愛知県内にある国公立大学に通っている夕雅(ゆうが)です。

 学部は文系で、9割女子です。

 従兄弟と、その友達の家庭教師をしています。

 生徒は皆、男子中学生です。

メガネ君が頑張ったので、夏休みの宿題は、全部終わりました。

 パチパチパチ。
 
 メガネ君には何か、ご褒美をあげないとですね。

 「メガネ君、パンツの上からお尻をマッサージしてもいいよ。」

 夕雅はズボンを脱ぎました。

 うつ伏せになります。

 べったり寝るのではなく、肘をついて、上半身を起こします。

 目の前には、全身鏡を置いています。

 手鏡も脇にあります。

 保湿ローションをほっぺにぬりながら、マッサージします。 

 全身鏡を見ている理由を作ります

「メガネ君。パンツの上からだからね。お尻を直接、触ったらダメだよ。」

「はーい。」

 メガネ君がパンツの上から、お尻を揉んでいます。

 「あっ、お姉ちゃんパンツのタグが出てるよ。」

 メガネ君はそういうと、夕雅のパンツのゴムを掴んで持ち上げます。

 10秒くらいして、パンツのゴムから手を離しました。

 5分くらいすると、また

「お姉ちゃん、パンツのタグが出てるよ。」

 そんなに、頻繁にタグが出るわけないでしょ。

 と思いながら、

「あー、そう。じゃあ直しといて。

 メガネ君、次からは夕雅に言わなくてもいいよ。

 勝手に直しといて。」

「うん、わかった。そうするね、おねえちゃん。」

 全身鏡を見ていると、メガネ君は右手でパンツのゴムを持ちあがると、顔を近づけてパンツの中を覗き込んでいます。

 20秒くらいして、ようやく手を離しました。

 また、パンツの上からお尻を揉んでいます。

 お尻に顔を近づけて、パンツの匂いを嗅いでいます。
 
 スーハ―。

 メガネ君が自分の胸に手を当てて、深呼吸をしています。

 何か意を決したようです。

 右手で、夕雅のパンツのゴムの真ん中を持ち上げると、ソロソロと持ち上げていきます。

 そのまま15cmくらい持ち上げました。

 全身鏡で確認すると、お尻の割れ目まで見えています。

 顔を近づけてパンツの中を見ています。

 右手だけだと見づらいのでしょうか?

 左手まで添えて、両手でパンツのゴムを掴んでいます。

 スー。

 メガネ君の鼻息が腰に当たります。

 1分、3分、5分いったいいつまでパンツの中を見ているんでしょうか。

 メガネ君が両手を離しました。

 スマホを取り出したと思うと、またパンツのゴムを持ち上げました。

 スマホをパンツの中に向けて、無音カメラで撮っています。

 メガネ君は5分くらい、夕雅のパンツの中を無音カメラで撮影していました。

 
 メガネ君はスマホを脇に置くと、パンツを食い込ませて、お尻の肉を直接、撫でています。

 そのうち揉んできました。

 10分くらい、直接お尻を揉んでいました。

「ねえ、お姉ちゃん。」

 メガネ君が夕雅の隣に座りました。

「ねえ、お姉ちゃん。椅子とかに座ってる女の子で、ズボンからパンツが見えている子とかいるけど、パンツが見えてるって気付いてるのかな?」

「さあ、気が付いてないんじゃない?」

「ふーん。
 じゃあ、今パンツのゴムがどこにあるとか、分かるのかな。」

そんなの、分かるよ。と思いながら

「うーん、分からないんじゃない?」

「へー、そうなんだ。」

 メガネ君は夕雅に話しかけながら、右手をパンツの中に手を入れてお尻を揉んできます。

 メガネ君が元の場所に戻りました。

 メガネ君は夕雅の返事を聞いて安心したようです。

 全身鏡を見ていると、パンツの下の方を両手でつかんで、少しずつズルズルと下げていきます。

 いや、いくら何でもそれはバレてよ。

 と思いながら、黙ってみています。

 手鏡で確認すると、お尻が半分くらい出ています。

 メガネ君は、スマホをまた出して動画撮影をしています。

 パンツが下げられたまま、メガネ君が夕雅の隣に来て、表情を見ています。

 何事もなかったかのように、ほっぺたをマッサージしています。

 メガネ君は、夕雅の顔とお尻を交互に見ながら、ニタニタしています。

 夕雅が何も気づかない振りをしていると、戻っていきました。
 
 メガネ君がパンツの下の方を両手で掴むと、またパンツを下げました。

 手鏡を見ると、足の付け根までパンツが下げられ、お尻が全部出ています。

 いくら何でも、お尻が全部出てたら気付きますよ。

 メガネ君がスマホを取り出すと、無音カメラで撮影して、動画撮影までしています。

 右手でお尻の割れ目を開くと、お尻の穴まで撮影しています。

 撮影が終わったのか、スマホを脇に置いて、直接お尻を揉んできます。
 
 今度はメガネ君が夕雅の前に座りました。

 夕雅の顔とお尻を見て、ニタニタしています。  

「お姉ちゃん、ほんと綺麗だね。

 肌もツルツルだし、モチモチで張りがあるよね。」
 
 メガネ君が立ち上がったかと思うと、夕雅の横に座りました。

 夕雅に話しかけながら、右手でお尻を撫でてきます。 

 ちょっとー。

 パンツを足の付け根まで下げられて、お尻が全部でてるんですよ。

 メガネ君、大胆過ぎ。