何人の 男を知るか 中古妻
何本の 魔羅を喰うたか 中古妻
女の封を 開けたのは どこの輩と 気にかかり
女の悦び 教えたは どんな魔羅かと 気に病んで
妻を貫く 夢の魔羅 頭に過ぎって 切なくて
貫く魔羅に ヨガり啼く 妻を想いて 涙ぐむ
非処女妻なら 仕方なし 使い古しの ドドメ色
あゝ妬ましや その男 あゝ恨めしや 破瓜の魔羅

♪♪
何人の 男を愛した 中古妻
何本の 欲を満たした 中古妻
魔羅を咥えし その口と 接吻交わす 切なさや
絡みつくよな 舌使い どこの男の 仕込みかな
揉みしだかれし 乳の房 しゃぶり吸われた 淫の核
穴に蒔かれた 精の汁 妻の身体に 染みわたり
喘ぎ悶えて 仰け反った 妻の恍惚 愉しんだ
あゝ妬ましや 男達 あゝ恨めしや 魔羅幾多