落ちていた。当然パイパンだ。
「ほら。ここにfuck meと彫ってあるでしょう。入れてえん!」
女はマンピアスをカチカチとならしながら、チンポをねだる。俺は半ば萎えつつも、チンポを立ちバックで入れてやる。ケツ穴にもバラの入れ墨が掘られていた上、淫乱との文字までがあった。
この女、相当やりこんでいるなと思いつつ、ツボを探し、焦らすようについていく。
女は声を出さないよう、手を口に入れながら、身体を痙攣させていた。
「おっと」
気絶したようだ。白目をひん剥きながら笑っている。先ほどの美しい顔はどこへいったか。無理矢理起こすと、今度はケツ穴に入れて欲しいと言われた。チンポを入れようとすると、手袋を渡された。どうやら腕を入れて欲しいらしい。ケツ穴はだいたい10人に1人くらいの女とはしていたから、何回かしたことがある。だが、フィストファックは、話は聞いたことあるが実際やるのは初めてだ。それを話すと、モグリだと笑われた。
親切のためか、桜井式クスコを渡された。医療用器具らしいが拡張プレイにも使うらしい。俺は熟女の言われるがままに、ケツ穴を限界まで拡張させた。ポッカリと穴があき、S字結腸まで見える。
ローションはたっぷり塗り、まずは片腕を慎重に入れる。S字超えは余裕で、言われるがままに奥まで入れたら肩近くまで入ってしまった。
熟女はマンコピアスをカチカチならしながら、潮や小便を吹いている。ときおりガクッガクッと体重がかかる。
片腕が終わると、今度は四つん這いになり、三つ編み付きのゴムマスクを被るそして、今度は両腕をせがまれる。女のケツ穴が不気味に広がる。仕方がないので、ヌルリと入れてやった。
女は、身体をやはり痙攣させながら、気絶をした。
その後も貪るように俺にキスやフェラをしたり、フィストファックや飲尿をねだったりした。そして、何度も何度も気絶をする。そして、ケツ穴やマンコだけではなく、身体中に入れ墨をしていた。
終わった後、外に出ると、夏だというのに夜になった。女は礼にと前金として10万渡してくれた。先に帰って欲しいと言われた。どうやらイキ過ぎて前に歩けないらしい。それ以前に、裸なので、まず服を着ないとな。女の目は完全にいっていた。
数日して、約束通り、100万が振り込まれていた。これはいい収入源が出来たなと思ったのも束の間。何回か奉仕してやったら、飽きられたらしく、連絡が来なくなった。
数百万あった金もあっという間に散財しまった。
この話は、流石に、恋愛工学生にも話せないのでここに書いた次第である。

ヤフーメッセンジャーでの出会い

2014年にサービスを終了したYahooメッセンジャーというアプリを覚えている人はいるだろうか?

名前の通りYahoo!が運営したコミュニケーションアプリであるが、かつてMSNメッセンジャーとならんでかなり流行したツールだった。

使い方は、すごく簡単でアプリを起動すると様々なチャットルームがあり、その日の気分や、いつもの部屋という感じでその場で見知らぬ者同士がチャットできるのである。

利用目的もただ単に同じ趣味の者同士でのおしゃべりや、同じ地域に住む者同士で、あそこはどうだ、いやいやあっちの方がいいだとかご当地の話題で盛り上がったりと、なかなかリアルな話題もありで結構楽しかった記憶がある。

さてそのヤフーメッセンジャーであるが、ちょっと考えればわかる通り男女の出会いツールとしても大変に利用価値のあるツールだったのである。

一般的な利用方法は同じチャットルーム内で気になる異性がいたら内緒でPMと呼ばれる方法で、その相手にメッセージを送ることができるのであった。

これは、その相手以外には知られることがないのである。

メッセージを送られた方も送ってきた相手のプロフィールを見て返事するかどうか決めることができるのである。

こうして双方の意思が合えばそのまま内緒で個人的にチャットができるのである。ここからは2人の世界だ。

そうやってうまくいけば携帯の番号などを交換してリアルで会うことができるようになるのだ。

これはいいですね。ワクワクしますね。(^0^)

しかし、このヤフーメッセンジャーの本当の実力はそんなことではないのである。

このメッセンジャーアプリには、高度な検索機能があってその利用者はヤフーにプロフィールを登録してIDをもらうのであるが、そのプロフィールをもとに検索して自分の住んでいる町や、その近くの町に住んでいる人の年齢や、趣味、性別、などを調べてこの人と思う人が見つかったらいきなりメッセージを送ることができるのである。

しかも、タダで。

これが今の出会い系サイトなら、一メッセージ50円程かかるところだ。

それが故に女性はこのアプリを開くとすぐに何人もの男性から個人的にメッセージがきたはずである。

かなり便利なネットでのナンパツールとして夜ごとご近所の女性にメッセしていた男性は多いはずだ。

まさしく男女の出会いのためにあるツールと言って間違いない。

大昔にあったテレクラをもっと便利にしたようなものである。これもインターネットの発達がもたらした恩恵と言えると思う。

なんと言っても自宅でどこへも行くことなくナンパし放題だったのだから。

リアルでは勇気がなくてナンパなどできなかった気弱な男でも、どうどうと女性に声を掛けられるのだから普及するのもうなずけよう。

そして、時代は今はやりのスカイプであるが、そのスカイプの元になったのがヤフーメッセンジャーなのである。

しかしながら、そのスカイプには利用者を検索する機能がないわけではないもののヤフーメッセンジャーと比較すると、その機能はお粗末なものだ。

もっともスカイプは知らない者同士をつなぐことが目的で作られたわけではないから当然ではあるけど。

当然ではあるけれども、なんか時代はつまらない方向に進んでいるような気がする。

最後にヤフーメッセンジャーで出会ったある人の事を書こうと思う。

当時30代だった私は、年上好きということもあって確か52歳だと言っていた女性とリアルに会ったことがある。

会う3.4日前にメッセンジャーで声をかけていたら返事をしてくれた人だった。

実際に会った感じ52歳といっていたが、もう少し上だったのではないかと思っている。

やはりメッセンジャーでよく声をかけられるそうで、どうして返事してくれたのかと尋ねたら「さあね、どうしてでしょうねー。まあなんとなくかな?」と言っていた。

たまたま私が近くに住んでいて、多少欲求不満が溜まっていたのかも知れないと今は思っている。

その人とは、初めてチャットしてから3日後に会った。

約束通りイ○ンの駐車場で待ち合わせて向こうの車に2人で乗って朝からホテルに入った。

大人の女性は、話が早くていいなと思った。

その人とはその後だんだんと疎遠になってしまって今はもう会うこともないが、なにげに体の相性はなかなか良かったみたいで、会っている間は大人の女の人の味をしっかり教えてくれた。

できることならもう一度会いたいと思わせてくれる女性だった。

このような出会いツールはなくなってしまったが、その代わり出会い系のSNSがものすごい勢いで普及してきているのでそういうのを上手に利用すれば、良い出会いもきっと見つけることができると信じている。

他にも出会い系の体験談がいくつか読めます。
↓   ↓   ↓   ↓
優良出会い系サイトの体験談と感想のブログと検索してね。

ミントC!Jメールで出会った新宿の五十路熟女は小泉今日子似で凄い名器の持ち主だった

僕は出会い系にはまって6年が経ちますが、完全に熟女の虜になってしまいました。

中でも五十路熟女は僕の大好物です。

僕は40代半ばのサラリーマンですが、五十路熟女とヤリまくっています。

いろいろな出会い系を使っていますが、どれも優良出会い系ばかりなのでとても重宝しています。

今回はミントC!Jメールで知り合った小泉今日子に似ている五十路熟女との、体験談についてお話しします。

女性の30代・40代は競争率が高いので、50代に絞って早速検索。

会社の先輩もハッピーメールで五十路熟女とセックスし放題。

僕は巨乳が好きなので、キレイ系の巨乳な人妻を検索していると1人の女性を見つけました。 

小顔でショートカット、目はパッチリ二重で本当に美人だ。

もちろん、写真はくっきりというわけではないが、隠しても、その綺麗さは何となくわかるものです。

何となく小泉今日子を彷彿させる雰囲気です。

胸はEカップと大きめなので思い切ってメールを送ってみることに。

するとすぐに返事が返ってきた。

名前はかおりで身長は163cmで割と高め。

顔は先ほども言った通り美人みたいですが、本当にこんな綺麗な女性が不倫するんだろうかと疑問でした。

そう思いましたが、順調にメールをやり取りし会うことに。

Jメールで知り合う熟女は本当にレベルが高いです。!

僕みたいにモテない男でもJメールを利用すると素敵な熟女と出会えるのです。

女性に殆ど縁がなかった僕に希望をもたらしてくれたのがJメールなんです。

ナンパなんてとてもできない、勇気がない僕でもJメールなら自然と行動に移せます。

Jメールで会う約束を取り付ければ、最終目的であるセックスにほぼ辿りつけます。

しかも熟女ならその確率はとても高いです。

僕は健康な男ゆえ、性欲を持て余していますが、熟女だって性欲を持て余しているのです。

win-winの関係で最終目的にたどり着くのはたやすいです。

僕みたいな不器用でモテない男は、Jメールを利用するのが一番で、おかげで楽しいセックスライフを送ることが出来ています。

僕はモテる人にはJメールを推奨しませんが、どうしても風俗のようなプロではない素人の女性と、何としてでもセックスしたい人にJメールを利用して欲しいと思っています。

若い女性とのセックスは難しいかもしれませんが、Jメールなら熟女とのセックスは難易度は高くありません。

Jメールは熟女が狙い目です。

それに僕は、Jメールで若い女性をターゲットにするのはおすすめできません。

若い女性の目的はお金だからです。

その点、熟女ならお金が絡むことは殆どなく純粋にセフレの関係を築きやすいです。

熟女の中でも五十路が狙い目です。

40代以下はライバルが多いし、60代以上はそもそもJメールに登録している人はとても少ないですから。

僕は俳優や芸能人ではないので、女性とヤリまくっても世間のバッシングを受けることはありません。

文春砲など気にすることなくヤリまくれます。

貴方もJメールを利用すればきっと楽しい未来が待っているはずです。

新宿駅で待ち合わせしているのでそれらしい女性を探す。

パッと目が合いニコッとしてきたのできっとあの女性だ。

写真では若干モザイクがかかっていましたが、キレイ系で巨乳というのは間違いありません。

こんなに綺麗なら相手ならいくらでもいるだろうにと思います。

間近でみたら、やっぱり小泉今日子に似ていて、五十路熟女というくくりで見れないほどの若々しさです。

わざわざミントC!Jメールに登録しなくたって、引く手あまたのはずですが、彼女なりの理由があるのでしょう。

僕は少し緊張しましたたがここは男を見せ余裕をもった対応を意識してリードしました。

まずは新宿駅の近くのラ・ヴィレッタというイタリアンに行くことに。

メールでイタリアンが好きだと聞いていたので予め予約しておきました。

パスタをすする表情が色っぽい。

あとで僕の太いパスタもすすってもらおう。

かおりは明るくて本当に話しやすく、性格も私とかなり合う。

これは今後もかなり期待したいところです。

Jメールで知り合った小泉今日子似の五十路熟女といざホテルへ

パスタを食べ終わってヤングインというラブホテルにチェックイン。

かおりが私に抱きついてきた。

Eカップの胸が腕に当たり私もスイッチが入る。

お互い見つめあいまずはフレンチキス。

かおりの厚い唇が凄い柔らかい。

続きはこちらからお読みください!
⇓




フェリーの雑魚寝部屋で横に高学年の女児が

    
ナンパとは少し違うが、大学生の頃、帰省するフェリーの雑魚寝部屋(B寝台)で高学年の女児を含む家族が横に陣取った。
ラッキーな事に1番端、つまり俺の横に女児が寝る事になり、俺はみんなが寝静まる夜中の2時過ぎまで起きて女児にいたずらを敢行した。
身体中を撫でまわしたが、途中でクリがもろ勃起したのには感動した。
寝てたのか、寝たフリをしてたのかはわからんが。
    
みんなが完全に寝静まった夜中の2時、隣で眠る少女の毛布の上から静かに胸を触ってみた。
なんの反応もないので、毛布の中に手を入れ、パジャマの上から触った。
大丈夫だ。
ゆっくりとパジャマの中に手を入れ、膨らみかけた胸を撫で回す。
少女は熟睡してるのか、5分位小さなおっぱいを堪能したが無反応だ。
これなら大丈夫と判断して、下半身に手を伸ばした。
ゴム付きのズボンだったが思いきって手を突っ込んだ。
しばらくお腹の上に手を当てて様子をみたがいけそうだ。
静かにぱんつの中に指を這わせ、柔らかい産毛に驚きながら指は割れ目にたどり着いた。
初めて触った小さな割れ目は意外にパサパサした感じだった。
    
中指の腹を割れ目に合わせ、静かに感触を楽しんだ。
指を上下左右に軽く動かし、じっくりと割れ目を堪能した後、我慢出来ずにトイレに駆け込んだ。
腹にくっつく程反り返ったモノを、ついさっきまで少女の割れ目に触れていた右手でしごきあげた。
すっかり満足して寝床に戻ったが、少女の臭いを嗅いでいるうちに、また勃ってきた。
もう止まらない俺の右手が再び少女のぱんつの中に入り、指を這わせた時、少女の身体の異変に気付いた。
割れ目の付け根に丸いものが飛び出している。
トイレに行ってた間に何があったんだろう。
初めての経験に浚に興奮して、その丸いものを指の先でいじくりまくった。
すると少女の寝息が段々と荒くなってきた。
起きてるのか?でも構わないとばかりに、少女の敏感な部分をいじくり続けた。
結局濡れたりはせず、それ以上の事は出来ずに再びトイレね抜いて寝ました。

ファミレスの入り口で具合が悪そうな女が居たから介抱するふりをして車に連れ込んで犯した。

ついさっきファミレスに飯を食いに行ったら、店から一人の女が出てきた。
「気持ち悪い…」
と呟いて座り込んだので
「大丈夫ですか?」
と声を掛けた。
警戒心丸出しで俺を見る女に
「救急車呼びます?それともタクシー?」
と更に言葉を続けた。
それでナンパ目的じゃないと判断したのか、警戒心を薄れさせて応えてくれた。
「少し休めば大丈夫だと思います」
「無理して動けなくなったら大変ですよ?タクシー代が足りないならメディカルセンターまで送りますけど、どうしますか?」
とさりげなく背中を摩る。
「心配していただいてありがとうございます、それなら送ってもらえますか?」
と、俺の車に乗るのを決めたようだ。
女を支えながら車に戻り、後部座席の背もたれを倒して寝かせる。
「もし吐きそうになったら言ってくださいね、袋もあるし、車停めて外に連れて行くなりしますから」
「すみません」
あくまでも善意で車に乗せたように思わせる。
駐車場を出て少し走ったら予想通り女が吐きそうだと言うので車を停めて後ろに移動して袋を渡して背中を摩る。
僅かに吐いただけでまたグッタリとしてしまった。
ここまで弱ってれば抵抗も出来ないだろうと、俺は女の服を無理矢理剥ぎ取って前戯もせずに挿入した。
やはり抵抗する元気も無くてやりたい放題だった。
2回連続で中出しして、更に口に無理矢理チンポを突っ込んで口にも出す。
吐き出さないように飲むまでチンポを突っ込んだままにして、飲んだら口からチンポを抜いて女をひっくり返してアナルも犯す。
アナルは初めてだったようでかなり痛がってたが無視した。
アナルにも中出しして糞まみれになったチンポを再び咥えさせる。
スッキリしたからまた車を走らせて他の車も人気も無い場所に移動して、そこで仲間を呼んで女を輪姦さた。
5人に代わる代わる犯されて全身精液でドロドロに汚れた女を全裸のまま車から降ろして逃げて来た。
仲間からは喜ばれてまた次も頼むと言われた。
車に残した女のバックから免許が出て来たから住所もゲット。
全員で共有して今度は家まで行って犯すか呼び出して玩具にしようと決めた。

QRコード
QRコード
アクセスカウンター