萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

その他

加奈と

俺には加奈と言って娘がいる、妻は加奈を生んで死んだ
加奈は寝るときはいつも俺に抱き着いて寝てる、加奈が小3の時に加奈が寝てる時に悪ふざけで加奈の手をパンツの中に入れて握らした
でも加奈は起きる気配ないから加奈の手を使ってシコシコ始めた、それが気持ちよくて辞められなくなった
しばらくたったある日、途中で加奈が起きた
加、パパどうしたの
俺、うーん、気持ちいいことしてたよ
加、パパ毎日してたよね
俺、分かってたか
加、うん、こうしたら気持ちいいの
俺、そうだよ、加奈気持ちいいよ
俺は限界にきてティッシュに出した
俺、加奈ありがとう、気持ちよかったよ
加、白いのなに
俺、加奈がもう少し大きくなったらわかるよ
加、そうなんだ
俺、加奈今日の事はみんなにはなしたらダメだよ、一緒に暮らせなるからね
加、話さないよ
俺、そろそろ寝ようか、明日も学校だし
加、うん
加奈はチンポ握ったまま寝た
その日から毎晩加奈がシコシコしてくれた
加奈が6年生になりだんだん胸も膨らみ死んだ妻に似てきた
ある晩俺は決意した
俺、加奈
加、なに
俺、加奈も気持ちよくなろう
加、うん
俺、加奈もパンツ脱いで
加奈はパンツ脱いだ、俺は加奈のあそこを舐めた
加、えー、パパこんなところ舐めるの
俺、そうだよ
しばらくすると加奈の鼻息が荒くなってきた
俺、加奈どうだ
加、よくわからないけどすごく変な感じ
俺、それが気持ちいいんだよ
加、そうなんだ
俺は舐めつづけた
加、パパ気持ちいいよー
俺、気持ちいいかい
加、うん気持ちいい
俺、そうか
加、パパの触りたい
俺、いいよ
横向きになり加奈の方に尻向けたすると加奈はペロペロと舐めてきた
俺、おー加奈気持ちいいよ
加、加奈も気持ちいい
加奈はシコシコしながらペロペロと舐めてた
俺はスマホでエロ動画を加奈に見せたら加奈は咥えてきた
俺、加奈気持ちいいぞ、上手いぞ
加、パパもちゃんと舐めてよ
俺、あーごめん、加奈の気持ちよくて
限界にきて慌てて加奈から離れてティッシュに出した
俺、加奈凄く気持ちよかったよ
加、パパこれもするの
動画見たら正常位で入れるシーンだった
俺、加奈最初は痛いよ
加、そうなの、だってこの女の人気持いいとか言ってるよ
俺、それは初めてじゃないからだよ、女の子はみんな初めては痛いだよ
加、そうなんだ
俺、どうする
加、する
俺、分かった
俺は加奈を裸にして入れ始めたらちょっと入った
加、パパ痛いよ
俺、加奈我慢だよ
加、うん
少しづづ入れた半分入った加奈はもう半べそ状態
俺は腰を振り続けた、限界にきて加奈の中で果てた
俺、加奈大丈夫かい
加奈は泣き出して俺に抱き着いてきた
俺、よしよし頑張ったね加奈
加、うんでも痛かったよ
俺、何回もしたら痛くならないよ
加、うん
加奈がいつ生理始まるか分からないから次の日ゴム買ってきた
加、パパこれなに
俺、加奈の中で白いの出したら赤ちゃん出来ちゃうかもしれないから赤ちゃんが出来ないためのだよ
加、そうなんだ
俺、今日もするかい
加、する
俺、ここは大丈夫
加、うんお風呂入ったときヒリヒリした
俺、そうか
その日から毎晩加奈とセックスするようになった、休みの日は1日中セックスした日もあった
加奈が高校生になるとラブホにも行くようになり外や車の中でもした

その加奈も明後日嫁に行きます、実は俺の子供が加奈のお腹の中にいるでも彼氏の子供と言うことで結婚する7月に生まれる予定
今晩が加奈と最後のセックスになる

仮病を使って母さんとやりまくる

「母さん熱があるみたいなんだけど…」
「あら!大変!今日は学校休みなさい、お母さんが連絡しておくから部屋で寝てるのよ」
ちょっとフラフラした演技をすれば父さんも騙せる。
部屋に戻ってベッドで待っていると、暫くして母さんが来た。
「やっとお父さんが仕事に行ったわ、学校にも連絡したから三日は休んで大丈夫よ」
「ふふ…三日も母さんとやりまくれるなんて最高だね」
「お母さんも久しぶりに朝から出来ると思うと濡れちゃって大変よぉ…」
僕の隣に腰掛けて抱きつきキスをしてくる。
ネットリと舌を絡め合い、自然と手がお互いの股間を弄る。
「凄い濡れてるね、今すぐ入れて欲しい感じ?」
「あなたのここもカチカチよ?すぐに入れたいんじゃないの?」
「色々してからにしようと思ったけどお互い我慢出来ない感じだから入れちゃおうか」
「大丈夫な日だから中で良いわよ」
「ありがと、でも母さんに飲んでもらうのも好きだから中ばかりじゃなくて口にも出すね」
「お母さんの好きな所に好きなだけ出しなさい」
裸になってベッドに横になり愛し合う。
2人きりの家の中で誰にも遠慮しなくて良いから大きな声で喘ぎまくる母さん。
僕も音を気にしなくて良いので激しく腰を振る。
「出るよ!最初の濃いのは中に出すからね!」
「奥に出して!子宮に欲しい!」
母さんの期待に応えて奥に押し付けながら出す。
母さんとこうなったのは二年前。
本当に体調を崩して休んだ時に母さんから手を出してきて口でされたのがきっかけ。
口に出した後は跨ってきて腰を振られて何度も何度も出させられ、それで不思議と元気になったんだ。
その時の母さんが忘れられなくて、定期的に仮病を使ってズル休みしてこうしてやりまくる。
母さんも仮病とわかってて協力してくれるから僕とやりたいんだろうね。

下着脱いだ瞬間に成人女性の陰毛がふわっと現れて

裸が見たくて仕方がない時分に、あるときふと気付いてしまうんだよね、母親も女であることに。
俺の場合は性欲が目覚めるのが早くて、小学3年くらいのときなんだけど、当時まだ一緒に風呂に入っていた母親が脱衣所でパンツ脱いだ瞬間に、大人の象徴である毛が、パンツからふわっと現れたスイッチが入ってしまった。
しかも、風呂からあがってタオルで身体を拭いた時、毛が逆立って奥のワレメまでみてしまったら、もう「女の子」にしかみえない。
当時まだ30代前半だったし、参観日とかでも自慢の母だったからね。
     
精通したのが小学5年で、夢精だったんだけど、夢のなかに出来てきたのが母親の裸。
だけどその頃には一緒に風呂にはいってなくて、わざと風呂上りを狙って脱衣所の戸を開けても、さり気なく後ろを向いて絶対に前を見せてくれなくなり、終いには戸を開けようとすると
「あ、ちょっと待って」言われるようになった。
     
毎日オカズにしてたのに、もう二度と見れないのかと思っていたが、小学6年の夏休みで父親の実家に泊りにいった時、祖母が「お湯がもったいないから一緒に入れ」って空気を読まずに強制して、一緒に入ることになった。
これが本当に最後だと思ったから、どうしてももう一度、パンツから現れる毛が見たかったが、残念ながら俺に背中を向けて脱いだ。
髪を整えたりとか色々と時間稼ぎをしていたが、渋々、浴室に入ってきたときの顔はいまだに忘れない。
その時にはオッパイにも興味を持ってたから、シャンプーしてるときもジックリみることができたし、保健の授業で女性器のことも知ったばかりだから、かろうじて、ワレメから何かはみ出ているところも見ることが出来た。
その日も次の日も、珍しくずっと不機嫌だったなぁ。
    
母は確かに上品ではあるけど、それ以上に羞恥心が強いみたい。
もう40前半なのに、いまだに医者の前で胸を出すのが嫌らしくて、風邪をひいても我慢してる。
たしかに俺も男の目で見てるのに気づいたんだろうけど、自分の息子にもやっぱり他の男に見られるのと同質の羞恥なんだろうか?
最後に俺の前でパンツを脱いだときなんて、パンツに手をかけて数秒躊躇って、えいやっって感じで脱いでたな。
幼い甥っ子の面倒を見なきゃいけないんで、すぐに風呂からあがるわけにもいかず、おれもなかなか上がらないから、最後は開き直ってた感じだったけどね。
それでも股はシッカリ閉じて座ったりとかしてたけど、甥っ子を持ち上げようとして屈んだときに、後ろからバッチリだったわw
ガキだからエロ本も立ち読みできず、家にあった家庭の医学書の女性器イラストで抜いてたくらいだから、久々にやっと念願の母の裸みれて、しかも想像上にしかなかった女性器までなんで、最高のオカズだったね。

下着の上から股間をさする

うちの妻(28歳)は、芯の強さを感じさせる凛とした女性である。
真面目なのか、自分から誘ってくることはないし、昼間に体を触るとはたかれる。
夜のセックスも大人しい。
たまには乱れさせてみたいと常々思っていた。

ある日、インターネットにフリスクが女性の性感を高めると書いてあった。
ピンとくるものがあり、さっそくフリスクを買いに行き、昼間から食べていた。

「どうしたの、フリスクなんか買ってきて?」と尋ねられ、「目に入ったから何となく」と答えておいた。

その日の夕食時、「今日の夜どう?」と誘うと「疲れているから嫌」と答えてきた。

「それなら口でしてよ」と頼むと「良いよ」と答えてくれた。

夜10時過ぎ、机で作業をしていると、背後から、一段落した妻が「しようか?」と声を掛けてきてくれた。

机の上に出しておいた2粒のフリスクをそっと口に入れてから、「お願い」と答える。
さっそくベッドに横になり、ズボンと下着を脱いだ。

キスをすると「フリスクの味がする」と妻が言う。

妻はベッドに上り、四つん這いになりながら、ペニスへ顔を近づけてきた。
いつものように亀頭にゆっくりとキスをしてから、鈴口へ舌を伸ばしてくる。
鈴口を舐められると、足の裏が熱くなる。

「熱いよ」と言うと、ふふと妻が笑う。
次に、亀頭を大きく咥え、唇でカリを刺激してくれる。

私には、左横から四つん這いになってペニスを咥えてくれる妻が見える。
妻の太ももに手を伸ばす。
ネグリジュの裾から手を入れおしりを撫で回し、下着の上から股間をさする。
しばらくして、妻の下着を脱がす。
妻も嫌がらなかった。
膣口の周辺が微妙に濡れている。
ただしクリトリスの周辺をさすっても反応はない。
そこで人差し指を口に持っていき、唾液を付けた。
この時、フリスク自体は溶けてもう口にはなかった。

人差し指を、妻のクリトリスの上に持っていき、たっぷりとした唾で濡らした。
クリトリスが少しぷっくりとしてくる。
そのぷっくりとしたクリトリスのふくらみを確かめるように人差し指で撫でると、妻の口の動きが止まった。
それまで口と舌の動きに集中していた意識が、妻自身の股間に向いたようだ。

膣口とクリトリスの2カ所で数字の8を描くように人差し指を蟻が動くような速度でゆっくりと動かす。
2回、3回と8の字を描く数が増えると、クリトリスの弾力が次第に強くなっていくのが指に感じられる。
クリトリスの上を指の腹が通り過ぎる度に妻が漏らすため息が聞こえる。
さらにクリトリスを撫でていると、妻の口の締め付けが弱くなり、少し強めに擦り上げると、口からペニスが離れてしまった。

妻のネグリジュの胸元のボタンを外し、妻の乳房を顕わにし、その白さとたっぷりとし量感に目を細めた。
そのまま妻のネグリジュを脱がした。
そして自分も上着を脱いだ。

「僕の乳首を舐めて」と頼むと、妻はのろのろと体を動かし、まず両足で私の左足をまたぎ、両腕を私の胸において体を支え、四つん這いの姿で、私の右の乳首を舐めてくれ始めた。
ペチャペチャという乳首を舐め上げる音が私の右胸から聞こえてくる。
私は右手で自分のペニスを握り、左手の人差し指に再びたっぷりと唾を付けてから、左手を妻の股間に這わせた。
クリトリスの大きさを確かめるように、クリトリスの周りをなで回す。
妻のクリトリスはいつもよりあきらかに大きく、かつ張りがある。

非常にゆっくりと、さらに指とクリトリスとの間に唾液の膜一枚があるかないかを感じられるほどの強さで愛する妻のクリトリスをなで回した。
クリトリスのふくらみとその中にある芯を指に感じる。
クリトリスの芯を指の腹で左右にゆっくりと強く揺らす。
私の乳首を舐める妻の口から小さなため息がゆっくりと出てくる。
そっと頭を上げて、妻の姿を見る。

私の体の上で臀部を上げ、四つん這いになり、私の胸に頭を埋めている。
クリトリスを焦らされるように触られて、甘い吐息を上げながらも、私の乳首を懸命に舐めている。
少し強めにクリトリスを擦ると、臀部を高く上げたまま、私の胸に顔を埋めて、「あっ、熱い。あなた熱い。うーーん」と声を上げて逝ってしまった。

ぐったりとしている妻をベッドに残して、机の上のフリスクを取りにいった。
一粒だけフリスクを出して口に含み、奥歯で磨り潰して砕く。
仰向けに寝ている妻に近づき、股間をそっと手を伸ばす。
クリトリスをゆっくり回すと甘い声が再び出る。

スイッチが入ってきたようだ。
股間に顔を近づけ、膣口周辺にフリスクがよく溶けた唾液をたっぷりと塗りつけた。
口を離し、人差し指を膣に入れると、Gスポット付近を少し強めにさすってやった。
妻が唾を飲み込む音がし、さらに強い刺激を期待するかのように妻の体の動きが止まった。
いったん指を出して、股間に人差し指を軽く当ててると、妻の腰がうねり始め、強い刺激を求めてクリトリスを指に押しつけてくる。

妻の右手をそっと私のペニスに導き、握らせてから「そろそろ逝かせてくれる?」と言うと、切なそうな顔をして逡巡している。

「早く!」とせつくと、右手でペニスを握り、ゆっくりと上下してくれる。
さらに妻は半身を起こし、亀頭に唾を垂らして、陰茎全体にそれを伸ばした。
こんな事いつもは絶対してくれない。
私は、右手で妻の髪を撫でながら、左手の人差し指第2関節までを妻の膣に入れ、軽く中で回した。
すでにいつもより膣の中が熱い。
妻は亀頭を舌で舐め、陰茎を右手でしっかりと握りながら、「あなた、やっぱり入れて欲しい」と小さな声で伝えてきた。

「わがままなやつだなぁ」とつぶやきながら、妻を横にし、そっとペニスを挿入する。
膣の中の熱さに驚く。
蒸しタオルに包まれた様である。

”フリスク効くなぁ”と思いつつ、Gスポットをペニスのカリで引っかけるように刺激するために浅く挿入し、引く動きを中心に腰をゆっくりと動かした。
私は、妻の膣の熱さに驚くと共に、いつもより充血したためか狭くなってねっとりと陰茎に絡みついてくる膣壁の感触を味わった。
膣の奥までペニスを入れてゆっくりと腰を引き始めると、私の臀部にある妻の両手が私の腰を離したくないというように、私を引き寄せようとする。
ぎりぎりまで引き、再び挿入し始めると、妻の腰が私を迎えるように上ずって開く。
最後まで挿入しきると、妻の両手が強く私の臀部を抱き止め、離さ狭いとする。
この押し引きを数度繰り返す。

最後に奥まで挿入し腰を離さないようにして、小刻みに私の腰を妻の腰にをぶつけるように押しつけ、軽い衝動を妻の膣奥とクリトリスにしっかりと伝えてやる。
そのうち子宮口が降りてきて、亀頭の先にコリッコリッとした塊が微かに感じられ始めた。
妻は、濡れが一段と激しくなり、声がかすれている。
私は、この状態で顔を上げ、快感に浸る妻の表情を眺めた。

しばらくしてから私が腰を大きくスライドさせ、膣の中をえぐるように刺激した。
すると、妻の膣がぐっと締まった。

「か、感じすぎる。感じすぎるから。その動きはやめて。やめて」と言いながら、妻は両手で私の胸を強く押し、体を捻って上に逃げようとする。
抱き締めて動きを止め、いっそう激しく腰を動かし、射精した。

私は、妻の体の上に自分の体を預け、息を整えた。

「今日はどうだった?」と聞くと、妻は「スースーして、熱い感じがした。フリスクのせいかな?」と答えた。

「かもね。でもすごく感じてたね」と言うと、妻は何も答えず、恥ずかしそうに横を向きながら微笑んでいた。

下手なので隠しながら着替えが出来なくて

俺が1年の頃も男子はフルチン、女子はワレメ丸出しで着替えてた
もっとも俺らの場合は隠すの禁止だったとかじゃなくて、単に着替えが下手だっただけ
下手でも着替えられるゴム入りのバスタオルは出回る前だったんで、クラス中の女子の全裸を何度も見れた
少なくとも2年の頃にはゴム入りのバスタオルはあったと思うから、あと1年生まれが遅かったらそんな光景は見れなかったはずなんでラッキーだった
特に覚えてるのは、最初の水泳授業の時に見た隣の席のカワイイ娘の全裸
股間を手で隠しながら片手で着替えようとしてたんだけど、途中で濡れた水着が引っ掛かってそれ以上脱げなくなっちゃった
なんとかしようと頑張ってたけど結局どうにもならなくて、とうとうワレメを隠すのを諦めて両手で水着を脱ぎ始めた
俺は女の子の裸を見るのはその時が初めてで、しかもカワイイ娘だったもんだから、体裁なんて気にせずその娘のワレメをガン見した
その娘も急いで着替えようとしてたんだけど、慌てるあまり水着を脱ぐのに手間取ってくれたおかげで、その間その娘のワレメは完全に見放題
恥ずかしいのをこらえながらワレメ丸出しで必死に水着を脱ごうとする姿に大興奮した

下から丸見え!wwwwwショーパンパンチラ!wwwwwwwwww

暑くなったのでショートパンツはいてる女が増えましたね。
js、jc位のショーパンってブカブカが多いから下から撮ると
パンツ丸見え!wwwwwきつめのショーパンもチラッと見えるwwwwww
大人でもブカブカのショーパンいるので電車やバスでショーパン女を
俺達囲むようにして乗って下から撮ると、
数分~何十分もパンツが撮れる!wwwww
白、ピンク、水色、しましま、水玉、フロント、バックプリントや
レース、刺繍まで丸見えがいます!wwwwwwww
長いスカートの女もパンツよく見えますねwwwwwwwwwww
夏休み、中〇校の女子と出かけてパンツ撮ると、ショーパン、
ロンスカでパンツ丸見え女子がいました!wwwwwww

温泉女性従業員の目の前でチンポ出し

小さな温泉施設で女性従業員が男湯の脱衣籠とか片付けてたから目の前でチンポ出してあげた。
そしたらわりとガン見してくれたんで、ずっと見せ続けてあげた。
そしたら半勃起状態にまでなってしまって、女性従業員はニヤニヤし始めて、しゃがんで脱衣籠を片付けながらスカートの中が見えるように立て膝して、パンツを見せてくれた。

温泉施設の仕事

10年位前東京のお湯屋で施設管理をしていた
大抵のお湯屋では男が女湯に入るのはお客のいない間
でも開店前後は施設運用にも緩みが出て
どうしてもお客がクレームをつけるときがあって入った。
  
それにしても女って好奇心旺盛だね
ミストの状態が前に来たときと違っただの
どうして霧になるのか、香りの素を見てソレって業務用?
など、素っ裸で聴いてこられても
こっちは目のやり場にも答えにも窮するって(笑

温泉にて妻の痴態

妻を温泉に連れてく事にした。私は40。妻35。かわいい10才の息子にも恵まれ、もう1人欲しかったが、なかなか授からないでいた。会社の部下の26才イケメン田中君も連れて行き、4人で行く事になった。妻はイケメン好きだ。妻は気にいっていて、田中君も気にいっていたが、交わることはないと思っていた。しかし、交わって欲しいとも思っていた。食事したりするだけの仲であったが何しろ妻は貞淑なのだ。浮気の願望はあるらしい。奥さん、綺麗ですよね。田中君もイケメン!私イケメン好きだから。談笑しながら、旅館に着き、女将が混浴温泉もご自由にと言っていたが、3つ風呂があるらしい。混浴は2時間だけだ。妻に昔、聞いた事がある。裸見られたりして興奮しないのと。「あなたより、大きいおちんちん見たら興奮するけど、私、サバサバしてるから、逆の態度とるかな」と。「大きいおちんちんか。田中大きいぞ。」「え?そうなの?田中君だったら良いかな。冗談ー。」と言った。まんざらでもなさそうだ。妻に混浴行かないかと誘ったが、田中君だったら良いわよ。冗談めかして言われ、田中君を誘ったが男風呂で良いと言われたので仕方なく息子と行く事にした。しばらくして、妻が入ったのがわかり、右隣が妻。左風呂が田中君。中間は混浴だった。息子がぐずりはじめ、みんなで一緒に入りたいと言い出した。混浴時間は限られていて、妻も田中君も困っていたが、妻が良いわよと言って、脱衣場まできてくれた。妻はサバサバしていて、職業は看護婦だ。田中君。一緒に入ろうと言って誘いだし、奥さん大丈夫ですか?と言っていたが、こんなおばさんの身体見てもしょうがないでしょと言って浴衣をするすると脱ぎはじめていた。妻の大きな胸が露になった途端、田中君の身体も露になり、「スゴーい。腹筋割れてる」と言って触りはじめていた。俺は何やってんだと苦笑するしかなかった。田中君のパンツからむくむくとテントが張り出すのを俺は見逃さなかった。妻がパンツを脱ぐと同時に田中君も脱いだ。びっくりした。田中君の巨根に。20センチはあろうかと。勃起していた。妻のスタイルは163.50Fカップだ。妻の身体で興奮したらしい。妻の卑猥なまんこと田中君の陰茎がいやらしかった。田中君は咄嗟に隠した。妻にはばれていないらしい。二人ともタオルで隠して入ってきた。私はのぼせ、息子がまだ入りたいと言ったので、風呂から出て部屋に戻る事にした。しかし、妻が心配だったので、戻り、ドアの隙間から見る事にした。息子がタオル禁止の看板を見て、駄目だよと言って田中君のタオルをとり、妻は大胆にとったが妻は気にしない様子だった。バシャバシャと息子が遊び、田中君のちんこが露になったが、妻は気にもせず、田中君、大きいから手で隠してと言って、平静を装っていた。私はひらめいた。こういう態度の妻は興味津々なのだ。しかも、妻は巨根好きなのだ。息子がおんぶ抱っこしてと田中君に抱きついてきた。ママもやってもらいなよと言って、手をとり、駅弁の様な状態だ。妻は躊躇していたのだが、中村君に抱きついた。「奥さん、おちんちんあたってますよ。」「良いの。良いの。たっくん、パパにやってもらってるみたいと」。この時はさすがに怒りを覚えた。「ママー。今度はこれ」と言って、風呂の縁でグラインドしていた。さすがに妻は苦笑していた。妻は「これ、やったら入るから駄目だよー。しかも生だよー」と言って。息子は訳がわからず、ぐずっていた。田中君はやめましょうと言ったが「妻は擬似で良いかな」と言って田中君の上でグラインドしていた。息子は大喜び。田中君は苦笑い。私も苦笑していた。やめようとすると、息子がまだーと言って、かなり密着させた。さすがに、生でちんことまんこが擦れているので妻が感じはじめていて、濡れだしていた。奥さんやめましょ。しかし、事故は起こった。濡れすぎたため、入ってしまったのだ。あ!二人とも叫んだ、息子は訳もわからず見ているが、私からは入ってるかは見えなかった。妻のあそこに20センチあろうかという陰茎が何の抵抗もなく、収まってしまったのだ。しかも生だからすぐはいる。すぐ引き抜き、微妙な空気が流れた。旦那には入った事はまんざらでもない様子で内緒ねと言って、妻はお風呂から上がった。田中君の陰茎は妻の愛液でねっとりしていた。息子が部屋に帰りたいと言ったので妻は息子の身体やチンチンを洗ってあげていたたが、息子がお兄ちゃんも洗ってあげてと言った。中村君が離婚ですよと言ったが、「そんなんで離婚しないわよ。旦那いないし。良いわよ。洗ってあげる。特別サービスと言って、洗い始めた。「お兄ちゃんのおちんちん大きいね。パパとどっちが大きい?」と息子が言ったが「そだねー。お父さんより大きいね。こんなの生で入ったら気持ち良いだろうねー。たっくん、もう1人子供欲しいでしょ。「うん。欲しい!」「お兄ちゃんの子供は?」「パパじゃないの?」
「パパとお兄ちゃんの子供」。「うん。欲しい!」と言って、洗っていた。息子は訳がわからずぽかんとしていた。妻は何を言ってるんだろう。いつしか貞淑な妻が卑猥な妻に変わっていった。息子が脱衣場に行き、お父さんの所に行き、二人は身体を洗い、お風呂に戻った。「すみません。洗ってもらってしまって。」「良いのよ。あれぐらい。」二人はのぼせたらしく、お風呂の縁で談笑していた。旦那がお世話になって。から話が始まり妻は旦那の精子が弱くて子供が出来ないと言ってシリアスな話しをしだした。「田中君、血液型何型?」「内緒です」等と言いながら馬鹿話をしていた。「あ、でも俺、精子元気みたいですよ。病院で調べました。」と言って。「そっかー。旦那に内緒で作っちゃおうかな。」何言ってるんだ?「生で?」「そう。生。生。さっき入った時、気持ち良かった。奥まで届いて擦れて
旦那より気持ち良い。やばっ。」二人とも笑っていた。私は笑えなくなっていた。暑かったため、田中君がタオルを外すと、勃起したおちんちんが露になった。「しかし、大きいよね。」「奥さんだって胸大きいですよ。入れて見ます?」「駄目ー。ばれたらさすがに離婚だし。」「触るだけでも。」怪しい雰囲気が流れていた。「触るだけだよ。」妻は田中君のおちんちんをとうとう上下に動かし、周りを見渡していた。さすがに、この時、久しぶりのおちんちんに妻は赤面していた。咥えて下さい。咥えるだけだよと言って、美味しそうにねっとりしゃぶり始めた。奥さん、これどうしたいと言ったが、それは駄目と言って手を話した。良かった。やっぱり妻は貞淑だ。安心したのも束の間、田中君は意を決したように俺、血液型O型と言った。え? 本当に? 旦那と一緒。妻は困惑した表情を見せた。意を決したように、風呂のドアの鍵を閉め、絶対に内緒だよと言って、騎乗位の形で交わってはいけない秘密の花園にいきりたった陰茎が静かに入っていった。どれくらいたったのだろうか?正常位で田中君が引き抜くと妻のあそこからどろどろした濃い精子が出てきた。「一発だな。」私はそう思った。3カ月後、妊娠報告を受け、無事出産したが、今では息子は6才だ。俺には似ていない。田中君にそっくりだ。

温水プールの更衣室で見たもの・・・

これはフィクションです。

今日、私は温水プールに行きました。
今は夏休みなので、水着

QRコード
QRコード
アクセスカウンター