萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

レイプ・痴漢

雪降った日、なかなか電車が来なくてたくさんの人が足止め。
俺達大学行くのやめてゲロ混み電車で痴漢しまくった。JK、JD、OLとか
サンドイッチして痴漢しまくり!飽きたら降りて獲物捜してまた痴漢。
駅で待ってると、隣にいた大学生とか高校生らも痴漢の話してて
あちこちでお仲間がいた。雪景色見ながらの痴漢も風流でした。

節分

節分の日の◎◎寺は、有名人が豆をまくので超混み!俺達!痴漢しに、いや、(笑)豆をもらいに人混みに突入!
超混みで満員電車みたいに動けなくなって待ってて、有名人が豆をまき始めるとみんな豆を取るので、あちこち
押してきてつぶれるくらい超混み!俺達、前にいる女を痴漢!俺は前にいたJS5、6くらいの娘を痴漢した。(笑)
ケツもんだり、手を上げて前の方へ伸ばして豆を取るふりして小さな胸をもんだ。(笑)しばらくして押されて
俺の前にJCがきたのでこの娘を痴漢した。(笑)スカートめくってパンツの中に手を入れてケツをもんだ。(笑)
俺達の他にもDC、DK、若い男も痴漢してた。仲間もJS、JC、若い娘を痴漢した。(笑)

昔の暴走族

若い頃暴走族に憧れていた

中学3年!怒り狂ったおだった


俺ら下っぱがへまをして幹部連中に、袋にされた

幹部に呼ばれてお前の母ちゃんいくつだ?って聞かれた
何でって思ったが殺されるかと思い

37って答えた

連れてこい!連れてこないと殺す!

って言われた

37歳のババアにまさかと思ったが、念のためと思い連れて来なかった

また袋にされ殺されかけた

その後のことだ

集会で女が回されていた

当時はよくあることだったが


それがうちの母ちゃんだった!

俺は怒りと悲しみで涙をぼろぼろ流した、怒り狂った俺は木刀を持って暴れたが幹部達にぼろ雑巾にされ、俺の目の前で母ちゃんを犯していた

母ちゃんは大丈夫だからって泣いていた


幹部連中に何人にも回された母ちゃん

後で聞いたことだが

下っぱのメンバーを脅して
妹や姉、母親までもレイプされた連中が何人もいた

こんなの暴走族じゃない

俺は暴走族を止め母子家庭の俺は母ちゃんのために働いた


その後俺が、いた暴走族は他のチームの女に手をだし

そのチームが関東でも有名な超ヤバい硬派チームで、あっけなく潰されたらしい

もともとそんな馬鹿なことばかりしていたから、目は付けられていたらしいが


母ちゃんには本当に申し訳ない気持ちだ


でもあの頃はそんなのザラだったらしいが…


恐ろしい時代だった

昔の映画のエロシーンは・・

子供のころは映画が大好きでした、正確には必ずあると言っていいエロシーンが好きでした
今見ると、ストーリーの邪魔でうざいですが少年の当時には大切なオカズでした
おかずにしていたいくつかを紹介
テレビで放送する一般映画ですから、映像的にはソフトですがシチュエーションとか下手なAVよりいいのもありました

ヒロインが勘違いで敵方の男に抱かれてしまい、ヒロインは主人公に抱かれていると勘違いしてるのですが
敵の男のテクニックでメロメロにされてしまいます、冷たかったヒロインは突然主人公に優しく親しげにします
二人だけの秘密とウインクして来たり主人公は戸惑います、ラスト敵方と戦う主人公が苦戦します
ヒロインは勘違いしたまま主人公に協力して本当の愛しの人を倒してしまいます
勘違いのままのヒロイン、結婚して初夜になったらどうなるのか?と思わせぶりしてend

風呂上がりのヒロイン、主人公から電話がかかりますタオル一つで電話に出ると暗号がわかったメモしてくれとのこと
あたりを見回しますが紙がありません、一計を案じたヒロインはおっぱいにメモします
主人公が人質に取られ交換条件として暗号を見せろと言いますもちろん拒否するヒロインですが主人公が
イイから見せろとキレるとおっぱいをさらけだし見せます、いいもの見せてもらったと気まぐれに約束を守る敵
意外と冷静なヒロインにたいして任務そっちのけで嫉妬する主人公

主人公は凄腕刑事、奥さんは清楚で妻の鏡のような人しかしそろそろ子供をと迫る奥さんに主人公はヘキヘキ恐れてます
休みをもらい子作りいよいよというところで電話同僚が撃たれた!すまなそうな主人公に良く出来た奥さんは
良いのよ気にしないで行ってあげて、私も歯医者に行きたかったからちょうどいいわと気を使います
犯人を追う主人公、一方奥さんは赤い挑発的なボディコンで歯医者へ、この歯医者というのが
種豚みたいな何ともキモくてオスの臭いがプンプンしそうな絶倫そうなおっさん
子供心にこんなのに奥さんを触られたくない、まして口の中なんてと思っていると
奥さんと種豚医者はアイコンタクトしてニコッ!奥さんはかっこよくパンツを脱ぎブラを脱ぎすて最後に
ドレスを落とすと赤いハイヒールだけの全裸にモデルウオークで治療台へ胸と大事なところを隠す手を
医者はぱちんとたたきます、奥さんはニコニコしながら手をどけて口を開き治療が始まります
ここで終わりそのあとはナンも無し、もう同僚を撃った犯人が誰かどうでもよくなったですよ

主人公は元特殊部隊新婚旅行の途中湖で泳ぎます、欲情していいところで変質者に主人公は棒で殴られ気絶
驚く新妻、変質者はとどめを刺すふりをして新妻を誘導します、夫を助けるために水着を自ら脱ぎ土に横たわり
足を広げ変質者にお願いします、主人公が目を覚ますと奥さんが喜びの声をあげ男も排泄終了して立ち去るところ
暗い表情で宿につく二人新婚だと言うのに心配する老夫婦、部屋につくと旦那は激怒
俺は殴られて気絶してたのにお前はどこの馬の骨と楽しんでたんだからな!
夫を救うために身をささげた妻は泣きじゃくります、主人公はあいつを見つけて殺すまで帰らないと出ていきます
それを窓の外で見つめる影が・・
奥さんはどうしていいかわからず父親に電話をします、声の調子で喧嘩したと察すしなだめる父親
そこへあの男がナイフで脅し電話を続けるように命令します、そしてエッチなことを
エッチな声を出さないように必死で電話する新妻、電話がおわり夫が特殊部隊でお前を殺すと脅す新妻
しってるよ!俺を殺すまでここには帰らないんだろ、ということはここにいる限り安全だと言う事だろ?
新婚さんを心配する宿の老夫婦、しかし部屋の花瓶がユサユサ揺れてるのを指さし心配ないさと主人
外からの撮影、レイプされまくってるであろう新妻にかぶさる変質者の影
雨の中、夜と探す新郎、温かい部屋で人新妻を楽しむ変質者
数日がたったころ笑い話を耳にする、チェックイン以来Hしまくりの新婚夫婦、俺たちの宿だ
急襲するも逃げられてしまう、妻と男は街のスラム街へ、追いかけてきた夫に助けを叫ぼうとする妻
手で口をふさごうとするも拒絶され激怒、ベロチューで口をふさぐと妻は大人しく
完全に自分のものにしたと思っていた男はひどい裏切りと感じ、服を脱げと命令
「大丈夫、ここはお巡さんなんかいないぜ、安心して脱ぎな」全然説得力のない命令だが奥さんはなぜか従う
全裸で男に手を引かれ警官すら恐れて寄り付かない危険なスラム街を逃げ回る
人影が無いわけではない、新妻は男の体に身を隠し、ギャングどもが奥さんにちょっかいを出そうとすると
俺の女だと啖呵を切ったり、不安な新妻はまるで変質者に頼り始める
しばらくすると男は新妻をスッポンポンのまま置き去りどこかへ
帰ってくると罠を仕掛けたという、あいつをやっつけて二人で安心して楽しもう心配するなと
夫を罠におびき寄せるために声を出す様に命令するも奥さんは拒否
男は奥さんにエッチなことをして奥さんに声を出させる、夢中になって旦那の急襲にある変質者
トドメを刺そうとする夫に罠が襲いかかる、倒れる夫棒を持ちあぜんとする新妻
そう罠は彼女自身だったのだ、男に調教されしまっていたのだ
なぜだ?もう元に戻れないと悟った新妻、もうこの人なしでは生きてゆけないの許して、私のことは忘れて
トドメを刺そうとする男の手を引き全裸で夜のスラムへと消えてゆく二人

自作部分もありますが、昔の映画のエロっていいもんですね

精神障害者から投稿依頼:メールより

〇○様

ご無沙汰しています。お元気ですか。私は今春具合が悪くて寝たきりになりました。内科検診を
受けましたが異常は見つからずうつ病の季節変動ではないかと言うことになりました。精神科と
内科共に具合の悪い時は冬眠して寝てなさいという事になりました。そちらのうつ病はお具合は
如何ですか。(中略)       勉強の面倒を見ていた聡子ちゃんが高校生に上がったので
家庭教師を真面目な大学生と交代し縁が切れました。これで女はセカンドオピニオン裕子ちゃん
だけになりました。最近朝8時に夕食の材料を買いに行っています。近所の区立中学校に通う
超お嬢様美少女と一緒になるからです。レイプしてたっぷりと子種液を注込んでやりたいです。
スーパーで買い物をすると朝のレジ係がこれまた犯したくなる様な若いロリ臭のする美人です。
買い物から帰ると陰茎が勃起しています。夜裕子ちゃんが帰るまで辛抱です。「汚いわ。お願い
先にお風呂を使わせて。」と懇願する彼女を裸にむいてレイプさながらクンニをしてズコスコと
ピストンして思いっきり朝ためた精液を射精するのは気分が良いです。毎日襲っていたら彼女は
陵辱の悦びに目覚めて抵抗が無くなってきました。「妻は夫に襲われて子供を授かるのね。」と
とんでもない人生プランを描いて困ります。裕子ちゃんの御両親は「あなたが本当に尊敬できる
人と結婚しなさい。」と私の事を認めて早く私と会いたいようです。それにしてもあの美少女を
レイプしたいです。朝から陰茎がうずいて仕方ないので先ほど裕子ちゃんに白濁の欲望を朝から
大量に注込んでしまいました。それでは近況を教えてくださいね。失礼します。

----------------------------------------------------------------------------

〇○様

今日は雨ですが蒸し暑いですね。精神科通院が辛いです。都心の街の人混みや電車の混雑が
嫌ですね。そちらは如何お過ごしでしょうか。こちらはセカンドオピニオンの裕子ちゃんに
押しかけられ「ねえ私たちもう事実婚状態じゃない。早く両家顔合わせを済ませ籍を入れて
子供を作りましょう。私子宮がうずいてしょうがないの。」とひも人生を迫られています。
今の私は若干の家事をして彼女のセックスを満足させることになっています。何を間違えて
こんなことになったのだろうと思います。最近元エロロリの〇○ちゃんが帰ってきました。
医学部の勉強が忙しかったのだそうです。私以外の男に興味はないそうです。小学生時代の
エロDVDが見たいと甘えらられました。ロリコンの私が加奈ちゃんをレイプしている様で
嫌だと言うと「あら気持ち良くしてくれないなら通わないわよ。もっと自信をもってね。」
と言われてしまいました。もう人生めちゃくちゃ。それでは失礼致します。

----------------------------------------------------------------------------

〇○様

拝啓 先日までの7月を思わせる暑気がここ数日去り少し肌寒い日になっています。
お元気ですか。近況をお知らせください。こちらは元エロロリの〇○ちゃんが帰って
来ました。医学部に進学して忙しかったそうです。彼女と△△が撮影した中学生頃の
性交DVDを見ました。つい勃起してしまいました。彼女は私のズボンの上から硬く
怒張した陰茎に頬ずりして「嬉しい。私も興奮しちゃったの。ねえ犯して頂戴。」と
誘われました。寝床で2人全裸になり加奈ちゃんに一通りの愛撫をすると股間に顔を
埋め30分クンニしました。彼女は外で2回イきました。本番をとコンドームの箱を
取り出すと彼女に「そんな他人行儀はやめて。避妊は心配ないわ。」と生姦させられ
ました。得意のピストンワークで中イキさせて何とはなく嫌な予感がしたので陰茎を
抜こうとしました。すると慌てて彼女は両足を私の腰に回してものすごい力で捕えて
しまいました。直ぐ限界がきてドクドクと彼女に大量膣内射精をしてしまいました。
「うふふふ。」と嬉しそうな彼女の逆流液を始末し右手で女性器三つ所攻めをかけて
左手で大きく成長した乳房を愛撫して後戯しました。「あら△△先生のバストも相当
充実しているじゃない。ねえ吸って。」と甘えられ乳首に舌を絡みつかせ優しく吸い
ました。「和美先生を除いてこの世であなたを一番愛している女は私よ。」と彼女は
言って帰りました。私は本当に女にだらしがないなと思います。それでは。

----------------------------------------------------------------------------

裕子ちゃんは気分がセックスを拒否するモードでも襲われると愛撫もされないのに
濡れるそうでそうです。ペニスを挿入されるといつもより激しく感じるそうです。
これらのメールは著者の依頼の下転載しています。彼も何か投稿したいそうですが
これしかネタがないそうです。どうぞ皆さま彼の精神病の治癒をお祈り下さい。

生意気な女子

ある高校に行ってます。クラスにムカつく生意気な女子がいます。
この前、ちょっと懲らしめてやりました。そいつは、だいたい学校行くとき、帰るとき、いつも
同じ電車に乗るので、学生用の掲示板に「〇月〇日、〇〇駅〇時〇分の〇〇行きの電車と〇〇駅
〇時〇分の〇〇行きの電車に乗るので痴漢してください。目印は〇色のスクールバッグで、バッグに
〇〇がついてます」って書きました。そしてその日の朝、そいつが痴漢されるか友達と駅に行き
ました。しばらくしたら、そいつが来てホームで電車を待ちました。近くで見てると、そいつの後ろに
高校生、大学生が数人並んでました。電車に乗るとちょっと混んでて、そいつを囲むように高校生、大学生
らが立ってて痴漢してました。顔を赤くしてうつむいてて痴漢されてます。写メ撮ってる音も聞こえました。
駅に着いてそいつはダッシュで降りて行きました。その後を俺と友達がいて学校に行きました。
教室行くとそいつは普段通りにしてて、女子と話してました。学校が終わって友達とそいつの後を歩いて
駅に行くと、そいつがホームで電車を待ってるとそいつの後ろにまた高校生、大学生らが並んでました。
電車に乗ると、学校帰りの高校生とかで混んでて、またそいつの回りに高校生や大学生らが囲むように立って、
痴漢されてました。またうつむいててじっと耐えてました。そして駅に着いてダッシュで降りて行きました。
俺と友達大爆笑。次の日も行き帰りの電車で痴漢されてました。何日か痴漢されてて、痴漢してるやつの
数も少しずつ増えてて、中学生、小学生もいてみんなで囲んで痴漢してました。そして数日後、いつもの電車に
そいつが乗って来ませんでした。学校帰りに友達とそいつの後をつけてくと、本屋とか行って時間をつぶして
いつもの電車に乗らず、後の電車に乗ってました。朝、学校行くと、先にそいつがいるので早い電車に乗って
学校に来てることがわかりました。朝、友達と早く駅に行って待って、そいつが乗る電車を調べてまた書き込み。
また行き帰りの電車で囲まれて痴漢されてました。また数日痴漢されてました。学校行くと、あいかわらず
ムカつくのでそいつに、「そういや、電車で痴漢されてね?」って言ったら、「痴漢にあってないよ、
知らない」って顔を真っ赤にして怒った感じで言ってました。俺が撮った動画を見せたら認めて、
「誰にも言わないで」って言いました。「どうしようかな」って言って立ち去りました。
その後教室に行ってそいつが女子と話してたのでそばに行ったら、そいつの顔色が変わって、なんか
ビクビクしてました。その日の帰り、友達と大爆笑。その後そいつは俺と友達には生意気な態度はとらなく
なりました。実は、俺と友達、数日間痴漢集団に混じって後ろでそいつを痴漢しました。
パンツの中に手を入れケツ、マンコ触りました。

清楚な妻が痴漢に遭い私の出張中にオヤジ達の指に快楽を覚え肉便器になったⅢ

私は、ホームで妻の後ろに並ぶオヤジ達のニヤニヤしながら白のワンピースから透けて見える赤い下着を視姦している様子を

見ながら、まさかと思っていたことが、現実になることに心臓がバクバクしていました。

土曜日なのでホームは、そこまで混んでなく不思議と妻の後ろと横の列が、多くオヤジだけが並んでいてみんなの目先には、

妻がいます。

電車が来ると、私もオヤジ達にまぎれて乗り込みましたが、人に押されて運悪く妻を1人挟んだ前方の位置になりました。

私は、変装していますが、妻にばれないか冷や冷やして後方の妻を観察しました。

電車が動き出すと、例のオヤジ三人が動き出しました。

チビのオヤジが、妻の前に居て(私の前)左右にオヤジ二人が陣取っています。

オヤジ達の連携は、早くもワンピースの前ボタンを開けてしまい赤のブラジャーとパンティが露わになりました。

やっぱり、妻を痴漢するために待ち伏せしていたんだと確信して怒りが込み上げて来てこの思いと、この後に妻は、

以前のように痴漢をされて屈辱されるなんとも言えない快感を思いが交差しているのにもかかわらず、妻のはだけたワンピース

から見え隠れする赤の下着を見て私は、チンポが勃起してしまい妻を観察しました。

妻を痴漢してるオヤジ達は、3人だけではなく無数の手が延びてきて妻のオッパイ・マンコ・お尻を屈辱しています。

ブラジャーは、ホックも外されて浮いてしまってオツパイと乳首を後ろから鷲掴みされ揉まれ指で立っている乳首を

いたずらされて妻は、必死に堪えています。

前のチビオヤジは、パンティの中に手を入れて、憶測ですけどマンコを屈辱を始めると、妻の顔は一気に赤くなり手で口を

押えて声が出ない様に我慢している。

それを見ていた左右のオヤジ達が、ニヤついて妻のパンティに手をかけて膝まで降ろすとマンコにチビオヤジの指が出入りして

いて予測通り妻のマンコは、チビオヤジの指に屈辱されていました。

ただ、妻のマンコを屈辱していたのは、チビオヤジだけではなく後ろから指がマンコを責めていて見えないけどアナルも責められて

いる感じです。

右のオヤジが、妻のバックを取り上げて上の棚に置くと、チンポを出して妻の手引っ張ってチンポを握りさせたのです。

私は、複数オヤジ達に痴漢されている妻の姿を見ただけで、もうー興奮興奮しているのに、チンポまで出せれて手コキをさせようと

するのを見て、我慢できずに思わず私も手を伸ばして乳首をいじり痴漢の仲間入りしました。

そして、妻が手コキするかどうかを見ていますと、なんと!!! 何のためらいもなく手コキをするじゃありませんか !!!!!

しかも、今まで見たことが無いテクニックの指使いで、右のオヤジは気持ちいい顔をするじゃありませんか( 怒 怒 怒 )

しまいには、左のオヤジもチンポを出すと、妻が自ら手を伸ばして手コキをするじゃありませんか( 怒 怒 怒 怒 怒 )

あの清潔な妻が、いつのまにかに電車内で知らないオヤジのチンポをWで手コキするなんて信じられません。

今度は、左のおやじとキスまで始めて舌と舌とがからまっていて、もう痴漢にやられているんじゃなく痴漢プレーを複数の

オヤジ達とやってるのだ。

妻は、オヤジ達に何度もイカされて、座り込んでしまったのです。

私は、これで妻は解放されると思い安心感と嫉妬感が複雑に交差した時に、とんでもないことが目に映りました!!!!!!!

なんと、チビオヤジが、チンポを妻の口に元に持っていくと妻は、チンポを咥えたのです!!!!!!!!!!!!!!!!!

ペロペロと舐めたり口の中に入れると激し首を振って、時には右手でチンポを持って手コキしながらタマタマを丁寧に舐めている

のだ。

私は、昨日の妻がいつもと違うフェラをしたことを思い出しました。

もしかしたら、妻はこのオヤジ達に調教されたのではないか? 出張中にホテルで見たエロビデオと一緒じゃないか( 怒 怒 怒 )

電車の中で妻が、フェラをしているのに私は、チンポを勃起させて妻の行為をただぼーと見ています。

妻は、左のオヤジのチンポも咥えて舌をペロペロ使っていてチビオヤジのチンポと交合にしゃぶっていて右のオヤジのチンポを

手コキしています。

周りのオヤジ達も妻の姿を見てニヤニヤしています。

妻の最寄駅に近づいても妻は、フェラをやめようとせずに舐めています。

遂に、最寄り駅も着いても妻は、降りませんでした。

チビオヤジが、逝ったのか妻の口の中に出したみたいで、妻は精子を飲み込みました。

すると、妻を左右のオヤジが、立たさせて服を直し始めました。

パンティが、床に落ちているのを後ろのオヤジが拾うとポケットに入れてニヤニヤしている。

今度こそ、妻は解放されると思いきや、駅に着くや左右のオヤジ達に連れられて駅をノーパンで出ていくので、後をつけると

ホテル街の方に向かって行くと3人で、ラブホの中に消えて行きました。

まだ、解放されない妻は、オヤジ二人にホテルで犯されるのは間違いない、助けられない私は、変な期待と嫉妬があり

どんなふうに犯されるのか見たい私は、もう変態なのか・・・・・・

この続きは、後日報告します。

清楚な妻が痴漢に遭い私の出張中にオヤジ達の指に快楽を覚え肉便器になったⅡ

私は、出張中の間妻がオヤジ達に痴漢されて無いか心配でたまりませんでした。

ホテルに帰ると報告書などで、時間を取られて妻に連絡を二回ぐらいしか出来ませんでした。

主張中は。夜中に報告書が終ってからテレビをつけて見ていましたが、面白いのが無く

有料サイトを見て行くと、アダルトサイトで目に引くタイトルがありました。

【痴漢電車 寝取られる妻~他人の指に犯される】見た瞬間体に電流が走りました。

内容は、妻が痴漢されて屈辱を目撃して旦那が興奮して妻が、痴漢にハマってしまい

電車で痴漢された後は、公衆トイレで複数の男達にレイプされてしまうものです。

私は、妻も同じことになるんじゃないか心配と痴漢されて変わる妻を見たい気持ちが

交差して出張から家に戻りました。

金曜日の19時に家へ着くと妻は、いつもなら戻ってきている時間なのに

まだ戻ってきてなかった。

私は、不安になりましたが、まさかなぁーと思い妻の帰り待っていると20時過ぎに

妻が帰って来ました。

妻を見て違和感を感じました。

なんかあかぬけた感じで、服装も露出が高くスカートは、短くブラウスは、ノースリブ

で白色なので黒のブラジャーが透けて見える。

そして、私の前を通った妻からシャンプーの臭いがした。

私は、まさか浮気をして帰って来たのか、不安になりました。

妻「汗をかいたからシャワー浴びるね」と言ってよくしていきました。

まさかと思いつつ、シャワーを浴びてるのを確認して妻の下着を見ると、びっくりした。

今まで見たことが無いエロい下着で、パンティは、Tバックだ。

Tバックなんか着たことが今まで無いのにしかもあそこの部分は、マン汁で汚れている。

本当に妻は、寝取られたのか、また痴漢に遭ったのか、不安に陥りました。

妻に浮気したのか、痴漢に遭ったのか、聞くわけにもいかないしと考えました。

結局、何も聞けずじまいになりました。

浴室から出てきた妻に明日は、土曜日で休みなので一つ提案をしました。

私「寿子、明日休みだろ、映画でも見に行かないか」

妻「ごめんなさい。明日は休日出勤なのごめんね。出張から帰って来たばかりでしょ。

ゆっくりしてて」と簡単に断られた。

その後は、雑談して早めに二人して寝ましたが、私的にムラムラしていたので、

寝ると妻は、なかなか起きないので、いたずらをしました。

妻は、寝る時の服装はロングTシャツにノーブラでパンティです。

まず初めにTシャツの上から乳首を狙っていたずらすると乳首が立ち妻の口から

(うぅ~ん…アぁぁ…)と漏れてきました。

なんか、寝てる女性をレイプしている感じで私のチンポは、いつも以上に勃起しました。

おっぱいを軽く揉んで、パンティの上からマンコも触っていくとパンテイ越しに濡れて

きているのが分かる。

パンティをずらして直接マンコに指を入れると、もうビチョビチョに濡れていて

寝ているのに妻の口から(アぁぁぁぁぁ・・・うぅぅぅぅ~ん・・・ダメ~イぃぃぃぃ)

私は、興奮してチンポを妻の口に押し当てると、「奥さん早くしゃぶれよ」と妻の耳元に

囁いた。

寝トボケているのか、妻の舌が出てきてペロペロと舐め初めてカバとチンポを咥えました。

気持ちいいが、何かが違うのだ、それは、妻のフェラは咥えたら舌を使わないのだ。

今は、チンポを咥えて口の中で舌を動かしている気持ちいいが、おかしいのですが、

あまりの気持ち良さに妻の口の中で発射してしまいました。

その後にまたおかしい行動が、妻が精子を飲み込んだのです。

これまた、今までにないことでやはりおかしいのです。

この一週間に妻に何かがあったのは、間違いない、明日の出勤も怪しいので私は、

妻が家を出ていった後を尾行すること思い準備しました。

私は、髪の毛は短髪で去年宴会で使ったかつらを出して変装の準備をして寝ました。

朝からもおかしいことがありました。

妻がシャワーを浴びているのです。

これも今まで無いことです。

浴室を覗いると妻は、赤のTバックをはくとおそろいの赤のブラジャーをしました。

妻が浴室から出てくるので急いで寝室に戻ると妻が、入って来てクローゼットから

前空きボタンの白色ワンピースを出してきて着ています。

着た妻を見ると、赤い下着が透けて見えてスカートはミニです。

妻は、あんなエロい服装で会社に行くのか絶対におかしいのです。

妻は、何も言わず家を出て行きました。

すぐに私も妻の後を追っていくと、妻の透けている下着エロくて勃起しました。

駅に着くと何気なしにコンビニの方を見ると見覚えあるオヤジ達が居たのです。

間違いなく妻に痴漢をしたオヤジ達です。

オヤジ達は、妻を見ると動き始めて駅のホームでは、妻の後ろに並びました。

私は、まさかと思っていたことが、現実になりつつことを・・・・・

また続きを報告します。

清楚な妻が痴漢に遭い私の出張中にオヤジ達の指に快楽を覚え肉便器になった

去年の夏に衝撃を受けた。

会社の帰りに、電車の中で妻が痴漢に遭っているのを目撃してしまったのだ。

オヤジ三人に痴漢されているのだ。

ブラウスのボタンは、外されてブラジャーはめくられて、左右からオヤジ達の手で、

おっぱいを揉まれ立っている乳首をいじられて、スカートはめくられて、パンティは

膝まで降ろされて妻のマンコは、オヤジ達の指が出し入れして、妻が痴漢達の餌食に

なっているのを私は、目撃してチンポを勃起しているのだ。

妻とは、28歳で結婚して3年目です。

身長は、155㎝で低いが、スタイルはいい上から B86 W57 H87で

セミショートカットが似合う大島優子似だ。

そんな妻が、知らない他人のオヤジ達の手で痴漢に遭っているのに、私は止めることが、

出来ないで屈辱される妻を見て変な感情が駆け巡っている。

私は、少しずつ距離を縮め近くで妻が、痴漢されるのを覗いていると周りにも同じ様に

覗いているオヤジ達が居てギラギラした目で妻の屈辱されているのを見ている。

妻を見ていると感じているのか時々、(あぁぁ・・・うぅぅっ・・・あは~ん)と声が、

漏れてくる。

幸い電車の音で声は、かき消されている。

最寄りの駅が近づいてくると妻は、いかされたみたいでオヤジ達は、妻を解放した。

駅に着き電車を降りた妻にオヤジの二人が、声をかけているが、妻はタクシー乗り場に

走りタクシーに乗ってその場から退避した。

私も妻を追って来たのですが、安心していたのですがオヤジ二人の会話を聞いて

不安な落ちました。

オヤジA「くそー、逃げられたなー、一発やれると思ったのにいい女だったなー」

オヤジB「あーいい女だったなー、おっぱいもデカイしマンコもビチャビチャに

濡れていて指を締めつけてたまねなー、ありゃーチンポをぶち込んだらたまんねー                                             なー、バックから犯してやりてー」

オヤジA「まぁ、この駅が最寄り駅だから、明日の朝張り込もやー」

オヤジB「賛成、俺はあの女と犯してー」

オヤジ達は、駅の方に引き返して行った。

私は、妻はオヤジ達に狙われたと思いました。

家に帰ると妻は、お風呂に入っていてパンティを見てみると、オヤジ達が言った様に

濡れていた。

このままだと、明日の朝にオヤジ達の餌食になる。

しかし、あのとき感じた感情も妻が痴漢に遭い他人のオヤジ達に屈辱される姿を

見たい変態な私がいるのも確かで、見たい私が勝ってしまい、いつもなら一緒に

駅に向かうのをやめて、私も家を早く出て駅にオヤジ達が、いるかどうかを見に行く

ことにしました。

風呂からあがった妻は、普段通りで晩御飯を食べて12時には、二人して寝ました。

翌朝、私の計画通りに会社で会議があるからと言って妻より30分早く家を出た。

駅に着くと駅の横にあるコンビニの前で、煙草を吸っている昨日のオヤジ達が居た。

私は、コンビニに入りオヤジ達を監視した。

オヤジ達は、駅に向かって来ている女性達を見ていて妻が、歩いてくるとオヤジ達は、

ニャと笑い妻を追って駅に向かった。

私も急いで、オヤジ達の追って行くとホームにいた妻の後ろにならんだ。

妻は、オヤジ達に気付いて無く、私も妻に気付かれない様に少し離れた所にならんだ。

電車が来ると妻に続いてオヤジ達に続き私も乗り込みました。

妻の後ろにオヤジ達で、私はオヤジ達の後ろにつきました。

電車が動き出すとオヤジ達は、妻のスカートの上を触りだすと妻は、手ではらって

抵抗しています。

私は、心臓がドキドキして早くもチンポが勃起してきました。

オヤジBが、スカートをめくりパンティの上からお尻を撫でるとオヤジAが、

すかさずパンティを膝まで降ろしました。

妻は、顔を真っ赤にして抵抗もしなくなりオヤジ達は、妻のマンコを責め始めたのです。

ブラウスのボタンも外されてオレンジ色のブラジャーが、あらわになるとめくられて

立っている乳首が見えて、おっぱいと一緒に揉まれたりいじられたりされると

妻は感じ初めて目が、トローンとなりオヤジ達のやられ放題なってます。

妻の口から(うぅぅ・・・はぁ~ん・・・あぁぁっ・・・)と漏れてきます。

快楽に落ちている妻を見て私は、ますます興奮した。

ビクとした妻は、いかされたみたいで妻は、服を整え始めて抵抗しました。

会社の最寄り駅が来ると妻は、飛び降りて行った。

不意を突かれたオヤジ達は、電車の中にのったままになった。

次の日も私は、妻より早く出てオヤジ達が、いないか見て来たけど一週間もオヤジ達の

気配はなくなった。

少し安心したのと、残念な気持ちがありましたが、私なりにホットしました。

変化があったのは、私が出張に一週間行って戻ってきた時に妻の異変に気付きました。

また報告します。

性的イジメ

そういや昔の話だけど性的イジメといえば俺の時代なんかは高校生の時、結構あったな。
校内暴力なんつう言葉が流行った時代の話だから結構昔だけど。

地区でも下から2番目っつうあんまり出来のよくない学校だったから余計かもしれないけど結構どこも荒れてた時代。
といっても俺は喧嘩なんか殆どしない見た目重視の軽い不良だった。
まあ、ナンパしたり麻雀したりバイトしたりで楽しく学校生活送ってた訳だ。

不良って言っても今みたいに普通のラインがなくって
真面目なのは真面目、真面目じゃないのは暴走族っつう位に偏ってたから
今とは状況が違うっていえば違うけどな。
犯罪に対するハードルも違ったから今の高校生とかには理解できんかも。
先輩が俺の同級生レイプして学校ぐるみで揉み消したりとか無免許飲酒運転で捕まって停学1週間とか
そんなんだったからな。(レイプは女の子学校辞めちゃってさすがに結構問題になったけど。)
俺も傷害やら補導やら受けたけど何の問題にもなんなかった。

そんな頃だから結構イジメっつうか悪戯とかも凄かった。
男同士の暴力系は言うに及ばず
溜まり場のそばに後輩の女の子が通ったら2人掛かりで羽交い絞めにしておっぱい揉んだりスカート捲くったり。
今だったら完璧犯罪だなw
それでも寧ろやられた女の子の方が「あそこは危ないから通っちゃ駄目だよ」みたいに言われて終ってた。
逆にリスクとしては先輩の女っていう子に声掛けちゃって後で歯折れるほど殴られたりみたいなこともあったけど。
もろもろ自由だったんだな。

で、高校3年の頃の話。
同級生の中で
「今日めっちゃ面白い事あるからこいよ。」
みたいな集合が掛かったのよ。俺ら呼んだのが1人の不良で、
溜まり場みたいなある部室っていうか旧校舎の空き教室みたいな所に来いと。
で、日頃から呼ばれたら必ず顔を出すっていう付き合いの良さから顔を出しに行ったのよ。

で、俺は友達と2人で行った訳だ。
そうすると本当にその部屋は校舎外れにあったんだけど
入る瞬間、明らかにその周辺におかしい人数がいるのよ。
というか廊下あたり歩いてる時点で旧校舎とは思えない活気。
20人位入る小さめの教室っつうかでかめの部屋っつうか古い部屋なんだけど
ドア越しに見たら部屋の中40人位いるのよ。
で、おぉ!とかどよめきが聞こえる。
なんだろう。文化祭?みたいな活気。

廊下で煙草吸ってる奴がいて「おっす」とか声かけたら
「お前も見て来いよ。」とか言って笑ってる。

そんならと思って教室のドアの所に行くと部屋の中にいるのは3年と2年の男子中心。
で、部屋の隅をじっと見てる。

見てびっくり。
床に体育館のマットが敷かれてて、女の子がうつ伏せになってる。
それどころかスカート捲れてて下ノーパン。
つまりお尻丸出し。

うつ伏せながら両手で顔を覆ってるから顔は見えないけど色白で華奢で相当かわいいっぽい。
お尻なんかも真っ白で透けるくらい綺麗な肌。
で、40人ぱかしでそれ凝視してる図。
凝視って言っても皆勝手に喋ってて40人もいるから教室内みたいなざわざわしてる中、その子はその格好。
良く見ると隣にもう1人女の子がいてその子は体育座りして泣きながら俯いてる。
どうも見ると女の子は2人とも1年生の模様。

俺らを呼んだ不良とあと数人がその2人の子の横にいて
図にすると以下のイメージ。

|---------------------|
| 男 -|
| |-----------| -|
| 女|男 女 男| -|
| |-----------| -|
| 男男男男男 俺-|
| 男男男男男男男男 -|
| 男男男男男男男男 -|
| 男男男男男男男男男-|
| 男男男男男男男男 -|
|---------------------|

まあ男はもうちょっとばらけてたけど。
思わず俺もおーとか溜息を漏らす。何々?どうしたのこれ?とか聞く。
俺の声がでかかったのか、女の子がいやいやって感じに頭を振る
女の子はぴったりと足を閉じてうつ伏せに寝てて、
両手で顔隠してるんだけど足とかもじもじしてもう全身で恥ずかしがってる感じ。

で、それだけでもとても興味深かったんだが
暫く見てたら不良の1人が
「おら!、もう一回やれよ。」
つって女の子の尻を引っぱたいた。
ひっぱたいた瞬間、パンつって音がして
弾力のある感じに尻が揺れて女の子が「あっ!」って叫んで
その声があっ・・・!て感じにエロかったので俺勃起。
恐らく周囲も勃起。

反応に気を良くした不良、
「おら!もう!一回!やれ!よ!」
の!マークの度にパン!パン!って感じに女の子の尻を叩いて
「あっ!やっ!痛いっ!」
つって女の子が両手で顔覆ったまま上半身くねらす。
(以後、!マークの度に叩いてると思ってくれればおk)

何々?もう一回やれってなに?みたいに見てたら

「さっさ!と!やれっ!・・・って!」
って不良がパン!パン!って叩き、
「あっ!やっ!」
って女の子が肩位まである髪を振っていやいやってする。

しかもその子は同じ学校の制服きてる上に顔は見えないが後輩っぽい。
もうそれだけでおなか一杯な感じ。

暫くしてから
「言う事聞けねえのか!?あ?!」
つって不良が言った瞬間。
「・・・聞けます・・・聞きますっ!わ、判りましたからっ!」

つって女の子が、それでもすげえ葛藤がある感じでもじもじしてから
かぱっと足を開く。上から見ると人って字みたいに足が開かれる。
で、恥ずかしすぎる為か
何度も足を閉じそうになって、膝がくがくさせながら
「あーーー」って消え入りそうな声を漏らす。
無論見えるピンク色のマンコ。
エロ杉。
皆無論ざわざわ。
目茶目茶いる男に向けて足開いて尻見せてるわけだからそりゃ恥ずかしいよな。

でもそれだけじゃないらしく、不良はじっとその子を見下ろしてる。
したら女の子はそのまま足を折り畳むみたいにして尻を持ち上げる。
つまり四つん這いの格好に。
尻だけ持ち上げるのが恥ずかしいのか上半身も少し持ち上げて、肘をつきながら両手で顔を隠してる格好、
で、四つん這い。

「はいオッケー!」
って不良が言って、そこでその女の子静止。
女の子、首筋まで真っ赤。

「じゃあ、一分な。」
の掛け声と共に、今日何回目かしらんが、
「いいーーーーち、にいいいいーーーーい」
って始める。もう絶対に1秒じゃない掛け声で数を数える俺ら。

「にいいいいいいいいーじゅう。」
位で耐えられなくなったのか、女の子が上半身潰すみたいにぺちゃってなって更に尻だけ持ち上がった格好に。
よってマンコも俺らの方に向く。
それでも不良に何言われたのか脚広げたまま時折首をふって、でもじっと我慢する女の子。

完全にじっくり鑑賞モードの俺。

「ごじゅうーーーーーご!」

の部分で結構前に出てたんだが、
生来結構お調子者の隣の奴が、空気を読んだのか
「ちょっと待てちょっと待て。皆、ちょっと待てよ。」
と静止。
急な事で教室シーン。

不良はその男睨みつけてる。
緊迫感の中、
「今日って何日だっけ?」
瞬間、数人が爆笑。お笑いでよくあったパターンだったから皆理解。
不良がにっこり。

「8日じゃねえ?きゅーーーーーーーう。」

「じゅーーーーーーーーーーう。」

その瞬間女の子が耐え切れなくなったようで
「もうやだー!見ないでっ!」
つって四つん這いのまま右手でマンコをガード。
だがその姿もかなり卑猥。

そしてその代り顔が見える。見なくても雰囲気でなんとなくわかってたけどかなり可愛い。
可愛がられて育ったって感じ。

「何隠してんだよ!1分経ってねえだろ!」
「おねがいしますっ、○ちゃん許してあげてください。」
空気だった隣の女がいきなり存在感を示す。
「じゃあてめえがやんのかよ!」
「えっ・・・」
いきなりしぼむ女の子。そりゃやだろう。
そっちも結構可愛かったので俺としてはおっけーだったが。

その頃になると
「○ちゃーん。もっと見せてー」
みたいな声も飛び、それが更に恥ずかしさをうむのか
「あああああっやだやだやだお願いしますっもうやだっ!」
ってパニック状態。

しかし不良は
「1分つったろ、ちゃんとやれ!上も脱がすぞ!」
と無慈悲。

「はい、いーーーーーーーーーーち!おら、やらねえと100に増やすぞ!」

不良の迫力勝ち。隠してた手を離して、足を広げる女の子。
「あーーーーーあーーーーーもう、もうや。もうやだ」
そう言いながら60まで数えないと終らないと覚悟決めたらしく両足開いてちゃんとこっち向けて見せて静止。
。両手は隠したくてしょうがないのかマットをしっかり掴んで
綺麗な顔をぎゅっと目瞑った状態。で、完全に尻を持ち上げた格好だから中までぱっくり
俺もあんな風にじっくり見たのは後にも先にもそれが最後。


「はい、よんじゅーーーーーーう。」

「ちょっと待ってちょっと待って不良。お前何組だっけ。」
「3組だろうが。よーーーーーーーーーん。ごーーーーーーー。」
「あああああ、やだああああああああ。見ないで、早く終って。」

等々、その間にも何人か入ってきて「うわ、何?」とか言ってる中、
恐らく20分以上はじっくりと皆でマンコ鑑賞。
しかも今まで口聞いた事もない、同じ学校の可愛い後輩の。

皆して容赦なく見ながら
「うわもう、これから俺あの子の顔見るたび思い出すぜ」
とか言ってる中、それでもようやく終了。

「ろくじゅーーーーーーーーう。」
終った瞬間、慌てて座って、スカートを戻す女の子。
泣きながら立ち上がって、もう1人の女の子と共に
「どいてください、失礼します」
って言ったまま走って出て行こうとした瞬間。

「おいお前、パンツ持ってけよ。」
って不良に言われて真っ赤になって戻ってきてひったくるみたいにして取って
走って出てった。


後々話を聞いた所、その子ともう1人いた女の子がたまたまなんか2年以降しかしちゃいけない(それも意味判らんが)
マフラーをしてきたから3年の女子が切れて、で、なぜか不良が締めたとかなんとか。

そんな事でかよ。と思いつつ、その出来事は高校時代の物凄い良い思い出として残ってる。

Twitterで配信中
QRコード
QRコード
アクセスカウンター