萌え体験談

萌え体験談、エッチな体験、投稿体験談を配信しています。

援交に走つた娘

私には17歳、高2になる、美由という娘がいます。                               ところが最近、メイクも少し濃くなり、着ているものや靴など高価そうなものを身に付ける様になりました。 同級生の夏美とバイトをしている事は知つていましたが詳しくはしりませんでした。        妻にも尋ねましたが                                                  「 何か わりといい、バイトだといつていたけど知らないわ・・・」                       無関心というか、妻はママ友サークルで急がしそうだつた。                          仕方なく、夏美を呼び出して尋ねた・・・・                                      夏美は、なかなか喋らなかつたが、私の執拗な追及に重い口を開いた・・・・                「 私がいつた事は美由には秘密にして下さいね、実は半年前から二人で部屋をかりて、援交して    いるんです、相手はスマホで連絡してきます・・・・・」                             私は思いがけない事を聞き、絶句し、頭の中が真白になつた・・・・・・                    「 嘘だ 嘘だろう 自分の目で見るまでは信じられないよ! 」                        「 じゃあ、自分でたしかめたら? これが部屋の鍵よ・・・」                           チャリンとテーブルに住所を書き鍵を置いた夏美は                               「 明日の午後3時から美由が部屋を使う事になつてるの、 手前の部屋よ、おじさんは奥の部屋から見たら・・・・・」     私は戸惑いながら鍵を受け取つた。                                                                                          その日、1時間ほど前に部屋に入ると隣の戸を微かに開けてその時を待つた。                                                カチャッ とドアが開き、人の気配がした                                    美由と私位の中年男だつた  淡いべージュのワンピースで赤い口紅をしていた。          「 いつとくけど、キスと中だしは駄目よ・・フェラとオマンコ舐めはOKよ・・・ゴムは必ず付けてよ、   じや、三万円頂戴・・・・・」                                            割り切つてるな、私は感心しながら見続けた・・・・・                              美由はすぐにワンピースを脱ぎ、ブラとパンティも取るとべットに横たわり、大股を開いた。      私は成熟した娘の裸体を目の前にして自分が犯すような感覚に襲われていたのだつた。      若く張つた乳房、黒々と茂る陰毛をかき分けて中年男は美由のマンコを舐め始めた         「 女子高生のマンコは美味しいよ・・・」                                     男は娘の尻を抱えながら音をたて執拗にクンニを続けている                       「 クぅ・・・・・・ハァ・・ハァ・・・」                                           美由の口から声が漏れている。  暫くして69になり、ほどなくすると男はコンドームを装着してからあつけなく果てた。  男は部屋を出て行き、美由はそのままでべットに横たわつていた。      私は事が終わり、情けなくも下半身を露わにし、勃起したものを握りしめていたが心を決めて    ドアを開き、美由の前に出た・・・                                         美由は一瞬、何が起こつたのか、驚き、顔をこわばらせていたが                     「 パパ、全部、見てたのね、見てのとうりよ、いけない娘でごめんね・・・・」               ハラリと大粒の涙を流した。                                            「 でも 生では入れさせてないよ・・・キスもさせてないし・・・・・」                      そんな問題じゃないだろう・・と思つたが私は美由を抱きしめていた。                   「 パパの大きくなつてる 美由の事、好きなんでしょ 生で中に出していいよ・・・・」          もう 歯止めが利かなくなり 乳房を吸い 口を吸い ヌルリと美由のマンコの中に入れた      「 パパァ・・・・・気持いい・・・・おまんこ気持いい・・・・パパのチンコ大きいわァ・・・・・」         「 出して・・・・出して・・・・美由のおまんこの中 パパの精子でいつぱいにしてえ・・・・・・・・・」    数知れず 男を受け入れてきた娘は快楽だけをもとめる商売女になつていた・・・・・・・・・・・・・・・・・                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                

援交に失敗して3人+1人に犯されました

久しぶりに出会い系で男と会って食事したんです。5あげるって言うからホテルに行ったんです。部屋に入って私が先にシャワーを浴びて出るといつ来たのか全くわからなかったけど、奴の仲間が二人居たんです!!

やばいって思ってバスタオル姿で服とバックを持って逃げようとしたけど簡単に捕まってしまい奴らが持っていた鞄から紐を出して二人掛かりで私のタオルをはぎ取り押さえ付けられて足首と手首を縛られてベットにころがされました。

三人に乳首、アソコクリお尻太股唇など全身を弄ばれて次第に感じさせられて、悔しいけどグチョグチョに濡らされました。

それから淫乱女とか変態女とか普通のエッチじぁ満足できないんだろ?とか言われてアソコとアナルにローター入れ乳首とクリにクリップ付けられてベットに放置されました。痛いのと気持ちい感覚に苦しんでる姿をカメラで撮影までされました。

しばらくしてから一人がこっちに来て、もう逝きたいだろ?おねだりしてみろよ?言われて恥ずかしい事沢山言わされアナルのローターだけ抜かれ、替わりにチン入れられて激しく突かれ痛いけど気持ち良くて声まで出してしまいました。やがて奴に中で逝かれてしまい変な感触がしました。

二人目には、アソコに入れられてまた中で逝かれ、後ろも前もドロドロにされ私も逝かされました。三人目は、私の口に入れてきて頭を押さえて激しく腰を振られ口に出されました。ちゃんと味わって飲めよ?って言われたけど、何でこんな奴らに犯されなきゃならないのかって思ったら悔しくて悔しくて。

飲んだフリして奴の顔に吐き出してやったら「何すんだ馬鹿女ってビンタされ、お前自分の状況分かってんのか?もっとやられたいんか?もっと辛い目に合わせてやるよ」

私は縛られたまま部屋の入り口の前に運ばれて、近くに合ったソファーを扉の方に向けてさらに縛り付けられました。

「10分後にルームサービス呼ぶからしっかり見て貰えよ!そうだもっと良く見えるようにしてやるよ」って私のアソコの毛も剃られてました。

「じぁ俺たち帰るからなパイパンちゃん。あとこれ貰ってくからな」ってコート以外の服を全部もっていかれました。それからルームサービスのおじさんが来て助けてと言ったら、そのおじさんもその気になっちゃってそのままやられました。

最後はおじさんの言うことを聞いて開放してもらい泣きながら家に帰りました。もう二度と出会い系なんてしません。皆さんも家出ガルネルなんか使わないほうが良いと思います。犯されたい人には良いかもしれませんが・・・

援交などでお金を稼ぐ妹

うちの妹JC2(Dカップ)で学校では成績優秀の優等生。家&プライベートは超ヤリマンのド変態。家ではミニスカや胸強調で父親や自分を誘惑している。父親と近親相姦しておこずかいを稼いでいる。自分は童貞なので妹のフェラには30秒以内で射精してしまう。フェラで射精してしまうのでSEXに至らない童貞も卒業できない。父親は簡単にはイカないのでSEXして中出しもしている。
部活はデニス部で自分も妹も一緒の部活。女子の部活で一番胸が大きい妹。男子の殆どが勃起するレベル。大会が終わり部員が帰り始めたころTシャツ・スコートの妹はまだ女子更衣室の中。その後妹が友達とかと一緒に出てきたが数分で戻った。忘れ物みたいだったが妹を追うと女子更衣室ではなく一般客が入れないエリアに到着した。自分も妹も選手だったので普通に入った。妹は宿泊棟に入って行った。ここにはアフリカ系の黒人が2人宿泊していた。部屋からは金額の説明。フェラ・手コキ・パイズリが1万、精飲・顔射が2万、手マン・クンニ・素股が3万、アナル挿入・マンコ挿入・アナル中出しが5万、マンコ中出しが1発10万。部屋でどのような内容の行為が行われているかは不明だったが、妹と黒人の声だけで判断していた。
声が聞こえなくなりしばらくしたら全裸の黒人2人が出てきて男子のシャワールームへ向かった。妹は札束を回収していた。その後あは男子のシャワールームで2回戦など。妹より先に自分は帰宅したが妹は21時以降に帰宅した。家ではオナニーを2回したあと父親と1回戦。自分にはフェラや手コキで精子が出なくなるまでやられて終了した。

援交で会うと

俺の親は大企業の社長、毎月50万近くの小遣いプラスタワーマンの最上階を買ってくれた
あるサイトでお金に困ってますと言う高校生を見つけた
聞いたら母親と2人で母親はほとんど家に帰ってこないと
次の日会うことにした、高校生だからと言っても連れ出すと犯罪になる
ある地下駐車場の一角で会うことになった、待ってたらドアコンコンされた
窓開けて
俺「とりあえず後ろに乗って」
後ろ振り向くとどう考えても小学生の高学年くらいにしか見えない
俺「本当に高校生」
女の子は黙ってる
俺「黙ってるなら下すよ」
子「嘘ついてごめんなさい、6年生です」
俺「まじかよ」
女の子は今にでも泣きそうな顔してる
俺も取り合えず後ろにうつり前カーテン閉めた
電気照らして
俺「母親のことは本当」
子「本当です」
俺「名前は聞いていい」
子「綾香です」
俺「綾香ちゃんね、俺は裕太、こういうことは何回目」
子「今回で10回目です」
俺「誰かに脅かされてるとかではないでしょう」
子「うん」
俺「まぁいいかぁ、それにしても君可愛い、じゃあエッチ済みなんだ」
綾香「はーい」
俺「今日はいくらほしい」
綾香「3万円、電気止まってて」
俺「君次第ではもっとあげるよ」
綾香「なんでもします」
俺「よし、この封筒に50万円入ってるから今日一日遊んでくれたら夕飯もご馳走してこのお金あげる」
綾香「本当ですか」
俺「うん、俺は嘘はつかないよ」
そしていつも使うラブホに向かった、そこの店長はおれの同級生で黙ってる代わりに盗撮させてる
ホテル近くに着くと電話すると今ならいいぞと言う、そしてカメラ設置してある部屋の番号を聞く
車止めて急ぎ足で部屋に入る
俺「よしお風呂入ろうかな」
浴槽にお湯入れて綾香は裸になった、胸は膨らみ下はまだ生えてなかった
身体を洗い浴槽へ
俺「これからが楽しみだな」
身体拭いてベットへ、そこのホテルはおもちゃ使い放題
俺「綾香」
キスすると舌出してきたから絡めあい俺は行きなしクンニした
綾香「あああ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・気持ちいい・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・」
綾香に目隠しさせて店長にOKコール
店長はビデオカメラとデジカメ持ってきて撮影
綾香「嗚呼あ…ぁぁぁぁ…ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁぁ・・」
足と手をひもで縛るとまんこにバイブ突っ込んだ
綾香「あああ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・すごい気持ちいいあああ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・ぁ・・・・ぁぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・・ぁぁぁ・・・・いく・・・・」
いってしまった
それからバイブで遊びまくり綾香何度もいった
そしてままんこにチンポ突っ込んだ
綾香「ああ・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・奥にあたって気持ちいいです・・ぁぁぁ・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁぁ・・・ぁ・・・ぁ・・・・」
俺「すけぺの小学生のまんこは最高だよ」
綾香「あああ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁ・・・ぁぁぁぁ・・・いっちゃいます・・・・」
いってしまった
それから夕方までエッチしまくった
綾香「こんなにエッチしたの初めてです」
俺「いつも一回で終わりかい」
綾香「うん、ほとんど車の中で」
俺「そうなんだ、これ約束通り50万円ね、かくにんして」
綾香は数えた
綾香「あの10万円おおいですけど」
俺「可愛いからご褒美」
綾香「ありがとう」
俺「あとこれ俺の携帯の番号、お金足りなくなったらいでも電話して」
綾香「いいの」
俺「うん、その代わりに俺とエッチしてくれる」
綾香「うん」
シャワー浴びてホテル出た、回転寿司に寄り夕飯食べて綾香のマンションまで送った
俺「本当に電気つかないだね、振込用紙ある」
綾香「これかな」
期限見たら大丈夫だったからコンビニに行き全額払ってきた
俺「でんきに電話したからもうつくと思うけど、ほらついた、水道やガスは」
綾香「まだ止まってない」
俺「ならよかった、俺帰るからいつでも電話して」
綾香「うん」
俺は自分のマンションに戻った、23時ころ綾香から電話きた
俺「もしもし」
綾香「綾香だけど」
俺「どうした」
綾香「寂しくて」
俺は綾香の家に向かうことにした、駅前のパーキングに車止めた
綾香「ごめんなさい」
俺「なんもいいだよ」
その晩は綾香を抱きしめて寝た、次の日は綾香が登校するときに一緒に出た
夕方綾香に電話したら母親が帰ってきたから大丈夫と言うから安心した
次の日の夕方、綾香から電話きた
綾香「ママしばらく帰ってこれないだって」
俺「どれくらい」
綾香「帰る前の日に電話するって」
俺「お金おいていったの」
綾香「うん1万円」
俺「そうか、綾香はどうしたい」
綾香「裕太さんと一緒にいたい」
俺「わかった」
俺は綾香のマンションに向かった、駅前に車止めた
俺「俺、しばらくここにいるよ」
綾香「本当に」
俺「うん」
綾香「ありがとう、このお金返すね」
俺「これは綾香にあげたものだからとっといて」
綾香「うん」
それから綾香との生活が始まった、毎晩エッチしまくり、修学旅行もきちんと行かした
卒業式は母親が体調悪いと言って、学校には叔父として言って出席した
中学校は俺のマンションからのほうが近いから俺のマンションに移った
その後母親と連絡取れなくなり住んでたマンションも強制退去になり、管理会社とは母親と連絡とれたらお互い連絡しましょうと言うことで処分費用、修繕費用すべて俺が払った
そして今は、綾香は高校2年になり私立の高校に通ってる、東大を目指して部活も入らず勉強に励んでる
もちろん毎晩エッチ三昧
いずれかは綾香と結婚しょうと思ってる

援交する妹

歳が離れた妹は中学に上がった頃から携帯を買い与えられていた。自分は大学進学まで許されなかったのに、と抗議すると親は「女の子は何かと流行りに乗らないといけないの!」と叱られた。
屁理屈をぶつけられたような気がして何か弱みを見つけてギャフンと言わせてやろうと思って色々探っていたところ、妹のお金の使い方に違和感を感じて探り入れてみた。

妹が学校に行っていて家にいない時に携帯を覗いてやると写真フォルダに妹のエロ自撮りが山ほど保存されていた。そしてメールには怪しい男の名前の人とのやり取りが残されていて援交をしているようだった。ホテルなどではなく公衆トイレなどの中で体を売っているようだった。性行為もやっているようで、料金が書いてあった。
この週末にも会う約束をしている様子だったのであとをつけてみることにした。

週末になると妹はいつもより少し大きめのカバンを持って出掛けていったのでそれから少し時間差をつけて出かけてメールにあった待ち合わせ場所に向かった。
待ち合わせ場所は家の最寄り駅の反対側にある公園のトイレだった。
妹の姿が見えたので遠くから見ていると車が近くに止まり、40代くらいの男が降りてきて妹に話しかけていた。妹は笑いながらその男と共にトイレに入って行ったので自分もそのトイレに入った。

このトイレは個室が多くあって気配があったのは1番手前にある車椅子用個室だったのでその隣の個室に音を全く立てないように気を付けながら入り、鍵をかけた。
音を立てないように細心の注意を払いながら便座に登って隣の個室を覗いた。
仁王立ちの男の股間に妹が顔を埋めていてフェラをしているところだった。男のペニスはかなり大きく、妹の口には収まりきっていなかったが、必死に加えていた。途中から男が妹の頭を掴んで前後に動かし始め、喉奥に射精していた。妹は咽せて咳き込み、鼻から精液を垂らしていた。
続いて妹が立ち上がり、スカートの中に手を入れるとパンツを脱いで男に渡していた。男は妹に見せつけるようにパンツのクロッチに口をつけてわざとらしく音を立てて舐めてからポケットにしまっていた。
妹は男に尻を向けるように立って少し脚を開いて、男は妹のお尻を掴んでスカートを捲り、勃起したペニスを入れていた。さすがの経験者なのか、妹のヴァギナは男のペニスを難なく飲み込んでいるようだった。
男は好き勝手に動いて妹の中に出している様子だった。何度か抜かずに出したあとにヴァギナからペニスを抜くとすぐに床にペチャッと音を立てて精液が落ちていてかなり濃厚なのだと感じた。
備え付けのペーパーで手際よく拭き取ると妹はノーパンのまま男の方に向き直って男は尻のポケットから長財布を飛び出して妹に金を払っているようだった。
チラリと見えた男の長財布には10万円ずつにまとめられた束が10ほど見えて妹に渡したのはそのうちの2束だった。
2人は揃って個室から出て行って足音が遠のいて行くのを確認してから個室から出た。周囲を警戒して外を伺うと妹は遥か遠くを歩いていて男の車はもういなかった。
妹は後をつけられているのに全く気づいていない様子で歩いていて駅ビルのランジェリーショップに入って下着を買ってすぐにトイレに入ってしばらくして出てきた。
そのあとは歩いて家の近くまで帰ってきた。そして家から50mくらいのところにある薬局に入って行った。
この薬局は扱っている薬が少し怪しいため、あまり近寄る人がいない店だ。
妹は中に入ると店主の60代の男に何か合図をして店の奥に入って行って30分くらいして出てきた。手には小さな薬の箱を持っていて店から出る時は手を振っていた。

そのあとは家に帰って行ったので自分も少し時間をおいて帰宅した。
リビングには妹が座っていてテレビを見ているようだった。なんとなく台所横にあるゴミ箱の中を見ると薬のカスが入っていて取り出してみると経口避妊薬だった。

その日の夜遅く、洗濯機の中を漁ると帰りに買ったと思われるパンツがあったので引っ張り出して臭いを嗅ぐと精液のような臭いと共に甘酸っぱい臭いがした。
目撃したことをネタに脅そうと思っていたが、良いオナネタになると考えて泳がすことにした。
妹は大学に入る直前までに毎週末に必ず1人を相手して10万円ほどの儲けを出していたようだったが、大学進学と同時にパタリと辞めたようだった。

QRコード
QRコード
アクセスカウンター